« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

きょうのきょう

F1002455a 昼頃まで雨。のちずっと曇り。

 先日出したクリーニングを受け取りに近所のクリーニングやさんへ。
 クリーニング屋といっても大手のチェーンの取次店なんだけど、本業が仕立屋かなにかみたい。戸口は2間ほどのアルミサッシで手動ドア。中はがら〜んと薄暗くて奥までまっすぐ通じる15mほどの土間。床は膝上くらいの高さにある。土間に面して奥まで半分ほど入ったところにある机の前にお婆さんが仕上がった洗濯物に囲まれてちょこんと座ってる。で、土間から更に奥に通じる戸口には布ののれんが掛かってる。
 ん〜。反物を広げてても似合いそうな感じ。戸が格子戸で外にものれんをかければ更に似合いそう。

 大雑把な記者会見をする社長で有名な東横イン。近所にも手入れがあったようで。従業員駐輪場がロッカールームになっていたとか。客にとっては実害ないですけどね。ドアはちゃんと付けたのかな? 着替えていてさぶくないんだろうか?

2006年1月30日 (月)

きょうのきょう

F1002453a ほぼ一日中しとしと雨、時々止む。
 昼間はひんやりしてた割に晩はさぶくない、と思ったら日較差が3.1℃しかない。13時と21時がほぼ同じ温度。むしろ0.1℃21時の方が暖かかったですから。

 修理依頼していた洗濯機屋さんサポートから朝に電話があって、「今日10時にお伺いできますけど...」って、あと40分しかない。まだ、掃除とかしてないので、午後に来てもらうことに。例によって時間帯でアポしてもらったら、ほぼ時間通りに到着。にこやかな若手のおにいちゃん。
 工具を取り出してがさごそやること約1分。「ありましたよ〜。詰まってました〜。」って。靴下が二重になった洗濯槽の隙間に入り込んで排水をじゃましていたらしい。しかし、どっから入り込んだんでしょ。内側の洗濯槽にはネジ頭ほどの穴しか空いてないので、運転中は量子効果を使わない限り無理。洗濯物を入れる時に蓋の僅かな隙間から入り込んだんでしょう、とのこと。あいや、使い方の問題だったのね。(^^ゞ
 洗濯槽の点検口(?)の開け方を教わっておわり。

 ラクーカンからは、ファイルコピーを再度実行しましたとの回答。
 なんだ、やればできるんじゃん。最初っからやってくれればいいのに。で、登録スクリプトの不具合は公開しないって。一応、改修はしたからって。隠蔽主義と意地の究極の選択で隠蔽主義を採ったのかな?
 ユーザ登録に要すること13日。14日あったはずの無料利用期間が1日に短縮されてしまいましたわ。

2006年1月29日 (日)

きょうのきょう

PICT8435a ほぼ一日中快晴。
 サンルームはぽかぽか。これで眺めが良ければ言うこと無いんですけど。

 スパムメールが相変わらず多い。個人宛のメールは全部ケータイにも転送してるのでケータイ代が高いのはそれが一因かも。メール1通ってパケ代いくらくらい掛かるんでしょ?
 ホントのスパムは配信停止手続きをすると却って増えると聞いているので、手が出せず。せめて、ネットショッピングとかソフトハードのユーザ登録で送られてくるメルマガの類を整理しよう。と、始めたら、登録したIDが不明だったりパスワードが分からなかったり。大抵は自分宛にメールしたりテキストファイルに書いてHDDに入れてあるんだけど、散逸気味。なるべく特定のディレクトリに集めてるんだけどな〜。
 シェアウエアのキーとかも再インストールの時に探したりする。9割方は一カ所に集めてある&アーカイブと一緒に置いてあるんだけど、時々抜けてる。DB化するのも良いけど、特定のアプリに頼りたくないし、やっぱテキストで一覧表が一番かな。

2006年1月28日 (土)

きょうのきょう

PICT8456a 曇り時々晴れ。だんだん暖かくなっているようで。

 昨日買った鮒寿司、食べてみたら酸っぱかった。(*_*)
 なれ鮨なので、魚のまわりに発酵したご飯がついているんだけど、「ご飯も食べられますよ」と言われたので、そのまま食べたら、強烈。頭部を切り離して熱湯を注げば吸い物になるとも言われたんだが、こっちも酸っぱい。
 ご飯は洗い落としてから喰うべきだったのかなぁ?

 ラクーカンからは相変わらずとんちんかんな回答。サポート窓口には、中途半端で終わっているユーザ登録作業を完了させるか、ユーザ登録画面の@homepageからのファイルコピーの選択欄に「異常終了して完了しない場合は自分でuploadするように」 旨の注釈をつけるか、ファイルコピー機能を削除するか、3つのうちのいずれかをやれと要求してるんだけど、ファイルコピースクリプトを改修したと回答してきてる。そんなことは要求してない。注釈は予定しているだけだって。実質的に何もしませんと言うわけか。蕎麦屋の出前状態。「予定する」ってのは、作業の内容と期日を決めることで、これを明示しないと「予定」とは言わないんだけどね、お仕事なら。新人教育してる気分。
 いずれにしてもお仕事を最後まで完遂する気は無さげ。
 私が会社で客先マシンの運用担当してた時は、スクリプトが異常終了して仕事が中途半端で終わったら、手作業で徹夜してファイル一つ一つ比べることになっても完遂させたもんだけど。

 我が家の高機能洗濯機も排水エラー頻発で使えない状態。明日にでも修理依頼するとしても今入っている洗濯物はどうしたものかっ。どいつもこいつも。(-_-;)

 東急インと東横インって別物だったんですねぇ。知らなかった。(^_^;) 東急の中で東横線と関係がある宿の部分集合かと思ってました。
 身障者用室はともかく、表に駐車場はない方が車の出入りがなくて安全なのでよりよい設計だと思います。玄関には食堂や作業スペースを設けた方が便利。身障者用室も、無い宿があったってそれはそれで営業方針、とも思うのですが。宿が満杯で身障者用室に泊まったことがあるけど、健常者には使いにくかったですし。お車不可、お一人様お断り、女性安価優遇、なんて宿はざらにありますから。宿も多様化の時代かと。法律があるんなら守らないといけないけど、余計なお世話な法律もあるとは思います。設置しなければならない、ではなく、設置すれば税制面で優遇する、とかの方が合理的でしょう。

2006年1月27日 (金)

きょうのきょう

F1002435aF1002436a ほぼずっと曇り。さぶさはやや弱め。

 裾がすり切れたお気に入りジーパンをリフォームに出しがてら、浜大津までお散歩。お散歩といっても電車ですけど。地上を走る電車に乗るのは久しぶりな気がする。
 浜大津行きの電車は昨日ジャンバーとジーパンを買いに行くのに地下鉄に乗って初めて気付いた。駅で待っているとやってきた電車が行き先違い、浜大津行き。行き先に惹かれて危うく乗りそうになっちゃった。昨日はぐっとこらえたんだけど、今日は誘惑にあっさり負け。

 浜大津駅の改札前にはフリーマーケットみたいなお店が並んでる。地元の人が地場産物を売ってるみたい。「うちでつくっててね、今朝ね、取り出したばっかなのよ。嗅いでご覧、樽のにおいがするから。」という鮒寿司を購入。錦市場ではん千円してたんですけどね。

 ラクーカンからは、ユーザ登録のスクリプトに問題があったので改修すると回答が来た。ラクーカンのWebにもユーザ登録処理に失敗する事がある旨そのうち掲示するそうな。どうやらWebアプリ開発の初歩的な設計ミスらしい。丁寧に謝ってはいるけれど、私のユーザ登録が中途半端で終わっているののリカバリはできてない。スクリプトにバグがあって異常終了してもそのまま。お仕事はスクリプトを起動するだけって事なのか。やりっぱなし。楽なお仕事だわ。
 何をやっても片手落ち。ユーザ登録が10日掛かってもまだ終わらないなんて。無料期間が終わってしまいそう、っていうか、このまま来月まで使えないまま課金されるんじゃないだろうな。

京津線

 先日地下鉄に乗ったら、浜大津行きというのがいた。どこだ?浜大津って?ってんで乗ってみました。京阪電車大津線というらしい。大津線=石山坂本線+京津線という構成。やや複雑。構造体みたいなもんか?地下鉄に乗り入れているのが京津線。京津線は「けいしんせん」。「きょうつせん」ではない。石山坂本線は「いしやま・さかもと・せん」。「いしやまざか・ほんせん」ではないです。
 京津線は越すに越されぬ逢坂の関の逢坂山を国道1号線とほぼ並行して越えます。東海道本線が2325mのトンネルで潜ってしまうところを250mほどのトンネルが1カ所あるだけでちまちま峠を越えていきます。結構見所の多い路線らしいけど、今回は途中下車なし。
 
F1002418aF1002417a 4両編成のうち1両目と4両目だけがクロスシート、あとはロングシート。クロスシートは車両の前半分と後ろ半分でそっぽを向いていて転換する必要なし。手間いらず。
 地下鉄区間から分岐してすぐ地上に出る。と、とたんに左右へ急カーブ。なにかいなと思ったら東海道本線をS字形に潜ったらしい。2〜3駅行くと国道1号線と並んだり潜ったりしながらアップダウンが激しくなる。途中の大谷駅は駅自体が40‰の坂になってて、ベンチも斜め。足の長さを左右で変えて座面を水平に保ってる。
 最急勾配は61‰あるらしい。以前は碓氷峠と同じ66.7‰の勾配があったそうな。
 途中、東海道本線の逢坂山トンネルの複々線4連の入り口とか、いきなり神社(蝉丸神社?)の中を横切ったり。2〜3回乗らないと把握しきれない路線のようです。

F1002429aF1002421aF1002422a 終点手前の駅を出るといきなり路面電車になります。終点の浜大津駅で合流する石山坂本線も路面電車。石山坂本線は2両編成ですが、京津線は4両。なが〜い。専用軌条にいればむしろ短い編成ですが、道路上にいると蛇みたい。もしかして路面電車史上最長?

F1002431aF1002434aF1002430a 浜大津は元々琵琶湖の渡し船の発着地。今でも遊覧船が出ています。シーズンオフだからか、閑散としてました。

2006年1月26日 (木)

きょうのきょう

F1002414a 曇り時々晴れ。さぶさはちょっと控えめ。

 嘆いていても仕方ないのでジャンバーとジーパンを購入。ジャンバーはいまのと殆ど同じデザインのがあったのでok。ジーパンは部屋着兼用なのでソフトなジーンズが好き。今履いてるのも夏用の薄手のソフトジーンズ。冬のせいか薄手はなかったので、柔らかいのを選んで買った。けど、サイズがきれてて1"ちっこいの。体は入るんだけど、きもち窮屈。う〜む。

 帰ってきて買い物を片づけていると外でバイクのエンジン音、バリリリリリンバリバリバリバリ。真下が今居るマンションの駐車場なので毎度のことなんだけど、今回のは長い。意味なく空ぶかししているもよう。しかも騒音増強改造モデルらしい。製品としては不良品だな。ベランダに出て見てみると、バイクはうちのマンションではなく向かいの会社の前に居るぞ。そこの社員っぽい。四輪もうるさいのに乗ってる奴がいたな。そういうのが集まってる会社なのかな。しばらく騒いだ後、ようやく発進したと思ったら、Uターンしようとして旋回しきれずにうちの隣の会社の駐車場に突っ込んだ...。と、ガシャ〜ン。駐車場にはチェーンが張ってあったんですね。塀の陰に入ってしまったので決定的瞬間は見逃してしまった。残念。
 突っ込んだ後、おとなしくなったと思ったら、自転車で通りかかった人に助けを求めてる。声をかけられた通行人は「おいっ、きみっ、足大丈夫かっ!」とおったまげてる。救急車でも来るかと思ったんだけど、件のバイク野郎は少ししてから立ち直ってやや元気のないエンジン音と供に去っていきました。無事だったようで。ま、どうなったところで自業自得ですけど。乗りこなせもしないバイクで出勤するのは止めましょうね。

 その後も時々外を通る人が大声上げてる。普段からこんなだったっけかなぁ? 酔っぱらいなのか単なるくさめかは不明。洛中でも魑魅魍魎が跋扈してるのか。夜の外出は控えた方が無難かも。

 画像は六地蔵のいとーよーかどーにいたアルフラック君。王様バージョンに衣替えしてました。ハワイにお忍び旅行はしないのかな?

2006年1月25日 (水)

きょうのきょう

PICT8459a 曇り時々晴れ。ちょっとだけさぶさがすけなかった感じ。

 北野天満宮では初天神でした。初天神と言えば笑福亭仁鶴の十八番なんだが、舞台は大阪だった筈。と、思ったら、天神さんがいればどこでもやってるのね。とするとご本家は太宰府なんでしょうか。

 お気に入りのジャンバー、ダウンほど高級じゃないけれど綿入りで風防もしっかりしていて暖かい。牛久時代に馬鹿安価格で買ったんだけど、良い買い物をした。と思って着続けていると所々ほころびが。綿入れになってると繕うのも難しそう。お気に入りって寿命が短いもんだな、服もキーボードも。

2006年1月24日 (火)

きょうのきょう

F1002410a 雪は降らなかったもののさぶかった、しんしんと。先週末からさぶさが増強されてきているようで。

 Webをあちこち眺めていたら朝日comにALOSの打ち上げ中継へのリンクがある。お、っと思ってアクセスしたら打ち上げ20秒前でした。毎度の打ち上げ風景だけど、荒い解像度ながら回を重ねる毎にこちらの回線が良くなっているせいかスムーズに見ることが出来ました。SRB分離やフェアリング開頭、太陽電池パドル展開まで映像や画像が公開されていてちょっと意外。今時の衛星はあちこちにカメラ積んでるのね。NiftyのFSPACEで衛星にライブカメラ積もうと話していたのはいつ頃だっけ?
 しかし、中継に登場した白衣のおじさん二人。視聴者からのお便りを読み上げたりしてDJ風。変わったね。掲げていた図表が解像度のせいでさっぱり判読できなかったのが残念でした。
 打ち上げ隊は解散でしょうけど、追跡管制隊はこれからですね、チェックアウト終了まで3ヶ月かな。SARアンテナはPAAになってるんですね、2日後の展開がうまくいくことを祈ってます。がんば。

2006年1月23日 (月)

きょうのきょう

PICT8467a 今回は予報が当たって未明に雪。朝まで降り続いてたらしい。朝遅くには上がってたけど、屋根に積もった雪が残ってました。空気を入れ換えようと窓を開けたら、あたり一面何やらきらきら浮遊している。外がほこりっぽいのかと思ったら、天気雪。ダイヤモンドダスト状態。その後も一日中舞ったり止んだりしてました。

 京都はさぶい。気温を見ていると東京よりはさぶいけど、牛久とはいい勝負かも。出歩く時間帯が違うので比べられないけど。牛久の家の近所の公園で特にさぶい日によく見かけた霜柱が懐かしい。街中過ぎて裸地がこのあたりにはないので分からないけど、関西で霜柱は無縁。

 どうもライブドアとホリエモンを見ていると読売ジャイアンツと江川卓の空白の一日を思い出してしまう。違法なのかどうなのかは判断しかねるけど、ずるい事は間違いないようで。ホリエモンは張本人なのか裸の王様だったのか。どっちにしても、世の中を勘違いしてたのかな。
 株をいじって大儲け、本業そっちのけで虚業にうつつを抜かして足下をすくわれる。二昔近く前のバブルの頃のダメ経営者の典型的パターンですね。手口は斬新でも経営者としては中途半端に古いタイプだったのかも。バブルの頃は中学生か高校生だったわけで、過去に学べと言っても無理があるか。お気の毒。
 ま、ライブドアはコンテンツもサービスも利用していないのでどうなっちゃっても関係ないですけど。

2006年1月22日 (日)

きょうのきょう

PICT8461a 晴れのちべた曇り。また明け方は雪の予報。あたるのか?

 北野天満宮では梅が咲き始めたらしい。もう?っと思ったら、昨シーズンよりは1ヶ月遅いんだって。咲き始めはうんと早いのね。
 さぶいので出不精になってるけど、そろそろお出かけモードに切り替えたい。でもやっぱさぶい。気象庁も1月末以降は暖かくなる、という修正版長期予報を、やっぱさぶいまま、に再修正したしなぁ。そのうちデブ症になっちゃうかも。

2006年1月21日 (土)

きょうのきょう

PICT8434a 予報は空振りっぽい。朝10頃は薄日が差す天気で雪は積もってもいない。明け方にちょっとは舞ったのかな。晩には液体の雨が降ってきました。これでも暖かいのね。

 リプレースしたこたつトップPC、スタートアップのアプリが2回宛起動されるのが謎だったんだけど、原因が判明。レジストリに書かれているスタートアップディレクトリが、All Usersのも、私のIDのもAll Usersの下のスタートアップを指しているのが元凶。レジストリエディタで書き換えて解決。こういう情報はWebでも見あたらないのよね。

 ラクーカンからは担当部署に確認するって回答が来た。それはいいんだけど、本文冒頭の宛名が「野田幸治様」だって。本文中の呼びかけも「野田様」。誰?>野田さん。

 米国のブッチャーがチョンボったようで。あきまへんな。図体でかい国だから指示が行き渡らないのかね。業者のみならずGメンも輸出要件が分かってなかった上に、要件を各国で統一しないのが悪いとのたまう。お客様の仕様は絶対、というのは農業では常識ではないとわ。
 大陸風のおおらかさか、寄せ集めの国の哀しさか?

2006年1月20日 (金)

きょうのきょう

PICT8464aPICT8463b 雪は明朝だそうで。
 大寒。これまでが十分さぶかったので実感ないですけど。

 天気予報の雪マーク。雪達磨さんが降ってくる雪粒を見つめてうなずくように目を動かすのがすき。吹雪くと目で追えなくなうようですが。あの画像どこかにないかな。

 ラクーカンはアクセス可能になったけど、ファイルコピーに失敗している。不備は認めたのに、リカバリはしないので自分でuploadしろって言ってきた。ファイルコピーはユーザ登録作業の一部なので、受け入れ検査で検収を上げられない。再度作業しなおすよう要求中。どうでる?>@nifty。

 NortonAntiVirus2006は打つ手なさげ。どうする?>Symantec。

2006年1月19日 (木)

きょうのきょう

PICT8465bPICT8466a 朝から雪。本降り。昼前には上がったけど、晴れたり曇ったり時々雪が舞う。天気予報は大外れ。また明日から当分冬日が続くらしい。

 NiftyがWebの容量を拡大したというので登録してみました。なんで、新しいサービスにしちゃうんでしょ。@homepageの容量を単に100倍に拡張とかにすればいいのに。新システムを導入する時は古いシステムからの移行を真っ先に考えるものなんだが、Niftyではあまり重要な要素ではないらしい。cgiを除くファイルのコピーをするのみ。
 sendmailが使えるのはいいけど、メールアドレスがないので、旅の空からiみんなの空からiみたいなメールからの自動投稿サーバは単独では構成できない。中途半端。
 で、移行しようとしたら、自動ユーザ登録のスクリプトが処理中に異常終了したらしく、アクセスできなかった。サポートに連絡してアクセスは可能になったけど、@homepageからのファイルコピーも途中で止まったようで一部欠落している。ので、再処理待ち。cgiはまだこれからなんだよな。先が思いやられるなぁ。

 なんでFireFoxってこんなにCPU喰っちゃうんだろ。(-_-;)

2006年1月18日 (水)

きょうのきょう

PICT8430a 曇り時々晴れ。歩き回っても汗かかないって事はまたさぶくなってきたみたい。週末は雪らしい。気象庁は1月末からは暖冬に戻したと言ってたんじゃないのか。北極渦はどうなってるんでしょ。

 関学聖和大と合併するそうな。
 三田にキャンパスを増設しちゃうし、理学部を理工学部換装しちゃうし。小学校作ると言うし。聖和大と合併すれば幼稚園まで手にはいるらしい。銀行と同じで肥大化しないと生き残れないのか? そういや、聖和大って昔は女子大だったんだよな。私が学生始めた頃は神女と並んで最寄りの女子大だったんだが、卒業する頃には性転換してた。あちらの方がドラスチックな変転を遂げているのかも。
 諸行無常。
 学部同窓会のページを見ていたら、ご近所にOBがお店を出していることが判明。毎日のように前を通っていたんだが、染物屋さんかと思ってた。お菓子屋だって。今度行ってみるかな。

 ...リンクだらけだ...。

2006年1月17日 (火)

きょうのきょう

HAN15HAN27 晴れたり曇ったり。穏やかなお天気。

 阪神大震災から11年だそうで、TVではいろんな行事のニュースや特別番組を放送してる。
HAN25追悼行事が減ったから風化が心配という意見があるらしい。でも、行事の数を憂うことはないと思う。歴史の大半は風化するもので、それは自然なこと。いずれは遺族や関係者の心の中で追悼するようになればいい。忘れてはいけないことだけ覚えていればいいだけのこと。その意味では震災直後に『これを機に日本列島は活動期に入った』宣言が出た割には防災が進んでないようで心配。
 直接被災して生き延びた両親もその後亡くなってしまったし、震度7で揺れた実家も引き払ってしまったので、私的には震災は終わってるんですが。

HAN37HAN46 震災後、はいつくばるように崩れ落ちた家屋を横目に見ながら水と食料を引きずって現地入りしたのが翌々日。その後水くみやら買い出しやらかけずり回ったのが夢のよう。悪夢ですが。電車で十数分の梅田に出た時に目にしたあまりにも健全で日常な様子にめまいがしたっけ。当時、駐車場に商品を並べて売り出してくれたジャスコはもうないし、サティは再建中。HAN60駅前商店街はアーケードもなくなり歯抜けになって機能喪失。校舎が崩れた高校は改築して昔の面影皆無。駅は高架になって古い駅は消え去った。西宮も三宮もすっかり変わってしまった。震災がなくても町の様子は変わっていったんでしょうけど...。

2006年1月16日 (月)

きょうのきょう

F1002390a 昼過ぎまで晴れたり曇ったりだったけど、晩に雨。暖かさがまだ保っているよう。

 久しぶりにコンピュータ関連の本買ったら1万円超えちゃった。高いね。最近は文庫本しか買ってなかったから余計感じる。おまけで180円分の珈琲券くれたけど、珈琲屋が大通りの向こう側だったのでパス。今度使う気になる頃までポケットに残っているだろうか。割引券とかポイントカードの類って使おうと思う時にはなくなってるのよね。恩恵に浴するのは極希。

 画像はデパ地下のチーズ売り場にいたやぎさん。ひつじさんかな?

2006年1月15日 (日)

きょうのきょう

F1002406a 昼間は晴れたり曇ったり。先週あたりの予報では雨だったんだけど...。ぽかぽか、はしてないけど一息ついた感じ。誘い出されるほどの陽気でもないのでサンルームでのんびりしてました。

 トワイライトエキスプレス、まだ運休してるんですね。そろそろ復旧してやってもよさそうなもの。あそこだけが危ないわけでも、あそこが特に危ないわけでもないだろうに。ダウンバーストだのマイクロバーストだので飛行機が落ちた時も空港は閉鎖されなかったと思うが。怖いのは龍巻ではなく責任なのかな。

 画像は晩飯を喰いに行った飯屋にいたサボテンマン(仮名)。
 中南米&アジアン・エスニック料理屋だそうで、パン・パシフィック。メニューには泰焼き蕎麦とトルティーヤ、チヂミが並んでました。店内にはプロレスのポスター貼りまくりなのが玉に瑕。タトゥーな毛唐もいてややこわげ。

2006年1月14日 (土)

きょうのきょう

F1002298a 一日雨。しとしと、これだけ本気で降るのは初雨かも。
 寒波はもう終わりでこいからは暖冬に戻るという予報らしいけど、ほんまかいな?

 引っ越してきて1年、郵便物の転送届けも失効。延長も可能だけど、申請せず。年賀状の時期は終わったし、住所変更も年賀状でお知らせしたし。手続き系はもう終わっているし。これ以降旧住所宛に来るのはDM系だけ、の筈。転居をお知らせしていない人がいたらごめんね。

 1年と言えば、近頃は前の道でアイドリングしたままストップしてる車のエンジン音や車のドアの開閉で窓がビリリンと共鳴するようになっちゃった。以前はそんなことなかったのに。窓のクレセント鍵も閉める時の抵抗が甘くなったような気がするし。ゴムパッキンが弱ってきたとかかな?

 画像は田村みかんちゃん。甘いのが多くておいしかったです。
 同じ袋に入っていても一個一個味が違うから買う時も食べる時も賭、ですな。

2006年1月13日 (金)

きょうのきょう

F1002364a 夕方から久しぶりの雨。ずっと降り続くらしい。週末は春のような暖かさだというけど、天気悪きゃしゃぁないなぁ。

 インフルエンザが臨戦態勢らしい。結局予防接種受けずじまいだった。今までも受けたことないけど。流行初期に電車を止めれば何割か罹患者を減らせるというシュミレーションがあったらしい。どこまで信じられるんでしょ。電車が止まったら出勤せずに家で休むという仮定なんじゃないだろうな。電車が止まったら止まったで何とかして出勤しようとするんじゃないかな。別の交通機関が今以上に混むことになってそこでうつしあいをする事になるだけだと思うんだが。それも含めての計算ならいいんですけど。

 NortonAntiVirus2006の不具合はようやくサポートからメールが来るも、やはり解消せず。不具合のあるインターネットワーム防止って最近追加された機能だし、あまり重要っぽくないので、このままオフにして運用してもいいような気になってきた。でも、常に警告が出るのは嫌だしなぁ。

 人によってはAntiVirusソフトは入れないとか、時々フリーサイトのオンライン検査をすればいいとかいうけれど、私はダメだな。常時リアルタイムチェックしてないと怖くて使えない。メールを出すのに使うPCでウイルスチェックをするのはネチケットの一部だし。ウイルスチェックをするかしないかは使う人のポリシー次第なので自己責任の範囲で自由だと思う。けど、加害者になる可能性があるということをも考慮に入れると、その責任の中には加害者になってしまった場合の被害者に対しての説明責任も含まれてくる。被害を与えてしまった人に状況を説明して、「そこまで対策していてやられたんなら仕方ないですね。」と言ってもらえるだけの策を講じておくのも責任の一部ですね。
 最近はみなNTFSで耐性ができてきたのでDiskDoctorの出番は少なくなったけど、今度はAntiVirus必須の時代。以前の職場でも、リアルタイムチェックと定期的なウイルスチェックは義務で、毎週全PCについてウイルスチェックの結果を管理部門に報告していた。その上、モバイルPCは社外持ち出しと帰着時にウイルスチェックをして記録を残していたくらい。面倒だったけど、それで違和感はなかった。うちのPCも同様な運用。報告義務はないけれど。
 フリーのAntiVirusソフトもあるようだけど、ウイルス定義の更新がどこまできちんと為されるのか疑問だし、メーカーに金払って責任負ってもらう方が安心。
 ま、不具合はありますけど。その点はフリーソフトの方がパッチ対応のフットワークが良い場合もあるようだが。技術の蓄積はメーカーの方がありそうだし。どっちもどっちか?

 画像は荷札屋さんの看板、も荷札型。

2006年1月12日 (木)

きょうのきょう

F1002404a Webのニュースを見ていると今年の年賀状は例年以上に出足が遅いと言う記事が載ってました。私的には年内に投函するという快挙を成し遂げたんですが、むしろ遅出しはトレンドの先取りだったようで。(^_^;)
 去年は喪中だったので年賀欠礼だったんだけど、喪中状もサボったせいか、住所録DBが更新されないままになってたみたい。この1〜2年の間にもらった転居通知が反映されてない。そのせいで昔の職場の先輩に出した年賀状が転居先不明で戻ってきた。ら、その先輩から年賀状が届いた。う、住所が違う。そういや、転居通知もらってたような気もする...。慌てて新しい住所に出し直したけど、返礼だと思われちゃったかな。やや残念。今では年賀状だけのつきあいだけど、お互いに最低限の消息は分かってる。そういう関係であっても大事な知り合いではある。
 虚礼という人もいるけれど、年賀状は年一回打ち合うping、クラスタのハートビートみたいなもんかな。

 画像は大丸京都店の地下で売られていた「苺モンブラン」。
 モンブランというと栗ですが、「白い山」という意味だから栗じゃなくても良いのか。むしろ色の淡いこっちの方が本物っぽいですか? 発見した時は目から鱗状態でこのお店のオリジナルかと思ったんですが、検索してみるといろんな所で作られているようですね。

2006年1月11日 (水)

きょうのきょう

F1002385a 一週間ぶりに冬日脱出。別にぽかぽかなわけではないけれど、日射しもあってあったかな気分。

 今日で京都に引っ越して1年。途中一ヶ月抜けているけど。

 画像は錦市場で売られていた満願寺とうがらし。
 京野菜かと思ったら新しい作物らしい。とうがらしとはいうもののピーマンかパプリカに近い感じ。甘みがあります。ま、みんな同じ物らしいですが。焼くだけでおいしく頂けます。そのままでもおいしそうだけど...。とにかく簡単が一番。

2006年1月10日 (火)

きょうのきょう

F1002397a 十日戎。総本家西宮戎神社では恒例の福男競争があったそうで、TVで映像を流してました。関西限定なのかな。一時は加熱して危険だと中止になってたんだけど。
 だいぶ近くなったけど、出かける元気はないや。
 八坂のえびす神社(?)でも十日戎をやっていて御神輿が出たというので見に行こうかと思ったら、8年前に始まったと聞いて行く気が失せた。800年ではなく、8年じゃぁねぇ。

 NortonAntiVirus2006の不具合対応、ようやく時間が出来たので年末のサポートから回答通り全Nortonの完全アンインストールと再インストールにやってみたけど、ダメ。一日がかりだったのに、ムダ。とりあえず、OSごとクリーンインストールしなくても、Nortonの再インストールだけでサポート期限を延ばす方法が分かったわけでもあるけれど、2002とかでないと有効ではないのでもう今更。
 作業の合間にベコベコキーボードのバックライトを磔にしてみたけど薄く均一に塗布できなくて失敗。

 じつに実りのない一日であった。

 画像は昨日西洞院通りで見かけた花。山茶花、でしょうか?

2006年1月 9日 (月)

きょうのきょう

F1002399a 相変わらず冬日で気温が低いことに変わりはないけれど、風がなかったせいかしのぎやすかった。

 ブランチに近所の印度料理屋を開拓。久しぶりに鋭角で濃厚な味を楽しみました。料理人も給仕人も印度人。給仕人の日本語は怪しかったけどメニューにはちゃんと日本語の説明があって親切。メニューには辛さ調節の説明に「少し辛い」「辛い」「とても辛い」とある。(@_@;) 普通とか甘口とかないのね。NASAの宇宙服の排水口のサイズが「大」「特大」「超特大」となってるのと同じか?! と思って、「少し辛い」を注文。確かに辛かった。(*_*)
 あとでよくよく考えてみると、何も言わなければ「普通」になったらしい。メニューに書いてある辛さ調節はオプションだった模様。な〜んだぁ。ココイチのカレーみたいに選択肢の中から必ず辛さを選ぶわけじゃないんだ。あぁ、勘違い。安易なカレー屋でしかカレー喰いつけてないからか。(-_-;)
 ナンにも何種類かあっておいしそう。今度ナンだけ喰いに行ってみようかな。いやがられるだろうか。

 先日買ったドライペットふとん快適シート、快調です。ここんとこ冬日が続いてかなり冷え込んでるんだけど、このシート敷いておくとふとん直下に結露することはなくなったようです。汗を吸収してくれているのか、単にスペーサーとしての効用なのか、結露ポイントが上に上がってふとん内で結露している可能性も否定できませんが...。

2006年1月 8日 (日)

きょうのきょう

F1002380aF1002383aF1002381a さぶいもののいいお天気。

 ハッピー六原で買い物がてら六波羅蜜寺にお参りしようかと松原通を歩いていたら、因幡薬師で縁日をやっているのに遭遇。毎月8日にてづくり市をやってるんだっけ。初めてだわ。
 フリーマーケット系はあまり好きではないんだけど、どんなものかと近寄ってみると、ごく狭い境内に八百屋から縮緬人形、飴など数件のお店が出てる。八百屋で買い物したら、荷物が重いのでUターンして六波羅蜜寺とハッピー六原は中止と相成りました。軟弱。
 参道では灯籠の頭がもげてました。地震はなかったし、風も大して強くはなかったし、胴体は無傷なので交通事故とかではなさそう。トラックが頭だけ引っかけてもいじゃったのかなぁ? 落下の衝撃と思しき様子にアスファルトの路面も削られていたので、そっと外したのではなくたたき落としたようです。

F1002398a お買い物の後、荷物の片づけをしていたら、10年ほど前に新婚旅行で訪れた伯林で拾った伯林の壁の破片が発掘されてきました。一緒に大英博物館で買い求めた可搬型ロゼッタストーンも出土。あな懐かしや。

2006年1月 7日 (土)

きょうのきょう

PICT8421a 雪のち晴れたり曇ったり。
 朝方、激しく雪でしたが、降ったり止んだりしながら照ったり曇ったりとめまぐるしいお天気。ちょっと積もっただけで昼過ぎには収まってしまいました。

 こたつトップ機、VAIO U3と供にモバイル用のVAIO U101/PもLCDにつなぎました、切替機が余っていたので。二段重ねで鏡餅状態。すると、無線LANのスイッチをOFFにしているにもかかわらず、無線LANに接続しているのを発見。スイッチが馬鹿になってるのか?! で、蓋を開けると無線LANとの接続が切れる。閉じると無線LANと接続する。...。...。ん〜、かくれんぼか。(-_-;)
 今までは蓋を閉じたらモニタが見えないから気付かなかったわけね。ずっと前から馬鹿になってたのか。
 VAIO U101/P二号機はRealVNCで見ても無線LANとは接続してないので、一号機だけが壊れてるのか。飛行機の機内で使う時には気を付けないとね。

 下関駅が燃えたそうで。関門トンネルを歩きに行ったのは何年前だろう。あの三角屋根が記憶の隅にあるようなないような。デジカメ画像が残ってないということは10年以上前なのかなぁ。

 画像は激しく降っていた時の雪。
 前が見えないくらい。太陽も球状星団状態。(ちがうか(^_^;))

2006年1月 6日 (金)

きょうのきょう

F1002306a 曇り時々薄曇り。昼間は降らなかったけど、今晩は雪の予報。

 こたつトップがスッキリしてきたので、こんどはベコベコキーボードの修理。
 バックライトシートをはがして両面テープで貼り直したけど、やっぱ一部はがれてくる。両面テープの威力が足りないみたい。超強力って奴を使うしかないのかな。私が知ってる超強力は基材が0.5mm厚くらいあって分厚い。0.1mm厚くらいのがないかなぁ。探しに行かなきゃ。いっそ、セメダインで磔にするか...。

 防カビシートを探しに行った薬局でドライペットふとん快適シートなるものを発見。要は羽根の代わりにシリカゲルを詰めた羽布団みたいの。結露するような環境では一晩で飽和してしまいそう。それどころか、反応熱で熱くなりそうな気がする。ま、試してみましょ。

 先日、烏丸七条のバス停に立っていたら、おねぇちゃん二人連れがやってきて私の後ろにいた老夫婦に話しかける。
 姉「四条ってこっちですか?」(北を指さし...)
 婆「そうですよ。歩いていくの?だいぶあるわよ。」
 姉「えぇ、商店街とかあって...」
 婆「ず〜っと行くとね、途中に五条坂があって、七条があって、その先を左に曲がると...。途中聞きながら行ってね。」
 姉「あ、どうもありがとうございます。」
 婆「あの娘達、河原町まで歩いていくんだって。」(連れの爺さんに)
 ん〜、情報としては最初の回答の第一センテンスで十分なので多分行き着くでしょうけど。かなり誤りの多い案内ですこと。噴き出しそうなのを必死ででこらえておりました。

 画像は「ん」で有名な錦市場のそばの食堂のメニュー。
 「小鉢もん」、「漬けもん」と、んリッチ。「ごはん」は共通語か。

2006年1月 5日 (木)

きょうのきょう

F1002379a 晴れ時々曇ったり雪。晩にはうっすら屋根に積もってました。

 こたつトップPC改造計画、とりあえず進行中。LCDは13"とかがよかったんだけど、近所の電器屋で売られていた中古のLCDは15"が最小だったのでそれを購入。アームスタンドで支持するとスマートなんだけど、スタンドの方が高そうなので断念。VAIO U3と並べてもフットプリントはThinkPadよりちっこいからよしとするか。
 OSがWinXP ProからHomeに替わったので設定が面倒になっちゃった。なんでこんなバージョンがあるんだ? 全部Proでいいのに。

 システムバックアップ用のNASもパンクしかけなので、増設。出来合いのを買うと高いので生のHDDをUSBケースに入れたんだけど、ちゃっちい。USB端子や電源端子と同じ側にアクセスランプがあるし、「R/W」と書かれたアクセスランプは常時赤点灯。単なる電源ランプでした。極めつけは電源スイッチ。堅くてONにならないの。爪はがしそうになってようやく電源投入に成功。メーカー品の方が安心感はあるな。
 寄せ集めながら、NASの総容量が1.3TBに到達。いっそ、金庫みたいな奴にできればいいんだけど。

 画像は夜回り。
 工事現場の監督みたいな格好してるんですね。家で聞いていると「火の用〜」としか聞こえないんだけど、近くで聞くとちゃんと「火の用〜心」って心がこもってました。100mほど先にも別な一団がいました。かなりな高密度で巡回しているようです。

2006年1月 4日 (水)

きょうのきょう

F1002368aF1002378a どんよりくもり。風はおとなしめだけどしんしんとさぶい。

 官庁仕事始めだそうだけど、まだ街はお正月モード。お休みしているお店も多い。

 こたつトップ機のThinkPadがでかくてじゃまだと不評なのでメンテ用に退役中のVAIO U3の換えようかと画策中。ThinkPadはA4超とどでかいけれどオールインワンだしメモリも目一杯増量したので便利なんだけどな。VAIOはWindowsXP HEなので設定が面倒。時々勝手にリブートするのでやや不安。でも、ThinkPadも時々勝手にフリーズしてたからあいこか。ホントは静穏小型の高速PCをすぐ脇のカラーボックスに仕込んで10"程度の小型XGA液晶モニタとKBだけをこたつ上に残したかったんだけど、出費がかさむので断念。同型のVGAモニタなら持っていてディザリングでXGA表示できるんだが、それでは汚いのでやっぱだめ。

 ベコベコキーボード、1枚分解してみると、キーの下に入れてあるバックライトシートが本体にきちんと接着されておらず所々浮き上がっていてキータッチを悪くしている事が判明。剥がして貼り直せば良いんだけど、1枚は失敗してバックライトなしにモデルチェンジしてしまった。キータッチは格段に良くなったけど、それではナイトモード不可なので魅力減退。二個一しなくても改良できそうだけど、うまく貼り直せるかはかなり不明。

 今日は東京三菱UFJ銀行の発足日。近所の支店も看板が替わっていました。
 私の口座は大丈夫かな。普通預金は統合前に残高調べておいたんだけど、定期預金は自動積み立てとかあると把握しにくい。何本か消えていても気付かないかも。逆に、何本か増えていたら嬉しいなっと。統合のご祝儀でサービスしてくれないかしら?

 画像は床屋さんのポスターと看板。走る回転塔がシンボルなんですか?>京都府理容生活衛生同業組合

2006年1月 3日 (火)

きょうのきょう

F1002374bF1002373a 晴れたり曇ったりだけど、風が強めでさぶかった。

 散歩とお買い物がてら近所の神社仏閣を訪ねまわっていたら、因幡薬師では中から人が現れて、お茶をごちそうして下さいました、梅昆布茶。ここは、軒下に椅子があって真新しい座布団が敷いてあったりして、くつろぎの場っぽいです。縮緬で作ったうさぎの人形が売られていたので何故?と思ったら、因幡の白兎らしい。熊さんもいたのでやや怪しいですけど。斜め向かいに因幡湯とかいう銭湯を発見。ちょっといいかも。

 デパ地下再び。昨日は餅でしたが、今日は野菜。まとめて買っておけば効率良いんだけどね。例によって福袋のオンパレード。乾物の福袋なんてあって、謎。闇鍋みたいなのは買う気せんなぁ。

 この年末年始はTV見ませんでした。最後に見たのは12/29だったか12/30だったか。TV見ない日でもニュースだけは見てる事が多いんだけど、緊迫して時を追うような大事件もなかったし。見れば見たでおもしろい番組はあるんだろうけど、やっぱりくだらない事には変わりないし。TV初めは特番の嵐が終わって通常編成になってからかな。

 画像は迎春モンプランと雪ウサギちゃん。

2006年1月 2日 (月)

きょうのきょう

F1002317a 曇りたまに晴れ、みたいなお天気。風も大して吹かず穏やか。

 餅が切れたので買い出し。錦市場は1〜2割しか店が開いておらず、お目当ての米屋さんは閉店中。餅は餅屋での幸福堂もお休み。デパ地下その2の高島屋では餅を売っておらず、デパ地下その1の大丸でようやく購入。うげげっ。年が明けると餅飢饉になるのか。最悪、コンビニで真空パック餅、と思ってたんだけど、つきたて餅にありつけましたわ。

 途中、四条通りのアーケードには正月飾りがずら〜りぶら下がっていました。いちいちつけたのね。帰りには細〜い月がきれいでした。新年の新月?

 春には皇室典範の改正案が国会に提出されるとのこと。女性天皇に対する抵抗は少ないようだが、女系天皇に対してはまだ抵抗があるみたい。女性天皇は前例があるけれど、女系天皇は前例がなく継承ルールの根本を変えることになるから問題だと言うことらしい。この辺の違いは国民に正しく理解されているのかな?
 賛否あるけれど、天皇制は社会を維持する最後の歯止めというか切り札として温存しておいた方がいいと思う。戦前は無論、今も正しく使いこなしてないと思えてならない。神の子孫だなどとは思わないし、途中曖昧なところもあるようだけれど、今まで何とか維持してこられたのは国民の支持のおかげ。継承ルールを変えるにしても国民の大半が納得できる形に納めないとせっかくの仕組みを台無しにしてしまいかねない。愛子様の帝王教育開始に間に合わせる必要があるんだろうけど、慎重に決めて欲しいものだ。

 ここ数日、人の話し声がする。どうやら上の階の部屋のTVやら住人の声らしい。以前は昼間に掃除機の音がするくらいでわりと静だったのに。住人が入れ替わったのかな? それとも、正月で普段いない人がいるせいだろうか? 頑丈なビルだと思っていたんだけど結構安普請なのかも。

 画像は年末の買い出しの時に見かけた芽。毛羽立ってるのでねこやなぎ、かと思ったら木には「こぶし」と書かれた札が下がってました。

2006年1月 1日 (日)

謹賀新年

nenga06a2b

をけら詣り

F1002350aF1002348a 初詣は八坂神社へ白朮詣り。「をけら」です。新聞で「おけら」と書いてるところもあるけれど、それじゃミミズやアメンボの友達になっちゃう。
 八坂神社の参道でもある四条通はホコテン。気持ちよく神社に向かって歩いていると、いきなり人垣に行く手を阻まれた。むむ、「八坂神社参拝の皆様...。境内は大変混雑しておりますので入場制限を実施しております。現場の警察官の指示に従って...。」だって、うげっ。
 ちょっと進んでは待ち、ちょっと進んでは待ち、1時間くらい待たされたのかな。警官が一回に入場させる分だけロープで人を区切ってちょっとずつ入っていきました。境内でも北口と西口から入る人の合流があって交通整理。鍛えてるんだろうなぁ、群衆整理のノウハウ。

F1002355aF1002356aF1002352a  手足の指先の感覚がなくなりかけた頃にようやく境内に辿り着いた。吉兆縄700円也を購入して、採火場(?)で点火。むふふ、やってみたかったのよね。
 ぐるぐる回さなくても消し炭状態なので火は消えません。時々振ってやると元気に赤くなる。ちょっとしやわせ。
 境内は待ち行列ほど混んでなくて、一安心。火縄持って芋の子洗ったら火の海だよね。

F1002361aF1002360a  うちまで徒歩40分くらいなので歩いて帰りました。電車は火気厳禁でをけら火持ち込み禁止。遠くから来た人はどうしたのかな。人出の割にをけら火をもらってる人が少なかったのは持ち帰れないからかなぁ。
 持ち帰った火は、神棚のお灯明とへっついさんに移して雑煮を煮るんだそうです。うちにはどっちもないので、お香の火種にして、吉兆縄は鎮火。火伏せのお守りになるそうなので、玄関のお守りコーナーに安置しておきました。
 じつわ、ガスコンロの火種にしようとしたんだけど、消し炭からでは点火しない。しまいにあたりがガス臭くなってきたので断念。(^^ゞ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »