« 2008年11月 | トップページ | 2009年01月 »

2008年12月31日 (水)

きょうのきょう(おおつごもり)

Cimg2784b_tna Cimg2771b_tna Cimg2769b_tna  買い物は全部昨日のうちに済ませたので、今日は家でゆっくりおせちの準備。と思っていたら、足りないものがある事が発覚してお買い物。昨日までは暖かいとは言わないまでも、日差しがあって陽に当たればしのぎやすかったのに今日は風が強くて時々霙が舞う寒いお天気。
Cimg2780c_tna Cimg2781c_tna Cimg2777b_tna  錦市場は更に人出が増えて押しくらまんじゅうを各所で実施中。長~い市場、辻辻では一般道を横切るので、警察官がCimg2782b_tna出て交通整理をしている。先日の伊達巻き屋、ではなく出汁巻き屋では買い物の行列が市場内では収まらずに角を曲がった一般道にまではみだしている。途中、市場を横切る部分で行列を途切れさせて店の人が無線機を使って連絡を取りながら誘導。毎年大人気。もう一軒の出汁巻き屋では整理券がないと買い物ができない。チケピとかと提携したらどうだCimg2806b_tna

 というわけで、年越しそば。
 一年間お世話になりました。来年もどうぞ細く長くおつきあいくださいまし。m(__)m

2008年12月30日 (火)

きょうのきょう(年末戦線異状なし)

Cimg2744b_tna Cimg2741b_tna  おせちと正月休みの買い出し。買い出しと来れば、京の台所、とは限らずデパ地下とスーパーもハシゴ。この時期は普段見かけない野菜が出そろうので、眺めているだけでもおもしろい。
Cimg2752b_tna Cimg2753c_tna  本命の(?)錦市場は昼過ぎなのに人がギッシリ。所々渋滞している。卵焼き屋さんでもフライパンをずらりと並べて戦闘状態。機械で焼いているわけではないらしい。ここの出汁巻きは大好きなのだが、Cimg2755c_tnaCimg2754b_tna 繁忙期は時間制で売り出すのでタイミングが合わないと買えない。ま、普段でも食べられるから良いか。
 祝鯛が並ぶ魚屋の舟盛りの鯛のエラにはネジが止められている。機械jかけの鯛? 

Cimg2759b_tna Cimg2748c_tna  四条通を警邏中の警察車両の屋根には電光掲示板が付いている。「事故」とか表示するのだろう。汎用のドットマトリックスの電光板かと思っていたのだが、よく見ると所々マトリックスが抜けている。もしかしたら、Cimg2762b_tna表示できる文字種が限られているのだろうか? 近所の消防団では毎晩「火の用~心!」と夜回りしている。夜回りだけじゃなくて、出初め式もやるらしい。けど、「手帳点検訓練」ってなに?

2008年12月29日 (月)

きょうのきょう(忙中メンテあり)

Cimg2710b_tna Cimg2628b_tna ...と言うほど忙しいわけではないけれど。アスクルコマンドQさんで送ってもらった機材でモバイルLAN機器を整備。最近は遠出してないな。ついでに基幹ルータにもUPSを設置。これでブレーカーが落ちてもシャ ットダウンが見届けられる、筈。

F1062309b_tna F1062307b_tna  今年はお節料理セットを予約し忘れたので、バラで買い集めなくては。自作するのは雑煮だけになるかも。普通の叩きゴボウとは似ても似つかない、「山椒だらけのピリ辛スーハー叩きゴボウ(仮称)」を再興したいのだが、レシピが遺されていないのが難点。最寄りのスーパー、というか徒歩圏にあるそれなりの規模のスーパーが1/1~1/4迄お休みなので、明日明後日で年始休みの間の食料も買いだめしなくてはいかん。普段は24時間営業しているのに正月休みだけは長め。

2008年12月28日 (日)

きょうのきょう(年末開始)

Cimg2706b_tna Cimg2704c_tna Cimg2700c_tna  外を歩いているとパッチが欲しくなる冷え込みの中、年末年始に向けたお買い物。百貨店も新京極も寺町京極も、Cimg2717c_tnaCimg2727c_tnaCimg2702c_tna正月飾りが出来上がっている。街角には救世軍が遠征してきて、路地では注連飾りの屋台も店を開いている。時刻が夕方に近づくにつれ、錦市場の人出も増えてきて、押しくらまんじゅうになる所まではいかないけれど、歩きにくい事このうえない。
Cimg2738b_tna Cimg2732b_tna Cimg2711c_tna  店先にも年末限定の品物が並んでいよいよ年末の慌ただしい雰囲気を煽っている。 

Cimg2729b_tna Cimg2728b_tna Cimg2726b_tna Cimg2725b_tna   

 

 

Cimg2733b_tna Cimg2713b_tna  餅屋の店先で餅をついているのは通年のパフォーマンスなんだけど、この時期に見るといよいよ感がいや増してくる。賀正リンゴは、シールを剥がすと文字の通りに色付いていないと言う仕掛けなんだろうか?

2008年12月27日 (土)

現在過去未来(カレンダー)

F1062306b F1062302b F1053744b  お騒がせいたしました。m(__)m こういうの使ってました&使ってます&使います。
 目が悪いので部屋の隅から見上げても数字が読めるのでないとダメなの。これでも裸眼だと読めないんですがね。

2008年12月26日 (金)

きょうのきょう(初雪)

Cimg2699b_tna Cimg2690b_tna  夜半から雨が降っているようないないような曖昧なお天気。1時を過ぎた頃に外を見ると雪が舞っている。おっと思ってカメラを取りに行っている間に小やみになり星が出る。しんしんと降るのではなく、Cimg2695c_tnaCimg2692b_tna雲が通るたびに降って、過ぎると止む。典型的な京都の雪の降り方ってこうらしい。
 朝になっても舞ったり止んだりしていたようだが、積もらず。TVニュースによると金閣寺が雪化粧していたらしい。やはり北大路付近と五条付近では気候が異なるようだ。

 四条通も錦市場も正月向けの飾り付けができてはいるが、まだ普段とさほど変わらぬ様子。押しくらまんじゅう状態で買い物するようになるのは週明け頃からだろうか。

2008年12月25日 (木)

きょうのきょう(黄金の窓)

 降ったり照ったり。雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう、だそうです。ホンマかいな?

 ようやく年賀状を印刷。してたら、20~30枚印刷した所でインク切れ予報のランプが点滅しだした。先日黒インクが切れて交換したばかりで、それからは2枚ほど試し刷りしただけなのにこの有様。はらはらしながら残り100枚ほどを印刷したが、インク切れは起きなかった。注意報がかなり早い段階で発令されるらしい。ほぼ常に注意報が出ている事になるんじゃないか? 設定が微妙だ。先日切れたインクは、モノクロのA4サイズの書類を20~30枚印刷しただけで力尽きてしまった。先代の同メーカー製のプリンタに比べて挙動に不安が残るなぁ。
 で、ついでに(?)壁かけ用のカレンダーを調達に出かけたらほぼ売り切れ。出遅れたか。みなさん準備が早いようで。お気に入りの、絵がなくて数字がでっかく描かれているのはない。カレンダー探しで行脚しないといけないのか?

200812251540c_tna  画像は夕方の京都第一カメラ。輝いているのは太陽、そのものではなく夕日が映った窓ガラス。小学校の国語だったかの教科書に、少年が遠くで朝日を浴びて輝く窓ガラスを見て黄金製の窓だと思い込んでその家を訪ねてみたら、普通の民家だった。その家の住人は少年の家こそが黄金の窓が嵌っていると思っていた。その家からは少年の家の窓が夕日に輝いて黄金色に見えたからだ。と言う話が載っていたのを思い出した。

2008年12月24日 (水)

首振地蔵

Cimg2677b_tna  清水寺の参道を上り詰めた所、仁王門の脇にそのお堂はあります。人呼んで善光寺堂。長野ではない。なんの変哲もない、こぢんまりとしたお堂なのですが、お堂の隅におわすお地蔵様が首振地蔵。夜中にギギギギギと音を立てて首を振る...。なんて、ウソ。首が回る構造になってます。Cimg2682b_tnaそれだけで金回りがよくなるご利益がありそうですが。自宅のある方向に首を向いてもらって拝むとよいらしい。
 我が家はここから真っ直ぐ西へ一本道、なので西を向いて頂いて合掌。ついでに、東に住む友人の無事を祈って合掌。北にも友達がいたので...。ぐるっと360°首が回る事も確認できました。おつきあい頂いてありがとうございました>お地蔵様。
Cimg2681b_tna Cimg2680b_tna Cimg2679b_tna Cimg2678b_tna  罰当たりな(?)方の調査によると、衣の下では扇子を広げ、帽子の中にはちょんまげを忍ばせているとか。案外話の分かるお地蔵様なのかも?

音羽の滝の減菌装置

Cimg2666c_tna Cimg2646b_tna  清水寺の境内にある音羽の滝。寺のWebによると...

 清水寺の開創を起縁し、寺名を由来する。 こんこんと流れる出る清水は古来「黄金水」「延命水」とよばれ、 ”清め”の水として尊ばれ,開祖行叡居士・開山延鎮上人の滝行を伝統して水垢離の行場となり、またお茶の水汲み場となってきた。今日、参詣者が行列をつくって柄杓に清水を汲み、六根清浄、諸願成就を祈る。滝祠に不動明王や行叡居士を祀っている。

Cimg2673b_tna Cimg2672b_tna  のだそうで、訪れる人が長いひしゃくで水を汲み、手を洗い、飲む。飲む時に口をつけるのなら清潔にしなくっちゃ。という発想なのだろう、消毒ならぬ減菌装置が備え付けられています。いつからなんだろう? これも寄進なのかな?

Cimg2662b_tna Cimg2659b_tna Cimg2631b_tna  で、おまけ。清水坂の脇の家にはまだ真っ赤な紅葉が。境内の子安塔のそばでもわずかに残っておりました。

Cimg2644c_tna  ところで、舞台の脇に立っていた掲揚台(?)の先っぽがドラゴンなのは何故ですか?

今年の漢字

Cimg2642b_tna Cimg2639b_tna  今年の漢字が「変」なのは周知の事ですが、現場検証しておきました。

北野天満宮の梅開花

 お正月用に大福梅を授かりに北野天満宮。明日が終い天神で大にぎわいらしい。けど、15万人の人出とか言う話を聞いて回避。風邪をもらいに行くようなもんな希ガス。

Cimg2688b_tna Cimg2621b_tna Cimg2605b_tna  屋台の準備で騒がしい境内の参道を抜けて本殿へ。授与所で大福梅とお屠蘇を授与して頂く。大福梅は元旦の朝に白湯(お茶?)に入れて飲むとよいらしい。7月に土用干ししていたあれだ。境内の梅の実を一旦塩漬けにしてから干し、更に塩漬けにしたそうな。梅干しとは違う風情。そういや、梅干しも売られて、いや、授与されてましたな。

Cimg2619b_tna Cimg2617b_tna Cimg2607b_tna  境内の絵馬所の前の梅がもうほころび始めていて、一輪咲いておりました。早いですね。例年は年明けから咲くのに、今年は二週間ほど早いとか。

Cimg2626c_tna Cimg2625b_tna Cimg2627b_tna 6月に撲殺された撫牛が生まれ変わって帰ってきていました。なんかやけに目がぱっっっちりしていて西洋美人(美少年?)風。誕生日をさば読んでいるから女性か?(偏見?)

宇宙からメリークリスマス

Pc_04b  届きました、きずなメール。

このメールは、はるか宇宙の36,000kmの静止軌道をまわっている超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)を経由して、あなたに届けられています。
このメール送信は、超高速インターネット衛星「きずな」を使ったE-Mail伝送実験に参加した、ichi様からのご依頼によりお送りしました。

 気になっていたヘッダは、ClassAのプライベートIPアドレスからでした。このIPアドレスは筑波宇宙センタ(tksc)のマシン? 単なる伝送路だからアドレスはなし? それとも、「s」が衛星のサブドメインだったりするのかな?

Received: from tkes**.tksc.jaxa.jp (tkes**.tksc.jaxa.jp [133.56.0.**]) by *iij.net (mx**) id ***; Wed, 24 Dec 2008 04:07:34 +0900
Received: from tkcs**.jaxamail (unknown [10.16.32.**]) by tkes**.tksc.jaxa.jp with ESMTP id *** for <*@*.jp>; Wed, 24 Dec 2008 04:07:34 +0900 (JST)
Received: from dam**.s.tksc.jaxa.jp (name/addr suppressed) by tkcs**.jaxamail with ESMTP id *** for <
*@*.jp>; Wed, 24 Dec 2008 04:07:34 +0900 (JST)
Received: from TV07** ([10.22.0.**]) by dam**.s.tksc.jaxa.jp with ESMTP id ** for <*@*.jp>; Wed, 24 Dec 2008 04:07:26 +0900 (JST) (envelope-from ****kizuna@jaxa.jp)

 一応、伏せ字入れときます。

2008年12月23日 (火)

メールのリアルタイムバックアップ(調査中)

 オタクはバックアップを取りたがる。(くどい~)
 新構成のサーバでローカルデータとWebの多重化はほぼ実現できたので、メールの多重化を検討。今は、サーバでAL-Mailをずっと自動受信状態で立ち上げている。バックグランドでも稼動する事は確認済なので、ログオンレスの運用も可能。なんだが、このソフト、サーバアクセスのバッティングなどでエラーが起こるとダイアログを出して止まってしまう。これでは無人運転はおぼつかないので他の方法はないかと調査。

 スナップショット的にメールをDLすることは可能だし、そういうソフトもあるようだが、時々刻々到着するメールをミラーする事が肝心。自宅にSMTPサーバを立ててそこに転送するのも手だが、自宅サーバは全てFWで隠蔽するようにしたので不可。自宅サーバの稼動安定性に不安がある事を考慮するとpush型よりpull型が望ましい。

 ポイントは二つ。
 ・無人運転(バックグランドで自動受信)
  →WindowsXPのサービスにできるとok。
  →100通/日程度のメールを何日か貯める事ができる事が必要。
 ・データの可用性(他のメールソフトにデータ変換可能)
  →POPサーバ機能があるとok。

 UNIXのfetchmailというのがぴったりらしいが、Windowsにはない。

○Radish
 POPクライアントとして定期実行が可能。
 サービス化もできる。
 扱える件数が500件と少ないので実用には耐えそうにない。

○Mercury/32
 メニューが英語。旧バージョンに対する日本語化パッチはある。
 POPクライアントとして定期実行が可能。
 サービス化は機能としてはない。(汎用のユティリティでできるらしい。) タスクで起動時に起動すれば運転はできる。
 Mercury/32で受信したメールはサーバに残せないので、破壊的。
 一旦gmailに転送した上で読み出そうとしたが、迷惑メールフィルタが邪魔。迷惑メールフィルタは回避はできる(http://www.nilab.info/zurazure2/000960.html)。
 パスワードを設定ファイルとログに平文で保存している。
 メールソフトで一度読んだメールを削除しないと言う設定が、nPOPでは効く、AL-Mailでは効かない。
 nPOPでは新しいメールだけ読み出すと言う事ができない。全件読み直さないと新しいメールが読み出せない。(詳細不明。)

○PopForward+SMTP/POPサーバ
 PopForward(メールを自動受信して転送するソフト)でメールをローカルのSMTPサーバに転送し、spoolを共有するPOPサーバで受信できるようにする。
 システムを構成するコンポーネントに異常があった場合、エラーメールを返す場合があるので、慎重な運用が必要。
・PopForward
 POPクライアントとして定期実行が可能。
 但し、このソフトにはメールを貯める機能はなく、全件即座に転送する。
 POPoverSSLに対応していると言う事だが、iijmioのサーバには接続できなかった。SSLを外せばok。
 ファイルのやりとりではなく、smtpを介すので、受け渡しに何らかの不都合があった場合、エラーメールが返ってしまうのが難点。
 転送元/転送先を書き換える機能もあるが、通常は使いたくない機能なので、実質使えない
 サービス化可能。
・IIS(SMTP)
 SMTPサーバ。(XPのIISにはPOPサーバ機能がない。)
 PopForwardの受け手として、IISを使う。外部に対しては中継しない設定が望ましいが、通常のSMTPサーバと兼用する場合は無理。
 ローカルからのメールのみ中継しない設定で実用になるか?(要調査。)
 保存可能な件数は不明。
 サービスとして稼動する。
・KnoPopSvc
 POPサーバ。
 IISに集まったメールをPOPで取り出すのに使う。
 メールを貯めておくディレクトリは予め作ってやる必要がある。
 配信先のユーザはWindowsのユーザとは関係ない。メールの宛先・配信先アドレスとは関係なく、ルールを設定して振り分けを行う。
 配信先情報を明確に取得できないので、原則として1ユーザで使用すべき。
 サービス化可能。
 保存可能な件数は不明。
・Radish(SMTP+POPサーバ)
 SMTP/POPサーバとして使おうとしたが、自ホスト宛のメールも外部に配信しようとしてエラーを起こし、エラーメールを出そうとしている。やや不明気味。
 999件しかメールを扱えないようだ。
・Xmail(SMTP+POPサーバ)
 多機能だが、実質的に管理にWeb、Perl環境が必要で大げさすぎ。
・BlackJumboDog(SMTP+POPサーバ)
 POPクライアントとしての機能はない。
 http,ftpなどの機能もあって、多すぎ。
 Radishから推し量るに中途半端かも。

2008年12月22日 (月)

知ってました?

F1062295c  路側帯にも種類があるらしい。

2008年12月21日 (日)

堀川ゴボウ

F1062289a_tna F1062290a_tna  京野菜の一種らしい。要は太いゴボウ。ゴボウを喰うたびに思い出すのは、戦時中、捕虜の食事に出したら虐待だと言われて戦犯にされたという話。嘘か誠か、西洋人には喰わせるな。と言う事はおいておいて...。
 今回買ってきたのは太さ3~4cm、長さ1m程。太いのになると9cmにもなるという。確かに、大人の腕ほどの太さのが売られているのを見た事がある。太いのはこの10倍くらいのお値段がするらしいので、買ってきたのはもどき系なのかも。作るのに一年以上かかるとか。名前に反して堀川流域では作られていません。太くなりすぎて中はスになっている、というかうろができてる感じ。案外柔らかく癖も少ないので、調理しやすい、らしい。

F1062291b_tna  10cmほどの輪切りにして酢水に晒したあと、水からゆがく。数分で柔らかくなるので、取り出して冷ましてから芯を抜く。そう、芯を抜く。竹串を導管だか師管だかの部分に刺してぐりぐりやると、芯の部分がすっぽり抜けてくる。子供の頃、プリッツを二枚に下ろして食べた時のような気分。うまく抜けると気分爽快。(^_^;)
F1062292b_tna  できた穴の部分に、抜いた芯をと人参、ネギをみじん切りにして挽肉と混ぜたものを詰め込む。きっちり詰め込んだ後は、だし汁+醤油+味醂+砂糖の煮汁で20分ほど弱火で煮込んでから冷ます。味が十分染みたら、1~2cmの長さに輪切りにして完成。
 ゴボウの確かな歯応えが噛んでいて心地よい。八幡巻の逆バージョンっぽい。

F1062293b_tna  レシピによっては、元々ある空洞を利用しろとか、芯を抜くのではなくコルクボーラーのような器具で穴を穿てとか、抜いた芯の部分は使わない(捨てるの?!)とかある。けど、この程度の太さだとうまくない。竹串でぐりぐりやるのがおもろい。芯の部分も再利用すると、「添加した具材」-「元々の空洞」の分だけ余るので付け合わせにまわさないと。今回は椎茸の肉詰めに回しても余ったので、更にハンバーグができましたとさ。

2008年12月20日 (土)

VirtualPCでゲストOSの時計が遅れまくる(未解決)

 仮想化を終えたWSUSサーバ。見ていると時計が遅れまくっている。10分で数秒。定期的にSNTPで時刻補正をしているので大事には至ってはいないが、この遅れは異常。Webで検索すると「超漢字」の遅れは話題になっているが、Windows系のOSの場合はあまり話題になっていない。「バーチャルマシン追加機能」をインストールすればホストOSと時刻同期を取ると言う事なのだが、インストールしてあってもこのありさま。優先度の問題かと思って、VirtualPCのタスクを最優先(リアルタイム)にしてみたが、状況は変わらない。
Virtualpcsntpc  仕方ないので、SNTPソフトで1分に1回時刻補正をする設定にして運用。それでも1分に1~2秒遅れている。永年Tclockを愛用していたが、ログインしてプログラムを起動していないと時刻補正をしてくれないので、ピッタリでチュ!に乗換。こいつはサービスとして起動できるので、ログインしないサーバ運用をしていてもok。っつーか、ちっともokじゃないけどさ。

PowerAssistantの通信設定方法(メモ)

Powerassistantsmtp_tna  PowerAssistantで電源異常発生時にメール通知することができる。
 通知するイベントはイベント設定画面で行う。これ自体は特に問題はないが、分かりにくいのが通信設定。環境設定画面の通信設定タブでsmtp情報を設定するのだが、画面もマニュアルもやや不明気味。「SMTPサーバネーム」はいいとして、「SMTPアカウントネーム」はsmtp認証のアカウントかと思ったら、要はメールの発信人アドレス。そのままFrom:に使われている。「SMTPドメインネーム」はsmtpサーバにリレーする時に通知する発信元のホスト名になる。Received:ヘッダに使われている。
 結局重要なのはSMTPサーバネームだけっぽい。SMTPアカウントネームをPowerAssistant固有のものにすれば、メールの分類がしやすいかも。

2008年12月19日 (金)

きょうのきょう(最終版を越えて)

Firefox20020_1  機嫌良くFirefoxを使っていると、ブラウザが「Firefox2.0.0.20をインストールする準備ができました」と宣う。先日の2.0.0.19が最終版じゃなかったのか? マルウエアか何かの一種?と訝しく思いつつ、インストールしてしまった。ポカミスで版を重ねる事になったらしい。Memtest86の進捗120%みたいなもんか? まぎらわし。

Wsusvirtual Wsusreal  WSUSはようやく仮想化終了。先日は容量倍増とか思っていたが、実機版のデータ部分が約4GBなのに対して仮想化版は32GB超。8倍以上。対象とする更新プログラムのクラスは同じ、製品は実機版の方が多いのに。更新プログラム数も実機版が834に対して仮想化版は1616。ほぼ倍。なんでしょね。将来に備えて、数GBならHDDの隅に置いておこうと思ったんだが、数十GBとわ。どーする?

2008年12月18日 (木)

きょうのきょう(膨れ上がる仮想)

 仮想化WSUSサーバはデータをDL中。実機の場合は15GBほどだったのが仮想化すると何故か倍増している。無条件で承認するようにしたせいなのだろうか? 承認しないパッチはDLしないのか? その前に、インストール手順が若干異なる。

問題 15 : WSUS の管理コンソールにアクセスしようとすると、System.IO.FileNotFoundException エラー メッセージが表示される
次のエラー メッセージを受け取ったときは、Network Service または ASP.NET アカウントのアクセス許可を調整することが必要な場合があります。
System.IO.FileNotFoundException : ファイルまたはアセンブリ名 xxxxxx、またはその依存関係の 1 つが見つかりませんでした
xxxx はランダム名です。
Windows Server 2003 オペレーティング システムでこの問題を解決するには、Network Service アカウントに %systemroot%\Temp への読み取り/書き込みアクセス権を付与します。Windows 2000 Server では、ASP.NET アカウントに %systemroot%\Temp への読み取り/書き込みアクセス権を付与します。

 ↑の問題が実機では起きなかったのに、仮想化すると起きている。実機ではASP.NETアカウントはアクセス権を持っていないまま稼動しているぞ。何故だ?

 DLデータが倍増したので、仮想HDDがパンクしそう。と思ったら、拡張できるって。ツールをDLするのにメアドが要るけどFirefox20019b

 FireFoxは2.xの最終版がリリースされたと。そろそろ3.xに乗り換えないといけないんだが、愛用しているプラグイン(アドオン?)が対応していないっぽいのが難点。

2008年12月17日 (水)

きょうのきょう(仮想化なまああてにすなひどすぎる借金)

 いや、借金はありません。Win2kのサポート終了の前にWSUSサーバを仮想化しようと奮闘中。実機環境では既に構築済なんだが、作業記録を残していなかったので同じ試行錯誤を再びやっているような。進歩は記録から。

F1062273c_tna  郵便受けを覗いたら、ドコモの領収書と一緒に喪中葉書が。高校の同級生から。これまでに元同僚やFSPACE関係者からも届いている。そろそろ本気で賀状を作らないと。iij本体の撤退に伴って今のメアドの有効期限があと15ヶ月になったので、今回の賀状に新アドレスを載せようと思っていたのだが、決心つかず。新に取得した独自ドメインのメアドと、iijの後継サービスのメアドとどっちにしましょ? ホームページも新ドメインに作ってあるので丸ごとそっちに移行するのが美しいと言えば美しいんだが。

2008年12月16日 (火)

きょうのきょう(USBケーブルの消費電力)

F1062285b_tna  先日注文していたマシン室用UPSの交換バッテリが到着。使い始めて何年だろう?5~6年経っているような気がする。バッテリ劣化警報が出たので素直に交換しようかと。ホットスワップもできるけれど、交換は慎重に。ついでにごちゃごちゃになっている配線を整理しようか。届いたバッテリは二個一になっている。二個のバッテリをテープとプラスチック板でつないであってとっても手作り。一応、メーカーの純正品なのでこれで正しいのでしょうけれど...。
 居間のUPSはまだ2年、まだ大丈夫かな? もう一個小型のUPSが余っているので、台所のルータに付けようかと思ったら、バッテリが逝去されている。純正の交換用バッテリを買うと別メーカーの新品UPSの方が安いんですけど、どうしましょ。同じバッテリメーカー製で、電圧・寸法が同じで容量がちょっとだけ少ないバッテリは格安で売られているんだが、こっちを使っちゃうのは危険?

 余った2.5"HDDを外付けケースに入れてPCに増設しているんだけど、ケースによってPCとの相性がある。ケースごとに消費電力が異なるのか、組み合わせによっては供給電力が不足するようで、HDDがスピンアップしていないっぽい。電力供給用にUSBポートを2つ使うケーブルもあるが、使いにくいので却下。相性のよいケースとPC組み合わせでもUSBケーブルを換えると、HDDが動かなくなる。ケーブルにも消費電力があるのだろうか? 長いケーブルはダメだろう、くらいの想像はできるのだけど。HDD駆動可能なケーブルは我が家では貴重品。

| | コメント (0)

2008年12月15日 (月)

きょうのきょう(ガスが漏れていませんか?)

F1062281b_tna  マシン室でがさごそ発掘作業に勤しんでいると、居間だか台所だかの方から「ピッピロリ、ピロピロッ」というような音がする、二度三度。何かと思って家を見回しても何もない。そのうち静かになったので、再び作業に戻ると今度は「ガスが漏れていませんかっ」と声がする。台所のガス漏れ警報機だ。しゃべるのか、こいつ。というか、警報機の予告音(?)ってああいう音だったのね、知らなかった。
F1062280b_tna  ガスの元栓は全部閉まっているし、最後に火を使ったのは4~5時間は前。うちのガスは大丈夫そうなんだが。何度か警報機を再起動してもそのたびに鳴動する。大阪ガスのガス漏れ通報電話に連絡したら、酒か味醂を使って調理をしていないか?スプレーを使わなかったか?と確認してくる。味醂は使ってないけど、PCのブロア用のフロンスプレーは使った、どうやらそれが原因らしい。 でも、2時間ほど前に居間で使っただけなのに。換気をして警報機を再起動しても鳴動し続けるので念のために確認に来てもらう事に。
F1062282b_tna 待つ事約30分で検査員(?)が到着。ちょっと遅いような。持参した検知器によると、可燃ガスは部屋に残っているらしい。てきぱきと配管やら排水溝やら家の周囲を検査していく。近隣の部屋と道路も検査。いずれも異常はなく、やはりフロンスプレーが原因でしょうとの事。一日台所の換気扇を回しっぱなしにして様子を見ましょうと言う事で落着。ガスの空騒ぎ。ま、異常がなくてよかった。
F1062283b_tna  警報機はLPガス(Pガス?)にもフロンにも反応する。何度も鳴動しているとセンサーが「汚れてくる」ので交換が必要になる。ガス漏れ以外の原因で交換する場合は有償。ガスはじんわり拡散するので、使ってから時間が経って反応する事がある。都市ガスのガス圧は2kPa(0.02気圧?)。スプレーを使うなら、警報機のある部屋との間は締め切って、窓を開けて使うべし。
F1062284b_tna 後日、その後異常がないか確認の電話がかかってくるらしい。アフターフォローもするんだな。気になる事があったら、夜中でも連絡するようにって。鎌倉時代に、自動シャットダウン機能付きのガスメーターが誤作動した時も同じ事を言われたな。対応としては満点。それだけ危険なものを扱っていると言う事なのだろう。そもそも、この惑星の大気の化学活性が高すぎて危険なわけなのだが。

2008年12月14日 (日)

NASを改造しないでリモートシャットダウンさせたい。(未解決)

 構成を変えたサーバにもオムロンの無停電電源装置(UPS)に対応した自動シャットダウンソフト「PA(Power Assistant)」をインストールして、PCをUPSに連動してシャットダウンできるようになった(試験は未実施だけど)ら、NASも連動させたくなった。

 UPSとUSB経由で直結すれば自動シャットダウンはできる。けど、UPSからは一本しか通信ケーブルが出てないので、肝心のPCを連動させる事ができない。UPSメーカーによっては通信ケーブルを分配できる装置もあったと思ったが、家庭用のUPSでは無理。
 OSがWindowsかLinuxなら専用ソフトで、UPSと連動したPCと連動してシャットダウンさせられるのだが、NASにはインストールできない。
Lsshutdownc_tna  Web経由でシャットダウンはできる。が、URL叩いて、シャットダウンページに飛んで、ボタンをクリックして、確認ダイヤログでokする、という操作が必要。この一連の操作を、UPSと連携して行うソフト、なんてできるのか?
 NASは内部ではLinuxが動いているので、ハックしてやればrshか何かを使ってリモートで落とす事は可能。なんだが、メインのNASとして機嫌良く動いている機器にリスキーな手を加えるのははばかられる。
 NAS専用のUPSを導入するか、WindowsかLinuxのPCでNASを新に立ち上げるか、リモートで電源制御可能なNAS(あるのか?)を新に導入するかすればok。なのだが、経費的に却下だな。

 リモートでNASをシャットダウンするWindows用のアプリをメーカーが提供してくれれば一番よいのだが。そういうニーズはなかったのだろうか? う~む。

<追記>

Shutdownlinkstationc_tna  その後検索していたら、ShutdownLinkStation 1.2なるソフトを発見。勇んでインストールしてみたものの、敢えなく玉砕。LinlStation対象というだけで、その中の対応機種が明記されていない。ブログにもあるとおり、Webシャットダウン機能を叩いているのだが、機種によってURLは異なる、というオチらしい。URLだけ変えればいいのか、叩き方も変わっているのかは不明。2年半以上バージョンアップされていないので、対応機種の拡張は期待薄かな。我が家の旧NASなら対応する可能性もあるけれど。対応しているようなら復役させて、容量不足はUSB HDDを増設してしのぐという手もある。けど、経費的に却下だな。

 新しい機種にはPC連動電源ONOFF機能というのがあるので、UPSと直結したPCに連動させてシャットダウン、と言う手もある。あくまでもNASの買い換えが必要だが。それでも、複数PCに対応させる為に最後のPCのシャットダウン後5分間は起動したままと言うから、UPS連動機能としては微妙。積極的にシャットダウンさせる方法もあるようだ。でも、やはり経費的に却下だな。

 電源が落ちたら必ず逝くというものでもなし、万一の際にはハードの逝去は覚悟の上で、NASのデータを安全なデバイス(UPSと連動したPCのHDDとか?)にミラーしとくしかないのか。それとも専用UPSを設置するべき?ファイルサーバは安価なNASよりWindowsPCにすべき? う~む、あげいん。

2008年12月13日 (土)

オムロンの無停電電源装置(UPS)に対応した自動シャットダウンソフト「PA(Power Assistant)」をインストールしたPCで休止状態もスタンバイもできなくなるのを回避する方法。(メモ)

 オムロンの無停電電源装置(UPS)に対応した自動シャットダウンソフト「PA(Power Assistant)」をインストールしたPCで休止状態もスタンバイもできなくなる事がある。

Powerassistantstandbyc_tna  イベントビューアに「AgentNT.exeによって電源を中断する要求を取り消されました。」という記録が残っていたら、PAが悪さをしている。
 バックアップ電源監視モニタを立ち上げて、環境設定のパラメタ画面で「スタンバイモードを有効にする」にチェックを入れてokすればok。なんだが、UPSに直結していないPCではこのチェック項目がグレーアウトしていていじれない場合がある。
 この場合は、PAのインストールディレクトリにある「PowerAssistant.ini」の中の「Suspend=0」を「Suspend=1」と書き換えればok。再起動とかしなくても、休止状態もスタンバイも可能になる。

新ポップアップ画像のテスト。

Cimg2601c2_tna Cimg2601c2_tna  左が従来(互換)のポップアップ画像。右が新ポップアップ画像。

2008年12月12日 (金)

きょうのきょう(変)

 今年の漢字は「変」だそうで。我が家は十年一日ですが。今年も見に行くか、行くとしても週明けだけど。年々あの清水坂の登りがきつくなってきたんだよな。体重が減って重力が軽減される効果と体力が落ちる効果とでは後者の方が勝るのか。

F1062278a_tna  記念貨幣と供に大根焚きに行くのを忘れていた事に気付いたのは一昨夕。毎年、行こう行こうと思いつつ、「今日、大根焚きがありました」と言うニュースで気付く。終い弘法は日曜なので無理かな。終い天神は木曜日。覚えていられるだろうか?

F1062279a_tna 新プリンタ、モノクロの書類を十数枚印刷した程度で「インクが減ってきた」警報が点滅。どのインクが減ってきたのかは、本体インク切れになるまで不明。PCに直結すればユティリティで調べられるようだが、プリンタサーバ経由なので見えず。年賀状印刷したら本体価格くらいのインク代がかかったりして? どうする?

2008年12月11日 (木)

きょうのきょう(地方自治60年)

 今日は昨日より暖かくなって18℃まで気温が上がるという予報だったのに16℃に届かず。歩くと体は温まってくるものの、風もあって空気はややひんやり。

Cimg2600c2_tna  地方自治60年記念貨幣の交換開始は昨日。昨夕のニュースで見てはたと気付いた。聞いた事あるようなないような曖昧な記憶。各都道府県ごとに表面のデザインを変えて順次発行するとか。裏面のデザインは統一。米国の25¢硬貨みたいだな。今更ながらと、郵便局に行ってみると「当郵便局への割り当て:北海道版5枚(終了)、京都府版50枚、島根県版5枚(終了)」とか貼り紙がしてある。やっぱりご当地の方が潤沢に割り当てられているようで。窓口で聞くと、「昨日は枚数制限していたけれど、今日はもう良いですよ」って。せっかくなので何枚か交換してもらいました。その後、銀行も覗いてみたのだけれど、既に完売したのか、どの窓口で交換するかとかまだ残っているのかとかの情報が一切ない。手数料も取れないし余分な仕事なんだろうな、銀行にとっては。ま、全県揃いで収集する気もないし、発行時に京都に住んでいた、という記念で良いか。
Cimg2601c2_tna  家に帰ってしげしげ眺めてみると、周りが黄色っぽい。最初は汚れているのかと思ったんだが、調べてみると周りと中心部で素材が違うらしい。更に、二種類の金属をサンドイッチ状に挟んでいるんだそうで、どんだけめんどくさい作り方をしてるんだ? 日本初のバイカラー(円環に円盤をはめ込む)・クラッド(サンドイッチ状)貨幣だとか。そんな辛気くさい事誰もやろうとは思わんかったんだろ。
 裏面の古銭(?)の真ん中の穴からは角度によって「60」と「47」の文字が浮き出してくるし、側面周囲のギザギザは太くなったり細くなったりしてるし。ホント、楽しみながら創ってるってのがよく分かる。
 因みに、この硬貨は自販機等では「一般的には対応しておりません」そうで。手渡し専用。
 こうした記念硬貨って以前は熱心に交換したし、ミントセットとかも購入してた。興味を失ったのはいつ頃からだろう。

2008年12月10日 (水)

きょうのきょう(省メモリバックアップ)

 ほぼ一日快晴だったようで、気温も17℃を超えて暖かかった、ようで。なんでこんな日にWindowsUpdateするかなぁ。

F1062039a_tna F1061983a_tnaF1061056a_tna  ファイルミラーリングソフトはBunBackupに落ち着きそう。ネットワークファイルにログインする機能も付いているので、いずれログインレスのサーバ運用にしても大丈夫っぽい。バックアップするフォルダ(の対)を複数登録した場合、上から順番に順番に実行される、のかと思ったらそんな事はないので要注意。F1062222a_tnaF1062221a_tna高速化の為に並行して処理するらしい。A→B、B→Cといったバックアップの連鎖をする場合に、期待したのと異なる結果になる。それが仕様だというならそれでも仕方ないのだが(気に入らないけど)、その事をどこにも明示していないので危険。次バージョンのVer.3.2(今はβ版)から「省メモリバックアップ機能」が追加されていて、このモードなら上から順に実行する。効率は落ちるようだが、一般的なバックアップソフト並みになったということか。
 ネットワークが切断された時にファイルを片っ端から削除したりしないかどうかはまだ試験してない。DiskMirroringToolが削除に走ってしまった実績があるので要注意。

 画像はきのぶの店外改装のようす。知る人ぞ知る老舗の料理店らしい。三代目若主人がNHK京都の番組で腕前を披露していたりする。おいしいと評判の店なのだが、はたしておいくらかかるものやら。仕出し弁当もやっているので、入門編はそのあたりからかな?

2008年12月 9日 (火)

きょうのきょう(二都物語)

F1062267a_tna  オタクはバックアップを取りたがる。
 サーバの構成を変えたので、それにあわせてバックアップの構成も変更中。バックアップというかミラーリング。更新したり新規作成されたファイルだけコピーされる、筈。いろいろソフトを試してみたのだが、どのソフトでも一度コピーしてその後更新されていないのに毎回コピーされるファイルが現れるのは何故だろう? ファイルのタイムスタンプは一致しているのに。Windowsマシン間でも起きるが、その傾向がNAS-Windows間で顕著なのは何かを暗示しているのか?
 ネット越しにミラーしていると、ミラーリングの最中に接続が切れたらファイルが削除されたものと誤解してミラー先のファイルを片っ端から消し始めたりするソフトもあるので要注意。

 家人が連日神戸出張。学会らしい。京都-神戸だと宿泊するかどうか微妙な距離。朝早い日だけでも宿を取ったら?と検索したらどこも満室。ルミナリエなのね。こんな日にぶつけるなよ。
 要旨集がCDになってるそうで、ぶつくさ言いながら検索してる。IT化されていない学者さんには難易度高い? 去年まで無料(と言うか参加費だけでok)だった紙の要旨集は今年から何千円も取るらしい。時代だね。

 嵐山では今週末から嵐山花灯路らしい。綺麗は綺麗だけど、さむいぞ~。行く人は防寒に気を付けて。

 画像は万寿寺通りのメリークリスマス。

2008年12月 8日 (月)

きょうのきょう(因幡薬師)

F1062272a_tna 昨日の最低気温が-1.8℃、今日は-0.8℃。いよいよ真冬の先走り到来。先月の寒波に出歩いて風邪引いて懲りたのでなるべくおとなしくしていよう。と、早めにお買い物に出かけたつもりなんだが、帰る頃には暮れなずんできた。寒いだけじゃなく日も短いのだな。

F1062270a_tnaF1062269c_tnaF1062268c_tna 先日頭部がもげていた因幡薬師の石碑。たまたま通りかかって見てみると、修理の際に建てられた防護用の杭にタイヤの跡が。ぶつかられやすい体質なのか?その薬師様では毎月8日恒例の手作り市を開催中。 手作りのなんだか、は別にいいんだけど野菜とか売ってるのがちょっと気になる。

2008年12月 7日 (日)

小田原町通

Cimg2564c_tna Cimg2563b_tna  室町通りと新町通の間の路地は通称「小田原町通」なのだが、時に「室町と新町の間」などと呼ばれたりするようで、「室町と新町の間松原下ル」みたいな表示があったりする。と以前書いた現場。Cimg2560c_tnaCimg2559b_tna小田原町通は万寿寺通の上下一町ずつしかない短い通り。 万寿寺上ルが徳万町で下ルが小田原町。なので、小田原町通らしい。
 上二枚が徳万町の地番表示。下二枚が小田原町の地番表示。例によって上がる下がるの表記がまちまちだけど、通り名もまちまち。3:1で小田原町通の分が悪い。小田原町の表記に小田原町通が使われていないのは自己言及を避けているのか?

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

きょうの紅葉(菅大臣天満宮)

F1062263a_tna F1062265a_tna  寒くて紅葉採集どころではない。んだが、お買い物の道すがら見上げると見事な黄葉。菅大臣天満宮の境内、かその奥(どこだ?)に聳える銀杏でした。道真産湯の井戸の周りはまっきっき。

2008年12月 5日 (金)

きょうのきょう(LED救急車)

Cimg2594c_tna 朝から雷雨。昼過ぎには止んだけど、朝と昼の気温が殆ど変わらず、昼過ぎから気温がぐんぐん下がって風も出てきた。寒冷前線ですな。明日は真冬で最低気温が氷点下らしい。明日明後日は出かけない方がよさげ。そんな中、京都府がインフルエンザ流行開始を宣言。かなり早めにはやりだしているらしい。予防接種を受けた事はないけど、今年は体重減って抵抗力が落ちただろうから受けておこうかな。
F1062260a_tna  朝には雷雨を突いて(?)家の前に救急車が襲来。現場は半町ほど先なんだがうちの前は道幅が広くなっているので停めやすいらしい。見ていると赤色回転灯が回転していない。点滅するだけ。どうやらLEDっぽい。電車の尾灯がLEDなのに驚いたのはいつだったか。AEDもLEDもどんどん進出してきているのね。
F1062261a_tna  TVを見ていると益川さんがノーベル賞授賞式に出発したというニュースが。受賞講演は史上初の非英語でやるらしい。「英語ができなくても物理はできる」とはすばらしい。私が学生の時は「優秀な物理学者は皆語学が得意だった」と言われてしょげかえったのだが。

 画像は近所のスーパーのメリークリスマスと「今しか食べれない一品」。

2008年12月 4日 (木)

きょうのきょう(2度漬け禁止)

Cimg2507b_tna Cimg2482c_tna  暖かかった、らしい。私はくさめ連発ズルズルいって強い方の薬を飲まなければならなかったんだが。どんだけ温かいんだと思ったら11月中旬並みだって。つい先日ジャン。土日は強烈に冷えるらしい。また風邪引きそうな予感。

F1062244a_tna  画像は先日の街角。四条油小路西入のハヤシライス屋がマンション建設の事務所になったと思ったら今度は串カツ屋になっていた。この手の店って行った事無いな。2度漬け禁止、は衛生上の理由ね。唾液が混じる可能性があるから。「2度も漬けたらどぼどぼになるから」とか言っているアベックが居たけど違うと思う。五条若宮のビルでは窓拭き中。ゴンドラなしの古典的手法。こわ~。高辻通りには見事な混色の花が。あちこちで見かけるけどなんだっけ?

2008年12月 3日 (水)

きょうのきょう(ぼうらら)

Cimg2480b_tna Cimg2481b_tna Cimg2474b_tna  そういえば師走だった。走っているかな、先生方?

 画像は新京極・寺町京極のメリークリスマスF1062259a_tna と近所のスーパーの迎春準備。棒鱈は京都の味の一つらしいが、難易度高杉。何日もかけて水で戻してそれから煮込んで味を付けるらしい。なので、水戻しサービス付きが登場、したわけだな。にしても一本まるまるは巨大杉。

2008年12月 2日 (火)

きょうの紅葉(清水寺、東本願寺、修徳公園、)

 雲一つ無い快晴。どこへも行かないなんてもったいない。けど、寒いし。紅葉はどこも色がいまいちだし。紅葉を止めて黄葉に切替。

Cimg2512b_tna ○清水寺
 行ってません。五条新町の陸橋から。

 

○東本願寺
Cimg2530b_tnaCimg2526b_tnaCimg2522b_tna  困った時の東本願寺。別に困ってないけど。前回はまだ青かった境内の銀杏が良い具合に色付いている。境内はCimg2535b_tnaCimg2544b_tnaCimg2529b_tna掃き清められて落ち葉が木の根元に集められているので黄金の絨毯は極小さい。けど、屋根までは手が回らないようで黄金の屋根。工事中の御影堂から見るとやけにまぶしい。門前のロータリーはほぼ落葉を終えて絨毯状態。

Cimg2565b_tnaCimg2561b_tna○修徳公園
   数は少ないけど、ちょっと鮮やかめ。

 

Cimg2567b_tna○家の前

 はなみずき、らしいです。

きょうの月木金

Cimg2590b_tna Cimg2577b_tna  昨日は笑顔だったそうで。ずいぶん面長。
 今日はなんでしょね。我が家でもビルの合間から電線越しに辛うじて見る事ができました。このへんは空が狭いなぁ。

2008年12月 1日 (月)

きょうの紅葉(北野天満宮)

Cimg2469b_tna Cimg2430b_tna Cimg2423b_tna  日差しに誘われて紅葉採集。北野天満宮は梅。梅園もちゃんとある。紅葉はすぐ横(一応境内?)の御土居の畔。Cimg2443b_tnaCimg2441b_tnaCimg2444b_tna秀吉が築かせた京都守護のお堀らしい。今は小さな川になっている。その周りに紅葉がみっしり植わっていると言う次第。入場料を払って、Cimg2436b_tnaCimg2453b_tnaCimg2440b_tna土手になった部分を登ると向こう側は赤や橙の海。こりゃすごい。日差しを浴びて輝いている。所々ベンチがあって休憩可能。ちょっと散歩するのにいいかも。無料ならね。っつーか、紅葉の季節以外はフリーじゃなかったっけ?
 日差しを浴びれば鮮やかなのだが、やはりくすんだ感じの色付きなのはここも同じ。

観音寺の護摩焚き

Cimg2403b_tna Cimg2399b_tna Cimg2389b_tna  北野天満宮に向かう途中、参道脇に人だかりがしている。その向こうからは法螺貝の音が聞こえてくる。いつもは静かな参道なのに。Cimg2414b_tnaCimg2415b_tnaCimg2407b_tnaなんだろうと足を止めて見ていると山伏がぞろぞろ出てくるではないか。と言っても数名だけど。よく見るとそこはお寺Cimg2472b_tnaCimg2416b_tna門前には丸太が組まれている。キャンプファイヤー、じゃないよな。祇園祭の時の役行者山と同じだ。
 呪文を唱えながら四方と真ん中に向けて矢を放ち、宝刀で斬りつける。その後、点火し護摩木を方次々放り込む。 最初は住職が、次いで山伏も参加し、最後はギャラリー(檀家?)も山伏から護摩木を受け取り追従。役行者山の時ほどの煙が出なかったのは青葉が少ないせいか。山伏もプロではないようで、あれこれ指示を受けながら右往左往していたのがほほえまし。

月木金

Cimg2493b_tnaCimg2495b_tna  燃えるゴミの日、とかではありませんよ。
 接近遭遇(見かけ上の)のようす。紅葉採集の帰りにお買い物した後、五条新町の陸橋からぱちり。
 見る見る暗くなっていく空に向けてCimg2501b_tnaああでもないこうでもないと条件を変えて撮影しているうちに地球照も見えてきました。暗い空の方がコントラストが付いて見栄えはいいんだけど、条件的にはブレとの戦い。手持ちではなんなので陸橋の手すり載せて撮影していたら、通行人が現れるたびに揺れるんだな。船みたい。
 ケータイでも写るんだが、ブレというよりピントが∞に固定できないのでボケボケ。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »