« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

きょうのきょう

 昨日同様いいお天気。...だったのだが、夕方になるにつれて雲がちに。晩にはもわっと湿気も出てきました。明日は雨か。

F1051963a_tna  うちにiPOD shuffleが欲しいという人がいるのでお買い物。CDウオークマンよりは格段に小さい。ディスプレイがない、というか2色LED1灯のみなので殆ど操作盤の大きさでサイズを決めたという感じ。機能自体はフラッシュメモリと1チップで事足りるんだろうからなぁ。
 購入前の調査から、ソフトハードの使い方まで、マニュアル代わりにMacエバンジュリストなTさん、Nさんに教わってようやく設定完了。ちっこすぎて無くさないか、洗濯してしまわないか、こたつトップで湯飲みの下敷きにしてぬらしてしまわないか、心配。使うのは私ではないので、私が心配しても仕方ないんですけどね。
 設定ソフトの使い勝手は、結構戸惑った。そもそもの概念や用語が分かっていないと言うのもあるけれど、プルダウンメニューや右クリックメニューでは出てこない機能が実装されていて、それが核心の機能だったりするので何度か立ち往生。メニューを見れば何が出来て何が出来ないか、どう使えばいいかだいたい分かる、という経験則はもう古いようで。
F1051971a_tna  ドックのUSB端子にはカバーが付いている。気が利いてます。こういう配慮は私がマッカーだった十数年以上前からの伝統ですね。端子カバーにケーブル止めも付いている。これも同様。...なんだが、2n折りして保管する私の場合、どう使えば良いんでしょ? カバーを外した時になくさないようにケーブルに止めておけということか。

F1051954a_tna F1051955a_tna  お買い物の後は、メキシカンハウス ビクーニャで晩飯。トルティーヤだのタコスだの久しぶり。牛久時代は筑波にメキシコ料理のチェーン店があったのでちょくちょく出かけていたんだが。京都では所在不明でご無沙汰でした。
 店を覗くと、カウンターに突っ伏して寝ているオヤジが居るだけでがらがら。こわごわ声をかけると、店長(たぶん)でした。大丈夫か?(^_^;)
F1051957a_tna F1051959a_tna  やや不安を抱きつつ頼んだタコスもラムステーキも味は旨くて一安心。中でも、一番気に入ったのがチーズ入り焼きタコス。焼きと言うより揚げでしたけど。チーズたっぷりでサルサとよくあう。他の料理なら辛くて喰えないくらいかけても旨い。サラダにもチーズたっぷりかかっていたし、メキシコってチーズなんだろうか? あんましイメージではないんだが。単に店長がチーズ星人というだけだったりして。
F1051961a_tna  メキシコの黒麦酒はネグラモデーロだって。家を叩き出されるような名前だが、ボトルは妙に安定感がある。ボトルだけ見ていてもおもしろいかも。
 店のレジ横にタイガー計算機が置いてあったのは何故だろう?

2007年4月29日 (日)

きょうのきょう

 朝からほぼ快晴。気温も高く、春から初夏の雰囲気。GW的には大成功でしょうか?
 町中や観光地は観光客でごった返しているので、市民的には郊外へ脱出するか家にこもるべきかと。とはいえ、陽気に誘われてお散歩。

F1051925a_tna F1051919a_tna  まずはシュークリーム教の聖地クレーム寺。烏丸丸太町下ルの西側。一階がお持ち帰りの店、二階が喫煙喫茶、三階が禁煙喫茶。シュークリームにそんなに種類があるのか、と思うくらいいろいろ置いてある。レトロシュークリームも懐かしめのうまさを出しているけれど、最高は店名を冠した「クレーム・デ・ラ・クレーム」。シュークリームと言うよりカスタードクリームの塊。薄い円盤状のスポンジケーキの上にカスタードクリームをこんもり乗せ、上に半球殻状の薄焼きを被せた感じ。皮が自己主張をせず、クリームのうまさを引き立てる。手に持ってかぶりつくのではなく、皿に乗せたままナイフを入れて切り出す。と、とろっと甘~いクリームがしみ出してくる。柔らかプリンの風情。これは幸せかも。ネズミの形をしているのはスーリー君。中はやや淡泊なカスタードクリームで外殻にホワイトチョコが塗ってある。食べるのが申し訳ない。野菜を入れたお菓子かおかずか分からないものも売ってますだ。

F1051932a_tna F1051931a_tna  シュークリームを堪能した後は、目の前の京都御苑へ。混んでるといやなので閑院宮邸跡の縁側でまったり。ここは訪れる人も少なく、芝生の庭がのどかに迎えてくれます。御苑の南端にあって丸太町通りに面しているので車の音がうるさいのが玉に瑕ですが。そばにある茶室の拾翠亭は貸切中。一度中を見てみたいのだが週二日しか公開されていないのでなかなか機会がないや。
F1051940a_tna F1051936a_tna  御苑内のマンホールは「厚」の字。「薄」もあるのか? 「厚生省」とかか?
 御苑前の歩道のマンホールには封印が。市のマンホールには市の、NTTのマンホールにはNTTの封印。何度か封印し、開封した跡が残っている。要人が来るたびに封しているのか?

<追記>
 ラクーカンのサポートから回答が来て、「障害の内容や具体的な対策はセキュリティ上教えられない」とのこと。更に、「対症療法なのか再発防止策まで講じることが出来たのか」を問うと、「再発防止策を講じた」と回答してきた。この辺が限界か。
 エラーメッセージが、あたかもページが開けないのは開設者に責任があるような内容になっているのを、障害を切り分けてもっと的確なエラーメッセージを表示するよう要望して終わり。
 実質的には何の前進もないけれど、休日に2回も回答が来たのは評価できるかな? サポートはともかく、技術部門は休みじゃないのか? だったら「再発防止策を講じた」という回答も怪しいですけど...。

2007年4月28日 (土)

きょうのきょう

 薄曇り後一雨あってほぼ快晴。ちょっとひんやり。

F1050247a_tna ラクーカンの障害は解消。サポートからの回答は「直ったからいいでしょ。」的な趣旨。
 独自ドメインで本格的な運用を初めて約1ヶ月の間に2回同じ障害が発生している。前回も同様の回答で様子を見ろと。その結果が今回の障害。同じ過ちを2度繰り返すのね。1ヶ月に1度独自ドメインの運用を停止するという事なのか? 来月の27日は本当に大丈夫なのだろうか?
F1051818a_tna ...というわけで、次の点をお尋ね中。

  1. 前回、今回の障害の原因
  2. 2度の障害を受けてとった再発防止策
  3. 今後の障害の発生の可能性

F1051820a_tna  オーナーの責任でしょ、みたいなエラーメッセージも何とかしてもらえないかなぁ。

 宿題PCは安定稼働が確認できたので、アンチウイルス類をインストールして検索。

F1051236b_tna 画像は錦市場の漬物屋。
 上から西利、打田、桝俉、高倉屋。
 西利は超大手、堀川七条の西本願寺前の本店には連日大型観光バスが横付けされてます。打田はおっきな店構え。桝俉は市場の中に何軒も店がある。高倉屋は目の前で樽から漬物を出してくれます。

F1051821a_tna 一番下は田中鶏卵。ここの出汁巻き卵は絶品。

2007年4月27日 (金)

伏見稲荷

Picu5988a_tna Picu5985a_tna Picu5978a_tna  全国の稲荷神社の総本山伏見稲荷。戎神社界の西宮戎みたいなもんね。ここに行けば日本全国の全ての稲荷神社にお参りしたと同じ御利益があるという(と思われる)のでお参り。伏見というと遠いイメージを持っていたのだが、京都駅からJRで2駅目。10分とかからない。案外近いのね。
Picu5997b_tna Picu6001a_tna Picu6000a_tna JRの稲荷駅を出るともう目の前が参道で鳥居がお出迎え。こいつは便利。駅からだいぶ歩かされる神社や寺が多い中でコンビニエント。狛犬は全て狐、狛狐か? みんな何かくわえている。巻物だったり、何かの道具だったり、玉だったり。
 境内は稲荷山全部。本殿以外に山のあちこちに社が散在している。本殿から背後の山に向かってρの字状に参道があり、鳥居で囲まれている、らしい。

Picu6021a_tna Picu6019a_tna Picu6015a_tna  本殿の後ろの奥の宮の脇から「千本鳥居」なる参道が。鳥居がびっしり連なってトンネルを形成している。こりゃすごい。中は遠近法の世界。瀬戸大橋を思いだしますな。この先、ずっと鳥居に囲まれてアップダウンの山道を歩く羽目に。
F1051902b_tnaPicu6042a_tnaPicu6040a_tna  所々に鳥居の切れ目があったり、茶屋があったり。この鳥居も新陳代謝しているようで、根元だけ残っている所がある。裏側に書かれた建立記を見ると大半が平成期に建てられたか修理している。昭和60年代がちらほら。昭和50年代のものがごく希に。同じく希に石の鳥居。こっちは塗装されてない。

Picu6098a_tna Picu6101a_tna Picu6100a_tna  何度もアップダウンを繰り返し、いくつもの社を通り過ぎ、ひときわ急な階段を上るとその先が頂上。一の峰と言うらしい。山が狭いというか、急峻なんだろうか、社の前は通路と神具屋があるだけで素っ気なし。裏に回ると山上から鳥羽伏見が一望できる、のかと期待していたのだが、そんなことはなかった。残念。足腰を乳酸だらけにしたこの努力は報われないのか。と、荒れた息で嘆いていたら、デジカメがストライキ。電源が入らなくなってしまった。(-_-;) 社殿をばちばち撮っていた罰でも当たったのか?
Picu6085a_tna F1051901a_tna F1051900a_tna  社殿の周りには石碑が林立していて雑然とした雰囲気。その石碑の周りにも小型の鳥居が立てかけてある。どこまでも鳥居に囲まれた神社ですな。手水も狐が汲んでくれる、マーキツネ。かと思ったら、ちゃんとマードラゴンもいるようで。やや不統一。

Picu6043a_tnaPicu6081a_tna Fusimiinari_tna  ρの交差する部分が四ッ辻。頂上よりはやや低い位置だけど、眺めが一番。その眺めが一番の所に仁志むら亭がある。元治元年(1864)創業の老舗で神饌品を扱っていたが、参拝者の便宜のため飲食を始めたとのこと。西村和彦の実家らしい。ここは交差点だけあってちょっとした展望所になっている。参道の途中の茶屋は参道にへばりつくように建っていて余裕がない。
Picu6029a_tna Picu6032a_tna Picu6051a_tna  途中、新緑がすがすがしい。薄日に照らされて輝いている。そんな中で、時々桜吹雪が舞っている。周りを見回しても桜の木はない。やや不思議。八重桜の木は発見したんだが、この木はまだ散ってませんでした。ここの絵馬はキツネ顔。一重の目だけ印刷されてる。みなさん、目鼻を書き足して納めているらしい。いいのか?

きょうのきょう(天使の梯子)

 お天気がいいのでお出かけ。いいといっても薄曇り程度ですけど。暖かいのが救い。

 伏見稲荷の参拝といっても結局は稲荷山のハイキング。吉野山に負けず劣らずハード。おかげでGWは筋肉痛と一緒にゆっくり休養できそうです。

 ラクーカンの障害は一部のURLで継続中。サポートからは昼に「こいから調べます」のいメールが来たっきり。一部復旧しているが一部はまだ。ココログのアクセス統計が今日の昼で停まっているし、もしかしたらniftyは再び崩壊の危機に見舞われているのかも。

 宿題PCはキャプチャーソフトを最新版に替えたら丸1日半安定稼働中。再起動の必要はなさそう。これで決まりかな?

F1051906a_tnaF1051903a_tna 画像は伏見名物すずめ。初めて喰いました。参道入り口にある祢ざめ家秀吉の時代からあるらしい。ちっこすぎて肉の味と言うほどのものは分からない。タレの味はなかなかいける。どこをどうさばいてあるのか分からないけど、どうやら足が付いているっぽい。噛むとバリバリ音がする。骨付きというより骨ごと。
 店の人が店先で雀を焼いていると通りすがりの中校生(?)が話しかける。
  中:「雀捕まえて焼いてるの?」
  店:「捕まえてるわけやないけど…」
 確かに、境内に雀が少なかったのは気のせいか?

Picu6057a_tna  そうそう、伏見稲荷の四ッ辻で休憩していたら、上空をというより目の前をへりが旋回してる。すんごくうるさい。家にいる時には我が家の南方上空をセスナ機が旋回していたので「さては私をつけてきたのか?」とも思ったのだが...。そのうち警官も参道を登ってきた。事件っぽい。死体でも出たのか?と「?」を全身にまといながら見ていると、「誤報だ」「××がゴミを焼く煙を見て...」「そんなん下から見てるのかよ」と言う声が。どうやら、下界から山火事発見の通報があって出動してきたらしい。な~んだ。
Picu6058a_tnaF1051897a_tna  程なくへりが去って静かになった空を眺めていると、太陽から黒い梯子が地上に下りてきた。(@_@;) 天使が階段を下りる姿は見えませんでしたが。今頃どこかの家を訪ねているのだろうか?


<追記>

 ラクーカンの障害はこれだったらしい


2007年04月27日

障害のご報告(4/27)

LaCoocan(ラクーカン)をご利用いただきありがとうございます。

下記日時におきまして、独自ドメインをご利用中の一部のお客様のページが閲覧できない状態となっておりました。

日時 : 2007/04/26 16:00頃 ~ 2007/04/27 15:45(現在は復旧しております)

お客様にはご迷惑をおかけいたしましたことお詫び申し上げます。


 27日の23:50頃まで一部のページは閲覧できない状態が続いていたんですがね。これでサポートからの回答が「現在は復旧しています」だけになるのは見えたなぁ。先月も同じ障害起こしてるし。原因と再発防止策を示してもらわないと、今後独自ドメインで運用して良いものか判断がつかないや。niftyに独自ドメインやVirtualHostを扱う技術があるのかどうかも疑わしいし。

2007年4月26日 (木)

きょうのきょう

 晴れたり曇ったり。概ねよい天気なのだが、時々一雨来そうな分厚い雲がやってきて安心感がない一日。雲に日が隠れても暖かなのはようやく春っぽい。でも、風がひんやりしているのでうきうき感は希薄。

F1051882a_tna 昼飯喰った後、ふらっとバスに乗ってしまった。気が付いたら東寺の最寄りの停留所に降りていた。何故? これもご縁なので境内を一回り。特別展をやってはいたが、時間が遅かったのでパス。新緑が色を濃くして独り立ち(?)かけ。八重桜は桜餅状態でおいしそう。

F1051887a_tnaF1051884a_tnaF1051885a_tna  帰りに更にバスで回り込んでハッピー六原に寄ったら、改装していたらしい。外観が変わっているっぽい。内装も変わり映えしないながら、値札が電子化されていました。品揃えの中途半端さは以前のままだな~。
 と、近所には昔ながらの豆やさんが量り売り。こちらの値札はアナログ。数字も和洋折衷。

F1051888a_tna F1051889a_tna 松原通を西に進むと、鴨川を渡るのは義経と弁慶の松原橋。川の中にロープが張り巡らせてある。そのロープに貼り紙。たぶんA4サイズ。誰に読ませる気なんでしょ? この川に航路はないんですけど。

 ラクーカンのWebが安定しない。独自ドメインの/以下のURLにアクセスすると「404Error Not Found」なるエラー画面頻発。ラクーカンのオリジナルドメインだと普通に表示できる。サーバに到達しているのでDNSではなく、httpサーバのVirtualHostの設定が狂っているらしい。たぶんこのときの一番上のと同じ障害>http://lacoocan.nifty.com/trouble/2007/03/。サポートに苦情は伝えて置いたがまだ回答なし。ラクーカンになってレスポンスは悪くないのだが、とにかく使えないと言う点では@homepageの頃と変わってないな。頼むぜ>nifty。

2007年4月25日 (水)

きょうのきょう

 雨のち晴れのち雨のち曇り。めまぐるし。夕方の雨はザーザー夕立っぽい激しい降り。もうそういう季節なんだろうか?

F1051865a_tna F1051874a_tna  画像は昨日乗った地下鉄にあったICカード改札とチャージ機。JR以外の鉄道(市営地下鉄も含む場合、どう表現すればいいのだ?)が採用しているPiTaPaはポストペイド方式なのでチャージは必要ない。よってICOCAの為の設備。...かと思ったら、PiTaPaはチャージしておかないとICOCAエリア(JR)で使えないらしい。ややこしいな。ということは、ICOCAの方が機能的には上なわけか。Suicaも同様にJR以外の鉄道で使える筈なんだが、まだ試してないや。早く京都市バスでもICカードが使えるようにならないかな。

 宿題PCは8時間置きに再起動することに決定。キャプチャーソフトと一緒に公開されているリブーターではアプリの一部を終了させるだけで再起動しないことが判明。チャタリング方式で再起動ができるものの、たまに失敗するので、強制リブーターにすげ替えて試験中。今のところok。でも、終了処理しないでアプリが終わっているので体に悪そうだな。

2007年4月24日 (火)

きょうのきょう

F1051861a_tna F1051860a_tna  昨日から一転ぽかぽか陽気。日差しも淡いながら続いてる。今日の方が狂言日和だったかも。

 もう一回見に行くのも何なので、散髪。「まっすぐ上に、思いっきって刈り上げて」と言ったのだが、さりげなく控えめに刈ってある。職人さんの度胸が試される?
F1051864a_tna F1051863a_tna F1051862a_tna  散髪の後立ち寄ったトンカツ屋は改装して綺麗になってる。メニューは以前と変わらないようなので、いつものロースカツ定食を注文。したら、和風おろしタレがない。(@_@;) 以前は、トンカツソース、和風おろしタレ、ドレッシングの3本がテーブルに並んでいたのだが。店の人に聞いたら、和風おろしタレは100円だって。ふ~ん。ソースとドレッシングの入れ物もまちまちでわかりにくい。以前は色分けされていて、説明書が壁にべたべた貼ってあったのに。見かけはすっきり綺麗になったが実用性が落ちたねぇ。

F1051873a_tna F1051869a_tna  上5枚の画像は菅大臣天満宮のさつき(つつじ?)と八重桜。八重って花ごと散るんですね。椿みたい。下2枚の画像は今日の賀茂川とスーパーの夏。向かって右側の岸の奥は桜だったんですがすっかり葉桜。南からのスイカはこだま(小玉?児玉?)スイカ程度の大きさしかありません。誰が買うんでしょ?

2007年4月23日 (月)

炮烙割

Picu5970_tnaPicu5968a_tnaPicu5967a_tna 壬生狂言炮烙割のクライマックスシーン。

 舞台のへりにぎっしり積み上げられた炮烙。直径30cmはあろうかという代物。こいつを次々1列ずつ舞台下に落としていく。落としている間は下からもうもうと土煙が上がってくる。

Picu5972a_tna  落とされた炮烙は割れて粉々。

壬生狂言

 壬生寺狂言をやっているらしい。能だの狂言だのは見たことない。歌舞伎もないな。落語以外の古典芸能は殆ど興味がない。けど、近所だし、ふらっと行けるし、9日間もやっていてあんまし混みそうにないのでお出かけ。歩いても30分くらいだけど、楽を取ってバスを利用。時間的には歩くより損をしたのかも。

F1051839a_tna F1051835a_tna  壬生寺道でバスを降りて南へ下ルこと2~3分。右手にやたらすっきりした門が現れる。「壬生寺」と彫られた門柱(?)は金属っぽい。門をくぐって本堂の右手で人が行列を作っているのがそれらしい。一番奥に狂言堂なるお堂があって、向かい合うように手前が壬生寺会館。会館の狂言堂側が観覧席になっている。舞台も観覧席も建屋の2階。観覧席は一応階段教室風になっていて、金属やら木造の長いすが並んでいる。一部建物の中、一部吹きっ晒し。日差しもなく風もあって寒かった。

F1051846a_tna  演目は30あるレパートリーの中から1日5つ。当日になってから何を演じるか決めているっぽい。Webにも予告はなく、会場に張り出されている。
 今年は9日間とも1番目が炮烙割。市場の場所取りでずるをした炮烙売りが、騙した相手に商品の炮烙を割られてしまうという筋書き。同時に壬生寺に奉納された炮烙を割って供養(?)するという一石二鳥な趣向。クライマックスで直径30cmはあろうかという炮烙(素焼きの皿)約千枚を舞台から数m下の奈落に落として割ってしまう。

Picu5963a_tna  面をかぶって衣装を身につけた役者が無言劇を演じる。音は銅鑼と太鼓、笛、他に役者が踏みならす足音と拍手。筋書きは予め知っていないといみふめ間違いなし。でも心配無用、ちゃんとあんちょこっぽい「壬生狂言解説」なる手のひらサイズのストーリー集を売ってました。筋書き自体は手際よく演じれば数分で終わりそうな短編。これを緩慢な動作と、何度も同じ何度も同じ何度も同じ動作を繰り返す動作を繰り返す動作を繰り返す手法で40分~1時間の中編にまで膨らませる(水増しする?)。話がどう展開するのかを楽しむのではなく、決められた場面を役者がどう演じるのかを楽しむみたい。その意味では演目ごとに話が決まっている古典落語に似ている。
 役者の所作の中に「やったぜ!」の場面で親指を立てたり、やけに腰を振る踊りがあったり、今風の表現も取り入れているみたい。逆に、何度も出てくる慣用句的な所作が意味不明だったりもする。この辺はもっと基礎的な予備知識が必要なんだろうか。手話劇を見ているような感じでもありました。(みたことないけど。)

Mibukyougen_tna  サスペンスドラマ好きの私には2/3くらいはやや退屈っぽい。だが、個々の動作、小道具や面がおもしろかったり、動かぬ面と役者の所作で現れる表情が興味深かったり所々楽しめた。炮烙割は芸術は爆発だ!的なパワーがあるし、蟹殿では綱渡りな曲芸や舞台からの飛び降りと意外性もあった。他にもセンベイ投げやらクラッカー風の紙テープ飛ばしがあるらしい。同じ演目も何度か見ればまた違った味わいが出てくるのかも。また見に行っても良いかな。暖かければ。今日は身体がすっかり冷えてしまったよ。

2007年4月22日 (日)

きょうのきょう

F1051833a_tna  降ったり止んだり、外界とは隔絶された一日。

 先日ハプニングで(?)買ったHappyプッチンプリンはさすがにでかかった。二人で喰っても十分。一人ならきっと飽きてるな。半分出汁巻き卵にしておいてくれるとバランスが取れるんですけど。

 宿題PCは8時間ごとの定期再起動を設定して試験中。これだとどうしても夜間に1回再起動するので、タイミングによっては欠測がでるんだが、仕方ないか。

F1051719a_tna F1051355a_tnaF1051354a_tna  画像は四条河原町の交差点地下とそのそばのデパ地下にいたわんちんとうさちゃん。

2007年4月21日 (土)

きょうのきょう

F1051827c_tna F1051826b_tna  昨日より暖かい。日が沈んでももわりんちょと暖かい。ようやく春っぽい陽気。
 晩になってお買い物に出かけようと家を出ると、朧月。その下にぼわっと輝くのは金星か。ケータイカメラで写るかなっと撮してみたら、一応写ってる。オートフォーカスしようにも対象が対象なので焦点があってないですけど。最大解像度で増感して撮したら地球照が写っているっぽい。

F1051831a_tna F1051830a_tna  近所のスーパーでもタケノコ売ってました。「ゆがきタケノコ」はあく抜き済? ナマのはぬか付き。至れり尽くせり? 実家では米のとぎ汁で湯がいていたのは覚えているのだが、ぬかはとぎ汁の素だから良いのか。今は無洗米の時代、とぎ汁なんて出ないもんねぇ。

 宿題PCは連続運転試験していると、10時間弱でダウン。2日以上動き続けることもあるんだが。定期再起動必須か? (-_-;)

2007年4月20日 (金)

きょうのきょう

F1051819a_tna 晴れというより薄曇り。青空は昨日の方が青々していたけれど、気温は今日の方が高い。昼間はほんわり春っぽい。このまま暖かく...、なるほど甘くはないんだろうな、どうせ。

 散歩がてらのお買い物に錦市場を通ったらタケノコを売ってました。別にどこでも売ってますけど、一応季節感。なんか買ってみようかと思うほどには安くないのは気のせい?

F1051822a_tna  先日コンビニで「限定版」として売られていた「チキンラーメンひよこちゃんミニどんぶりセット」はダイエー系のスーパーでは「新発売」となってました。どっちなんでしょ? ま、定番にならなければ結果的に限定版になりますがね。

F1051825a_tna  宿題PCのキャプチャーカード、Oさんに送ってもらった同等品で無事稼働。どうやら元々のカードが壊れていたらしい。NICも元々のが壊れていてTさんのお下がりを使用。つぎはぎ。寄贈感謝。

2007年4月19日 (木)

原谷苑

Haradanien_tna Picu5874b_tna Picu5869a_tna  枝垂れ桜で窒息しそうになったというAさんのたれ込みをもとに原谷苑。永谷園なら知っているんだが、聞いたことないぞ。っと検索して発見。金閣寺の奥の方にひっそりとありました。遠くはないけど、直通バスは1日5往復という鄙びた土地柄。パンフが切れていたそうで由緒がやや不明なんですが、個人の領地でシーズンに公開しているらしい。有料。平日1.2k\、土日1.5k\、弁当持ち込み不可と結構シビアな条件設定。でもすごいよ、というので押っ取り刀。

Picu5910b_tnaPicu5885b_tnaPicu5947b_tna 昼過ぎに北大路バスターミナルからこの日3本目の直通バスに乗って、15分くらい。途中日光を思わせるつづら折りの坂をバスは喘ぎながら登っていく。登り切ったあたりで周りを囲む木々の間から垣間見える京の町並みはちっこくて手でつまめそう。バスはほぼ満席だけど混むと言うほどではない。運転手に「原谷苑はここですよ~」と促されて降りて歩くこと数分。それらしい関所が見える。入場料を払って坂を登ると、目の前にピンクの雲が広がる。交差点では前も右も左も桜。あ~、どっちへ行けば良いんでしょう?(^_^;)

Picu5922b_tnaPicu5924b_tnaPicu5956b_tna 折しも今日はほぼ快晴に近い青空。青い空を背景に桜の白~薄ピンクに色付いた花が映えます。ソメイヨシノ系は完散りのようですが、枝垂れと八重がほぼ満開。一緒に出かけた葉っぱも純色の邪魔をすることなく控えめ。日光を浴びた高い梢の花はまるで輝いているよう。

Picu5957b_tnaPicu5952b_tnaPicu5954b_tna 周りじゅう枝垂れ桜。まるで花の中に迷い込んだ感じ。カメラを持っては行ったものの、どこを写せばいいのか困っちゃう。雄大な景色を見て広角レンズが欲しくなることはままあるけれど、今日は魚眼が欲しくなった。前後左右頭上まで桜。ピンクの天蓋。
 場所として桜をこれだけ集中して植えている所という要因もあるけれど、満開の日に行き会わせたというのも大きいな。Picu5925b_tnaPicu5939a_tna風が吹けばはらはらと花が散るし、地面を見ると花びらが散ってはいるものの、咲いている花に比べればごくわずか。これが盛大に散る頃になったら、萼が見えて花の色が濁っちゃうんだろうな。

 圧倒されるような桜の割に人出が少ない。どうやらあまり知られていないらしい。新聞の桜情報にも載ってないし、私もAさんから聞くまで知らなかった。穴場って奴ですかい? 穴場は穴場のままおいときましょうね。これを読んだ人、誰にも話さないように。

Picu5945d_tnaPicu5936b_tnaPicu5960b_tna  苑内には桜以外に木瓜や山吹や石楠花やらも咲いてます。緑の桜も、源平枝垂れ桃なんてのも。何のことかと思ったら、1本の枝垂れ桃(ってあるの?)の木に赤と白の花が咲いてるのでした。呉越同舟? 当然、鶯も飛んできて、鳴いたり食べたり忙しそうでした。

Picu5940a_tnaPicu5932b_tna 弁当持ち込み禁止なので、絶食。というわけではなく売店があります。なんでもないちらし寿司が800円というのは如何なものか状態の苑内相場ではありますが、視界の半分以上を桜花が占める環境で食べる弁当は格別です。売店の前には東屋があり、あちこちにベンチや床几が備え付けてあるので休憩するのには困りません。何よりすいているので椅子取りゲームが始まることもないですし。

Picu5953_tnaPicu5906_tna  動画も撮ってみましたが、2πsr桜状態が伝わるかしら?

かざりや(今宮神社)

F1051777a_tna F1051776a_tna F1051773a_tna  創業四百年という噂のあぶり餅かざりや。今宮戎、ではなく今宮神社の参道にあります。...といっても、最寄りのバス停から行くと、今宮神社を抜けた先なんだけど。市バ スの船岡山バス停を降りて東へ半町ほど歩くと交差点の左手に道路いっぱいに建つ朱色の鳥居が目に飛び込んで来る。結構邪魔そう。歩道は鳥居の足で1/3ほどに狭くなってる。人一人通るのがやっと。鳥居をくぐって更に進むと学校が現れテニスコートではにぎやかに練習してる。ちっとも参道らしくない。やっと竹藪が現れ、それらしくなったと思ったらそれは隣の大徳寺の敷地らしい。辛抱を重ねて歩いていくとようやく山門(?)に到着。
F1051788a_tna F1051786a_tna  がらんとした境内を抜けて右手に折れ、東門に近づくと、何やら焦げ臭い匂い。焚き火か?と思いながら門の手前から外を覗くと目の前に件の餅屋さん。餅を焼く匂いだったのか。
 最初に目に飛び込んできて店にふらふらっと入ったのだが、ふと向かいを見ると同じような店が。鏡? ちがうな。こなた「かざりや」、かなた「いち和」。ネーミング的にはかなたに親近感が...。かなたは創業千有余年だそうで、歴史的にはかなたの勝ち。でも、味はこなたの勝ちらしい。

F1051792a_tnaF1051789a_tna F1051797a_tna  店の中では餅を小さくちぎって串に刺し、黄粉をまぶす作業中。店先では串ごと炭火であぶってる。この煙が境内まで漂っていたのね。
 で、1人前500円で頼んだあぶり餅は、柔らかく、程良い甘さで香ばしい。おやつにも軽食にもなりそう。1人前十数本あるけれど、柔らかくてくっついて1本1本分離しにくい。まとめて2~3本口に入れるのがよろしいかと。お土産もあったんだが、3人前からということで敬遠。ちまき風のかわいいパッケージになってました。

 こなたとかなたでは棲み分け作り分けが出来ているようで。

2007年4月18日 (水)

きょうのきょう

F1051756a_tna  冬に逆戻りたような冷たい雨。暖冬だったが寒春なのかも?
 昨日、春雨に濡れていったせいか風邪気味。頻繁にうがいをしてこらえ中。

 WindowsUpdatedeで「Windows XP および Windows Server 2003 向けJIS2004 対応 MS ゴシック & MS 明朝フォントパッケージ」を入れてしまったら、字体が変わっちゃっただけでなく、Acrobatでフォントが認識されなくなることが判明。慌ててアンインストール。
 Windows98でインストール出来もしない「重要な更新」を通知してくる問題は「Windows 重要な更新の通知ユーティリティ」の仕業であることが判明。[アプリケーションの追加と削除] を使用して行うことができますそうで。

F1051768a_tna  宿題PCは、昨日京都駅前のソフマップで格安の中古USBキャプチャを購入して装着してみたら、安定感増量。でも、11時間余り運転したら電源が落ちてる。凍るとか青画面になるとかではなく、きっちり電源が落ちている。もしかしてOS自体が怪しいのか?

F1051767a_tnaF1051766a_tna 右の画像は先日予約受付をしていた巨大プッチンプリン。昨日発売なのに店頭在庫たっぷり。陳列中の店の人は「関西でしか売ってません。今はローソンだけでキャンペーンやってます。」って言ってたけど、昭島でも売られていたことを私は知っている。絶対買わないぞ!と思って店に行ったのだが、箱まで撮影させてくれたお店の人に感謝して取材協力費代わりに1個買ってしまった。「でっかいだけで味は変わりません」そうなので、買ってもねぇ。

2007年4月17日 (火)

きょうのさくら

F1051744a_tna F1051740a_tna F1051733a_tna  もう散ってるだろうな、と思いつつ菅大臣天満宮の境内を通り抜けてみると、ほぼ9割葉桜。そんな中で、まだ咲いている木が2本。どっちも八重桜っぽい。1本は普通に(?)薄いピンク。まだ蕾もあって、蕾から開きかけ、咲いている花と色の変化が美しい。

F1051742a_tna F1051736a_tna F1051734a_tna  もう一本はひときわ濃いピンク。降ったり照ったり曇ったり、めまぐるしいお天気でしたがやっぱ青空をバックにするのが一番映えます。

きょうのきょう

F1051748a_tna  概ね晴れ。なんだが、何度か雲が通りすぎ、そのたびに風雨。通り雨の波状攻撃。天気雨も参戦。日差しは暖かいが、風が冷たい。合計すると、余り春を感じさせない寒の戻り的な一日でした。なんてったって降られちまったもんなぁ。

F1051754a_tnaF1051755a_tna 今出川付近の鴨川は桜を過ぎて菜の花が盛り。寒いので近くまでは寄らなかったけど、やたら背が高そう。河床に生えているからだれも刈ったり踏んだりしないせいだろうか?
 その後、京都駅付近に戻ると青空。雲が筋状に何本も浮かんでました。大気が波打っているとかなんだろうか?

2007年4月16日 (月)

きょうのきょう

F1051722a_tna  朝と晩に雨。昼間は薄日。予報とほぼ真逆。

 cgiいじりの続きでメンテツールを整備。サーバ移行したせいもあって、何かと改修のネタは尽きない。やり出すと頭がそういう構造になるのかコーディングが捗るし、ネタを見つけてどんどんやろうという気になる。頭と気持ちにも慣性があるようだ。

F1051724c_tna  画像はスーパーに復活していたF社のお菓子(上)。DoCoMoから届いた千円捨てちまいましたね、と書かれた書類(下)。

2007年4月15日 (日)

きょうのきょう

 はんなり休日。

F1051587a_tna  チャットの具合が悪いというので対応。以前から同時書き込みでログが飛ぶという仕様だったのだが、それに加えて書き込みの順番が入れ替わったり、消えたりする事が希に発生する。発生するブラウザに偏りがあるようなのだが、発生条件は不明。
 とりあえず、以前廃止してしまった排他処理を復活。lacoocanでも@nifty同様flock()関数は使えないっぽい。仕方ないのでmkdir方式を採用。重そうだしスマートでないのでスカンのだが...。サーバが軽いから処理を重くしてもいいか、と試してみると、消えもしなくなったし、入れ替わりもしない。とはいえ、元々系統的な再現性がない事象なので、独立した試験はしにくい。運用の中で確かめていくしかないかな。
F1051589a_tna  排他処理は取り込んだものの、事象自体は同時書き込みと言うより、1ユーザが1ブラウザで連続書き込みをしているだけで発生しているらしい。複数ユーザの書き込みバッティングなら排他処理の問題でまず間違いないのだが。1ユーザ1ブラウザの連続書き込みなら、トランザクションは毎回終了していて逐次処理されているので、問題は発生しないはず。謎だ。サーバがディスクに遅延書き込みとかしていて、cgiに処理が返ってきても書き込みは終了していないと言うことか? しかも秒をやや下回るくらいののオーダーの時間がかかっていると?
 1トランザクションとしてのロジックは問題なさげ。OSだかhttpサーバだかとの兼ね合いか。@niftyでは1ユーザ1ブラウザの連続書き込みの問題は発生していなかったはず。lacoocanは速くて良い、と思っていたが、別の問題も潜んでいたようだ。デバッグと言うよりサーバの尻ぬぐいをしている感じ。コーディングの種は尽きマジぃ?

 画像は楽園Asiaのメニューと皿。こだわりのないのって安心して注文できます。皿の模様は鯉でしょうか? 烏龍茶をピッチャーで頼むとでかい急須に入って出てきました。東亜風?

2007年4月14日 (土)

きょうのきょう

 穏やかな晴れ。富士山も綺麗だった。風はやや冷たい。日差しがぬくい分そう感じるのかな?

 先日の月刊WindowsUpdatede、一旦終わったのにまた自動更新を始めたり。表示されたパッチは全部あてたのに。パッチのパッチがすぐ出てるってことか? Windows98のPCは「重要な更新があります」といいつつ、更新を適用しようとすると「そのPCはMacだろ。Macはあっちへ行け。」と言ってくる。OSはU/Aですぐ分かるんだから「サポート終了」の旨表示して、ダウンロードセンターに誘導すればいいのに。ついでにサービスパックみたいにサポート打ち切りまでのパッチを全部固めたファイルを作っといてくんないかな。

F1051717b_tna F1051716b_tna  宿題同梱のPCカードは別のPCでも件のPCと同じ現象を起こすことが判明。PCのせいではなさげ。変えなきゃダメか。

2007年4月13日 (金)

きょうのきょう

 晴れたり曇ったりの穏やかなお天気、かと思ったら晩になって雨。一応予報通りか。

F1051714a_tna Argocam_tna  吉野に行ったり、疲れ果てたりで手つかずのままになっていた倉敷からの宿題にようやく着手。同梱されていたNICもキャプチャーカードも全滅で在庫品から発掘した代替品でチャレンジ。あれこれ試行錯誤するうちにようやく稼働。(左画像が同梱カードのよる謎のキャプチャ、右が代替品で動いたの図)でも、不安定だし、本来の構成ではないし。ここからの方が難儀なのかも。
 発掘の過程で古いデジカメと、専用AVケーブル、ACアダプタを発見。これとキャプチャーカードでちっとは暗さに強いライブカメラができるかも。思わぬ副産物だわさ。

F1051698c_tna  先日のWindowsUpdatede、一部のPCは自動更新を始めていたようで、シャットダウンしようとしたらこんな選択肢が出てきました。

2007年4月12日 (木)

きょうのきょう

 穏やかに晴れ。日差しのあるうちはほんわり暖かいが、風は冷ため。日が落ちるとやや肌寒い。

F1051709a_tna F1051708a_tna F1051707a_tna  菅大臣天満宮の桜は葉が出て回りの道路にも花びらが散ってる。通り過ぎる車が巻き上げるので風がなくてもちょくちょく花吹雪。家に帰り着いたら、床に桜の花びらが落ちてる。私の服か荷物にくっついてやってきたのかな?

F1051712a_tna  晩はSさんと先斗町でOFF。お高いかと半ば恐る恐る行ったのだが、それなりのお値段でやや遠方の鴨川を眺めながら楽しむことができました。ま、それより何より友遠方より来るが一番のご馳走ですな。蛸を西京焼きにしたり、桜餅の餡を鯛にしたり、やや不思議。中でも干ホタルイカが濃厚な旨味で意外なおいしさでした。

F1051713c_tna F1051701a_tna  帰りに立ち寄ったコンビニでは巨大プッチンプリンの予約を受け付け中。近所のドラッグストアのキティバンって、サンリオ製品ではない模様。

2007年4月11日 (水)

きょうのきょう

Picu5861a_tnaPicu5855a_tna 足が張ってる。背中から腰、ふくらはぎまでぱんぱん一歩手前。昨日歩きすぎたか。2~3日は続くかな? しばらく遠出は控えよう。旅の成果物の整理で一日終わってしまった。

 合間を見てケータイのソフトウエアアップデートを実施。今日はビジーにはならなかった。ようやくサーバを強化したのだろうか? DLして、CUIモードに落ちて(?)パッチあてを実行して、再起動。再度サーバにアクセスして終了。結構ややこしいのね。自動だから手間いらずだけど。

 そうそう、吉野山のバスではICOCAが使えました。揺れる車の中でカードを出したり小銭を数えたりするのは面倒を通り越して危険ですらあるので、財布ごとタッチできるICカードの効果は電車以上に大きい。京都市バスでも早く対応してくんないかな。

 

F1051694a_tna F1051693a_tnaF1051692a_tna 画像は京都駅新幹線八条口前のショウウインドウ(左、中)。タルト屋さんらしい。ウインドウだけで入り口がないのは何故だろう?反対側にあるのかな?
 駅の案内所のノートPC(右)。案内板も兼ねているようです。

2007年4月10日 (火)

吉野山

Hitome1000bon_tna  後醍醐天皇が南朝を開いたという吉野。ミッキー吉野が参加していたゴダイゴとは関係ないらしい。

Picu5745a_tna  京都からなら近鉄で行くのが楽珍。なんだけど、18切符が残っているので行けるところまでJRで移動。奈良線-桜井線-和歌山線と乗り継ぎ。乗り過ごすと和歌山まで行けるらしい。倉敷は18切符シーズンだからかローカルっぽい線でも満員状態だったのに、こっちらはほぼ終始がらがら。吉野口駅のJR-近鉄乗り継ぎはホームを共用していて関所なし。それなりに便利かも。
Picu5746a_tna 吉野の桜は標高が低いところから順に下千本、中千本、上千本、奥千本と4箇所見所がある。下から順に咲いていくので的確に場所を選べば1ヶ月は桜が楽しめるらしい。そんなに通う気もしないけれど、いつでもおいでということか。実際に見た感じでは下千本がやや満開過ぎ、中千本が満開、上千本が1分咲き。奥千本は未確認。<追記>どうやら上千本のつもりで奥千本まで登っていたらしい。上千本も満開直前、奥千本は1分~蕾堅し、でした。</追記>

 近鉄吉野駅あたりは下千本、ここらは満開をやや過ぎた感じ。あんまり本数も多くない。どこに行こうか迷っていたら、「今は中千本が見頃ですよ~」とバス会社の制服を着たおじさんが声を張り上げている。
Picu5771b_tna Picu5772b_tna Picu5756a_tna  誘われるままにバスに乗り込み揺られること約15分。山に囲まれた鞍部点みたいな所に到着。ここが中千本らしい。
 バス停から見える斜面にも桜は植わっているが、感動するほどではない。一見、葉が出ていて13分咲きといった感じ。Picu5759b_tnaPicu5764b_tna 騙されたような気分で斜面を登って尾根に出る。と、びっくり。 谷の向こうの斜面に桜が密生している。ピンクの絨毯にやや赤めの模様入り。葉っぱの赤茶がアクセント。ここの桜は一本一本を愛でるのではなく、遠目に大量の豪華さを味わうのか。「一目千本」という言葉をようやく納得。

 見頃といわれても、葉っぱが出てるじゃないかと、上千本まで足を伸ばすことに。今度はバス停の反対側の天を突くような斜面を登って奥千本口行きバス停へ。息が切れる。バス停のおっさんに「中千本も葉が出て盛りを過ぎているね。」と話しかけると。「中千本はまだまだ。花びらは全然落ちてないでしょ。山桜だから葉と花が一緒に出てくるの。」だって。納得。更に聞くと上千本はまだ咲いてないらしい。実地検証しよう。時間がないのでバスで往復しようとすると、「絶対帰りは歩け。歩かなかったら行く意味がない。」って。「???」と思いつつバスに乗り込む。
Picu5776b_tnaPicu5774b_tna  やはり15分ほど揺られてたどり着いた奥千本口。奥千本の下端らしい。ここからしばらく下ると上千本。ここまで来ると肌寒い。気温が3℃くらい違うそうな。確かに桜は咲いてない。蕾堅し。たま~に咲いている桜がある程度。ぶらぶら歩いているだけでは桜の木であることすら気付かない。むしろ吉野杉の木立が端正にすらっと心地よいのばかり感じる。Picu5781b_tnaPicu5777b_tna概ね下り坂。楽といえば楽だが、所々にある名所は坂の上ばっか。なんたらのお社だの展望所だの。何度ももう足が動かなくなるまで上り下りさせられる。下り始めてしばらくは桜とは縁がない。展望所からの眺めも遠くの山々ばっか。それはそれで見入ってしまうくらい美しいのですが、花見に来た私の立場はどうなるのでしょうか?
Picu5800a_tna  下り始めて30分余り。途ようやく半ばに来て、「三郎鐘」なる見晴台に到着。ここいら辺が上千本。
 お~、すばらしい。中千本を見下ろすロケーション。ぼこぼこと連なる山並みのあちこちに桜が密生している。息をのむような光景。見ていると吸い込まれそう。下り続きで足腰に来ていてふらつき気味なので余計に危ない。これがホントの「一目千本」らしい。茶店もあって一休みして眺めると最高。...時間があればね。今度来る時はもっと早く家を出よう。
Picu5810b_tna そこから先は上千本~中千本に連なる桜の絨毯の脇を降りていく。所々公園になっていて弁当を広げるのによさげ。来るまでが大変ですけど。
 その後は道の両側に民家が現れ田舎の生活道路となった道を延々下って中千本バス停に帰着。程なくやってきた最終バスで吉野駅へ。上千本行きのバスも最終だったし、結構毛だらけぎりぎりだったのかも。

Picu5848c_tna Picu5825a_tna Picu5829a_tna  帰りの電車の出発まで時間があるので、ケーブルカーにも乗ってみる。現存のケーブルカーの中では日本最古らしい。「ケーブル自動車」というのは社名でもあるらしい。Webで見た時はトロリーバスでも走っているのかと思ったよ。ケーブルカーの「カー」を「自動車」と直訳しちゃったんだろうか?
Picu5837a_tna Picu5836a_tna Picu5830a_tna  ケーブルカーの回りも桜だらけ。こんもりした山のてっぺんにぽつんと駅があるのを想像していたんだが、茶店が並んでそれなりの町でした。
 最初の予定ではこのケーブルカーで往復してさくっと帰る予定だったのだが、上まで登って延々歩かされてしまった。明日から下半身ぱんぱんだろうなぁ。(-_-;) ま、一目千本を実感できたからよしとするか。

きょうのきょう

F1051695a_tna  吉野山に登って青春18切符完了。結局全部日帰りだったな。その方が利用効率としては高いですけど。明石往復が射程に入ったのは意外だった。近い近いと思っても、結構遠いということか、新快速が速すぎるのか、JRの運賃が高すぎるのか。福井は日本海を見られなかったのが残念。えちぜん鉄道に乗るか、富山まで足を伸ばせるくらいの時間に出発せねば。吉野山は十分見たとは言えないなぁ。あんだけ歩き回るのはこりごりだけど。ま、機会があればまた出かけたい、かも。なるべく楽にね。

 @homepageのサーバがまた超重重状態に陥ったので、最後に残っていたけろけろチャットの新版をアナウンス。同じ@niftyだけど、ラクーカンの方はまだまし。いずれは@homepageなみに遅くなるんだろうか。アナウンスが常連さんに知れ渡った頃に自動ジャンプスクリプトに置き換えようっと。これで一応全頁をラクーカンに移行できたことになる。でも、@homepageのけろけろチャットのURLは常連さん以外にたま~にアクセスしてくれる昔なじみの方もおられるので完全には潰せない。いずれにしろ移転先は同じ@niftyだからniftyとの縁切りはありえない。
 メールも込みでサーバを貸してくれる業者があればいいんだけど、高そうだし、信頼性や事業継続性は未知数だし、積極的に移りたい先もなさげ。ま、不満はいろいろあるにしても、よそに移ってもまた別の不満を抱えるだけのことなんじゃないかな。

Picu5816a_tna  画像は吉野山にいたかえるさん。自分が乗った太鼓を叩いてもいい音はしなさそう。ベニヤ板の下は何が書いてあったんだろう?

 

2007年4月 9日 (月)

倉敷あげいん再び

 何故かキムチを持って倉敷再訪。

 途中ガタガタ予定外の列車の旅を味わって、10分遅れで到着。ころころ予定を変えてすみませんでした>あ&つさん。

F1051673a_tna F1051674c_tna  お昼時だったので、早速讃岐うどん。前々回の訪問ですっかりファンになっちゃった。今回は瀬戸内一(だっけ?)といわれる一念天。麺のコシ、ダシの味もさながら掻き揚げ天が旨い。玉ねぎ主体の天ぷらがカラッと揚がっていてほんのり甘い。玉ねぎの旨味を存分に引き出したって感じ。かけそば一つをとっても、「あつあつ」「あつひや」「ひやあつ」「ひやひや」の4種類ある。麺とダシの冷温が選べる。順列組み合わせで4種類。猫舌な私はあつひや(ひやあつ?)ん~、どっちがどっちだっけ?(^_^;) ちょうど人肌で味が一番分かる温度になって出てきました。圧巻は天かす。かけ放題。1テーブルに1桶おいてあります。全部食べたら胸焼けしそうですが...。飯屋で御飯お変わり自由、漬物食べ放題という所があったけど、海苔は煮ている?

 

Picu5715a_tna  腹ごしらえを終えたら花見。高梁川沿いの酒津公園。川から引いた導水路の両脇に遊歩道があって桜がずら~っと植わってる。桜街道。桜だらけな割に宴会客もおらず爽やか。花より同胞からのお手紙を読むのに熱心なせりお君ともお散歩。再会歓喜。満開前後の花が多く、葉が目立たない割に時々花吹雪。眺めるには一番いい時期かも。

Picu5740a_tnaPicu5720a_tna 岡山県といえば桃。なので、続いて桃見。こっち方が色が濃くて花としてはあでやか。実の収穫をしやすくする為に小振りに剪定してあるそうで、圧倒感はあまりないですが。
 広々した原っぱに五重塔が聳えるのは日照山国分寺(備中国分寺)。塀や門はあるもののどこまでが境内かやや不明なオープンなお寺。本堂も縁側までは土足可というおおらかさ。黄砂と春霞にぼんやりとした日差しを浴びてのどか~な雰囲気。客殿の屋根が藁葺きというのも魅力的。

F1051676a_tna  その後、晩飯は岡山名物えびめし。海老入りのデミグラピラフって感じかな? ジャンバラヤに似た色で、ぴりっと濃そうな味を連想させる。けど、味は濃くない。ソースが出しゃばらず控えめにしっかり味を付けてくれている。改めって食べると言うより、普段ふらっと喰うのにいいかも。

 あ~。今回も 飯喰いに行っただけか? いや、argoカメラの設置準備作業もしてきましたよ。残念乍ら現地では完遂できず、宿題になりましたけど。ノートPCを私が担当することになってお持ち帰り。カメラはでかすぎなので持ち帰らず。代わりになるもの探さなきゃな。
 作業の合間に喰ったパン屋のケーキが(以下略)。(^_^;)

きょうのきょう

 何故かキムチを持って再び倉敷訪問。

F1051666a_tna  3度目なので、正直。...いや、慣れたもので、途中で切り離されずに終点まで行ける乗車位置やすいた車両、乗り換えの時に目の前に次の列車が来るドアの位置など頭に入っていてスムーズ。...な筈が、事故。「東海道本線の武庫川鉄橋の橋脚に自動車がぶつかったので安全確認します」、だって。あの鉄橋の下は私もくぐったことがあるけどさ。安全確認ってどうやるんだろ。列車を走らせてみてokとかだったらすぐ終わりそうだけど、そんなことして万一脱線したらまずいしなぁ。と考えを巡らせるうちに運転再開。F1051671a_tna F1051669a_tna幸いにも25分程度の遅れで済んだ。とはいえ、相生駅では1分乗換。乗り継ぎ列車が待っててくれるといいんだけど。と心配していたら、今度は「この列車は姫路行き新快速です」と車内放送。本来、前8両は播州赤穂行き。どうやら、部分運休する気らしい。はっきりそういわずに結果だけ発表する国鉄体質そのままですな。経過報告や説明はなく、乗客は荷物扱い。姫路は相生の手前、乗り継ぎ列車が待つとか待たないとか以前に、乗換駅にたどり着かない。時刻表を見ると、1本あとの列車が運休しなければ1時間10分遅れで倉敷まで行けるようだ。 と、乗り換えて相生着。ここでは乗換に30分待ち。再度時刻表を見ると、新幹線に乗れば1駅2050円で1時間は早く着ける事が判明。姫路からだと5千円超なのでずいぶん格安。こだま号は本数が少ないのが難点なんだが、これもタイミングよく来るらしい。で、早速乗換。結局当初予定より10分遅れですみました。
F1051672a_tnaF1051668a_tna  久しぶりに乗った山陽新幹線こだま号。残念乍ら100系でした。自由席なのに2×2シートでゆったり。登場当時は指定席だけだったのにね。相変わらず岡山駅での乗換は遠い遠い。

Picu5707a_tna Picu5706a_tna  東本願寺前の桜はほぼ満開。

2007年4月 8日 (日)

きょうのさくら

○松原道祖神社
F1051610a_tna F1051609a_tna F1051607a_tna  我が家のご近所、投票所へ行く途中のお社。道祖神というだけあって境内と言うほどの広さはないんだけど、道端に桜の木が植わってます。やや葉っぱが出かけで、満開。蕾がピンク色、花が開くにつれて色が淡くなる。色の移り変わりが綺麗でした。

本隆寺
F1051617a_tna F1051616a_tna F1051615a_tna  千本今出川の北西。前を通りかかって門から見えた桜に引かれてふらふらっと入っていってしまいました。おっきな桜が2本。満開状態。端正な佇まいの本堂と背比べをしているようで、圧倒されました。

雨宝院
F1051623a_tna F1051624a_tna F1051620a_tna  狭い境内に桜が咲き誇る、と聞いて訪れたのですがちょと早かったみたい。3分~6分咲かな。
 桜ではない、薄黄緑の花も咲いてました。あなたはだあれ?

○木屋町
F1051642a_tna F1051641a_tna F1051637a_tna  ...あげいん。四条界隈だけでなく南北に高瀬川沿いに歩いてみました。ずらっと続く桜並木が満開でお見事。これで人通りと車通りが少なければ心にしみいる風景なんでしょうが、すぐ横が雑踏なのが残念至極。やや薄目の色合いの花なのも残念か。青空ならもっと映えたかも。

きょうのきょう

 投票がてらお花見。
 まずは、投票。投票してもしなくても世の中が変わるとは思えないけど、投票しない人には今の政治に文句を言う資格もないと思うので、参政。市議選は無投票、府議選も選ぶほど候補者がいないのも興味が持てない原因だな。

F1051625a_tna  松原道祖神社→本隆寺→雨宝院→木屋町→先斗町→鴨川→松原通、巡回。よく歩いた。バスにも乗ったけど、洛中の南東側は人でいっぱいだね。
 ドコモほぼ桜が満開だった中で、雨宝院ではまだまだこれからっぽかった。やや期待外れ。だけど、お花祭りとかでお釈迦様に甘茶をかけさせてもらいました。初めての経験。へ~、こうやるんだ~。

F1051647a_tna F1051648a_tna  先斗町では先斗町駿河屋に寄ってわらび餅を購入。お袋が好きだったっけ。鴨川の河原で喰っていたら、日が陰っていたのでややひんやり。日差しがあればもっとのどかだったのにな。

F1051650a_tna F1051649a_tna  画像は駿河屋をちょっと下がったところにあったお店。店先ではうさぎさんが食事してたり、風邪引いてたり。

2007年4月 7日 (土)

きょうのきょう

 昼過ぎから雨。気温も低くてひんやり。改めて花冷え。

F1051604a_tna F1051603a_tna  菅大臣天満宮の桜もほぼ満開。散ってないから一歩手前っぽい。紅白の垂れ幕は何だろう?


 

Picu5690a_tna Picu5688a_tna  ケータイのソフトウエアアップデートが出ているというので、パッチ当て。...ようとしたら、サーバビジー。「終わりました!」の写真を撮りたいので予約せず。十分なキャパシティを用意してからアナウンスしておくれ>DoCoMo。

2007年4月 6日 (金)

きょうのさくら

 今日は夜桜シリーズ

仏光寺
F1051579a_tna F1051578a_tna F1051571a_tna  町中ライトアップばやりですが、我が家のご近所、仏光寺でも桜のライトアップをやっているというのでお出かけ。ライトアップされた桜は2本のみ。どちらもでかくて見事な桜ではありますが、元々桜の木はそんなに沢山は植わっていないお寺なので。境内ではおでんやら食事が供されていました。

二条城
Picu5677a_tna Picu5608a_tna Picu5605a_tna  恒例の二条城夜桜。ここの桜は種類も本数も多く、まるで桜博物館のよう。咲く時期もバラバラなので、本数が多いと言っても、一斉に花盛りで気も狂わんばかりという事態にはならないです。その代わり順番にどの種類かの桜は咲いているのでかなり長い間楽しむことができます。そんな桜の木のうち半分くらいがライトアップされて夜間も公開されてます。

Picu5661a_tna Picu5650a_tna Picu5634a_tna  夜桜は明かりにてらされて淡ピンク色のぼんぼりになって綺麗、なんだが水面があると余計に映えますね。お堀は波立ってましたが、庭園の池は鏡面のよう。三脚禁止だったのがうらめしや。

Picu5672a_tna Picu5670a_tna Picu5663a_tna  庭園の通路は淡ピンクのトンネル状態。枝垂れ桜はシャワーのよう。上を見上げながら歩いていると足元がおぼつかない。暗いのでなおさら。千鳥足だったりして。子供がちょろちょろしているとけっ飛ばしそう。入場時に身長下限を設けといてくんないかな。

Picu5642a_tna Picu5641a_tna Picu5684a_tna  場内の一画では出店が出て、琴の生演奏もありました。夜とあって、順路の表示も光。守衛所の上に光源があるっぽい。結構強烈な明るさでした。

きょうのきょう

 ほぼ一日晴れたり曇ったり。昼間はやや暖かめだったようだが、夜桜見物に出かけた頃にはひんやりしてました。セーター着てちょうどいいくらい。

F1051596a_tna F1051595a_tna F1051594a_tna  せっかくの好天だったけど、時刻表とにらめっこしていたら日が暮れてしまいました。やや残念。夜桜いっぱい見たから良いか。

 画像は夜桜の帰りに寄った楽園Asiaの調度品。皿の上のかえるさんは、最初キャベツの切れ端かと思って一生懸命箸でつついてました。塗装が剥げかけているのは何度も同じ目に遭ったということを物語っているのだろうか?

2007年4月 5日 (木)

きょうのさくら

Picu5504a_tna円山公園
Picu5524a_tna Picu5531a_tna Picu5516b_tna  ほぼ満開。名物の枝垂れ桜も今が盛り。風が吹いても桜吹雪にはならないので9分9厘咲きかと。一部の桜は葉が出てきて桜餅状態。夜のNHKニュースではこの枝垂れ桜をライトアップしてエンディングに放映していました。
Picu5500a_tna Picu5499a_tna  地上では夜の花見に向けて陣取り合戦が盛ん、というか合戦は終わって陣地の維持に腐心している様子。こたつ組あり、トイレットペーパー組あり。

○白川
Picu5537a_tna Picu5535a_tna  比叡山から如意ケ岳にかけての東山北部の谷から水を集め、 北白川で京都盆地に顔を出し、南行して岡崎へと流れ、祇園の地で鴨川に注ぐ白川。知恩院の北あたりは両岸を柳で囲まれた穏やかな流れになっています。
 東大路を潜った先から桜並木にころっと換わる。Picu5566a_tnaPicu5555a_tnaPicu5551a_tna左岸が直に家並みで右岸の土手に桜並木と道路というパターン。途中、一部で崩れますが、祇園界隈に突入すると再び同じ組み合わせになります。左岸にお店(お茶屋?)が並び、おそらくは最高の眺めかと思われます。高そうで入ったことないです。川縁には桜以外の花も植わっていて、裾模様を成してます。川の中では鷺君が狩りの最中。人だかりができてわいわい騒がしいのも気にならない様子でした。
Picu5571a_tna Picu5573a_tna Picu5570a_tna  更に下って鴨川にそそぐ寸前が桜の最高潮。川縁の道が広くなって両側に桜が植わり、薄ピンク色の天蓋を被せたようになってます。誰か超広角カメラ持って撮影にきてください。


Picu5575a_tna ○鴨川(四条川端)
Picu5578a_tna Picu5593a_tna  鴨川の土手にも桜が植わっています。川幅が広いのと植わり方がまばらなので遠目にはやや迫力に欠けます。そんな中にやたらと色の濃い花が咲いてました。桜じゃないですね。なんでしょ? 桃。とかかなぁ。鮮やかさでは桜を圧倒しておりました。
Picu5585a_tna Picu5580a_tna  その横にはキメラ桜が。筑波でも見かけたんですが、そういう品種なのかな。一輪一輪模様が異なるので見ていて飽きません。

○四条木屋町
Picu5597b_tna Picu5598b_tna  白川河口と並んでここも圧巻な桜の名所。高瀬川の岸が桜並木になってます。
 客引きだか軟派野郎だかがいて猥雑な地区の玄関口的な存在の場所。夜はライトアップもしているようです。雑踏の中で咲き誇る桜はちょっと気の毒な感じもするけど、気にしていないんだろうな。
Picu5594a_tna Picu5604b_tna  因みに営業再開したペコちゃんのお店もこの角にあります。

きょうのきょう

F1051566a_tna  晴れたり曇ったり。日差しは暖かいのに風が冷たい。お天気はまずまずだがお出かけ意欲をそそられるほどではない陽気。真冬並みの寒気団が来てるんだって?!

 週初めの二日間の遠出でややお疲れ気味。なのでぶらぶら散歩がてらお花見。F1051563a_tna円山公園を一周して、白川を下り、高瀬川を見てきたら帰って疲れちゃった。(^^ゞ
 画像は西院近くの喫茶店。山本山的名称。

かこのさくら

 昨年以前の桜の推移の復習です。

●昨年

松尾大社

きょうのきょう

佛光寺の桜

きょうのきょう

三条河原

二条城の桜

平安神宮の桜

嵐山の桜

高野川、高瀬川の桜

京都府立植物園の夜桜

円山公園

高台寺

きょうの桜

京都御所の桜、とか

きょうの桜

きょうの桜

●一昨年

平安神宮2

仁和寺

造幣局

神泉苑

菅大臣天満宮

祇園界隈

清水寺

高瀬川

醍醐寺

東寺

書けるかな?

ケータイから直接編集できるようになったというのでお試し。画像とかリンクとか文字秋色はできないみたいね。時刻指定も×か。

2007年4月 4日 (水)

きょうのきょう

 午前中雨が降って後晴れたり曇ったり、めまぐるしい天気。さむい。セーターが恋しくなるくらいの気温。スカッとは晴れないけれど、概ね天気よくて風が冷たいというまさに冬の天気。季節が逆戻りか。

F1051526a_tna  愛用しているGパンがすり切れてきたので代替品を調達。継ぎを当てたりして延命を図っていたんだけどね。かわりばんこに履いていたもう一本のGパンの具合がいいので全く同じものをもう一本。お店に行くとちょうど同じ規格で同じサイズのものが置いてある。よかった。寿命の長い商品、品揃えのよいお店は貴重。「今はいてるのと同じ長さに裾上げしてくれ」というとダメだって。そういうもんか。仕方ないので試着してピン留めをしてもらう。家に帰って合わせてみると、今回買ったGパンの方が若干裾が長い。足が伸びたのか?(^_^;) 前回は、ずってきても裾を引きずらないよう短めにしてもらったんだろうか? 長期記憶も曖昧。返却された端切れを比べると、裾の長さの差以上に長さが違うのだが。伝票を見るとその差は2cm。服ってふにゃふにゃしている上に曲線なので正確な測定が困難っぽい。

 画像は明石駅前にあった安売り切符の自販機。

2007年4月 3日 (火)

明石天文科学館

Picu5494a_tna Picu5410a_tna  小学生の頃何度も通った明石天文科学館。私とは1歳違いらしい。成長してからはすっかりご無沙汰。35年以上は行ってない。平成の始め頃NIFTY-ServeのFSPACEに明石天文科学館というハンドルで書き込みがあったのを見たっけ。パソコン教室の最中とかでResしても会話にならなかったけど。一旦震災で壊れたもののほぼ以前の姿に復活。プラネタリウムの装置が近々更新されるという記事を読んで、慌てて訪問。三十数年ぶりの再会ですな。新快速で明石まで約1時間。近い、んだが、1日で往復すれば青春18切符の射程に入ってしまう。JRって高いのね。
   明石天文科学館は単なる科学館じゃなくて日本の標準時の子午線上に建っている。最寄り駅の山陽電鉄人丸前駅のホームにも子午線碑が建ってます。ひょっこりひょうたん島に串を立てたような形。懐かしいです。

Akashitenmonkagakukan2_tnaPicu5437a_tna 投影には時間があったのでまずは14階の展望室へ。ここからの海の眺めは格別。目の前に明石海峡を挟んで淡路島が横たわり、今では明石海峡大橋が今にも触れられそうな近くを横切る。眼下にはJRと山陽電鉄。こうやってみると明石海峡は泳いで渡れそう。

Picu5438a_tnaPicu5449a_tna 時間になって投影室前に集合。今回は20~30人くらいかな。親子連れやお年寄りが多かった。再会したツアイスは意外と小振り。こんなに小さかったけ?(^_^;) 子供の頃見てたから何でもでっかく見えたのかな? こんだけちっこい身体で星を沢山写すのか。

Picu5441c_tna ドーム型のプラネなので、星空は真上に広がる。当前というか自然ですな。いつの間にかドーム型では超リクライニングシートが当たり前になったようで、椅子にもたれると仰向けにひっくり返る。(@_@;) びっくりチェアさながら。いや、座り心地は良いんですけど、投影前にきょろきょろするにはやや不都合。身体が安定しない。後ろを通りかかった子供は、こけそうになって慌てて背もたれを掴んだはいいが、背もたれがあっさり倒れてくるので結局こけそうになっておったまげてました。ストッパとかないのか?

Picu5442a_tna 真上に広がる星空は自然で受け入れやすい。反面、映画となると四角い画面がドーム中程に映し出されるだけ。この辺は斜投影型(というのか?)の横浜や倉敷に負けますな。「IMAX」でしたっけ、標準長整数型の最大値関数みたいな名前の投影機だと、見ているだけで乗り物酔いしちゃうくらいの大迫力ですから。(^^ゞ でも、明石の方が正統派だよな、これがプラネだよな、と思いつつ懐かしく鑑賞(感傷?)。

Picu5444a_tna 6本にも見える足で立つ姿は蟻さんみたい。投影が終わる頃には鎌首もたげて、ちっこくなんてないぞ!と主張しているみたい。星の数の割にレンズが少ない。あ~、一個のレンズでどの位の範囲を映し出し、何個くらいの星を担当しているんでしょ? 基本が分かってないや。

Picu5463a_tna Picu5464a_tna Picu5461a_tna  投影が終わったあとは、展示の見学。
 子供の頃の記憶はほぼ失われているんだが、ほぼ唯一覚えているのは太陽系模型が投影室前のフロアにあってクルクル動かすことができた。あの頃でも既に塗装が剥げていたりして相当使い込まれたというか人気だったのだろう。さすがに当時の模型はなくなってる。その後継者みたいな展示物は動かないもののありました。連綿? はやぶさの映画を上映していた関係か、イトカワ・はやぶさの展示もあり。イトカワの模型の上にはゴマ粒のようなはやぶさまで作ってある。(^o^) ちゃんと帰ってきて欲しいですね、はやぶさ。

Picu5450a_tna Picu5432a_tna Picu5429a_tna  気になった展示物。
 展示、ではないけれどプラネと観測棟(時計塔?子午線標?)の間には日時計。針は自分自身です。宇宙図も掲示されてる。ん~、眺めるにはちょっとつらいかも。家でじっくり見たいから、100円くらいで販売してくれないかしら? 子午線。鏡を使えば無限の彼方まで引くことができます。他にも標準時計とか原子時計とか、時にまつわる展示品沢山。ツアイスのことばっか考えていて、もっとじっくり時間を取るべきだった。一日かけてじっくり一つ一つ眺めていたい。

Picu5453a_tna Picu5466a_tna Picu5473a_tna  番外編。
 コインロッカーも星座記号?
 昔の観測機器の展示は操作の実演付き(たぶんウソ)。
 「宇宙ナビゲーション」は書き込み禁止。

明石天文科学館のまわり

○明石駅周辺
F1051535a_tna F1051534c_tna F1051530a_tna F1051531a_tna  明石と言えば、鯛と蛸と子午線。
 ちゃんとあります。お菓子も弁当も。一応明石焼きも食べておきました。

○科学館通り(仮称)
Picu5488a_tna Picu5487a_tna F1051543a_tna  人丸前駅から科学館まではほんの数分一本道。その道端には歴史と宇宙が混在してます。
 源平合戦の記念碑(左)が建っているかと思うと、星座の図(中)が延々碑になって連なっている(右)。でも右画像の一番手前は源平に因む馬塚だって。ややこし。

○宇宙桜
Picu5474a_tna Picu5476a_tna Picu5477a_tna  毛利さんとともに宇宙を旅した桜の種。
 全国に植えられたようで、明石の地にも根付いてます。けど、開花はまだ。蕾堅し~蕾ふくらむ、程度かな。隣の小柴さん講演記念桜の方はだいぶ開花が進んでいたというのに。山桜は遅いのかな。蝦夷山桜だから開花は北海道の開花に合わせる、のだろうか?

○地球桜
Picu5412a_tna Picu5485a_tna Picu5483a_tna  回りの桜は4分~7分咲き。樹によって個性があるのは毎度のことですが。まだ今年は満開っ!という桜にはお目にかかってません。開花が早かったという割に伸びが悪いですな。

○マンホール
F1051545a_tna F1051544a_tna  お約束のマンホール。
 子午線と科学館と明石海峡大橋。大橋のデザインの方が新しいのかな?

2007年4月 2日 (月)

倉敷あげいん

F1051493a_tna F1051492a_tna  焼き芋のデリバリー&せりお君醤油賞の授賞式に出席する為に倉敷再訪。もち赤の18切符。途中、いや、終始黄砂にまとわりつかれて、遠景は山水画(水墨画?)のような風情。芦屋-三宮間で六甲山が空と一体化しつつあったのにはややびっくり。曇りや雨の時はそういうのはありましたけど、薄曇りの今日はすっかり砂のせいですな。西に向かうに連れて霞が濃くなっていくようだったのは気のせいだろうか? 一衣帯水ならぬ一衣帯気ですな。

F1051495a_tna F1051494a_tna  倉敷駅前にはチボリ公園。駅前遊園地というのも貴重かも。ペデストリアンデッキが広々していて気持ちよい。のどかのどか、喉から手が出る足が出る、と?

F1051496a_tna  お昼は超豪華花見弁当をごちに。籠に乗っていて引き出しに入った料理というのは初めて。(^_^;) ちょっとしたアミューズメントパークですな。右端のカレーポット風の器に入っているのは豆腐。一瞬四川風かと思ったけど、さにあらず。とろっと旨い。左奥のメートルグラス風の器に入った桜の枝状の花は桜です。食べてはいけませんよ。いや、三ヶ月ぶりの再会で積もる話に夢中で食べてしまいました。(^^ゞ

F1051516a_tna F1051517a_tna  で、晩飯、というかおやつ(?)にうどん。はあごダシのかけうどんだったので、今回は醤油うどん。醤油うどんと言うより大根おろしうどんかな。注文すると透過型の下ろし金と棒状の大根が出てくる。ずりずりずりとすり下ろしている間に麺が茹で上がりおろしと醤油をぶっかけて食べるという寸法。今回は下ろし終わっても、麺が出てこない。ん~、店のおやじさんが「これから麺をうつのでちょっと時間がかかります」と言っていたようないないような。曖昧な短期記憶。ま、打ちたて麺のしこしこ感は堪能できました。

 今回は日帰りだったので、大慌てで駅まで送って頂いて無事帰宅。往復7時間、滞在6時間でした。あれっ、食い物の話題だけだな。要は食事に行ってたんだっけか?(^_^;)
 慌ただしくてすみません。重ね重ねありがとうございました~>AさんTさん。貴重なお醤油、大事に使いますぅ。ちょうど切れていたところだったので...。(^^ゞ

きょうのきょう

 春にしてはひんやり。かといってセーターを着たら暑かった。難しい季節。

F1051487a_tna  空はどんより。曇っている、ようだがそれより霞がかかってる。春霞、なら風情があるがどうやら黄砂らしい。外にいたら喉が痛くなってきた。濁った水に棲む鯉になった気分。
 東山、朝日に映える、黄砂だな。

F1051490a_tna  東本願寺前の桜は七分咲き?

2007年4月 1日 (日)

きょうのさくら

F1051448a_tna ○四条木屋町
 ほぼ満開。残念乍ら今回は前を通過。
 人出がすごい。ここの桜は余りじっくり眺めてもらってないのかも。ポン引き(?)とか大勢いるのでここできれいに咲くのはもったいないかも。

F1051466a_tnaF1051455a_tna F1051459a_tna ○琵琶湖疎水
 平安神宮から鴨川にそそぐあたり。
 0分咲き~9分咲きまで、平均すると6分咲きくらいかな。土手の上から川面に向かってせり出すように植わっているので、満開になるとすごそう。もっと咲いて天気のいい日に再訪すべきか。
F1051464a_tna F1051457a_tnaF1051452a_tna 何故か屋形船が運航されていました。横っ腹には「日本財団」の文字が。一日一善!
 ここでも枝垂れ桜は一足早く満開。道行く人がみな足を止めて見上げてました。

F1051472a_tna ○平安神宮
 左近の桜は11分咲き。満開を過ぎて葉が出始めている。葉が赤いのはそういう品種か? 神苑の桜は入り口から覗くと1分も咲いていないっぽかったので、入苑せず。

きょうのきょう

  F1051468a_tna 花曇り後時々雨ぱらぱら。空一面黄砂、らしい。東山も霞んでる。
 春休みの日曜とあって国内外からの人出がすごい。異国な方や、でかい荷物を引きずった方、旗に引率されたノーキョーサン風の団体さん多数。車出も半端じゃない。市内中心部は自家用乗用車禁止にしてバス増便タクシー半額にするとかできないのかな。

F1051473a_tnaF1051469a_tna 平安神宮のそば、京都市勧業館の前には不思議なモニュメント。題して「悠久」。四神の、東(春):青龍、西(秋):白虎、南(夏):朱雀、北(冬):玄武、に因んでいるんだろうか? 方角的には北なので玄武かな。確かに亀っぽい。
 平安神宮にも不思議なマー白虎。反対側には青龍らしいマーちゃんもいましたが。あと二人も南北にいるのかな?

F1051474a_tna  京都会館の裏にはやや派手目のトラックが。綾戸智絵じゃん。まいどコンサートかな?

夷川水力発電所

F1051480a_tna F1051481a_tna  琵琶湖疎水が鴨川にそそぐすぐ手前にあります。煉瓦造り。単なるモニュメントかと思ったら、現役らしい。

FSPACEよさらば

Fspacert6c_tna  昨夜でFSPACEが終了。フリートークにお別れのメッセージを書き込み、時々覗いてはみんなの書き込みを見ていると、チャットに「RTやってるよ」のお誘いが。(^o^)
Fspacert1b_tna Fspacert4b_tna  ホントに最後のRTだな。と、駆けつけたのだが、WebになってからのRTは初めて。やや戸惑い気味。ま、大した機能ではないのですぐに慣れましたけど。5人10人と参加者が増え、15人を越えたあたりから動作が怪しくなってくる。書き込みがなかなか反映されなかったり、突然落とされる人続出。最大で20人くらいが限界みたい。時々全員が落とされてリセット状態になっていた模様。参加メンバーも懐かしければ、動作が不安定になるのも懐かしい。Niftyの伝統ですな。
Fspacert7c_tna  最期の最後はエラー状態で終わっちゃうんじゃないか?との疑念も頭をかすめる。
 が、24時の少し前(たぶん)に機能停止。単に落とされたのか、と思ったけれど、あちこちつつくと「終了しました」画面が現れるので、正常に最期を迎えたものと思われます。人によって、最後の発言が違っている事も判明。分散処理をしていて、皆別々のサーバにアクセスしているらしいことが実感できました。

 消えてしまうのはさびしいけれど、最期を看取ることができてちょっと幸せ感。
 最後の最後までありがとう>FSPACE@nifty&おつきあい頂いたみなさま。
 また別の場でもよろしくね>ALL。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »