« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

きょうのきょう

Myroom200608310750  もう一息涼しくなるとクーラー要らなくなるんだけど。牛久時代ほど風が通らないので外の気温が下がっても部屋の中は涼しくないんだな、特に夜は。夕方にお買い物に出かけたら、雨。1時間雨量31ミリだって。一番激しく降っている時に外にいたらしい。肩から腿からびしょぬれ。

 ようやく学童の夏休みも終了、かな。最近は寒冷地でなくても繰り上げて二学期が始まったりするようですけど。観光地もすくかしら。9月から紅葉の時期を除いた期間が旅行シーズンね。のんびりゆったり。

 画像は今朝の京都の空。雲は秋ですねぇ。

 

2006年8月30日 (水)

きょうのきょう

F1003962a  友遠方より来るまた愉しからず也。

 画像は四条通のパチンコ屋の中を撮影する外国人観光客。
 珍しい、みたいね。これも日本の文化なのか。やや情けな気味だけど。

2006年8月29日 (火)

きょうのきょう

Picu3485a  一頃よりは暑さが減退しているけど、クーラーなしで過ごせるほどではない。もう一息か。

 京都で世界宗教者平和会議というのをやっていたらしい。今時の宗教って国際紛争やテロの主な原因になってるみたいだけど、仲良くもできるのね。

 画像は太地くじら浜公園に咲いていた花。
 クラスタ構成の花一つ一つの間でグラデーションしてる。時代的にはヘテロジニアスマルチコアな花なのかも。見つけた時は思わず声を上げてしまいました。

2006年8月28日 (月)

きょうのきょう

Picu3471a  旅の反省点を反映すべく、あちこちお買い物。歩きすぎてこしいたい。(>_<)

 ビラ配りの為にマンションの中に侵入した男が無罪判決を受けたらしい。
 怖い話。オートロックマンションではない上に、侵入禁止の張り紙が不十分だった点につけ込まれたようだ。TVニュースの映像を見る限り、1階に集合ポストがあるのだから、「市民の常識」的にはそこに投函するところまでが許容範囲だろう。それなら言論の自由も保護できるし。しかし、犯人は集合ポストの奥の玄関ドアを開けて侵入しており、「集合ポストに入れたのでは読まずに捨てられるから各戸のドアポストに入れたかった」と主張しているらしい。集合ポストに入れて読まずに捨てられるようなビラはドアポストに入れても読まずに捨てられるだろう。こうした活動家にありがちな思いこみの強さに辟易させられる。
 うちのマンションはオートロックだから侵入してきたら警察に通報できるのだろうけど。

 画像は太地くじら浜公園のレストラン。
 外国になんと言われようと日本の食文化は守り育てていきたいです。しかし、「くじら料理正規会員」ってなんでしょね?

2006年8月27日 (日)

きょうのきょう

Picu3216a  昨夜帰宅して、今日は休息。...のつもりが急遽お買い物にお出かけ。新京極まで近所ですけど。家のドアを開けると案外暑くない。まだ夕方前なのにやけに暗いし。道を歩き出すとぽつりぽつり。傘を取りに戻ったとたんにザーッと降り出す雨。雷はなってなかったのでそのまま強行。膝から下が濡れた程度で、ふつーの夕立でした。一時間しないで上がったし、よかた。でも、雨上がりに涼しくならなかったので、無駄雨。

 帰宅後は旅立ち前に塩漬けにしたぬか床を再起動させて、再漬け初め。うまく復活するかな?

 画像は勝浦で泊まった宿へ運んでくれた渡し船。

未完成ぴーぷるロッジ

 いや、また旅に出たわけではありません。
 学生時代に夏合宿で泊まった宿の名前をふと思い出して検索してみたらヒットした、というだけのことです。数年前にも思い立って検索してみた時にはノーヒットだったのに。
 大学1~3年の頃だから28~26年前だろうか? 痩身のだんなさんとぽっちゃり系のおかみさん、ちっこい子供さんで経営されていたっけ。今も健在なのかな? 代替わりしたのかな? もしかしたら、あの頃足下をちょこまか走り回っていたお子さんが若旦那(若女将?)になっているのかも。又訪ねてみたい気もするけど、公共交通機関がないのが難点。その前に、夏期休業中っぽいし。あの頃は、スキー場のロッジが夏場は安く借りられるということで行ったんだっけ。宿で喰った完熟ネクタリンが旨かった。当時の同級生も殆どが音信不通だな。特に学部が違うと縁遠し。
 宿の名前を聞いて、「未完成とは何事か、完成してから泊まりに行けば?」と心配してくれた人も居たけど、「人というのはいつまでも発達途上で未完成なもの。そういう未完成な人々が集う宿。」という由来だったと思う。

2006年8月26日 (土)

紀の松島

紀の松島

 

紀の松島

 

紀の松島

 去年も行った紀の松島と行き残した太地くじら浜公園へ。
 勝浦湾から熊野灘をまわって奇岩奇島(?)が並ぶ紀州の松島を一巡り。外洋の横揺れが心地よい。
 帰りに寄った太地くじら浜公園には捕鯨船や水族館があって、結構楽しめました。しょぼい展示館がぽつんとあるだけなんじゃないだろうなと心配していたんだけど、そんなことはない。失礼致しました。水族館では鯱に海豚に海馬がショーをやっておりまして。海豚の餌付けなども観客に体験させてくれてました。

2006年8月25日 (金)

瀞峡

瀞峡

 去年行き残した瀞峡へ。
 ウオータージェット船とかいうやたら水しぶきを飛ばす船で水面すれすれを飛ぶように遡っていきました。両岸の岩の節理がきれい。
 バスで1時間あまり、船で1時間あまり、和歌山県の飛び地と三重県と奈良県の三重点まで行ったらしい。

2006年8月24日 (木)

紀伊勝浦

ホテル浦島

 去年の秋の放浪の途中に立ち寄った洞窟温泉が忘れられず再びやってきました。
 船で渡るお宿、温泉が6カ所あります。半分まわってマッサージしてもらったらもうとろけそうです。おやすみなさい。

2006年8月23日 (水)

宇治川鵜飼い

Picu3008a   長良川でしかやってないと思っていた鵜飼いを宇治川でもやっていると聞いてお出かけ。

 平等院で10円玉の原型に出会ったあと、裏手にある宇治川河原をお散歩。平等院が17時半までで、鵜飼いが18時半から乗船。やや暇。遅いお昼+早い夕食を摂って時間調整。夕日に照らされた山がきれい。...なのはいいけど、ちゃんと暗くなるのかなぁ。宇治川自体は蕩々と流れる立派な川なんだけど、鵜飼いは中州で仕切られたやや流れの遅い支流(?)でやります。
Picu3047aPicu3051a Picu3059a  中州の乗船場の横には鵜小屋があって、鵜が何十羽か飼われている。お~、これが鵜か、と眺めていると黒装束の鵜匠が二人でなにやら相談中。しばし作業をしたあと、小屋から今日の鵜を選んでかごに詰めて鵜飼い船に積み込み始めた。結構狭くない? 小屋も小学校の鶏小屋みたいで、ストレスたまりそうだったけど。見てる間に鵜を乗せた船はまだ日のあるうちに小屋を上流に向けて出航していきました。

Picu3068a Picu3077a  日が沈み。あたりが夕闇に包まれる頃に、見学船が出航。鵜飼い船は無蓋で篝火用のかご(?)をぶら下げていたけれど、見学船は有蓋。船頭兼ガイドの爺さんが一人。大勢居なくてよかった。山に登ったら困るしぃ。
 川の水はきれいで、底まで見通せます。流れも穏やかで、鏡のようになめらか。水が澄んでいて篝火の明かりが川底まで届かないと鵜が魚を発見できないのだそうな。水清ければ不魚住というけど、いいのか?

Picu3104a  出航してしばし、数隻ある見学船を流れに沿って縦一列に並べて観客席を構築。と、鵜飼い船が上流から登場。

Picu3109a Picu3110a Picu3111a  一人で4~6羽の手綱を握った鵜匠と乗組員が「ほうほう」とも聞こえるかけ声をかけつつ船縁を叩いて気勢を上げる。首根っこをくくられた鵜は逃げようとしているのか観客に寄ってこようとしているのか、勢いよく泳ぎ回る。鵜匠は手綱を弛めたり引っ張ったりして鵜を操る。時々、鵜が頭から潜ったと思うと鵜匠が手綱をたぐり寄せて鵜を船に揚げ首をさする。と、魚をペッとばかりに吐き出す。...というのがサイクル。
 よく引き揚げるべき鵜を間違えないもんだな。一度に数匹の魚を喉に蓄えられるというから、適当なタイミングで順繰りに引き揚げていたり、しないか。(^_^;)

Picu3121bPicu3132a  首の縄をきつく縛りすぎると苦しがって鵜は水に潜らない、緩すぎると捕った魚を飲み込んでしまう。縛り方が難しいのだとか。魚も、本来は鮎狙いなんだが、最近はブラックバスなんかも捕れちゃうらしい。本気で漁をするなら流れの速い宇治川本流でやったほうがいいそうな。でも、あの急な流れじゃ見学船と鵜飼い船が泣き別れになりそう。

 最後に鵜が思いっきり見学船に近づいて来たので頭をなでてやったら、ぬるっとしておりました。あそこでえさをやりたくなったんだが、そんなことしたら怒られそうね。そもそも飲み込めないか...。f^_^;

2006年8月22日 (火)

きょうのきょう

F1003829b  昼過ぎに雷雨。今までになく激しい雨。バケツをひっくり返したようなというか叩きつけるようなというか、雹かと思うような音を立てて地面にぶち当たる。ありがちな雨なんでしょうけど、降り始めの一番激しい時に出くわすと目を奪われますな。降り始めは西寄りの風だったのが降り終わりには東寄りに変わっていたのは何故だろう。前線が通過したわけでもないと思うんだが。雷も近くで鳴るとごろごろ言わずダーンと一声だけ。毎度の事だが心臓に悪いね。時間にして20分弱だったけど、いつ見ても見とれてしまうな。

 画像は壊されゆく町家。
 町家じゃないのかも。商店街の一角。駐車場になるのか、ビルが建つのか...。

2006年8月21日 (月)

きょうのきょう

F1003624b  甲子園を断念してシスログの整理。sshとftpだけで平均すると1日3サイトからアタックがある。1発屋から万発のオーダーまで、サイトも様々だけどアタックのパターンも様々。ながら、別々のサイトから同じパターンでアタックが来ることもある。同じソフトを使っている訳か。スパムメールは1日約100通。こいつも同じパターンが何組も。同じソフトを使っている訳か。

 画像は近所のスーパーで売られていた野菜。価格は先月の値、計ったら約500g。要はおっきめのシシトウ。軽く焼くと旨いです。たまに当たりがあります。

夏の甲子園2

Picu2965a  一日延びた夏の甲子園が終了。
 今日も見に行こうかと支度を仕掛けたんだけど、家の窓面温度計が50.8℃を指しているのを見て萎えてしまった。かち割り氷と最後の飛ぶ硬球に出会うチャンスだったんだが。

 37年ぶりの決勝再試合って、37年前も見てたなぁ、TVでだけど。15回で引き分け再試合っていつ決まったのだろう。私の記憶に残っているのは18回で引き分け再試合だった。それも、試合中に急遽話し合って決めたという経緯だったような気がする。が、これは私が生まれた年に決まったそうなので怪しい記憶だ。その後短縮されたという噂を聞いたような気もするがあやふや。サラリーマン時代は大会期間中も殆ど試合を見られなかったから疎くなっていたみたい。
 子供の頃はよく甲子園に通った。実家から30分かからずに行けるのでふらっと出かけた。市の小・中の合同体育大会を甲子園球場でやるような地元なので。プロ野球は見たことなくて高校野球専門。作新学院の江川卓は生で見たし、銚子商業はアルプスで応援団に混じって声をはりあげていたっけ。何故か校名入りのタオルをもらって帰ったなぁ。高校に入ってからは自校の野球部が甲子園に縁遠かったので、足が遠のいた。野球部は甲子園に行かなかったけど、女子が夏の大会のプラカード持ちをやっていたので母校は開会式と閉会式には毎回出場なんだな。今年も閉会式で見たけれど、制服は替わってないようだ。校舎は震災で建て替えになってしまったのに。
 その江川も再試合の太田幸司も、もう既に引退してる。光陰矢のごとし? 今回戦った選手のうち何人かはプロ入りするんだろうな、そしていつの間にか引退して行くのだろう。諸行無常ってか?

 八重山商工だったか、福知山成美だったか、選手がピンチもチャンスもにこにこしながらプレーしていたのがとっても印象的。何にしても楽しめないと続かないよな。

 これでいよいよ夏も終わり。祇園祭より、五山の送り火より、夏に終わりを告げるのは甲子園の決勝戦だ。

2006年8月20日 (日)

きょうのきょう

F1003830a  ふと思い出した福音館書店の小辞典文庫。小学生から中学生の頃によくお世話になった。ちっこいもん好きの私にはぴったしだった。あれこれ買い集めて実家に山ほどあった筈なんだが、いつの間にか処分されてしまっていたのが哀しい。今更ながら手に入らないかと思って検索してみたら出版元でも過去の歴史扱い。

 近所のデパートに買い出しに行ったら、北海道展を開催中。すわっ、と飛んでいくとにぎやかにやってる。前回は気付いたのが最終日で5分違いでタイムアウトだったんだよな。今回はまだあと一週間あるので余裕。だけど、三方六は来てなかった。残念。仕方ないので塩ラム、トントロ、利尻(日高?)昆布を買って退散。お店の位置が前々回とほぼ同じなのは気のせいか?

 画像は近所の切手自動販売機
 フミカ×、千円札×、五百円玉×、と殆ど商売っ気のない官僚的運用。機能的にはいずれも受け入れ可能なんですが、廃止(フミカ)、偽造判別自信なし(千円札、五百円玉)との理由で運用上制限されています。フルに機能すればそこそこ便利だと思うんだが、ないよりまし的な存在に貶められてしまっています。かわいそ。民営化されたら変わるかな?

2006年8月19日 (土)

きょうのきょう

F1003831b  一応台風の影響かここ数日は気温が低め。といっても30℃超ですけど。風のなま暖かさがややましなだけで、蒸し暑さは相変わらず。秋は立っても涼は来ず。

 「Sat Jul 17 12:06:57 1999 UTC」に始めたSETI@home、一旦全マシンで停止。一時は約5台のPCでやっていたけど、徐々に減らしてついに0。BONICになってからは特に成果が見えにくくなってきたし、実行しているとPCの応答が鈍くなるので。それと何より常に稼働率100%というのが心配。熱暴走の原因になったりしないのかな? その昔、Libretto50はSETI@homeでダウンした事があるし。先日HDDが壊れたのに関係あるかもしれないし。汎用機では稼働率80%超えたら使い過ぎと言われたし。また涼しくなったら再開するかも。

 画像は近所の切手自動販売機で買った印字式コイル切手その2。
 50円、80円、90円、130円は同じ図案ですが、270円だけが異なります。

2006年8月18日 (金)

きょうのきょう

F1003826b  颱風なんて何処吹く風。ちょっとつおいだけ。

 久しぶりにモバイル機でCyberStationを使おうとしたらWillcomのつなぎ放題APからダイアルアップできない。サポートも巻き込んで調べたら、発信者番号通知がoffになっていたのが敗因。おかしいな。InfoSphere発信者番号通知onでないとつながらないのに、こっちはダイアルアップできてたんですけど。(?_?) とりあえず、ユティリティで発信者番号通知onにしてどっちもつながるようになったからいいけど。
 このCyberStation、切符のネット予約の草分け。JR各社が独自にネット予約を始める前からサービスしててかれこれ10年近い。予約した切符は2日前には受け取らないといけないし、切符を受け取りに行くと緑の窓口の係員は必ずと言っていいほどオペレーションが分からずマニュアルを持ち出して調べ始めるし、JR各社とはあんまし相性がよくないみたい。でも、現金で切符を購入できるので愛用してます。出張先で急な予定の変更があったとかで今日明日の切符をあわてて買うのには間に合わないけど、旅の予定を立てて指定席を押さえるならこれで十分。クレジットカードで買っちゃうと、金額が変わる変更は購入した窓口でないとできないと言われるので、よほど予定が確定している場合でないとカードでは買えない。指定席って安全牌的に押さえる場合も多いので変更は必須。JR各社の予約サービスをフルに享受しようとすると提携カードを持たないと駄目みたいだし、そうなるとクレジットカードが無駄に増える。せめて利用するJRが決まっていればいいんでしょうけど、日本中あちこち出歩くものでね。民営化はともかく、分割は...。
 おまけにユーザ認証方式も古典的。プロバイダも兼ねていて、自社のAPからつながないと予約サービスが受けられない。Internetになる前、パソコン通信の時代からサービスしていたのでその延長線上から脱皮できてない。囲い込みのつもりかもしれないけど。なんだかなぁ。

 と、そんなこんなで一日つぶれてしまった。予定が消化しきれないまま。こうして夕があり、朝があった。(朝はまだだけど。)

 画像は近所の切手自動販売機で買った印字式コイル切手
 印字式のは一時出回ったけど、最近は減ったと聞いたような気がするんだが、そうでもないのかな?

2006年8月17日 (木)

きょうのきょう

F1003822b  台風接近で風が強かった、けどそんだけ。通り雨もあった、けどそんだけ。昨日よりはましだけどむしむし。

 保津川下り。京都にいる間に行かなきゃ、と思っていたら落石事故。枯れ切ったコースなのかと思ったら、生きているのね。風化はたゆみなく進むか。夏季限定だと思っていたら、年中やってるのか。あわてなくてもいいな。夏休みが終わって、紅葉が始まる前が狙い目かな。

 惑星の定義が変わって、太陽系の惑星も浮沈があるらしい。
 せっかく覚えた知識が陳腐化するのは悲しいな。科学が発達したせいなのなら仕方ないけど。あちこちでニュースになってるけど、導入された用語が英文のままだったりカタカナに音訳しただけの記事はわかりにくい。和訳した用語を付記した記事に出会ってほっとしました。正確な用語の定義とかの問題もあるんでしょうけど、最終的にはきちんと和訳(漢語訳?)した用語を使うようにして欲しいもんだす。

 画像は昨日五山送り火見物のあと寄った泰料理屋で買ったライチの缶詰。缶に絞りが入ってる。いろんな缶があるんだな。このお店ではナンプラーとかも売ってました。わが家からやや遠いのが難点ですが、地下鉄の駅から近いので便利。時々行きます。

更新プログラム 918899 をインストールすると Internet Explorer 6 Service Pack 1 が予期せず終了する

 先日の月刊WindowsUpdateの中に不具合を混ぜてあったという情報をチャットで教えてもらったので、先日と同じくMicrosoftのサポートに電話してパッチを受け取り。すべてのWindows2kSP4マシンに発生しているわけではないので、事象が確認できた1台に適用。今のところ新たな不具合は無い模様。普段IEは、ココログのバックアップ以外には使わないので詳細は不明ですけど。
 したら、後日WindowsUpdateで配布されるという情報もあるそうな。急ぐ必要なかったね。ま、いいか。

2006年8月16日 (水)

きょうのきょう

F1003805b  また、というか今度こそというか颱風が近づいてきているようで、夜も更けてきて風が強くなってきました。風の中、眼鏡かけているとレンズと顔の間に渦流がきるのかこそばいの。何とかならんか? 五山送り火を見た帰り、烏丸通りを歩いていると、街路樹のポプラ(?)から落ちた葉っぱが歩道を舞ってる。でかい。私の靴よりでかいのね。樹上高くにある時は気がつきませんでしたわ。

 かさかさと乾いた落ち葉を踏む感触が好き。早くもそういう季節がやってきつつあるのねぇ。(まだはやい?)

五山送り火

Picu2992b  京の夏に終わりを告げる五山の送り火
F1003814aF1003813a  地上で焚くなら迎え火の方がわかりやすいという気もするんだが...。 去年は出町柳で大文字と妙の消えかけを見たので、残りに挑戦。相国寺そばの中学で校舎を開放すると聞いて行ってきました。校舎の4階。御所を向いて焚いているとも言われる五山の送り火、御所のすぐ北なのでロケーションはばっちりっぽい。高さも京都で4階なら見晴らしはいい。...けど、手違いが重なって到着した時には「大文字」と「妙」は終了。「法」と「船形」、「左大文字」がくっきり燃えてました。20時から20分間の間に順次点火して30分もすれば燃え尽きるので結構あわただしいです。諸行無常。
Picu2984bPicu2985bPicu2981b 夜空に...と言いたい所なんだけど、あまり高いところではなくてほぼ目線かちょっと上くらい。色も橙色で線香花火の風情ですな。「鳥居形」は見えなかった。ビルがじゃまなのか、北過ぎるのか。燃え尽きて徐々に消えていく送り火も風情がある。如何にも夏を見送るって感じ。
 校舎の窓から見ていると、神戸の市章山と碇山みたいだな、と。ちっこい三脚持っていったんだけど、校舎の窓では固定する場所もなく、ぶれぶれでした、残念。

 ほぼ鎮火するまで眺めていたら、校舎の周りの木々から聞こえてくる蝉時雨も心なしか弱々しくなっていました。(夜が更けたからかもね。)

2006年8月15日 (火)

きょうのきょう

F1003797a  夕方から甲子園で野球観戦。ホンとは昼前に出かけるつもりだったんだが、ホンを読んでるうちに時間が過ぎてしまって、読み終えたのが夕方になってしまった。ホンとにホンって麻薬だなぁ。TVと違って金かかるし。

 昨日取れて応急修理したケータイのminiSDスロットカバー、以前使っていたケータイがほぼ同型機だったのを思い出してお出かけ前に該当部品を流用してみたらばっちりok。以前使っていたのは、今の機種のGPS機能がないだけのだったのよね。機種変するなら類似機種が吉ですなぁ。

 甲子園へは往復とも阪急-阪神と私鉄乗り継ぎ。PiTaPaでICOCAが使えるようになったので楽珍。PiTaPaは銀行引き落とし方式でクレジットカードかキャッシュカード的なのにICOCAはプリペイドなので雑踏の路頭で取り出すのにも抵抗は微少で済むよね。

 観戦後には紀伊國屋書店で文庫本を、阪神百貨店地下で夜食用にイカ焼きを購入してJRガード下の新梅田食堂街で晩飯喰って帰宅。オヤジ的しやわせ。

夏の甲子園

Natunokoushien11a  ようやく甲子園へ。
 来週には終わってしまうし、今週後半は天気悪そうだし、始まるとあっという間に終わっちゃうのよね。特に二回戦が終わるとつるべ落とし。
Picu2955a Picu2956a  京都からだと阪急-阪神を梅田で乗り継ぐのが便利。とはいえ、三十年余り前に阪急梅田駅が阪神梅田駅から遠ざかったので、便利さはこの半世紀で低減してる。おまけに阪急百貨店の建て替えで乗り換え道が一部閉鎖されていて大回り。経営統合したって乗り入れないならちっとも便利にならないよなぁ。伝統から言えば阪神が阪急を飲み込むべきなんだが、そうはいかないのはDECとCompaqで実証済みか。いずれは、急神ブレガースとかになるのか?

Picu2957a Picu2972a  気を取り直して甲子園。
 家を出たのが既に夕方だったので、球場に着いた時にはすでにナイター状態。家からだと阪急百貨店の妨害もあってドアtoスタンドで2時間近くかかるみたい。飲まず食わずでやってきたので、ほぼ脱水状態あげいん。スタンドであわてて売り子を呼んだら、かちわりではなくて凍りクリスタルガイザーだった。袋入りのかち割り氷は昼間限定っぽい。観客の中には持っている人もいたんだけど、手に入らず。2年連続ロスト。こりゃ、ん十年越しのリトライになりそう。

Picu2969a Picu2970a  試合は兵庫代表東洋大姫路の試合が終わっていたので、のんびり観戦。だいたい、甲子園に来ている観客の殆どはどっちかを応援しているって訳ではないんだよな。アルプスを除いて。当然、入ったのは無料の外野席。1塁側から3塁側まであちこち座りながら雰囲気を楽しんでいました。一番いいのはアルプスに座って応援団と一緒に声を張り上げて応援するんだけどね。コンサートののりですな。

2006年8月14日 (月)

きょうのきょう

Picu2949b  日も傾いた夕方に清水寺へ千日詣り。夕方でもあついあつい。参拝も一種のスポーツね。いい汗かいた。

 清水の舞台でケータイカメラを使って撮影してるうちに、miniSDカードスロットのカバーが取れちゃった。あわてて探したら舞台の上に落ちてる。無いなら無いでいいか、とも思ったんだけど、中のminiSDカードが何かの弾みに飛び出しそう。う~む。
Picu2953bPicu2951b もげてちぎれた訳ではなく、差し込んで引っかけてあったのが抜けた模様。差しなおしたら素直に復活。でも、カバーの収まりが悪いまま。辛うじて留まってるけど、ちょっと触ると半開きになっちゃう。半開きのままケータイホルダにつっこんだからカバーが取れたのね。ゴム製なので、経年変化で縮んだかな。保守部品がないかショップに聞いてみるか? でかいところに行かないとなさげな気もするが...。
 とりあえず輪ゴムで押さえ込んだら収まってる。使いにくそうだが、とりあえずはこれでいくか。

清水寺千日詣り&本堂内々陣特別拝観

F1003767a F1003773a  清水寺で一度詣ると千日分の功徳があるという千日詣りをやっているのでお参りに。さらに、本堂内々陣特別拝観も実施中。さらにさらに夜間特別拝観も兼務中。すごいね、トリプルだ。
F1003762a 家の前の一本道をず~っと東へ30分あまり。東西に延びた道に西日が射して日陰皆無状態。読書中の僧侶とすれ違いながらとぼとぼ。鴨川を過ぎてしばらく行くまでは平坦なので楽珍。この世の境目、六道珍皇寺のあたりからは上り坂。あの世へ登る感じか? タクシーに混じって人力車が渋滞しているのを横目に、日差しに押されるように脱水症状気味に歩いてようやく参道に合流。平日だからすいてるかと思ったら、参道は七分人で埋まってる。もうお盆休みなのね。押し合いへし合いするほどでもなく、がらがらで寂しくもなく程々の人出。観光地としては手頃かも。
F1003768a F1003780a  拝観券を買って、普段は本堂を右へ回って舞台に出るところを左へ回り込んで本堂の奥へ入る。靴を脱いで上がったところに「堂内撮影、携帯電話禁止」と張り紙。うむ、こっそり撮影しようかと思ってたのに...。(^_^;)
 本堂内々陣は「回」の字形をした縦6m横30mくらいの回廊。真ん中の□にご本尊はじめ仏様がずら~っと並んでて、その周りに燭台もずら~っと並んでる。200円で購入した蝋燭に巻かれた紙に願い事と名前を書いて立てればok。「家内安全、一攫千金、いち」と書いて立てておきました。(^_^)v 蝋燭は10mおきくらいに立っている係りの人が次々回収していた模様。燭台をあけるためね。燃え尽きるまで置いて置かなくても成就するだか?

F1003776a  外に出ると、普段の清水寺。桜や紅葉の季節と違って、周りじゅう緑。何もないときにはこないので却って新鮮。飛び交う英語と中国語(たぶん)。東洋系の人は「エクスキューズミー」とか言って、他の観光客を追い払って記念撮影。日本人なら阿吽の呼吸で譲り合うんだけどね。文化の違いか。

 普段は前からしか見ない大黒様。横から見るとちゃんとでっかい袋を担いでらしたのね。後ろ向きにひっくり返らないでね。

2006年8月13日 (日)

きょうのきょう

F1003758a  朝から入道雲がモクモク元気だった割に最高気温は私の平熱以下。夕方雨が降ったみたい。夕立ね。でも、昼寝していて気付かず。

 大分のマリンカルチャーセンターで親子がホールに転落してけがしたという記事がWeb出ていた。『座席がホール壁面内に格納されていたため、4メートル下のフローリングの床に転落した』、『半開きになっていたホール入り口から入場したらしい。入り口から3メートル奥までは踊り場が続くが、その先に転落防止のさくはない。事故当時、扉は施錠されていなかった。ホール内は消灯中で真っ暗だった』という状況がわかりにくいが、要は落とし穴状態だったみたいだ。『ホールの使用予定はなかった』そうなので、勝手に侵入して勝手にけがをしたということで、自業自得なのだろう。だが、警察は『業務上過失傷害容疑も視野に』事情聴取していると言うから、センターとしても迷惑な話だ。当時ホール内部を公開していて、件の親子がWelcomeだったのに危険な状態で放置されていたのなら問題だが、来るはずのない人の安全を確保しろと言うのは過剰な要求だろう。システム設計では、「して欲しくないことはできなくしておけ」という原則がある。ユーザ性悪説に基づくのだが、実社会でも性善説は破綻を来しているようだ。
 立ち入り禁止の池にはまった子供の遺族が池の管理者を訴えたという話を何度か聞くし。してはいけないことをした結果の責任を他人に求める事ができる時代なんだな。

 画像はLibrettoSS1010の放熱フィン。
 NAS群はそれなりに冷却されるようになったのだけれど、ノートPCの中があっっちっちなので、せめてもとKBとLCDの間にアルミ箔を挟んで外まではみ出させてみました。温度計を仕込んでないので効果はやや不明ですが、触った感じではちっとは涼しげです。

 Webで公開されてるベンチマークとうちのPCのベンチマークを比べると、Core DuoとCore2 Duoって殆ど性能が一緒みたいねぇ。

2006年8月12日 (土)

きょうのきょう

F1003756a  雲がちで昼過ぎの雨のあとはやや涼し目。気温も雨のあと一旦下がって上がってまた下がってる。逆バブルだな。

 先日寄った中途半端な郊外のショッピングセンターでは蓮の葉を売っていた。大人が雨宿りできそうなくらいの大輪。喰うのか?と思ったけど、お盆の飾りみたい。一枚一枚専用の袋に入れられていた。産業化されているわけか。近所のスーパーでは「地蔵盆セット」を発売中。お菓子の詰め合わせらしい。一袋千円から。一ヶ月前に予約が必要だって。受注生産か?どんなお菓子が入っているんだろう?
 巨大座布団のような関東の伸し餅には腰を抜かさんばかりに驚かされたけど、まだまだ不思議な喰い物があるもんだなぁ。

 画像は近所のスーパーで買ったわらびもち。やけに透明度が高い。原材料にタピオカとか書いてあるけど、そういうもんか?

2006年8月11日 (金)

きょうのきょう

F1003749a  大気の状態が不安定とかで雲がち。気温もやや低めで36.5℃。それでも私の平熱より高いんですけど。

F1003753a  五山の送り火。自由に出入りできて全部見渡せる場所って少ない。京都随一の展望台、京都タワーは点火前に一旦営業終了。そのあとは特別鑑賞とかでディナーと抱き合わせで超特別価格らしい。京都駅の空中回廊も普段はフリーなのに、当日だけ入場制限で抽選済み。さて。

 旅客機のテロ未遂、未遂で終わったのはよかったものの大混乱。何かあっても列車は止まれるし、船もダメージの具合によっては浮いていられる。飛行機は落ちるしかないからなぁ。便利だけど、本質的にフェイルアウトな乗り物。公共に供する事自体に無理があるのかも。

2006年8月10日 (木)

きょうのきょう

F1003748a  今日も最高気温が37.5℃。昼間は出歩かないに限る。が、21時過ぎても30℃超えてるのね。

 漬物用の樽を買いにスーパーのはしご。
 都心部にはちんけなスーパーしかなくて、この手の品物は売ってない。ので、郊外まで遠出。中途半端な郊外のショッピングセンターもちんけに毛が生えた程度で、地下鉄に30分とか乗って本格的な郊外に行かないと役に立たない。生活するなら郊外の方が便利ね。
F1003750a ほとんどの店に置いてある樽や大きめのタッパーがみな半透明なのに改めて吃驚。確かに透明だと中身が分かって便利だし、透明な加工品って人類の夢でもあったんだが。遮光性の容器も必要なのでわ? せめて試薬瓶並みに褐色にするとか? ぬかにびっしり苔が生える姿を想像してしまったぜ。

 地下鉄乗り継いで六地蔵まで行ったら、浴衣姿の娘さんが何人もいてる。何かと思ったら、宇治川花火大会だそうで。京都って花火大会が少ないんだよな。市内ではやってないんじゃないだろうか? 三条~四条の川端あたりでやったらきれいだろうな。火事が怖いけど。宇治川は花火より鵜飼いが見たい。梅雨末期の増水で中止になったのは復旧したのかなぁ。

2006年8月 9日 (水)

きょうのきょう

F1003745b  ようやく刈り上げ。2ヶ月ぶり。
 なかなか思い切りよく刈ってくれなかった床屋、「上まで刈り上げて短く」と言うとようやくすっきり刈り上げてくれた。「まっすぐに刈り上げ」とか「垂直に刈り上げ」とかではだめなのね。
 十分千円の安易床屋、最近は女性客も多いのよね。

 画像はスーパーのぬか売り場。
 素の(?)ぬかって売って無くて、塩+ミネラル+昆布+唐辛子入りのしかない。これでいいのかな? 中には、ジッパー付きの丈夫な襠袋にじとっと湿ったぬかが入っていてそのまま野菜レディなキットまで売ってる。しかも使い捨てにしろと書いてある。ん~、便利というか何というかそこまで商品化しちゃうのか。できるだけ素朴な材料から作る方法を経験したいと思いつつも全部入りのぬかを買ってしまった。塩加減とかの訓練ができないかな。ま、継続して供給されるんならいいか。うまく乳酸菌君と酵母菌君を継代しないとね。でかいいれものも探さなきゃ。実家では一抱え弱あるプラスチックの樽で漬けていたっけ。さすがにそれはでかすぎるからキューブ型PCくらいのタッパーだな。

2006年8月 8日 (火)

きょうのきょう

F1003744b  颱風7号はマリア様。関西的には空振りっぽい。いや、べつに天候が荒れて欲しいわけではないですけど。ま、まだこれからUターンして関西に来る可能性もないではないですが。その昔、一旦日本の南海上を西進して中国大陸に上陸して数日休み、それからおもむろに180度方向転換して同じく南海上を今度は東進したあげく浜名湖に上陸した颱風もあったっけ。

 リカバリの済んだPC、HDD温度が高いと寿命が縮むというので、冷却方法を検討。ファンを入れるのが一番簡単なんだけど、ブック型なので中身はみっしり詰まってる。HDDに装着するのは無理。隙間にさりげなく5cmくらいのファンを紛れ込ますくらいは何とかできそう。でも、筺体を動かしたときにブレードでケーブルを切断しても困るしなぁ。
 筺体全体が熱を持っているので、外から筺体を冷やしてみた。ファンを置いたり氷嚢を乗っけたり。それでもHDD温度は2~3℃しか下がらない。だめね。あまりお金をかけてもしゃぁないし。最後は筺体を外してむき出しにするか?

 Iさんから、ぬか床が到来。新鮮野菜付き。逆か?(^_^;)
 ぬか漬けって、実家で母がやっていたっけ。むろん私は初体験。ざらっ&ぬめっとした感触にびびりながらも無事漬入。ちょっと早めに試食してみたら、外側は漬かってて中は生。味にグラデーションがあるぞ。浸透圧で野菜の水分が吸い出されて、ぬかの成分が拡散して野菜にしみこむのかな? 味のしみこみ方を時系列に調べてみるのも夏休みの自由研究としていいかも。(だめ?(^_^;))
 画像はぬか漬け1号キュウリと新鮮トマト。
 夜半に取り出したらいい味加減に漬かってる。家族全員に大好評。もっとたくさん漬けたんだけど、切るはしから食べる人がいて切り終わったときにはこうなっていましたぁ。

2006年8月 7日 (月)

きょうのきょう

F1003568a  昨日から甲子園で高校野球が始まった。会期中に一度は行きたいな~。

 PCのリカバリはようやく終了。改めてHDDイメージをバックアップして一段落。念のためにバックアップをDVD-Rに焼き中。DVD-Rが特に信頼できるというわけではないけれど、多重化の一環。週次の差分バックアップはHDDにおいとくだけだし。しかし、リムーバブルメディアの容量って常にHDDより2桁近く落ちるものしかないというのは如何なものか。

 颱風が来るようで。3個のうち2個は西へ行くのに、1個だけ北へ来るというのも如何なものか。

 画像はマンションの掲示板に貼ってあったポスター。
 有料化は時代の趨勢なんでしょうね。税金もちゃんと納めているんだからそこから賄えないのか。まぁ、京都市は貧乏みたいだし目的税が増税されたと思えばいいか。いいんだけどやや気になるのが、指定ゴミ袋の値段。45lで45円とも50円とも言われている。以前住んでいた茨城県の牛久市でも指定ゴミ袋だったけど、もっとずっと安かったような気がする。牛久市は有料化ではなく分別促進が目的だったのかな?
 実際のゴミ処理にはその10倍の費用がかかるともTVで言っていた。本人無料だった健康保険が1割負担になったみたいなもん?
 京都市職員の不祥事が続く事に絡めて有料化を反対する人もいるみたい。それとこれとは別だよな。必要な金は取ってくれればいい。ただし、その分きっちり仕事してもらえば、だけどね。仕事してないから不祥事なのか? だったら、市職員に応募してみようかな。一種の不労所得だな。
 分別といえば、京都市では可燃ゴミと不燃ゴミを区別しないのも謎。全部家庭ゴミ。一応、資源系のゴミは分けて集めてますけど。京都は狭い路地が多くて分別収集するのが大変だからしないと言う話を聞いたことがあるんだが、そういうもんか?

2006年8月 6日 (日)

きょうのきょう

F1002959a  最高気温は38.0℃だったって。しかも起時が16:24。もう夕方じゃん。夕方も侮れないね。ちなみに、京都の史上最高気温は39.8℃らしい。125年に及ぶ観測の長い歴史の中で、と思ったら起日が1994/08/08。気象も進化するのか?

 リカバリは相変わらず。運用の見直しも兼ねて、いろんなリカバリ方法を試しているので一進一退状態で二度目の日付変更線南中を迎えました。どういう運用がいいかなぁ。でかいNASを増設するのが一番単純なんだけど、高いしなぁ、と躊躇。ま、時間はたっぷりあるからね。

 独逸国鉄の時刻表がWebで検索できるのを知ってやや吃驚。同国を旅行中出張中のじんじんさんの乗った列車がちゃんと載っててさらに感激。JRでも同じようなのがあるから時代的にはあって当たり前なんでしょうけど、物理的な距離を考えるとやっぱ素直にすごいなと思う。チャットやメールができるのもすごい。できる、という点では十年前にからやっていたけど、確実にお手軽にできるようになったようだ。進歩なんだろうなぁ。ちゃんと進歩させてくれている人たちがいるからできたことなのよね。

 画像はドーバー海峡トンネル経由の英国入国スタンプ。どうせならもっときれいに押して欲しかったなぁ。(^_^;)

2006年8月 5日 (土)

きょうのきょう

Hddlife00  かつてのメインマシン、今ではファイルサーバになってるPCのHDDが死亡。
 初めはブート時にS.M.A.R.T.がどうのこうのというBIOSのメッセージが出てただけ。放置しようかと思ったけどやっぱ気になるので、HDDlifeだのHD Tuneだのをインストールしてみると、評価が低く確かに危なげ。S.M.A.R.T.の一つ一つの値を見てみてもいまいち意味不明なパラメタがあるし、HDDメーカーによって100点満点だったり253満点だったりする。セクタチェックをかけると一時的に評価が上がったりしてややわけわかめ気味。わかる範囲で見てると代替セクタをいくつも使ってるので痛んできているのはまちがいないみたい。
 せっかくだから、早めに交換しようと思って買い置きのHDDを取り出してAcronisTrueImageでクローニング。バックアップから戻すのが順当なんだけど、まだ元HDDが生きてるからね。

 さくさく作業し終わって、無事システム起動。(^_^)v

 でも、ページファイルが元HDDに作られていて、警告メッセージが出る。ので、ページファイルの設定を変更。したら、ログイン後、再びログインプロンプト画面が表示されるようになった。そこでログインすると、再びログインプロンプト画面が表示される。そこでログインすると、...以下略。
 そうこうしているうちに瀕死だと言われていた元HDDが完全死。電源つないでもかったんかったん音がするだけ。
 万事休す。どうする、たみふる。

 いや、ふつ~にバックアップからリカバリするだけですけどね。というところで、日付変更線が南中。

2006年8月 4日 (金)

きょうのきょう

Pict4752a  ニュースを見ていると日本の人口が減ったと言っている。以前に国勢調査の概算で減ったという速報があったけど。何を今更? 改めて住民基本台帳で確認したらやっぱり減っていた、ということか。ようやくって感じ。人口が減りだしたなら、宅地とかはもう開発しなくていい筈なんだが。まだ開発してると言うことはリサイクルが機能していないのかな? 今、開発しないといけないのは墓場だよね。

 週明けまでによくならないようなら医者に行くかなっと。

 最高気温が36.2℃だって。14時ではなく、15時過ぎて最高気温が出てる。きれが悪いね。

 画像は広島の電柱。何故に曲がってる?

2006年8月 3日 (木)

きょうのきょう

105157a  ようやく寝起きするのが楽になってきた。ので、5日ぶりにお出かけ。日用品のお買い物ですけど。今日はやけに荷物が重かった。完全に軽快するにはやっぱ一週間かかるかなっと。そろそろ検診も受けなきゃな。検診と言うより人間ドックか。胃カメラ飲むことを考えるとぞっとするけど。
 外は21時でも30℃ある割に湿度が低いので暑さはややましだった。

 Intel製の無線LANドライバにセキュリティホールがあるというのでバージョンアップ。
 無線LANって見えないだけに本能的に不安なのでなるべく使わないようにしている。けど、対策はしておかないとね。以前は(たぶん)お向かいの会社と競合していたのでチャネル変えたし、昔の職場では無線LANにつないだPCからありもしないプリンタが見えるという怪異もあった。どうやら近隣の事務所のLANにつながったらしい。物理的セキュリティのレベルではないのかな。きちんと設定しておけば問題なく使えるようだけど、有線LANが使える環境なら有線使えばいい。その方が速いし。

2006年8月 2日 (水)

きょうのきょう

Pict4746a  はかばかしい進展のない腰。痛くない動きの範囲がちょっと増えたかなと言う程度。医者を捜した方がいいのかな。

 古いメールを整理中。IntenetメールだけでもEudora@Mac→Eudora@Win→AL-Mail@Winと渡り歩いてきたので、古いメールが今のメーラに残ってない。その前のNiftyServe時代のメールはPC98やOASYSだったので所々残っている程度。Mac時代のは完全に行方不明。MOあたりに入っている可能性があるけれど、MacもMOドライブも退蔵してるから確かめようもない。Eudoraはバックアップ用に今でも受信だけはしている。けど、バージョンが2で16bitアプリ(らしい)なので、時々16bitリソースが不足するとかエラー起こす。そろそろ完全に退役時かと思い、EudoraにしかないメールをAL-Mailに読み込んでおきました。これで約10年分が一望できる。Mac時代やNifty時代の6~7年分は統合できそうもないな。
 使い慣れているしAL-Mailは結構気に入ってるんだけど、メールが1通ごとに別ファイルになるのでHDD上でクラスタギャップが多くなって無駄な容量が多いのが難点。その点、Eudoraは複数メールが1ファイルになってるから無駄が少ない。一旦ファイルが壊れたら道連れになる通数も多いですが。htmlメールをhtmlとして解釈してしまってリンクや画像が表示されてしまうメーラも困りもの。その点もAL-Mailは安心。EudoraはV2ならokなんだけど、V4.2を試してみたらhtmlを解釈しているっぽい。勝手にプレビューしないでhtmlも解さずディスク容量の無駄の少ないメーラってあるのかな。

 現実には古いメールが必要になることはまずないんだけど、読んでいると懐かしい。旅先の写真を撮っておくようなものか。古い画像や写真も散逸しつつあるな。記憶力が衰えてきた昨今、日常の記録を残しておきたいと強く思うようになってきた。これも歳のせいか?

 画像は広島のポスト。何故に横向き?

2006年8月 1日 (火)

きょうのきょう

Jidousaisei1  腰は相変わらず。風呂で暖めると調子良さげ。湯治に出かけろってか?

 今日も西暑東涼だったようで。全国放送なのに「涼しかったですね~」と言ってるアナウンサーはローカル放送を担当した方がよろしい。

Jidousaisei3Jidousaisei2  PCにUSB HDDを接続するとファイルをスキャンして自動再生ダイアログが開く。のがうっとうしい。「□次回からは常にこのアプリで開く」とかいうチェックを入れて「何もしない」を選んでも次からは自動再生ダイアログが開く。のがうっとうしい。
 検索してみたら「Microsoft PowerToys for Windows XP」というのがあるらしい。その中の「Tweak UI」で制御できるらしい。レジストリいじってもokらしいけど、純正品があるならそっちを使おう。3rdパーティー製だけど日本語化パッチもあるので良好。
 設定の時に、自動再生無効対象として「リムーバブルドライブ」を選んでもだめで、「ドライブ」をいちいち指定しないといけないのがやや難点。HDDを取り外すときに「取り外していいよ」の吹き出しが他のウインドウの下になって見えなくなったのは気のせいかな?

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »