« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

きょうのきょう

F1002547b 今日もダウン継続中。(T_T)

2006年2月27日 (月)

きょうのきょう

F1002545a 風邪でダウン。(T_T)

2006年2月26日 (日)

きょうのきょう

F1001601a 昼過ぎまで雨ざーざー。その後はどんより曇り。
 日射しがなく昼間はひんやりしてたけど、さぶいというほどでもなかった。夜になっても気温が下がらない。気温は昨日の晩と同じくらいだけど、昼間暖かかった分、昨日の方がさぶくなった感が強かったというか、今日の方がお得感が強いというか...。明日は天気が回復するらしいけど、気温が下がるそうなのでお出かけ日和にはならないかな〜。
 そんななか、こたつにあたっていてもさぶけがするのは風邪の引き始めなんだろうか。

 高校の頃からの愛読書、日経サイエンス。学者になり損ねた(と思っている)科学ファンの私には丁度良い読み物。実家の処分と京都への引越で過去30年近いバックナンバーを泣く泣く捨ててしまったので、DVD版が出た時には買っちゃいました。30年には遠く及ばない5年分ですけど。と、今月号の折り込み広告で2005年の記事のCD版が出るって。定期購読で年間15k\以上払っているのに、CD版でさらに7k\以上。実質1.5倍になるわけですな。バックナンバーを常備しない方針に切り替えた手前、とっても魅力的な企画なんですけど、too高いです。定期購読者には実費で頒布してくれないかしら? まぁ大した雑誌じゃないし、バックナンバーを見たくなるのって極希なんですけどね。これから毎年CD版が出るなら、雑誌買わないでCD版を買った方が安上がりだ、なんて考えてもいる。でも、買っちゃうんだろなぁ、きっと。

 画像は近所のスーパーで売られていたタマネギのあまたまちゃん。
 一生懸命作って下さった方には感謝、ですけど、写真まで付けなくてもねぇ。そういや、子供の頃住んでいたアパートの隣が苺畑で、摘みたてのを金網越しにザル一杯なんぼで買っていたっけ。

2006年2月25日 (土)

きょうのきょう

F1002544b 晴れのち曇り。天気の良さから期待したほどは暖かくなかった。とはいえ、これでも一時よりはずいぶん暖かくなったものだと、晩に外出して実感。

 画像はサボテンマンのお店で喰ったメキシコ風(?)チキンカツ。
 おろし豚カツみたいだけど...。緑色の大根おろしみたいなトッピングは、青トマトをつぶしたものに、オニオンとガーリックとハラペーニョを混ぜたとか。ピリ辛でさっぱり感増強されて旨かった。

2006年2月24日 (金)

きょうのきょう

F1002543b 晴れたり曇ったり。陽が差した割にはさぶかった。

 画像は先日乗った京都バスで見かけたするっと関西ちゃん。関西版パスネットのマスコットです。
 パンフ入れか何かみたい。バスの水平なバーに紐でくくりつけてあります。一本の紐でくくってるみたい。どういう手順でくくったのかなぁ、と目的地に着くまで考えてました。既にあるモノを見て理解するのは簡単だけど、自分で発想できるかな?
 さらには、どうなっているか、どうやって作ったか、だけでなく、どうやって思いついたか、何故他の方法は採用されなかったのか、まで考えるとおもしろいです。

2006年2月23日 (木)

きょうのきょう

F1002527b どんより曇り。夕方になって薄日が差した程度。昨日と比べてさぶかった。一時の本格的なさぶさ程ではないけれど、季節が一歩後退。

 画像は三条川端付近で見かけたたわしやさん。
 古典的なたわしやほうき自体を使わなくなったけど、専門店が残っているんですねぇ。こういう店が所々残ってはいるものの、まわりは現代的なお店だったりする。一点古都主義? 棕櫚製品が集まっているので店の中全体が茶色い。そういや、小学校の校庭におっきな棕櫚の木が植わってたっけ。まだ活きているのかな?

2006年2月22日 (水)

きょうのきょう

F1002532a 曇りのち晴れ、のち夜になって雨。昼前に晴れ始めたけど、薄雲がかかってスッキリとした晴れではない。それでも、今までになく暖かかった。

 暖かさに誘われて鴨川ぞいをお散歩。
 三条から今出川の北、鴨川が加茂川と高野川に分岐するあたりまで、2km半ほどを途中休み休み1時間はかけたかな。川の両岸が遊歩道になってるの。
 学生っぽい若者やおじさん、子連れの女性とか様々な人が散歩してた。散歩だけじゃなくてジョギングやサイクリング組もいたし、川の向こう岸ではブラバンが練習してたし。市民の憩いの場ってこういうのを言うんだな、と感心。今まで横浜、東京、鎌倉、牛久と移り住んできたけど、こういうスペースには出会った事がなかった気がする。自分自身が憩う余裕がなかったからかもしれないな。
F1002536a 川面では至る所に鴨がいて魚を捕っているし、白鷺もじーっと川を眺めてた。上空には鳶と烏に鳩、鴎みたいな灰色と白の大きな鳥は何者だろう。鳥の憩いの場でもあるのね。

 鴨川に架かる幾多の橋の下には段ボールハウス。これは平安時代からの伝統かな。

 日射しは暖かいんだけど、風がまだひんやりしてる。日が傾く頃まで河原で休んでいたら、体が冷えちゃった。先週の月曜の京都駅と同じかぁ。

2006年2月21日 (火)

きょうのきょう

PICT8572b どんより曇り、夕方から晴れ気味。本格的な晴れは夜半になるらしい、無意味っぽい。

 VAIO U101/PのHDD換装、予備機も終了。
 この機の換装は私にはやや難度が高いというか、気力も失せ気味なので秋葉の業者さんに依頼。前回は牛久にいたのでハンドキャリーしたけど、今回は宅急便で送付。ターンアラウンドタイムは二台とも4日弱。やや時間をロスしたので実質3日でできるみたい。二台目は、作業終了のメールが来て、10分後にオンラインバンキングで代金振り込んで、1時間後に入金確認したので発送しましたメールが来た。ら、翌朝には着荷。はやいね。とても数百km離れてるとは思えない。
 それに併せて秋葉の別の店でHDDケースを調達。これも通販。夕方Webで注文して、発送しましたメールが来たのが夜。で、着荷が翌昼前。こっちは着払いだったけど、一日かからないのね。
 どうも頭が古くて、モノを手にとってその場でお金と交換して自分で持って帰らないと買い物をしたという安心感がないんだけど。買いたいものが決まっていて、それがちゃんと売られていれば時間も大してかからない。気になるのは送料や手数料ですけど、牛久から秋葉まで往復の電車賃が約二千円だったことを思えばまぁいいか。

 で、換装したPCにラベルを貼ろうとネームランドを持ち出したら所望の色のテープがない。こういうものは思い立ったときにさっさと済ませたいの。じゃぁ、と買い出しにお出かけ。近所の大手事務機店から京都電気街の電気店、六角新京極のLoftと何軒かはしごしたけど、ない。テープを置いていても、売れ筋の色しか置いてないなんて店もある。種類を選ぼうとするとヨドバシみたいな所へ行かないと駄目なのかな。失意のうちに家路につくと、道ばたにあるちっこい文具店のショウウインドウにあるではないか。何度か前を通っているんだけど、そのお店の存在も気づいていなかったというか、訪ねる気にもならなかったお店なんだな。う〜む、侮れないな。すみませんでした。値引きこそしてなかったけど、こういうときには売ってるだけでありがたい。
 おっきくて値引きなお店、通販のお店、ちっこくてころころ商品を入れ替えずあるものはずっとあるお店。それぞれ必要なんだな〜。やっぱ、買い物は足だね。

 矛盾してる? 要は使い分ければいいんだよね。

 画像は以前出張の帰りに乗った寝台特急に置いてあったタオル。乗ったのは富士。はやぶさはその後乗って中継までしたっけ。さくらは乗らずじまいだった。

2006年2月20日 (月)

きょうのきょう

F1002481a 昼間はずっと雨。暗くなってからあがったけど。さぶさはちょっとだけ控えめ。

 NortonAntiVirus2006はプロダクトキーのアクティベート回数をリセットしたってサポートから連絡があった。で、際アクティベートを試みても別のエラーが発生。再度問い合わせたらNorton製品の完全アンインストール+再インストールしろってご指示。
 早速完全アンインストールして、AntiVirus以外を再インストール実施。アンチウイルスソフトは応急に入れてあったフリーなののまま。NortonAntiVirus2006をアンインストールするまではバッティングして部分的にしか機能してなかったけど、フル機能で稼働中。今の状態ならリロケータブルだし、このまま使っちゃおうかな。

 画像は夜店で売られていた焼ポン君。
 天津甘栗とはちがう、普通の焼き栗でした。殻に割れ目が入っているのが特徴らしい。

2006年2月19日 (日)

きょうのきょう

F1002369b 一日中どんより曇り。さぶかった。
 気温は昨日より高かったんだけど、部屋にいてさぶけがしてたのは今日くらいなもの。もしかして風邪のひきはじめ?
 
 というわけで一日が朦朧と過ぎてしまった。

 画像は近所の商店街の壁に貼ってあった広報誌(?)のゆきだるまさん。
 そういや、入居時に2年分の自治会費取られてるんだけど、何か活動してるのかな、自治会って。

2006年2月18日 (土)

きょうのきょう

F1002439a 曇り時々晴れ。外は冷え冷え。それでも日射しは暖かい。

 MTSAT-2の打ち上げ。ロケットは成功。衛星はあと5日かけて静止化させるので、打ち上げ成功といえるまではまだ時間が掛かる。Webニュースでは早速打ち上げ成功」と掲載されているけど。マスコミ的にはロケットがうまくいけばそれでokらしい。
 打ち上げ中継を見ながら飛行プロファイルを見つけて眺めていたら、衛星分離がやたらと早かった。打ち上げ40分後の筈が30分もしないうちに分離しちゃった。おかしいと思ったらMTSAT-1Rプロファイルを見ておった。静止化も違うし。あへっ。予備機だと言うから、枝番のある方かと思ったぜ。予備機にメジャーバージョン上げるか? 衛星取り違え。ま、もう携わらなくなって長いしぃ。去った者も日々は疎し。

 あのまま居続けていたら、この衛星にも関わっていたんだろうけど。

F1002522a Niftyのcgiで『実行エラー/CGIの実行時にエラーが発生しました 。』というエラーが頻発。
 常に、ではなく、時々。特定のcgi、ではなく、どれも。私だけ、ではなく、他の人のも。なぁ〜ぜぇ〜。

 夕方買い物に行ってネギが高いのに驚いて撤退。

2006年2月17日 (金)

きょうのきょう

F1002519b 晴れたり曇ったり。月曜ほどではないけれど日射しが暖か。直射日光の当たる窓面温度計を見ると33℃。うへ。サンルームもあったか。天然の核融合炉は偉大なり。
 で、機嫌良く外出したら、風があってさぶかった。

 北野天満宮では明日から梅苑の公開が始まるらしい。毎年咲き具合で公開日を決めるようで、一定していないのだけど最遅記録だそうな。
 以前は18時には真っ暗だったのが、18時過ぎてもまだ空に明るさが残ってるし、光の春は天候に関係なくやってくるのね。

2006年2月16日 (木)

きょうのきょう

F1002326a 降ったり曇ったり。春霖というのだそうで。止むとさぶくなるんだとか。

 神戸空港開港。阪神大震災の時も市長だか県知事だかは視察に来た大臣に開港の支援を要請し続けていたという噂の執念。市営空港だって。専用の空港持つほど孤立してはいないし、飛行機に頼らないといけないほどの秘境でもなかろうに。騒音はどうなんでしょ。阪神間の騒音が増えるようなら近所迷惑。ま、私的にはもう実家はなくなったので関係なくなりましたけど。
 身体検査と手荷物検査がない空港、とかウリがあれば考えても良いけどねぇ。

 確定申告が今日からだって。
 去年は、締め切り日の3/15の昼に書き始めて印刷、5時過ぎに郵便局に持ち込んで当日消印有効で届け出たんだっけ。Webはなかなか便利だった。住基カードに個人認証証明書も登録してあるんだけど、確定申告に使うには事前に届け出がだか税務署の承諾が必要らしい。今年はどうしようかな。
 東京国税局では仲間由紀恵が確定申告したらしいけど、西宮税務署では藤原紀香が申告したって。まだ西宮に住んでるんだっけ?

 画像は京都駅前のコンタクトレンズやさんのくまさん。
 コンタクトレンズ、学生の頃は「接眼レンズ」、後に「入れ目」と呼び慣わしていたっけ。

2006年2月15日 (水)

きょうのきょう

F1002492a 今日は16.7℃まで気温が上がった。でもその割に暖か感がすけなめ。雨だったせいだな。

 昨日換装あがったU101/P、バックアップしてたHDDイメージを戻したらNortonAntiVirus2006がアクティベートを要求して来た。で、したら上限を超えましたエラー。不正使用はしてないけれど、何度も再インストールとかしてるしなぁ。サポートに問い合わせたら、プロダクトキーの上限を修正するって。まだ何回も再インストールするし、問い合わせ中のインターネットワーム防止機能の不具合対策でも再インストールすることになりそうだし。大丈夫かなぁ。
 ストライキを起こしたNAVの代わりに応急措置でフリーのアンチウイルスソフトを入れたけど、やや使い勝手が悪げ。慣れの問題かな。フリーといっても、法人が作っている有料版のサブセットなので、ウイルス定義とかが突然提供されなくなる様な心配はなさそうだし、リロケータブルなら宗旨替えしちゃおうかなぁ。

 と思いながら、今日のWindowsUpdateしたら、早速1台のPCがブルー画面に。また再インストールか。とほほ。

 画像は東本願寺総会所の塀。

2006年2月14日 (火)

きょうのきょう

F1002496aF1002494a 降ったり曇ったり。昨日と気温は変わらないけど、冷たい南風が吹かない分さぶくない。

 モバイル機のVAIO U101/PのHDDを60GBに換装。1.8"では80GBが東芝からアナウンスされているんだけど、出回ってないみたい。歩留まりが悪いからとか、AppleがiPOD用に買い占めているからとか噂が飛び交ってます。オリジナルが30GBなので倍増なんだけど、今のが既に40GBに換装済みで、増分は20GB。ホントは一足飛びに80GBにしたかったんだけど。ま、これで当分もつかな。
 内蔵していた40GBはケースに入れて外付けHDDに。ほぼ名刺大、厚さ約1cmなので2.5"よりコンパクトでいい。消費電力もも2.5"と違ってUSBで余裕だし。
 平成の大合併が一段落したら地図ソフトを買い換えようと思うんだけど、最新版はDVD1枚に収まらない容量らしいので、HDDたっぷり空けとかなきゃね。
 はて、予備機も換装しておくべきか、否か...。

 画像は京都駅前にあった餅、五大力さん
 2/23に醍醐寺で力比べをするらしい。この餅が150kg?! 2俵分あまりの米で作るって事かな? TVで見たことあるような気がする。持ち上げられる重さを競うのではなく、何秒持ち上げていられるかを競っていたような気がする。

2006年2月13日 (月)

きょうのきょう

F1002506a 一日ほぼ快晴。気温も11℃まで上がったそうな。けど、南風が冷たかった。ふつー暖かいもんじゃないのか?>南風。
 天気に誘われて散歩に出かけて、途中駅ビルの広場を散策していたら風通しが良すぎて体の芯まで冷えてしまった。

 年賀状の為に大量に消費したインクジェットプリンタのインクを京都駅のそばの電器屋で購入。2本組を買うと五千円近い。数回で本体が買えちゃう。裁判ではいろいろあったようだけど、安くならないかな、ランニングコスト。

 画像は京都駅の烏丸小路広場(東広場?)から見た烏丸通り。 
 一応駅前大通りなんだけど、案外狭いです。京都の一番の大通りは堀川通りと御池通り。

京都駅上広場

F1002497a 買い物のついでに奇怪なデザインで有名な京都駅に寄ったら、「大階段駆け上がり大会」なる横断幕が出ている。デパート・ホテルと兼用している駅ビルの4階から10階付近までの一部が長〜い階段になってるのをかけっこで登るらしい。こんな所を駆け上がるのか?!と、階段の麓に行ってみると、ちょっとした広場になってる。踊り場的な広場なんだが、階段の横手、駅ビルの線路側までず〜っと続いてる。ビルの4階5階あたりの一部を吹き抜けにして外壁を無くしてる感じ。空中経路というらしい。日電のロケットビルにも似たような構造があったっけ。

F1002501aF1002499a  アベックがいちゃついてるのを横目に奥に入って行くと、眼下に広がるプラットホームの屋根。眼前には新幹線ホームと京都南部の街並み。やや高度に不満はあるものの、元々建物の背が低い京都のこと、家並みから京都を囲む山と南の開口部と遠くまで見渡せる。肝心の(?)電車はホームに停まっているとホームの屋根がじゃまであんまし見えないのがやや残念。発着時がチャンス、なかなか拝む事のできない電車の屋根がよく見えます。
 広場には半球型のモニュメント、ではなく採光窓が突き出している。機能面重視。ホテルのプールも垣間見えるんです。(^_^;)

F1002509aF1002504aF1002503a  広場の反対側は駅のコンコース。上空には奇抜なガラスの大屋根。殆どトンネル。意味不明系のパーツがそこここに取り付けられています。中から見ると京都タワーも檻の中。
 屋根はあっても東西に壁がないので雨の日に風が吹くと吹きぶってきます。地震の時はガラスの雨が降り注ぐんじゃないだろうなぁ。
F1002505aF1002507a  こちらが素の京都タワー。快晴の青空に映えますな。
 ロータリではタクシーが溢れんばかりに余っています。よかったら、乗りに来ててあげてください。

2006年2月12日 (日)

きょうのきょう

FireFoxErra 晴れたり曇ったり。ひるまさぶさはちょっとましだったけど、晩になって急降下。明日の最低気温は-4℃の予想。

 さぶくなって、晩飯喰いに行くのもめんどくさいなー。と思って、宅配料理のメニューを見る。ピザはワンウエーだからいいけど、寿司や蕎麦はリターナブルなのに、オートロックマンションではどうするんだろう。と、気をつけて見るとマンションのロビーのオートロックドアの外側に空の器が置いてある。なるへそ。家で喰えると言っても、器返す時は外に出ないといけないのね。まだ、ワンウエーな出前しか取ったことないや。

 画像はFirefox1.5.0.1のタイムアウトエラー画面。
 積極的に開こうとしたページがタイムアウトを起こした時はこれでもいいけど、自動更新ページを開いたまま放置していた時はこれだといつタイムアウトしたのか分からず不便。設定で何とかならないかと探したけどなさげ。
 NetscapeやFirefox1.0(?)だと最後にアクセスに成功した画面が表示されているのに。

2006年2月11日 (土)

きょうのきょう

 晴れのち曇り、ずっと。
F1002486b 外気温は四日ぶりに10℃を越えたようだけど、日射しがないのでサンルームはむしろ低温注意報。

 うちの斜め前のT字路。車がよく曲がっていく所なんだけど、今日は人がいっぱい出てきた。団体でどどっと、というのではなくばらっばらっと2〜3人連れが間欠的に。いつもの数倍はある感じ。なにかあったのかな? 公民館みたいな建物がその先にあるので何か行事があったのかも。こういう情報って伝わってこないや。自治会費払わされているんだけどね。

 画像は昨日たらの芽と同じ店で売られていた蒟蒻ラーメン。
 糸蒟蒻とは違うのかな?

2006年2月10日 (金)

きょうのきょう

F1002487b 晴れたり曇ったり。概ね晴れた空を西から雲の塊が次々やってきて日射しを遮っているかんじ。

 髪が延びてきたので散髪。垂直刈り上げ、なんだけどちょっと遠慮気味に刈ってある。2ヶ月で伸び切っちゃうのね。

 NHKニュースを見ていたら「京都タワー研究会」なる人達が出ていた。大学の卒研だとか。
 民放では見たことがあるんだけど、NHKに出てくるとは。私が見たのは官民とも京都ローカルだったけど、関西ローカルにも出ていたらしい。
 だから何、って感じですが。
 入場料が安くないので、薦めるのは躊躇いますが、登るんなら京都を観光してあちこち見て回った後が良いです。さっき歩いたのはあそこね、って見ることが出来ますから。極端に天気が悪くない限り、京都盆地の観光地が一望できますから。

 画像は散髪に行ったついでに寄ったスーパーで売られていたたらの芽の天麩羅。
 思い出深いのは阿蘇で喰ったたらの芽天。定食と別に一皿頼んだら三人で喰いきれないくらい出てきてお土産にしてもらったっけ。柔らかくて、揚げたてがいいですね。ばくばく食べていたらお店のおじさんも嬉しそうだった。味と言うより季節感の食べ物ではありますが。

2006年2月 9日 (木)

きょうのきょう

F1002391b ほぼ一日晴れ時々曇り。でも風もあってさぶさいっぱい。
 外気温が3℃あるかないかでも直射日光が当たる窓面に貼り付けた温度計は28℃とか示してる。日向ぼっこしてると暖かいんだよね。

 立春とはこれから春になるということで冬のまっただ中一番さぶい時期なのだそうな。
 来週は暖かい日とさぶい日が繰り返してだんだん暖かくなる、と天気予報では言っていたけど。気象庁の言うことだからあてにならんなぁ。十数年前頃は天気予報が当たるようになった、と感じていたような気がするんだけど、最近は成績悪げ。天気変化のパターンはだいたいあってるけど、半日や一日ずれてたりする。さらには気象予報士がてんでな予報をしているのか、ピンポイント予報と府県単位の予報がずれているのか、同じ予報番組中で晴れと雨と矛盾する予報を出したり。特に今年は外れが目立つ。
 成績がある程度まで良くなったから頭打ちなのかな。要求水準が高くなったせいかもしれないけど。

 来月は京都府知事選があるらしい。もう今から選挙運動らしく、「みんしゅふせいのかい」とかの街宣車が候補(予定?)者名を連呼しながらうちの前を通っていった。厳密には事前運動にならないように注意してるんだろうけど、法の網目を潜りぬけるなんてホリエモンじゃあるまいし。「府政の会」か「不正の会」かしらんが、こういう普段の姿をよく知って投票しないとね。

 画像は先月デパ地下で見かけたくまかごさん。

2006年2月 8日 (水)

きょうのきょう

F1002454b 晴れたり曇ったり、時々雪。大雪注意報が出ているそうで、夜中に降るらしい。極端にさぶい日ではなかったんだけど、さぶけがするのは風邪気味てこと?

 晩飯に出かけようと歩いているとうちの並び一ブロック先の路上にパトカーが二台止まってる。警官数名も右往左往。交通事故かと思ったら、事故車もけが人もいない。会社の事務所の前みたい。また強盗かな? 近所ではひったくりや放火、強盗が時々起きてる。この前は一千万ひったくられたって。そんな大金、持ち歩いてる方も持ち歩いてる方ですけど。

 郵便の転送、もう一年過ぎてるんだけどいまだに牛久郵便局から郵便物が転送されてくる。転送シールに書いてある転送期限も今年の一月の日付なので、自動延長とかではなさげ。親切君。でも、この一年の間に、というか年賀状で必要な人には新住所を案内したので転送されてくるのはDM系ばっか。そろそろ転居先不明で送り返してくれてもいいんですけどね。そうやって名簿の脱皮してまんねん。
 そんなこんなでケータイの番号ポータビリティも余計なお世話な気がするんですけど...。

 画像は近所のホテルに納品にやってきたファーストリネンサプライ君。

2006年2月 7日 (火)

きょうのきょう

F1002479a 雨のち晴れたり曇ったり。暖かいと言うほどではないけれど、さぶさはちょっとゆるめ。

 画像は四条通沿いの大看板。パチンコ屋です、これでも。
 確か元はカメラ屋だった筈。一年前に引っ越してきた頃はカメラ屋があったんだけど、いつの間にか工事中になっていて、できあがったのがこれ。なんだかなぁ。
 パチンコ屋って他にどんな店を作っても商売にならなくて、最後の最後にどうしようもなくて作る店だよね。パチンコ屋ができちゃうとその街は発展を止めたというか、命運が尽きたって感じ。
 京都電気街からもすぐの所なんだけど、電気街自体が寂れてどんどん店が潰れて行ってるから。通販が発達した時代とはいえ、規格外の製品を手で触って確かめて買える店が無いのは地方の格差だね。

2006年2月 6日 (月)

きょうのきょう

200602061040a 雪のち曇りのちまた雪からみぞれて雨。屋根にちょびっと積もってました。

 クレジットカードのポイント交換の期限が2月だというので商品を検討中。
 何年ぶりでしょ、交換するのって。毎年期限が来ていたようだけど、ずっと放置していたから捨ててたんだろうなぁ。あんまりカードで買い物はしないから大したポイントは無いと思うけど、千点とか二千点は毎年溜まっていたはず。大して欲しくなるような商品はないです。もったいないような、どーでもいいような。
 枕とスタバのカードあたりでおわりかな。

 画像は京都第一カメラに写っていた雪。屋根が白くなってるのが積もった雪です。
 普段居間ではレースのカーテン引いて、窓を背にして座っているから、晴れと曇りの区別は付いても、陽が陰っちゃうと雪とか雨には気付かない。気が付いた時には雪が溶け終わってたなんて事もしばしば。(^^ゞ

2006年2月 5日 (日)

きょうのきょう

FireFox1501a 晴れたり曇ったり。時々日射しが暖かい。外はさぶそうだけど。

 Webでニュースを見ていたら、あちこちで不審者情報メールというのが立ち上がっているようだ。登録した送信先のメアドの流出を心配する声が載っていたがそれ以上に心配なのが流布する情報の正確さだ。不審者情報の正確さの吟味はちゃんと行われているのだろうか。まさか、子供が「知らないおじさんが居た」と親に言っただけで不審者として通報されることはないと信じたいが...。
 監視社会の到来が現実のものになっていることを感じる。誤報が流れた場合、人権侵害にもなる。そうした場合の償いの方法も考えてから行動すべきだろう。

 少子化時代で子供は王様、なんだろうけど。

 満員電車で女性のそばに立つな、夜道で女性の後ろを歩くな、というのがサラリーマンの鉄則になって久しいが、これからは、子供を見たら避けろ、というのが散歩の常識になるのかもしれない。世の中どんどん息苦しくなっていく。

 画像は先日やってきたFireFox1.5.0.1の自動アップデート。便利だけど、トロイの木馬の自動ドアになってるんじゃないだろうなぁ。

2006年2月 4日 (土)

きょうのきょう

F1002482a 雪のち晴れたり曇ったり時々雪。積もりませんでしたけど。
 晩に出かけたら顔が切れそうにさぶかった。春立つと北風が吹く。

 立春だというので卵を立ててみたら立ちました。
 小学校か中学校の国語の教科書に迷信の考察の材料として載っていたのが初見。立てようと思えばいつでも立つけど、立春ぐらいしか立ててみない、って事だったかと。

 松下からは「配達地域指定冊子小包」が到着。ニュースで言ってたやつだな。郵便版ブロードキャストパケット。受け取ったのは初めて、投げ込みチラシは多いのに。金掛かるからなのかな。バイト雇って郵便受けに片っ端から投げ込ました方が安上がり?

2006年2月 3日 (金)

きょうのきょう

F1002480a 晴れたり曇ったりのち雪。
 昨日は夕方になって雨がぱらついたものの、ジャンバーの前を開けていても平気なくらいだったけど、今日は空気が入れ替わったのかと思えるようなさぶさ。

 コンビニの前では鬼が巻きずしを売ってました。スーパーまでコーナーを設けている始末。NHKのニュースでは「大阪の節分といえば巻きずし」なんていい加減なことを言ってる。調べてみると、発祥は江戸末期の大阪らしい。でも、一旦廃れて1977年に海苔屋さんが復活させたって。90年代になってそれにコンビニが便乗して広めた、と。私も初めて聞いたのが数年前の東京のコンビニだった。チョコ屋のバレンタイン、海苔屋の恵方巻。
 大雑把には関西が発祥と言われているらしいけど、1960年代〜80年代始めまで関西に住んでいた範囲では聞いたこと無かった。確かに元を辿れば昔の関西だけど、実質的には最近出来た習慣なのね。お好み焼きのマヨネーズみたいなものか。関西出身者が知らない「関西風」が蔓延しているからなぁ。諸行無常。
 んなわけで、買わずに帰ってきました。

 寿司は太巻きよりにぎりの方が好きなんよね。

2006年2月 2日 (木)

節分祭

PICT8478a 八坂神社で節分に福豆を授与すると噂を聞いたので調べてみると、節分前日から豆まきをするらしい。明日はお天気が怪しというので、今日行ってみました。
 13時の部と15時の部がある。二日間で4セッション。祇園に花街が4つあるので1セッションずつ担当するとか。
 各セッション、第一部が舞妓さんの舞踊の奉納+豆まき。第二部が福鬼の神事+餅まき。

 家からとぼとぼ歩くこと30分くらいで八坂神社へ。をけら詣りで入場規制が敷かれた記憶がまだ新しいので心配していたんだけど、人出はまばら。奉納が始まる頃には、会場のまわりに人が密集してきたけど、全然余裕。前日の2回目のセッションだからすいてるのかな?

PICT8491aPICT8487aPICT8483a  会場は本殿前の舞殿。普段は御神輿を置いてなかったっけ?
 裃を付けた年男が控える中、脇の社から舞妓さんやお囃子方がやってきて拝殿にあがる。と、舞いを奉納。舞殿の横手に豆をいっぱい盛った三宝が並んでいたのでつい、横に陣取っちゃった。奉納、なので正面の本殿側にいないと舞いがよく見えないのよね。うかつ。ま、いいけど。(^_^;)

PICT8494a 舞いが終わると、豆まき
 舞妓さんだけではなく、お囃子方や時代劇風の扮装をした旅役者も現れて、まきだした。ちゃんと小袋に入ってるのね。少ないとはいえ、豆をまき始めたらとこからともなく現れて増えた人だかりには行き渡りそうもないですな。

PICT8520aPICT8507a  豆まきが終わって一段落。人々が帰ろうとした頃に再びアナウンス。鬼が来るって。と、さっきとは別の方角から現れた鬼一家。父親+娘+婿+従者数名。みんな結構すごい顔してます。
 舞殿にはちゃんと鬼門(北東)から入って来た。こちらはストーリーがあって、酒魚を神様に捧げ。父、娘、婿の順に酒を酌み交わし舞う。八坂の神様も返礼に舞う。神様の舞いは信心深くないと見えないそうで。鬼達には見えるので、皆神様の動きを首を動かして追ってる。一人一人見ている方向が違うんだけど、八百万の神なので大勢いるからだそうです。人間至る所神様あり。最後に皆で四方の隅で地霊を封じ込める「片閇(へんばい)」とかで床を踏みならす。

F1002462aF1002465a  そのあと、餅まき。
 面を着けていて足下どころか手元も危ないので、サポートが付きます。最後はサポートも餅まいてました。豆まきの時よりギャラリーが減っているので有利。一個いただいたので安心して写真撮ってたら、もう一個頭に当たりました。(^-^;) 頭上を餅が通るだけでも縁起が良いそうなので、今年はなにかの当たり年なのでしょう。

F1002473aF1002470a  帰還途中の福鬼に触ってもらうと、そこがよくなるとか。鬼さん達は舞殿のまわりのギャラリーを一周してからお帰りになりました。頭をなでてもらう人が多い中、手を触ってもらってる人も。握手、じゃないよね。
 福鬼役は京都学生狂言研究会の人たちがやってるらしい。道理で、皆若そうだった。解説の放送も入ってわかりやすい。舞妓さんの舞いよりこっちのほうがよかったです。でも、今年で終了だって。いつ頃から始まったんでしょ? あっさり止めちゃうって事はそんなに古い由緒はないのかな。
 
F1002477aPICT8479a  福豆とお餅。
 福豆は授与してもらったもの。福引き券付き。
 お餅はまかれたの。頭に当たったのは行方不明。こっちもちゃんと袋に入ってる。餅に福引券はないけど、あたりもあったそうです。つきたてみたいほかほかでした。

2006年2月 1日 (水)

きょうのきょう

F1002452a 朝から雨。夕方になって晴れてきた。

 ようやく使えるようになったラクーカンにcgiを移植。殆どそのままでスムーズに動く。修正点は、@homepageがcgiとhtmlでURLとディレクトリが分かれていて対応が取れていなかったのをフラットな世界に戻すのが殆ど。これでリロケータブルな構造に出来るぞっと。そもそもなんで@homepageが二重構造だったのか不思議。
 最低限の修正は一通り出来たけど、トップページへのリンクとかの直しが残ってる。ついでに、つぎはぎで統一が取れてないディレクトリ名も変えておこうかな。ページのデザインをもっとスッキリさせたいけど、それにはセンスが足りないや。(^^ゞ

 はて、iijと@niftyにまたがっているページをラクーカンに統一できるんだけど、引越はどうしたものか。静的なページはしばらく両方置いておけばいいけど、ライブカメラとチャットはアナウンスして切り替えないとなぁ。@homepageはお高くつくので部分的にでも移行して減量したいところ。もうしばらくラクーカン側を整理してから考えよう。
 あ、blogが統一できないか。大統一理論への道のりは長いな。ラクーカンでは「Movable Type」とかいうのを推奨しているけど、インストール方法は書いてあるものの肝心の使い勝手がよくわからん。とにかくやってみろってかな。20年ほど前のNiftyの親会社の社長がそんな本出してなかったっけ? 社員全員買わされた気がする...。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »