« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

きょうの紅葉(八坂神社、哲学の道、法然院、安楽寺、大文字山)

 週初めの予報に反してほぼ快晴。お買い物だけではもったいないので、寄り道。

Picu9194b_tna Picu9192b_tna八坂神社
 春頃から修理工事の為に白いシートで覆われていた西楼門。今日ようやく竣工。昼前からセレモニーが行われていたらしい。有数の繁華街、四条通の東のどん詰まりで京都の代表的な景色の一つなので、すっきりした感じ。
Picu9213b_tna Picu9208b_tna Picu9204b_tna  夕方からは提灯行列もやったそうな。
 境内の紅葉も進んでほぼ見頃。

Picu9221b_tna哲学の道
 川沿いの木は桜が多く、紅葉はほぼ終了済。
 
 
   
Picu9243b_tna Picu9237b_tna Picu9231b_tna法然院
 哲学の道からちょっと脇に入った坂道を登った処にある法然院。こぢんまりとした寺院です。山門が茅葺きのようでとても味わい深い。門を額縁に見立てて、Picu9261b_tnaPicu9262b_tna Picu9258b_tna門を通して見える紅葉を愛でるのが、法然院通の味わい方らしいです。平日の夕方でも人の流れがなかなか途絶えず、景色だけを捉える為に門の前にカメラマンが溜まっていました。
Picu9267b_tnaPicu9255b_tnaPicu9252b_tnaPicu9250b_tna 門をくぐってお庭を進み、ビロードのような苔に挟まれたやや狭めの通路から本堂の前に出る。と、びっくり。緑、黄、橙、赤と様々な色が混じり合ってお見事なコンビネーション。ちょうど今が良いバランスかも。木は毎日毎年同じ処にいるけれど、色付き具合は日々変わる。一期一会ですな。 

Picu9274b_tna Picu9271b_tna Picu9270b_tna安楽寺
 法然院からの帰り道、真っ直ぐ哲学の道の方へ出ずに、道なりに歩いていると現れた安楽寺。ここもやはり山門が乙。門前の紅葉に見とれて山門をくぐると、中は有料だったのでほぼ反射的に撤退している自分がいました。(^^ゞ

Picu9282b_tnaPicu8848b_tna ○大文字山
 ふと気付くと先日立ち寄った真如堂のすぐそば。大文字山が一週間でずいぶん色付いてきたので比較写真を撮ってみました。左が先週(11/23)、右が今日(11/30)。
Fitpicu9276b_tna  山全体も程良く色付いてます。

噂の現場

F1053707a_tna  先ほどのデパ地下です。
 パッケージを作り直すまで販売中止じゃなかったっけ?
 このシュウマイ、おいしいので好きです。箱の能書きだけの問題なら、私的には売っちゃってくれちゃってかまわないですけどね。

2007年11月29日 (木)

きょうのきょう(転石苔生さず?)

 朝からどんより曇り。今にも降り出しそうな雲行き。さらにあげいん。

F1053608a_tna  いよいよIIJとの契約が今月で切れるので、メール転送設定を再設定。一旦IIJのアドレスに集約してから、IIJmioに転送していたのを直接IIJmioに転送するよう設定。ついでに、各プロバイダに登録してあるユーザ情報の内容を確認。3年ほど前に設定した時とユーザ情報の設定画面のURLが変わっているうえに、表示形式も変更されている。見やすくしたつもり、ということなんだろうか? 以前の記録と比較しようとしても対応が分かりにくくて。
F1053612a_tna  なにがしか手を加えれば「改善」したとか「進歩」したとかいう気分になれるんだろう。会社のトップが変わるたびに組織変更が行われて、実態は変わらないのに古い名刺が大量に捨てられるだけ、というのに似ているだろうか?
 むしろ、使わない機能がどんどん追加されて使い方がころころ変わっていくイマドキのソフトの方が似ているか?

 画像は街角で見かけたけろな靴下。部屋の中でも靴下をはいていると暖かいんですよね。寝る時も同じ。ただ、足が蒸れて朝から汗くさくなるのが難点ですが。

2007年11月28日 (水)

きょうの紅葉(京都御苑)

 朝からどんより曇り。今にも降り出しそうな雲行き。あげいん。お買い物のついでに紅葉採取。

京都御苑
Picu9168b_tna Picu9174b_tna  余りにも広い御苑、くまなく回っていると日が暮れる上にへとへとになりそうなので、昨年黄金の絨毯を敷いてくれた銀杏を目当てに北部地区をお散歩。平日のせいか、観光地としては地味なせいか、観光客と言うより地元民が憩いに来たり、単に通り抜ける姿がまばらに見られるだけ。
Picu9183b_tnaPicu9185b_tna  ここの木は樹種がまちまちな上にバラバラに植えられているので色合いもてんでバラバラです。点描画風の嵐山の紅葉にも通じるのかも。
 件の黄金絨毯大銀杏、測位結果はやや北東にずれています。Picu9177b_tnaPicu9180b_tna地図のはす向かい南西側ブロックの角に立っている木です。航空写真にすると識別できる。青々しているので何の木かは分かりづらいですが。

きょうのきょう(きょうのけろ)

F1053693a_tna F1053697b_tna バスの一日券を買ってあちこちお買い物。

 隣の席に乗り合わせた修学旅行生らしい女高生数名。班行動でこれから銀閣寺に行く気らしい。聞くとはなしに聞いていると...。
 少女A:「宿に5時20分集合よねぇ。」(後1時間半ないね)
 少女B:「間に合うかなぁ。」(車は渋滞してるぞ)
 少女A:「バス停からも歩くのよねぇ。中に入ったら3分でささっと...。」(庭にもたどり着かないよ)
 少女C:「そりゃ無理よ。ちょっとくらい遅れてもいいじゃん。御飯は6時でしょ。」(心配はめしだけかい?)
 少女B:「絶対どっかの班1つは遅れてくるよ。」(お前らだろ~)
 少女C:「6時に御飯なんて入んないよ。お腹一杯。」(そういう問題か?)
 宿でやきもき待っているであろう先生も大変ね。私は途中で降りてしまったので、結局どうなったのか不明。「遅れそうだったら、時間ぎりぎりに宿に電話して『渋滞にはまって間に合いませ~ん』って言い訳すればいいよ」と喉元まで出てきたのですが、不審者による声かけ疑惑に見舞われたら怖いので断念。

F1053690a_tna F1053691a_tna  ホームセンターではけろ2連発と遭遇。いまだにけろっぴの新製品が出ているのね。ちょっと安心。そういや、先週来通っている整形外科の受付のプレートにはけろっぴシールが、近所のスーパーのレジ機の上には青い(!)けろちゃんがいたっけ。場所が場所だけに撮影は果たせず。

F1053695b_tna  南座では顔見世興行が始まってまねきが掲げられていました。伝統芸能には疎いのですが、これも紅葉に並ぶ季節感らしいです。

 

2007年11月27日 (火)

きょうのきょう(きょうの新商品)

 朝からどんより曇り。今にも降り出しそうな雲行き。寒くてどこへも行く気になれず。
 肩と肘の治療に整形外科を再訪。また肘に溜まった水を注射で抜いて、肩の貼り薬と飲み薬を処方してもらって終了。1時間余り待ち10分診療。慢性化への途を驀進中?

F1053687a_tna F1053680a_tna F1053681a_tna  画像は最近コンビニで見かけたお菓子類。ペヤング焼きそば(左)、西日本では滅多に売られていないらしい。関東にいた頃は当たり前に見かけたものですが。パッケージがコンパクトっぽいので好きでした。
 デカカール(中)。「デカ」と言うくせに3コ入り。SI接頭辞としては10倍を意味しているんですが、たった3コ?
 バニラチョコ(右)。バニラは大好き。以前、キットカットが期間限定でバニラ味を売り出した時は買いだめしてました。こいつは定番化してくれないかなぁ。しかし、なして紫色?

F1053686a_tna F1053683a_tna F1053682a_tna  暴君ハバネロの旨スープ。TVで取り上げていて興味津々でした。何故か、缶の上蓋部分が橙色。底は普通に銀色。味は、一口目ぴりっと辛いですが、ベースのスープにきちんと旨味がついているので味わってok。キムチというか、タイ料理風の香りがします。どこかで食べた事のある味なんだけど、なんだろう?

F1053669a_tna 「ドコモショップ秋葉原中央通り店のみで有効」というギフト券がドコモショップから送られてきた。ケータイ本体購入専用だって。そういや、先代のケータイを買ったのが秋葉のこの店だった。今更どないせぇゆぅねん?

きのうの紅葉のまわり(嵯峨野・祇園編)

 先週末に回った紅葉採集の周りの風景。

F1053657a_tna F1053654a_tna  嵯峨野の路地を疾走する救急車(左)。ここでは車ではなく、人が脇に避けて救急車を通す。運転している方も怖いだろうなぁ。
 嵯峨釈迦堂正門前の渋滞(右)。この道は渡月橋をず~っと北上したどん詰まりにあたります。渡月橋からつながっているんだろうか?

F1053656a_tna F1053670a_tna  祇園スタバで売られていたマグカップ(左)。京都版?
 看板娘が呼び込む嵯峨釈迦堂のあぶり餅。今宮神社のあぶり餅と製法は同じっぽいです。店の奥で竹串に餅を刺し、店先で炭火にかざして炙ってました。

2007年11月26日 (月)

きょうの紅葉(知恩院夜間拝観)

Picu9142b_tnaPicu9141b_tnaPicu9165b_tna  夜桜ならぬ夜紅葉。あちこちでやってはいるけれど、近場で知恩院。
 足元を照らす灯籠に導かれて、友禅苑、方丈庭園、御影堂と見学します。

Picu9108b_tna Picu9110b_tna Picu9113b_tna友禅苑
 昼間来ても見事な紅葉が拝める友禅苑。宝筐院ほどの集中投下的な圧倒感はないですが、一本一本の色具合や、池の面に映る逆さ紅葉が実に絵になっています。ホントに友禅染の着物を見ているよう。

Picu9117b_tna Picu9118b_tna Picu9120b_tna Picu9125b_tna  

 
 
 

Picu9148b_tna Picu9156b_tna方丈庭園
 こちらは方丈の周りのお庭の紅葉。やはり池に映る楓がハイライト。

 
 
 

F1053672a_tna○おまけ
 夜間拝観が始まる時に「オープニングセレモニーコンサート」なるものをやったらしい。ジャズコンサートやら、お坊様達も何やらパフォーマンスを披露したそうです。噂によると「 お経をあげて、蓮の花びらをかたどった紙を投げて、帰って行った。」そうな。

2007年11月25日 (日)

きょうの紅葉(宝筐院、嵯峨釈迦堂、常寂光寺、大河内山荘、嵐山公園、厭離庵)

 ほぼ快晴の空に誘われて紅葉採集。休日の京都は禁足なんだけど、家人を案内して観光客のるつぼと化しているであろう嵯峨野へ。(一応)地元民の地の利を生かしてややすいているっぽい経路を選択。

Picu8960b_tnaPicu8942b_tnaPicu8941b_tna宝筐院
 京都の紅葉を一点に集約するとしたらここ、みたいな密度の濃い空間。去年訪れた時はまさに真っ盛りでしたが3日違いの今回はやや早め。色の変わりかけの変化が妙でした。落ち葉も少なくて絨毯には至らず。
 三連休最終日の昼、あまり知られていないのか人出はあるものの、混雑と言うほどではなかったです。 
Picu8945b_tna Picu8947b_tnaPicu8982b_tna  本堂の座敷や縁側で一休みしながら開け放った障子から見る紅葉もおつなもの。紅葉の進行にあわせて何度も訪れたくなる場所です。
Picu8952_tna Picu8983b_tna Picu8944b_tna 2πsr紅葉で楓のボールの中に入ったよう。魚眼レンズが欲しくなりました。

 
 

Picu9000b_tna Picu8992b_tnaPicu8991b_tna ○嵯峨釈迦堂
 斥候でも訪れた嵯峨釈迦堂・清涼寺。
 やはり去年とは3日違いの訪問でしたが、同じ木でもまた違った色付き具合になっていました。やや遅めで、ちょっとくすんだ色合いになっているのが残念っぽい。
 色が斑点状というか、泡状に色付きかけた葉っぱが不思議。

Picu8998b_tnaPicu8990b_tnaPicu9002b_tna

 


 

Picu8997b_tna

Picu8995b_tna

 

 

 

Picu9013b_tna ○常寂光寺
 先週より色付きが進んでいる様子。
 時間の都合で入り口で転進。ここは間口が狭いけど奥が深いので、また後日ね。

Picu9040b_tna Picu9045b_tna Picu9047b_tna大河内山荘
 otobokeさんに教えて頂いた、嵐山の穴場。大河内奈々子の実家かと思ったら、そうではない。丹下左膳の隠れ家だったらしいです。ややお高めの入園料を払って入ってみると、お抹茶付き。それを考えると頷けるお値段かも。
Fitpicu9053b_tna  園(?)内は広く、斜面に作られていて高低差がある。人1人分くらいの通路が築かれていて、 総体として8の字を描く感じで順路が設定されている。Picu9055b_tnaPicu9059b_tna Picu9062b_tna その順路も飛び石あり、階段ありで足元注意。でも、角を曲がり、丘を越え、谷を渡るたびに頭上に眼前に美しく色付いた紅葉が現れる。頭上にも注意。きょろきょろきょろきょろ落ち着く事を知らないワンダフルな庭園です。(^_^;)

Picu9070b_tna Picu9072b_tna Picu9073b_tna嵐山公園
 先週より保津峡も嵐山も紅葉が進んでました。(あたりまえかぁ。)


Picu9080b_tna Picu9083b_tna Picu9086b_tna厭離庵
 エイリアンかと思ったらそうではない。
 藤原定家が百人一首を編んだという処。単なる庵かと思ったら、如意輪観音像なるご本尊もおわすお寺。普段は非公開なんだけど、紅葉の時期だけ限定公開だそうです。

○こつ
 嵯峨野に行くのに、京都駅から市バスとか大宮駅から京福(嵐電)で嵐山に行くと、乗り物も道路も混んでにっちもさっちもいきません。おまけに渡月橋~天龍寺付近は歩道も大混雑。なので、阪急で嵐山駅から行っても同様。渡月橋が見たいとか、琴きき茶屋の桜餅が食べたいとかでなければ、裏側から嵯峨野を回るのがお奨め。

  •  バスは四条烏丸から91系統大覚寺行きに乗る。(四条烏丸が始発、京都駅始発のバスよりすいている)
  •  嵯峨釈迦堂前で下車。(大覚寺まで行ってもいいけど、そこから歩くにはちと遠い。)
  •  嵯峨釈迦堂→宝筐院→二尊院→落柿舎→常寂光寺→トロッコ嵐山駅→大河内山荘→竹林(途中で引き返す)→嵐山公園(保津峡展望)→保津川河畔(嵐山が眼前)と回る。
  •  天龍寺が見たければ、竹林を通り抜けて裏口から入る。
  •  帰りは同様のコースで、四条烏丸へバスで戻る。
  •  四条烏丸は、阪急京都線烏丸駅直上、JR京都駅からは地下鉄烏丸線で四条駅直上。

2007年11月24日 (土)

きょうのきょう(スカイバス京都)

 あてにならない天気予報では今日はお天気芳しくないということだったので、安息日にあてたのだが...。ほぼ一日中快晴だったっぽい。さすがあてにならない。(-_-;)
 忘れていたけど、昨日は小雪だったそうで。北の国では大雪だったとか。今年は普通に寒くなるとあてにならない天気予報では言っているけど、どうなるんでしょ。夏みたいにいざ冬になってから予報を事後訂正する事にならなければ良いんですけど。

Picu8665b_tna  画像は先日四条烏丸で見かけた無蓋二階建て観光バス。「スカイバス京都」というらしい。倫敦の真似っこらしいです。10/4~1/6の運行だと言うんですが、寒くないのかな? 気候的には夏向きだけど、夏は夏で日差しが頭痛いか。後方の黄色い蛇腹は雨の日用の屋根らしい。「360°まるみえ」がキャッチフレーズだけど、上が見えるんだから「2πsrまるみえ」というべきなんじゃないの?

2007年11月23日 (金)

きょうの紅葉(真如堂、宗忠神社、吉田神社)

Picu8848b_tna  お天気が良いので誘われてお出かけ。斥候ではなく、本隊。
 盛んに出歩いた先週とは違って、だいぶ紅葉も進んだようで、大文字山の山麓もぽつりぽつりと色付いています。
 

Picu8913b_tnaPicu8852b_tnaPicu8866b_tna真如堂
 我が家の最寄りのバス停からからバス一本で行ける所ってんで真如堂。(べつに、平安神宮も永観堂も銀閣寺も行けますけど。) バスの中も道路も混み混み。休日の京都は出歩くものではありませんな。満員御礼で積み残しを出しつつのんびりと目的地に到着。
Picu8875b_tna Picu8863b_tnaPicu8858b_tna  穴場と聞いていったんだけど、結構な人出。旗に先導された団体さんもいてました。ま、みっしり人がいるわけではなく、上を向いて写真を撮れば人の多さも気にならない程度。紅葉は、やや盛りを過ぎた木もあるけれど、ほぼ見頃っぽいです。 

Picu8880b_tnaPicu8856b_tna Picu8868b_tna Picu8876b_tna Picu8879b_tna Picu8888b_tna  

 
 
 
 
 
 
 

Picu8905b_tna Picu8899b_tna Picu8889b_tna ○吉祥院
 真如堂の境内にある吉祥院。「コーヒーはこちら」の看板に導かれて門をくぐると、菊の花の列が出迎えてくれました。
 喫茶室になっている座敷の縁側で庭の紅葉を眺めながら一休み。ガラス越しの日差しがぽかぽか暖かい。庭には水琴窟もあって遊べます。
Picu8902a_tna ここにも桜が咲いていて、「十月桜」というのだそうで、春まで順次咲いているのだそうです。
 お庭の垣根の上に無線LAN装備のカメラがあったので、お店(?)の人に「ライブカメラがあるのか?」と尋ねたら「???」。お店の人はIT化されていない様子。と、通りかかったお坊様が「やってますよ」って。名刺代わり(?)に頂いた参拝記念数珠ストラップにURLが。「kusyami.com」だそうで。風邪を引いたわけではないようす。お坊様が「苦沙彌」というお名前。
 「苦沙彌のインターネット僧坊」から「今日の散歩道」→「LiveCamera」でたどり着けます。
 
Picu8928b_tna Picu8926b_tna宗忠神社(吉田山荘)
 真如堂の正門から西に抜けるとやや谷間的な低地が広がります。その向かい側に小山が見えていて、長~い階段の周りの紅葉が「おいでおいで」と誘っています。
 階段の先にあるのが宗忠神社。大きなお社があって、境内は駐車場になっています。境内に紅葉は少なく、車越しに楓や銀杏の色合いを楽しむ事になります。
Picu8929b_tna Picu8921b_tna Picu8917b_tna  実は階段の周りで誘っていたのはお隣の吉田山荘の木々でした。
 どうやら中には入れてもらえない様子。やや残念。

Picu8932b_tna Picu8931b_tna吉田神社
 京大の守り神...ではないようですが、参道が正門前通につながっている吉田神社。境内にいくつもお社があって結構大きな神社です。特にきれいな紅葉が見られるわけではないものの、所々色付いています。紅葉より杉の大木が見事です。

2007年11月22日 (木)

きょうのきょう(修理の後始末)

 照ったり曇ったり、降ったり止んだり、はっきりしないお天気。

F1053577b_tna  修理上がりのPCのセットアップで一日が暮れていく。概ねイメージバックアップを戻して終わり。京都第一カメラサーバと違って、Windows保護エラーは発生せず。なんじゃらほい。とりあえず我が家の環境下では、PC/ATアーキテクチャ(というのか?)ならWindowsでもLinuxでも運用は楽っぽい。ストレージが不足気味&分散してるのでRAID5、ホットスワップなTB級のNASがあれば、ほぼ完璧かな。
 これも宝くじが当たったら、だな。人間ドックとどっちを先にしようか?

2007年11月21日 (水)

きょうのきょう(修理完了)

F1053638a_tna  昨日より更に冷え込んだっぽい。曇り時々晴れ、たまに小雨。日本海側の雨雲が流れ込んでくるらしい。北山時雨というのだとか。明日は更に冷えるらしい。

 先日修理依頼したPCの修理が上がったと連絡があったので受取。その場で動作確認するのが基本なんだが、電源入れたとたんにWindowsのセットアップが始まるのは見えているのでやってられない。ま、持ち帰って動かなかったら後からクレーム入れるしかないか。

F1053639a_tna  修理上がり品はエアキャップやビニル袋で厳重に封をしてある。ちまちま取り出しながら添付された書類を眺めていると、「修理完了チェックシート」や「付属品管理シート」、内蔵オプション品の連絡書なんかが入っている。ちゃんとやってるのね。米国製のスパコンの輸入保守代理店業を担当していた時には海の向こうの奴らにこうしたシートの作成を要求しても結局ようつくらなんだっけ。

F1053640c_tna  「バッテリの無償交換」というチラシが入っているので、バッテリも交換してくれたのかと喜んで読んでみたら、別機種のリコールの告知だった。紛らわし。紛らわしいと言えば、修理先は「東京サービスステーション」。大阪ちゃうんか?とおもって電話番号を見ると市外局番は06。大阪やんけ。「東京…」は社名らしい。そんな会社が大阪に支店を作るなっ!

AL-MailでSSL

 私が主に使っているメールソフトはAL-Mail。Macで使っていたEudoraをWinに移ってからもしばらく使っていたが、諸般の事情でAL-Mailに移行して十有余年。最後の改版が約2年前。その前は3年半改訂がなかった。イマドキ過去のソフトではあるが、メールソフトとしてはほぼ完成されているし、プラグインを適宜入れていけば改造もできる。それより何より手になじんでいて、使い方も進化しない個人のメール用としては十分。
 ...なんだが、進化しないわけにいかないのがセキュリティ。APOPには対応しているもののそこまで。SSL通信などは機能がない。職場のサーバのメールを読んでいる時はPortForwarderを使ってsshのトンネルを掘っていたものだが...。

 IIJからIIJmioにメールサーバを乗り換えたら、APOPもPOP/SMTP over SSLもSTARTTLS/STLSも使えるらしい。APOPはすぐに設定したもののSSL関係はどうしよう。PortForwarderを引っ張り出してきても良いのだが、使い勝手がなぁ、と悩みつつ検索。4パターンほどツールがあるらしい。

wstone+stone

  •  オーバーヘッドはないようだ。
  •  設定できるSSL対応POP/SMTPサーバは1台ずつ。なので、複数のSSL対応サーバに亘ってマルチアカウントを使用している場合はそのままでは無理。複数のディレクトリにインストールしてディレクトリごとにサーバ設定を変え、AL-Mailでアクセスするアカウント毎に立ち上げ直せばokなのかも。(未確認)
  •  SecureTunnel starterで連動起動、終了可能。但し、連動起動した場合、AL-Mailより前にウインドウが来る場合がある。
  •  設定の解説ページもある。

wstunnel

  •  オーバーヘッドはないようだ。
  •  wstone同様、設定できるSSL対応POP/SMTPサーバは1台ずつ。従って、同じ問題を孕んでいる。
  •  SecureTunnel starterで連動起動できるが、AL-Mailを終了しても連動して終了はしない。
  •  設定の解説ページもある。

SecureTunnel for AL-Mail32

  •  オーバーヘッドはないようだ。
  •  SecureTunnel starterで連動起動、終了可能。但し、連動起動した場合、AL-Mailより前にウインドウが来る場合がある。
  •  wstone同様、設定できるSSL対応POP/SMTPサーバは1台ずつ。従って、同じ問題を孕んでいる。
  • 同じサーバの複数アカウントに対して同じポート番号で共用しようとすると、アカウントの切り替え時に、ポート使用中のエラーを起こす。→アカウント切り替えのタイミングによって発生したりしなかったりする模様。

SecureTunnelプラグイン版

  •  SecureTunnel for AL-Mail32をプラグイン化しただけの筈なんだが、POPアクセスで読み出しが始まらなかったり、読み出し中に1件~十数件読んだところで止まってしまう。
  •  プラグインなのでスマートではある。
  •  アカウント毎に別サーバを設定できるので、マルチアカウント対応になっている。逆に、同じサーバに対して複数のIDでアクセスする場合も、ローカルポートを別にする必要がありやや面倒。

 SecureTunnelプラグイン版が最終形なんでしょうけど、遅いのでペケ。どいつもこいつもと言う感じ。

 POP/SMTPサーバとPCの間だけ暗号化しても、そこまで/そこから先は平文で流れてしまうので、あまり意味がない。APOPしとけばそれで良いというか、それ以上を求めるなら本文をPGP暗号化でしょうな。私的には一応環境は整えてあるけれど、同じ環境を備えた人がいないというか、そこまでするほどのメールはやりとりしてないと言うか...。

<追記>
 SecureTunnel starterは「アカウント分離あり」ということだが、自動巡回時に別アカウントに切り替わっても設定されたアプリケーションが起動されない。手動でアカウントを切り替えれば、アプリケーションは終了/起動されるが...。実際の運用環境を考えると、実質的にマルチアカウントには対応していない事になる。

2007年11月20日 (火)

きょうのきょう(関節炎?)

 時々陽が差すものの概ねどんよりしたさむさむな一日。

F1053635b_tna  肘の関節に水が溜まったのかぷにぷにしている。肩は、腕を上げたり後ろに回すと痛い。関節が総じて不調なようで。肩はスボンのケツポケットに入れた財布を取ろうとすると痛むので、単に金を出し渋っているだけなのかもしれないが...。
 肩はともかく、肘はやばそうなので、整形外科を訪院。検索すると結構ある。チャットでは総合病院が良いよと言うアドバイスを頂いたのだが、遠かったり、整形外科は曜日限定だったり、テーマチクで今日はスポ根(?)だったり、可用性に欠けるので、とりあえず最寄りの開業医院を選択。

F1053637b_tna  肩は、「第二関節」の骨と骨の間を通っている筋肉(筋?)が炎症を起こしていて、腕を上げて骨と骨の間が狭くなった時に挟まれる部分が痛むのだろうとの事。そんな所を筋が通っているのか?! 設計的にミスはないのか? 肘は、注射器で溜まった水を抜いて、炎症止めの薬を注入。血混じりの赤いさらさらした液体が8cc。普通は無色の液体が2cc程度入っているだけだそうなので、結構溜まっていた模様。
 肩用の貼り薬と、肘肩兼用の内服薬を処方してもらって終了。ここは医薬分業しているのでやや面倒。

 1時間半待って20分診療。待合室に座ってて腰が痛くなったよ。ま、先生が親身に説明してくれたのでよしとするか。説明を聞いている間に、「ガー」とか機械が音を立ててレントゲン写真を吐き出したのにはびっくり。5分もかかってないんじゃないか。速いのね。

 待っている間、患者が次々やってきては診察券を出し、診察室がある方角に消えていく。しばらくすると中から戻ってきて、受付でお金を払って帰っていく。診察を受けているようではない。どうやら、リハビリをセルフでやっているっぽい。そういうもん?

 手首が時々痛い事は言い忘れたな。痛風では?という巷の噂もあるけれど、これは血液検査が必要なんだっけ? 人間ドックに行かなきゃダメか。宝くじが当たったら行く事にしよう。

2007年11月19日 (月)

きょうのきょう(冬来たりなば?)

F1053620a_tna  昨日木枯らし1号が吹いたと思ったら、今朝は最低気温が3.4℃。紅葉前線のすぐ後ろに冬将軍がいたようで。さぶそうなので、前線視察を中止して冬支度。綿入りのジャンバーを引っ張り出し衣替え。コタツに掛布を被せて点灯。エアコンは未だ使わなくて良いかな。フィルタ掃除しておかなきゃな。なんか、秋が短かった感じ。

 視察に行かなかった分、先週の視察画像を整理。紅葉でないきょうの秋をまとめて掲載しました。

F1053634a_tna 京都第一カメラのPCが故障。とりあえず代替PCに振り替えて運用を継続。故障はHDDが逝かれただけだった(たぶん)ので、HDDを交換し、バックアップイメージから復元して完了。...の筈が「Windows保護エラー」だって。今まで何台もPCをリカバリしてきたが、こんなのは初めて。検索すると、CONFIG.SYSを変更しろとか、最後にインストールしたドライバを削除しろとか書いてある。でも、いずれも該当しないっぽい。変更したのはHDDの型番だけなんだが、HDDにもドライバがいるんだっけか?

Picu8542b_tna  私の身体もガタが来ているようで。耐用年数は半世紀程度かな。さくっといねるならそれも悪くはないな。

 画像は上から、河原町松原付近の牛乳屋さんのくまさん。烏丸塩小路付近のコンタクトレンズ屋さんのくまさん。清水寺前の観光ガイド機。

クマスマスツリー

Picu8791b_tna Picu8786c_tna  四条河原町の高島屋恒例のクマスマスツリー。今年も登場。今年はきらきら輝いている、ラメ入りというよりラメそのもの。京都駅ほどではないですがこちらも吹き抜けにそびえたっています。
Picu8789b_tnaPicu8790b_tna 店舗内外のディスプレイもくまさんだらけ。
 このくまさん、3種の大きさで販売もされています。京都土産にどうぞ。

嵯峨釈迦堂のまわり

Picu8774b_tna Picu8759b_tna Picu8754b_tna  嵯峨釈迦堂の境内にあるあぶり餅屋さんの看板娘と前の道にあった京野菜の無人販売所。

小倉百人一首殿堂時雨殿

Picu8696b_tna  桂川(保津川)左岸、渡月橋のちょっと上流にあります。百人一首を「体験」できるそうで、「体験型、参加型のテーマパーク」だとか。小倉百人一首発祥の地、山荘「時雨亭」があった「小倉山」のそばに建てたということのようです。

水路閣・インクライン

 先日の紅葉前線斥候に出かけた南禅寺のそばの風景。

Picu8644b_tna Picu8638b_tna Picu8637b_tna水路閣 琵琶湖から京都まで水を引いている琵琶湖疎水の一部です。大覚寺付近ではローマの水道橋よろしく空中架橋を流れる水路になっていますが、しばらく行くといつの間にか鉄管に閉じこめられるようです。
Picu8648b_tna  なんちゃらサスペンス劇場で犯人と対決したりする舞台に使われたりするのが水路閣の下。そこから下流上流に向かって水路縁を歩く事ができます。片側が架橋と同じ高さのがけになっているのでやや怖め。

Picu8661b_tna Picu8657b_tna Picu8656b_tnaインクライン 水路を遡り、鉄管に閉じこめられるのを確かめた先に公園があり、その脇に超広軌な軌条が施設されています。レールが4本あって、どこをどう何が走るのか理解に苦しむ部分もあるのですが、どうやら複線になっているようです。琵琶湖疎水を船で行き来する際に、船では上がれない急な坂の部分を貨車で運んだそうです。青函連絡船の逆、みたいな感じか?

<追記>
 水路閣は琵琶湖疎水の分流だそうです。本流がインクラインに沿って流れていく。インクラインの起点(下左の写真)付近で、3方向に分かれて、1つが、水路閣を経て哲学の道から松ヶ崎浄水場、堀川へ。もう一つが、鉄管に入って三条通を挟んだ向かい側の蹴上浄水場へ。 本流は夷川発電所を経て鴨川、山之内浄水場へ。
 他にも新山科浄水場を経由して宇治川へそそぐ分流があります。
 本流自体も第1、第2とあり、本流、分流とも運河版とトンネル版が並行している部分があったり、結構複雑です。

噂の現場

Picu8663b_tna Picu8662b_tna 四条烏丸店...らしい。

2007年11月18日 (日)

きょうの紅葉(東山&洛中編)

 木枯らしっぽい風1号が吹いて、さむさむ。東山を下る時には虹も出ていたので、一部雨も降っていた模様。秋深しと言うより、冬先行の一日でした。お墓詣りのついでに紅葉前線。 

Picu8821b_tna Picu8829b_tnaPicu8819b_tna東山浄苑
 紅葉は少なく、桜と???な木が色付いていました。紅葉はやはりグラデーション状態。やや色がくすんでいたなぁ。真っ赤とかになるのだろうか?
Picu8822b_tnaPicu8820b_tnaPicu8825b_tna  ここからは花山天文台が目の前に見えています。

 
 

Picu8836b_tnaPicu8838b_tnaPicu8845b_tna東本願寺
 昨日はタイムオーバーで入れなかった境内。主に銀杏。
 早い木は8分の色付きで黄金色。でもほぼ最大の銀杏の木はまだ青々0.5分程度。これからかな。ここは手入れが行き届いているので、散っても黄金色の絨毯にはなりません。

2007年11月17日 (土)

きょうの紅葉(洛中編2)

 ほぼ快晴なれど、ひんやり。やはり、斥候ではなくお買い物のついでに紅葉調査。

Picu8798b_tna Picu8800b_tnaPicu8808b_tna東本願寺前
 リクエストを頂いているようなので、東本願寺。我が家から一番近い名所でもあります。通りかかった時間が遅かったので東本願寺は閉門済。なので、前のロータリーで一休み。
Picu8806c_tnaPicu8805b_tna  ここは紅葉はなく、銀杏と桜。地面が黄金色と赤の絨毯に埋まるのですが、まだそこまでは行ってないですね。
 塀越しに見える東本願寺境内の銀杏もまだ緑勝ち。
 手持ちで辛うじて月の模様が写りました。

2007年11月16日 (金)

きょうの紅葉(洛中編)

 昨日までと打って変わってひんやり。斥候に出かけた、というよりお買い物のついでに覗いてみました。

Picu8776b_tna Picu8783b_tnaPicu8778b_tna本能寺
 色付くべき木が境内に殆どない、のかも。
 本能寺の変のあと、信長廟の横に移植されたという火伏せのイチョウもまだ青々としてました。

2007年11月15日 (木)

きょうの紅葉(嵯峨野編)

 昨日に引き続き紅葉前線の斥候。

 今週末はまだまだこれから状態でしょうね。一面真っ赤、というのではなくグラデーションとその中にぽつりぽつりとある見事な色を愛でるつもりで行くといいかも。元々、京都の紅葉は全山真っ赤で息も止まる的なものではないので。高雄へハイキング覚悟で行けば別ですけど。

Picu8672b_tnaPicu8676b_tnaPicu8667b_tna嵐山
 元々嵐山の紅葉は点描画のようにとりとめがないのですが、まだ濃緑色勝ちで色薄し。靄がかかったようだったせいもあるのかな? 嵐山は午前中に行きましょう。山が南西側にあるので午後は逆光になって余り映えません。川縁の桜の葉が赤くなってこっちの方が鮮やかかも。渡月橋の歩道は左側通行になってました。

Picu8690b_tna Picu8686b_tna Picu8683b_tna天龍寺
 庭園は覗けなかったのですが、参道の紅葉は4~6分でここだけでも見応えがあります。車道側は観光バスが駐車していて台無し。

Picu8693b_tnaPicu8694b_tnaPicu8695b_tna宝厳院
 天龍寺の塔頭。特にきれいな紅葉で有名です。垣間見える庭園の紅葉は5分くらい。最盛期には真っ赤なトンネルになる参道はまだ青々しています。

Picu8717b_tna Picu8702b_tna Picu8703b_tna嵐山公園
 保津川の左岸、渡月橋の上流部分にある嵐山公園。こんもりした山で、頂上付近からは保津川を見下ろす事ができます。保津川下りの船やトロッコ列車が眼下を通ります。
Picu8710b_tna Picu8709b_tna Picu8706b_tna  全体に3分未満の色付き。そんな中でも特に見事に赤くなっている木も。

  

Picu8733b_tna Picu8734b_tna Picu8730b_tnaトロッコ嵐山駅
 公園の向こう側、竹林の脇を抜けた先がトロッコ嵯峨駅。桜が咲いています。一昨年もこの時期に咲いていたので、突発的な狂い咲きとか言う事ではなさげ。

Picu8742b_tna Picu8741b_tna Picu8739b_tna常寂光寺
 外から見上げた庭園はだいぶ色付いている模様。ここは山の上の方まで庭園が広がっていて、最上部では京都の街を眺め渡す事ができます。

Picu8751b_tna二尊院
 中が窺えなかったのですが、やや微妙かも。

 
 

Picu8756b_tna宝筐院
 最盛期に行くと狭い庭園にみっしり紅葉が植わっていて、気も狂わんばかり、なんですが。まだもう一息かなぁ。

 

Picu8769b_tna Picu8767b_tna Picu8766b_tna嵯峨釈迦堂
 案外盲点なのかも。宝筐院の脇のお寺。広い境内の周縁部に植わっている紅葉がきれいです。4分くらいかな?
 Picu8758b_tna Picu8761b_tna Picu8772b_tna  色付いている木がある一方、去年見事な色合いを見せてくれた木はまだまだという状態。この木が見事な色を見せる頃には今色付いている木は葉を落としているんでしょうねぇ。

2007年11月14日 (水)

きょうの紅葉(東山編)

 紅葉前線が降りて来たっぽいいという噂なのので斥候にお出かけ。秋晴れの小春日和の筈が、雲がちでややひんやり。

Picu8536b_tna Picu8534b_tna東福寺
 臥雲橋から見た洗玉澗の紅葉はまだまだ色付き始め。バス停から東福寺に至る道すがらのお寺の紅葉の方が進んでいる感じでした。

Picu8557b_tna Picu8554b_tna Picu8547b_tna清水寺
 いわゆる清水の舞台から見渡した錦雲渓が真っ赤に染まる、わけではないので境内のあちこちの木々を物色。
 去年見事なグラデーションを見せてくれた木はやや葉がしおれかけ。
Picu8568b_tna Picu8566b_tna Picu8565b_tna  大半は青々しているものの、所々色付き始めていてええとこ取りすれば紅葉狩り可能かな。まさに狩る感じ。早々に色付いた木は葉が枯れかけているので、足並みが揃わないっぽい。

Picu8579b_tna Picu8578b_tna高台寺
 高台寺の中の紅葉は塀に阻まれて観望できず。周りや塀越しの木々を見ると、色付きは進んでいそう。池の畔にものの見事に真っ赤に色付く木があったんだよな。

Picu8597b_tna Picu8596b_tna Picu8593b_tna円山公園
 広い園内には紅葉と桜(たぶん)が色付いている。桜は半分以上散っているのに、紅葉はやはりグラデーション状態。緑がち。

Picu8608b_tna Picu8606b_tna Picu8601b_tna知恩院
 オープンな境内には紅葉は少なく、方丈庭園と友禅苑に集約されている。垣間見た友禅苑は先っぽが色付いている程度~全体に薄く染まった感じ。
 参道の桜が真っ赤でした。

Picu8619b_tna Picu8616b_tna Picu8614b_tna Picu8612b_tna永観堂
 紅葉で定評のある永観堂。やはり、先っぽだけな木が多い中、見事に真っ赤に色付いた木を発見。ここは期待できるかも。

Picu8627b_tnaPicu8626b_tnaPicu8623b_tna南禅寺
 色付きの進んだ木が一番多かった感じ。色がやや薄目な木が多いのは何故だろう? 真っ赤ではなく朱色。

Picu8634b_tnaPicu8635b_tna水路閣
 南禅寺の奥、南禅院の手前にあります。
 2本ほど真っ赤に色付いていました。

○過去
 去年以前の紅葉の様子はこちら

2007年11月13日 (火)

きょうのきょう(むかご)

F1053582a_tna  以前からスーパーで見かけて気になっていた「むかご」なるものを購入。
 「ご」と言うからには何かの子供、ころころした形状から昆虫の子供、かと思っていたんだが...。TVのグルメ番組を見ていると、自然薯の探索の際に地上の蔓の部分に付いた「むかご」を目印にしていた。そうなのか。Webで検索しても同じ事を書いてある。季節の味なのだそうだ。

F1053583a_tna 勇んでスーパーに出かけ、買ってきたのだが、どう見ても鹿の○ン。(-_-;) 皮の見た目に抵抗があるんだが、概ね皮ごと喰うらしい。チャットでも調理方法を教わりながらチャレンジ。
 Webによると、「生でかじると中からとろっとして濃厚な中身が出てくる」らしいのだが、サクサクした歯応えで、やや青臭い。
 オーソドックスに塩茹でにすると、中はほくほく。芋だぁ。殆ど山芋と変わらない感じ。ただ、このままだと味がない。皮が頑丈なのか、塩をかなり多めにしないと味が中身まで染みない。皮に塩味を付けて皮ごと喰うのが現実的なようだ。
F1053584a_tna バタ炒めもやってみたが、加熱中に皮が破れるのか中から液体がしみ出てくる。炒め上がりは皮の存在感が増強されて喰いにくい。Webをよく見ると、茹でてから炒めるらしい。手順を飛ばしてしまったか。

 とりあえず半分を3回に分けて試したところで時間切れ。
 はて、残りの半分を塩茹でにするか、正式な(?)バタ炒めに再チャレンジするか。どうしましょ?

2007年11月12日 (月)

鶏はむ

F1053578b_tna  鍋に入れる事をチャットで却下された鶏胸肉。親切にも、その処理方法まで教えてもらったので、実践。

  1. 鶏胸肉に砂糖をまぶす。
    • 肉1枚にカレー匙1杯程度。
    • 砂糖が先の方が肉が軟らかくなる(らしい)。
  2. 次に塩をまぶす
    • 肉1枚にカレー匙1杯程度。
  3. 粒黒胡椒をミルしながらまぶす。
    • 好きな香辛料でよい。
  4. ジップロックに入れて空気を抜いて封をする。
    • 砂糖や塩が落ちないように注意。
  5. 丸1日半冷蔵庫で寝かせる。
    • 寝かせる時間は適当。丸1日~2日余り程度が妥当らしい。
  6. 水洗いして、ボウルに張った水の中で1時間ほど放置する。
    • これで塩抜きをする。
  7. 適当に丸めて凧糸で縛る。
    • 焼き豚とかボンレスハムみたいにぐるぐる巻にして成形する。
  8. サランラップで全体をくるみ、凧糸でぐるぐる巻にし、両端も縛る。
    • 空気が残らないように。残ると煮る時に浮いてくる。
    • ラップはキャンデー状にする。
    • 両端の縛りが甘いと肉汁が抜け出てしまう。
  9. 鍋に入れて、ひたひたになる程度の水を入れ煮る。
    • 水から煮て40分くらい。
    • 弱火で煮立たせないようにする事。
    • 煮立ちそうになったら、水を足して温度を下げる。
  10. 火を止めて冷ます。
    • あら熱を取る程度。
  11. 冷めたら水から取り出し、更に常温まで冷ます。
  12. 常温になったら、ラップと糸を外す。
  13. 輪切りにして食べる。

F1053579b_tna  【参考】

  1. 鶏ハムクラブ
     基本編
  2. 噂の鶏ハム作りに挑戦! - [料理のABC]All About
     応用編(ロール鶏ハム)

 参考1では、手順6の塩抜きを水洗いだけで済ませ、手順7以降は裸のまま5分煮て水中で8時間放置。引き揚げて食べる。煮汁はポトフ等に再利用する。となっていた。これでは、食材を完全に消費できず拡大再生産になってしまうので、却下。煮汁を残さない参考2のロール鶏ハムを採用した。

2007年11月11日 (日)

xfy Blog Editor

 ココログの管理画面に「いま、ジャストシステムから、ブログ記事をローカルで作成・保存できる便利なツールの最新版「xfy Blog Editor R6」無償ダウンロード提供中です。もちろん、ココログに正式対応!」と書いてあるのでお試し。
 ココログのblog編集画面はそれなりに使いやすいのだけれど、オンラインでないと実質的に使えないのが難点。DLして予備のblogを編集してみました。簡単に書き込んでみただけですけど。

  • UL済の記事をDLし直してローカルに保持できる。
    • 但し100件までらしい。
  • プラグイン機能があって、地図の挿入とかを比較的簡単にできる。
    • ユーザがプラグインを開発できて、交換のコミュニティがある。
    • プラグインの使い勝手、機能の完成度はやや疑問。
  • やや重め。
  • プレビューができると言うが、WYSIWYGなだけで、スタイルシートとかは適用されないみたい。
    • スタイルシートは記事一覧画面から取り込めました。
  • 画像を貼る場合、レイアウトが制限される上に周到に準備が必要。
    • 平気で画面(フレーム?)カラはみだす画像を貼り付けてくれる。
    • ポップアップとかにはできないし、サムネイルの自動生成もしてくれない。
  • 複数のマシンで更新する時は、必ず、DLしてから更新しないとダメ。(これは当然か)

 ざっとこんな感じかな。誤解があるかも、使い込めばまた変わってくるのかも。ローカルに保持した本文や画像の形式は未調査。他に流用できる形なら別の意味で使い道があるかも。
 でも、第一印象的にはあんまり使う気はしないなぁ。

2007年11月10日 (土)

きょうのきょう(切れてるチェーン)

F1052091a_tna  明日は鍋にしようと、材料を買いだし。かしわぁ~。と思って最寄りのスーパーに行ったら、「鶏肉が不足しています」たら貼り紙があって、胸肉とささみとミンチしか置いてない。他の肉は早々に売り切れた模様。鶏インフルエンザは一段落したのに、ブロイラー地鶏騒ぎで流通が混乱しているのだろうか?
 胸肉では鍋は旨くないぞとチャットで教わって、別のスーパーへ再チャレンジ。こちらには鶏肉がたんと置いてある。「不足しています」云々の貼り紙もない。同じチェーンのスーパー、徒歩20分ほどの距離にあるんですが。鶏肉流通事情は数十メートル単位で劇的に変化する動乱の時代なのかも?
F1053572b_tna 全国的にはどうなんでしょう?

 そういや、期限切れ偽総菜で勇名を轟かせた、店長がパートだという吉兆。「地鶏だと言ってブロイラーを納めた」と言いがかり(?)を付けられている京都の鶏屋さん、何度か行った鶏鍋屋さんっぽい。旨かったけどな。

 賞味期限切れを販売するのは言語道断。自宅で保管していて賞味期限切れてしまっても結構平気で食べちゃいますけど、それは私自身の判断でのオウンリスク。店が販売する時に、そのリスクを顧客に押しつける事は許されない。ましてや、期限を改竄するなんてのは食品衛生法とかいう前に詐欺ですな。

 但馬牛たら地鶏たら言うのも、嘘は言語道断。なので厳しく吉兆は責めて欲しいもの。
 でもま、喰って旨きゃいいので、ブランドにこだわりすぎるのも如何なものかとは思う。ブランドにこだわらず、一度喰って旨くなかったら二度と買わなければいい。
 ...と言うのがセオリー。だけど、1回目に買う時には旨そうなもんかどうか見た目だけでは分からないので、ネームを頼りにしてしまうのもしかたのない事ではある。1回分の食材は無料でくれるような慣習ができあがると万々歳なのかも。

 画像は先日剪定されていた我が家の前の木の春頃の隆盛。

2007年11月 9日 (金)

きょうのきょう(洛中にも3年)

F1053570c_tna 断続的に頭が痛いのは何故?

 区役所から「公的個人認証サービスの電子証明書」が年明けに失効するので更新しに来いとの通達が到着。そうか、もう3年になるのか。

F1053553a_tna F1053529a_tna せっかく色付き始めた我が家の前の木、昨日何故か上半分ほどをばっさり切り落とされてしまった。通りすがりのイタズラではなく、管理人がやっていたので正規の業務なんだろう。街路樹もあちこちで剪定されて幹だけ残った哀れな姿になりつつある。葉とか小枝を落とすだけじゃなく、幹以外の大枝まで切り落としてしまうのは何故だ?

2007年11月 8日 (木)

きょうのきょう(立冬)

 冬が立った割に暖か。日差しがあって風がなかったからかな? 卵が立つ日、かと思ったらそれは立春です。京都駅にツリーとモールが現れたと思ったら、ガラス壁面にもメッセージが書いてありました。

F1053565b_tna F1053563a_tna  件のノートPCを修理に提出。ビックカメラだと「メーカー修理費に上乗せなし」と電話で聴いていたんだが、窓口で確認したら「流通経費」を上乗せするって。でも、客がメーカーに直接修理依頼するより販売店経由で依頼する方が修理費が安いので、上乗せしても直接修理費と大差ないらしい。具体的な金額は教えてくれない。めんどくさいからそれでokしちゃった。
 HDD交換なら交換したHDDを返却するか、廃棄証明を出すように依頼して置いた。別途経費がかかるみたいな事を言っていたけど、見積もりが来た時点で改めて判断すればいいか。しかし、いくら取るんだろう? HDDの原価なんてイマドキなら2萬~3萬ってとこだろうに。

F1053558a_tnaF1053560a_tna ついでに新型ケータイの売り場を見たら、905iシリーズのモックアップが展示してある。  全体に大きく薄くなった感じ。 一応、全部入りの最終形に近い製品らしい。これで光学ズームが入れば最強なのに。本体価格は以前よりだいぶお高くなるそうなので悩ましい限りだが、通信速度が上がるというのでとても魅力。今の503iも手になじんで愛着はあるのだけれど。

F1053562a_tna  昨日は郵便会社の人がセールしに来たけど、今日は郵便局会社の窓口で年賀葉書を品定め。家人にも相談しようとカタログがないか尋ねたら、ないって。種類が増えておもしろそうなのに。でも、結局は無地のIJP用を買って家で図柄から印刷する事になりそうだ。あ゛、プリンタが不調なんだった。買い換えなきゃ。(-_-;)

2007年11月 7日 (水)

きょうのきょう(修理二題)

F1053543a_tna F1053541a_tna  朝っぱらから削岩機の音でお目覚め。昨日説明会があった校舎の撤去工事は我が家の裏手、音がするのは表から。工事開始も今月下旬の筈。おかしいと思って外を見たら家の真ん前でアスファルトを剥がしている。道路に沿って帯状に剥がしているので、インフラ工事か?と思って見守っていると、縁石も剥がしている。以前から外れかけて車が通るたびにカタカタ音を立てていた縁石を交換する気らしい。耳を劈くような轟音の後は、コンコンカンカン木槌の音。新しい縁石を敷き詰めている。急に緻密な作業に移ったらしい。
 しばらく静かになったと思ったら、今度は地固機(?)でガーガー地ならしして、アスファルトを敷き直して終了。半日で終わってよかった。斜め向かいで建てているマンションの現場より遙かにうるさい。造るより壊す方がうるさいのはエントロピーの成せる技?

F1053552a_tna F1053548a_tna  データをサルベージしたノートPC、いよいよダメっぽいので修理に出そうと調査。買った店に持ち込むのが一番らしいが、LAOXのザコン館なんだよな。閉館済だし。代替の窓口があるんだろうけど行くにも、送るにも大変なので却下。
 本家の松下のサポセンに電話すると、宅配便で回収配達するか、修理窓口に持ち込むかだという。宅配便の往復送料は顧客持ち。修理窓口だと手数料が3,150円かかる上に受付は地下鉄の終点駅。不便だ。
 京都駅前にあるビックカメラだと修理費用以外は無料。但し、修理見積もりを取ってキャンセルをしても技術料が5,000円かかる。技術料はメーカーが取るらしい。駅向こうのソフマップだと6,650円の手数料がかかるがキャンセル料は取らない。
 う~む。ビックカメラの勝ちか? 最終的な修理工場は大阪にあるというのだが、そこでは受付はしていないらしい。「買った店」がなくなるか行けなくなるとつくづく面倒だな。

 夕方、書留が到着。部屋までやってきた配達人は「あの、年賀葉書持ってきてるんですけど、もう買われましたか?」ってセールスしてくる。郵便局会社と郵便会社が売り上げを競い合っているとかニュースで言っていたな。窓口を持っている郵便局会社が圧倒的に有利だと思うんだが、郵便会社は配達人がセールスして回っているのね。「セールスドライバー」とか言っていたのは宅配便会社だったっけか。

2007年11月 6日 (火)

住民説明会

Pict2350a_tna 先日案内が来ていた住民説明会。直前になって思い出して出席。

 会場に指定されているプレハブ、取り壊し予定の学校の校庭に建てられている。この学校の敷地に足を踏み入れるのは初めて。19時開始なので、周りは真っ暗。取り壊し対象の校舎はさっぱり見えない。壊す前の姿を一度見ておきたいものだが無理っぽい。せめて説明会を昼間にやってくんないかなぁ。

F1053534a_tna  会場には机と椅子が並べられて、主催者の京都市職員約8名と工事担当業者約4名が住民と対峙して座っている。住民側は20~30名。テーブルが半分くらいしかなくて、あとは椅子だけ。
 主催者側の挨拶と自己紹介の後、工事内容と工程の説明が続く。取り壊しの是非に対する説明ではなく、騒音や振動、塵埃に対する説明だった。時節柄(?)アスベストの話も出ていた。一部アスベストが使われているので、飛散しないよう養生して工事しますって。
F1053536a_tna  幸いにも、我が家の前の道を工事車両が通る事はないらしい。敷地的にはすぐ隣だが、マンションの反対側になるので、直に騒音や塵埃が飛び込んでくることにはならなさそう。とはいえ、ブラバンが練習で演奏する音がよく聞こえていた事からすると、音だけは逃れられそうにないっぽい。とりあえず、工事車両を路駐させない事と、アイドリング(しないで)ストップに心がけるようQ/Aでお願いして置いた。

F1053538a_tna  校舎の一部を取り壊した後は整地して運動場を広げ、その一画に自治会館を建てるらしい。建てる時にも説明会を開くって。いちいちやるのね。取り壊し完了後、建築を始めるまで7ヶ月間があいて、その間、埋蔵物文化財の発掘調査をするらしい。縄文・弥生期の地層まで掘るって。でたっ。四条烏丸の三菱銀行ビルの工事でも発掘調査をやっていたな。
 他の都市での工事の工程って知らないんだけど、どこでもやってるのかな? それとも、京都だから?

 参加者の2/3はお年寄り。みんな知り合いみたいだった。自治会組織がしっかりしているっぽい。残りの1/4はおばさん。私のような中年のオヤジは2~3名だけ。あと1名、プロの市民みたいな人がいて、根ほり葉ほり枝葉の話を質問したり、要求したり。これからいろんな資料を情報開示で請求するぞ、みたいな事を言っていたな。申告していた住所は工事現場から離れた所だったんだけど、なんなんでしょ。おかげで1時間の予定が2時間かかっていましたわ。

2007年11月 5日 (月)

きょうのきょう(未明のサルベージ)

 夕方から雨。ひんやり冷たい雨。

F1051151a_tna  家人のノートPCがいよいよ立ち上がらないらしい。「HDDを時々認識しなくなる」だったのが「時々しか認識しなくなる」になって「滅多に認識しない」になった。
 今朝使う資料を昨夜作成していて、コピー取る前に逝ってしまったというので未明のサルベージ。バックアップソフトのCDで起動して、HDDをバックアップ。たまにしかHDDを認識しないので、何回も起動し直して、たまたま認識した時にすかさずバックアップ。
 いよいよ修理しないとダメか。自分でHDD換装してもいいんだが、特殊なHDDだとか、リカバリ用のエリアがBIOSレベルで(?)隠されていて、そのエリアはバックアップもとれないので面倒そう。

2007年11月 4日 (日)

きょうのきょう(うたかたの理科年表)

F1053531b_tna  理科年表Web版の案内が到着。2007年版からの筈なんだが、今年版の案内は結局来なかったような? 1年遅れで出発か。興味津々だけど、册子版数册分のお値段に躊躇中。CD-ROM版よりは遙かに安いけれど、CD-ROM版は更新されない代わりに永遠に使える。Web版は1年間有効なID/PSWが発行されるだけなのでかなり割高。

F1053512a_tnaF1053513a_tna 先月1ヶ月分の京都第三カメラの画像をCD-Rに退避。よく見ると、焼きムラがある。書き込み後にベリファイもしているので大丈夫だとは思うが。念のため、CD-Rテスタでチェック。それでもエラーなしだって。エラー訂正符号がこってり入っているので、直径1.2mm程度の穴をドリルで開けても読み出しは可能だと聴いた事があるけど。読めたんだからいいか。
Tetris565_tna
 WebのITニュースを見ていると、短いプログラムの話題が載っていた。565Bのテトリスだって。EBではなく、JavaScriptのソース。EBならもっと短くできそうだけど。アセンブラとかFORTRANの頃にステップ数を削る事に執念を燃やしていたこともあったなぁ。お仕事でプログラム書くようになってからは、少々冗長でも分かりやすいロジックにしろとか、コメント率は最低でも50%を維持しろとか、真逆な価値観に変わったけど。

2007年11月 3日 (土)

きょうのきょう(不便なコンビニ)

 特異日とあってさすがの晴れ。天晴れ、というやつか。明治節だっけ?

F1053530b_tna  国立天文台のバースト彗星中継を見た後、お買い物。空を見上げながら歩いてみたけれど、空が狭い上に星も2~3個見えるだけで、カシオペアすら識別できず。

 来週の朝ご飯のパンを買おうとしたら、近所のスーパーにはあらず。F1053528a_tnaバターロールとかマフィン系のパンを所望しているのだが、食パンとかクルクルおさつとか微妙なパンしかない。ここは24時間営業なので商品の補充が追いつかず、あれこれ定番商品が品切れになっている事が多い。仕方ないのでコンビニへgo! 200m間隔くらいにあるので地理的には便利なコンビニ。パン売り場に回ったら、ない。バターロールどころか食パンすらない。「焼きたて直送便」たらいって、おかずパンは豊富にあるのに。そういうパンも好きですけど、今欲しいのはもっとベーシックなアイテム。以前は、プレーンのクラッカーを探して寄ったのに置いてなかったな。2軒ほど梯子した所で断念。
F1053529a_tna  昔のコンビニのCMでは「カセットテープを出勤前に買う事ができて便利だった」みたいなストーリーだったかと。日常の基本的な消費財がいつでも手に入るというのが売りだったのではないか? 差別化に汲々とする余り、変梃なものばかり売るようになってしまったのか。

 紅葉はまだ里には下りてこないようだが、我が家の前に植わっている木は色付いてきた。

2007年11月 2日 (金)

京都駅ツリー

Picu8531b_tna Picu8520b_tna Picu8516b_tna  昨日モールだけ見て帰った京都駅。中を探索してみると、ある。巨大ツリー
 地下からエスカレーターで地上へ上がっていくと目の前に先端が見える。駅を行き交う人達が見上げて「あ、あれ見て!」「わー、おっきぃ」と指差す。でも、駅ビルの地上4階部分にある室町小路広場に建てられているので、見上げないと気付かない。下や前しか見ないでずんずん突き進むように急ぐ大半の人々は気付いていない様子。天上のツリー。

Picu8533b_tna Picu8532b_tna  先端の星飾りは8階にも届く、全体でビル4階分の高さがあるということか。まだ準備中のようでイルミネーションが点いたり消えたり。土台の周りにシールを貼り付けてるおじさんもいる。それでも、室町小路広場から大階段を通る人が見上げては写真を撮ったり、団体で記念撮影している。
Picu8514b_tna  空中回廊から見下ろすと抹茶ソフトのようだな...。(^_^;)

拾翠亭

Picu8403b_tna 京都御苑内にある茶室、拾翠亭。普段も冬季を除く毎週金土と一般公開されています。Picu8434b_tnaPicu8446b_tnaPicu8444b_tnaそれ以外にも御所の一般公開にあわせて公開されています。普段でも、有料で貸切できるそうで、お茶会とかやったら優雅かも。

Picu8429b_tna Picu8407b_tna Picu8406b_tna  五摂家のひとつの九条家の別邸だったらしい。建物自体は江戸後期の建築といわれているそうな。新しいと言えば新しい。
 二階立てで九条池別名勾玉池の畔に建っている。1階の池側には幅の広い縁側が突き出していて池の眺めが楽しめます。

Picu8425b_tna Picu8424b_tna  2階に上がると池の眺望が更に広がります。風邪も抜けて爽やか。こういう部屋でのんびり景色を眺めながらぼんやり、本でも読む生活ができたらいだろうなぁ。朝の目覚めもさぞやすっきりすることでしょう。

Picu8420b_tna Picu8421b_tna 周りは当然障子貼り。その紙の貼り方も独特なのだそうで、横1段毎に端から端まで巻紙を貼る。途中で接ぐ場合は桟の所で重ねて繋ぐ。...のではない。縦の桟と桟のちょうど間、一個置きの場所で接ぐ。上下の段とは継ぎ目がずれるように(3段ずつ?)配置する。石垣貼りというらしい。「高度な技術が必要である。」とパンフには書いてあるのだが、普通しないよなそんな貼り方。

Picu8437b_tna Picu8411b_tna  京都的には最近だけど二百年の時の流れは決して短くはないようで、壁にとけ込んだ年季も味を出してくれています。

京都御所一般公開

Picu8502b_tna Picu8473b_tna Picu8470b_tna  今年も、というのか今回もやっていました、御所一般公開。もう何回目だろう。目をつぶっても歩けそうな気もしないでもない。
 やはり、訪ねる気もなくふらりと入っていってしまいました。一応、紫宸殿をチェックしておけば御所的にはokかな。

Picu8468b_tna Picu8483b_tna Picu8497b_tna  今回は「宮中の舞」がテーマだそうで、あちこちに踊る人形が。普段も人形で宮中の暮らしぶりを説明していたのだが、今回増設された人形はどなたでしょう? むしろ人形が減っていたような気がするのは木の精か? 踊りに駆り出されて出払ってしまったのか?

Picu8494b_tna Picu8492b_tna  雅なお人形もいいけれど、襖や戸板に描かれた絵も見事。人形を置くんじゃなくって上に上げてもっと近くで見せてくれないかなぁ。美術館で襖絵の展覧会とかあったけど、取り出して切り離して並べるより、本来の場所で見た方がしみいるんだけど。...というか、「××御殿の○○の間の襖絵」とか言われてもわかんないしぃ。

Picu8491b_tna Picu8485b_tna  ま、それより何よりお庭が一番落ち着くな。

2007年11月 1日 (木)

きょうのきょう(霜月)

 朝方の雨も昼には上がった、もののやや肌寒い。歩き回っても汗をかかず、出歩くにはよい季候かも。

 思い残す事がないように、過去の訪問地の中で測位漏れがあった西寺跡と羅城門跡を訪ねようと循環バスに乗車。...したら、途中の九条車庫前停留所で乗務員交代の上に「燃料補給の為に」車両交換だってことで、強制下車。別にインド洋まで行くわけではなさそう。俗に言うわだトラップ。大崎駅みたいなもんね。クッッソーと思って乗換。一通り測位し終えて帰りもバスに乗ったら、再び九条車庫前停留所で強制下車。全然循環してない。(-_-;) 強制下車の時にはバス代を取られないので、薩摩守のチャンスなんだけど、京都駅から徒歩約15分。歩く?

F1053510a_tna  京都の中心部では今日から歩行喫煙禁止になります。罰金の徴収はまだですが、噂では2千円くらいらしいです。一般市民にも徴収権を付与してくんないかな。バイトするぜ。
 他にもパーク&ライドバスを運行したり、7/11に観光案内所を開設したり、洛ナビサイトを設けたり、いろいろ変化があるようです。
F1053511a_tna おかげで(?)修学旅行生や観光客がわんさかいます。駅では私も東洋系の外人さんに道を尋ねられました。片言の日本語と英単語。さいごに「どうもありがとうございました」と言われて「どういたしまして」と返す。きちんとした日本語を話す日本人が少ない中、気持ちよい。挨拶だけでも相手の国の言葉を覚えていくと印象が全然違いますね。
 
F1053520a_tnaF1053518a_tna せっかく京都駅にも立ち寄ったのに、噂の現場に張り出されていたかも知れないお詫びのFAXをチェックし忘れてしまった。
 京都タワーの望遠鏡はただいま無料です。
 京都駅の壁面には早々クリスマスモールが。ツリーは、...続報を待て!

西寺跡&羅城門跡あげいん

Picu8379b_tna Picu8368b_tna ○西寺跡
 以前訪れていたものの、測位していなかったので、再訪。
 小学校の裏手、広~い公園の1/4くらいを占めるこんもりとした塚の上に「史蹟西寺阯」たら彫られた石碑が建っています。なんで、変換しにくい漢字ばっか使うかなぁ。

Picu8383b_tna Picu8385b_tna ○羅城門跡
 やはり以前訪れていたものの測位していなかったので再訪。こちらも公園になっていますが、西寺跡と比べてかなり小振り。写真を撮って測位している間にも、近所の人(たぶん)が結構頻繁に通り抜け、親子連れが滑り台で遊んだり、地域にとけ込んだ公園のようです。
Picu8399b_tna Picu8398b_tna  九条通りからの入り口が狭く、気付かないで通り過ぎそう。なせいか、矢印の付いた案内柱も建てられています。周りの九条通には古い町並みが残っています。すぐ先には東寺の五重塔も見えてます。

gmail故障?

 月一回の日課で捨てメアドのメールチェックをしていたら、gmailのメアドで9/16以降のメールが受信できていない。Webメールで確認すると昨日までずっとメールが来続けているのに。
 gmailのpop受信設定も、メールクライアントの設定も問題ない。というか、全メールを受信し直せば、開設時から9/16までのメールは受信できるので、pop関連の設定の問題ではなさげ。
 何度か、Web上でメールをアーカイブしたりしているので、このあたりにpopの対象から外れてしまうバグだか仕様だかがあるのかな?

 こんな現象が起こっているのは、いくつかあるgmailのメアドのうち1つだけ。ま、このアドレスをpopで読むのはアカウント抹消を逃れる為で、本来はケータイからのWebメール発信用なのでとりあえずは実害ないですけど。他のメアドでも起こったらちょっといやかな。

 スレッド表示を解消するオプションはいまだに提供されないし、質問しようと「問い合わせ」をクリックしてもFAQしか表示されないし。さすが無料。洗練された機能・サービスは望むべくもないか。虫がよすぎますね。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »