« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

きょうの桜(京都御苑)とか。

Cimg5122b_tna  御苑に植えられている桜はヤマザクラ、シダレザクラ、サトザクラの三種類。だそうで。ヤマザクラは赤褐色の葉と花が同時に出る。シダレザクラはしだれる。イトザクラともいう。サトザクラは八重。...と言う案内板が出ていた。さて、区別できるかな?(^_^;)

Cimg5109b_tna Cimg5108b_tna Cimg5141b_tna ヤマザクラはつぼみがち。所々で気の早い樹が満開になってる感じ。本数としてはこっちの方が多いので全体としてはまだ早い、かも。

Cimg5113b_tna Cimg5111b_tna Cimg5110b_tna  近衛邸跡付近のイトザクラはまさに満開。滝のような花が流れ落ちる。一本の巨木もあれば、何本かが寄り集まってCimg5117b_tnaCimg5119b_tnaCimg5115b_tna巨大な山脈を築いているものもある。 桜のトンネルになっていたり、傘のように下に潜り込めたりもする。   

Cimg5127b_tna Cimg5125b_tna Cimg5124b_tna Cimg5120b_tna  

 
 
 

Cimg5134b_tna Cimg5132b_tna Cimg5130b_tna  御苑には桃林もあります。
 こちらは満開ちょっと過ぎ。色の鮮やかさは桜より上。でも、全体の華やかさは桜に勝てませんな。

Cimg5139b_tna Cimg5138b_tna  で、この花は何だっけ?

きょうの桜斥候(琵琶湖疎水、鴨川、高野川、賀茂川、哲学の道、祇園白川、円山公園、高瀬川)

 御苑への行き帰りにバスの車窓から見た桜の開花状況。

Cimg5148c_tna Cimg5107b_tna ○琵琶湖疎水
 東大路付近。
 1~2本は満開っぽいけど、ほかはちらほら咲きの樹もある、という程度。

○鴨川
Cimg5153c_tna Cimg5152b_tna  桜がずらりと植わっているというわけではないけれど、咲いている感じはあまりない。遠くに2~3本ピンク色しているのが咲いているのだろうか?

○高野川、賀茂川
Cimg5144b_tna Cimg5145b_tna 今出川の分岐点付近。
 ここも所々咲いている程度かな。

 

○哲学の道
Cimg5147c_tna  白川今出川付近。
 手前は咲き始めてるようだけど、奥の方は、まだ咲いてない?

 

○祇園白川
Cimg5150b_tna  知恩院前付近。
 車で隠れてて見にくいけど、奥の方が満開っぽい。咲いてない樹があるかどうかは不明。一番手前の樹は先々週一番に咲き始めた樹だからもう散っちゃったのかも。

Cimg5151b_tna ○円山公園
 八坂神社西楼門付近。
 咲いてますねぇ。でも、奥の方のくすんだ部分はまだつぼみがちの樹だとおもー。

Cimg5154b_tna ○高瀬川
 四条木屋町付近。
 咲いてます。でも、もっともっと華やかに咲く場所なので、まだまだだな。

噂の現場(関西学習院)

Cimg5106b_tna Cimg5105b_tna  なんか紛らわしい名前なんですけど。
 あくどいっぽい会社や団体の本社って結構下京区にあるんだな。巣窟?

2009年3月30日 (月)

きょうの桜(嵐山)とか。

 抜けるような青空。風もあるけど昨日ほどの冷たさはない。陽射しがあればぽかぽかまではいかないものの暖かめ。やや散歩日和気味。予報によると明日の方が暖かいようだが、青空は今日が勝ちだろう。

Cimg5010b_tna Cimg4998b_tnaCimg4995b_tna  桂川左岸の桜は3分くらいだろうか。この樹は葉っぱも出ているから山桜? 去年、京都新聞が定点観測していたのはたぶんこの樹。右岸も同様にまだつぼみの樹が多い。その中で一本、お見事な樹が一本。こいつは枝垂れだな。

Cimg5007b_tnaCimg5003_stitchb_tna 嵐山本体はまだまだっぽい。全部満開になっても点描画風にぽつぽつとしか色付かないのでホントの所がどうなのかわかんないけど。目を引くのが右側の斜面。めったりと桜色に染まっている。ここを正面から見る為には...。Cimg5036b_tnaCimg5023b_tna嵐山公園の頂上展望台がちょうどよさげ。というわけでやや登山。陽射しが暑い。ようやくたどり着いた展望台は保津峡が一望できて爽快。でも、肝心の対岸の桜は逆光でまぶしい。ん~、午前中に来ないとダメなのか? その先の展望所も更にその先も同様。Cimg5029b_tnaCimg5027b_tna方角的には太陽の側に若干回り込むことになるのだが。公園の終点まで行ったら今度は木が茂っていて対岸が見えない。更に先まで獣道は続くけれど、ここで断念。
 

Cimg5049b_tnaCimg5047b_tnaCimg5051b_tna  公園の桜も所々満開、平均して3分咲程度。梅も健在なのはいずこも同じか。  
 

Cimg5040b_tna Cimg5039b_tna  咲いているのは梅桜だけじゃない。馬酔木も紅白で咲いている。まるでワインだな?   
 

 

Cimg5038b_tna Cimg5037c_tna  赤い巨木はサツキだって。剪定されて膝丈くらいのちっこいのしかイメージできないや。ここでも鳥が蜜を吸うのに忙しげ。

 

Cimg4991b_tna Cimg4989b_tna  渡月橋からは桜だけじゃなく、京都タワーも見えます。

 
 

Cimg5056c_tna Cimg5055b_tna Cimg5052b_tna  帰りに通り抜けた天龍寺界隈もまだまだの樹が多い。しだれ桜が満開という噂もあるけれど未確認。

きょうの桜(菅大臣天満宮)とか。

 お出かけの前に菅大臣天満宮。定点観測だな。

Cimg4966b_tna Cimg4965b_tna Cimg4982b_tna ○桜
 相変わらず2~3分咲き。まだまだこれから。

○梅とミモザ
Cimg4964b_tna Cimg4962b_tna Cimg4980b_tna  梅もまだ健在。飛梅だけじゃなく、他にもまだ花を付けている樹がある。いつまで持つんでしょう? お隣のミモザはやや色がくすんできたような気もするけれど、まだまだ健在。

Cimg4979c_tna Cimg4978c_tna Cimg4975c_tna Cimg4970c_tna ○鳥
 メジロとスズメ。

木嶋坐天照御魂神社(蚕の社)

 京福に乗っていると、蚕ノ社駅のアナウンスの時に三本足鳥居で有名な神社が近くにあると告げる。乗るたびにどんなんやねん、と?マークが車内を飛び交う。飛び交った?マークは駅を出る頃に消え去ってしまう。蒸発速度が速いマークだ。今日はフリー切符があるのでマークが消えないうちに途中下車。

Cimg5064b_tna Cimg5063b_tna  車窓から見える交差点に建つ鳥居は石造りの二本足。ごく普通だ。参道と思しき道路を歩く事数分で境内の入り口にたどり着く。そこにも鳥居がある。木製かな? これも二本足。やはりおかしな所はない。Cimg5068b_tnaCimg5066b_tna 場所を間違えたのかと不安になりつつ境内に足を進める。舞殿と本殿の脇にも鳥居。これも二本足。やはり何の変哲もない。参拝を済ませて脇の鳥居をくぐるとそこには枯れた池だか川だかがあり、竹矢来で結界が張られている。ここかな?
Cimg5075b_tna Cimg5069b_tna  池の真ん中に鳥居というか三角柱の骨格のような石組み。どうやらこれが三本足の鳥居、「石製三柱鳥居」のようだ。一本の横木(島木?笠木?)を三本の足で支えているのかと思った。

 この神社「このしまにますあまてるみたまじんじゃ」と読む。縮めて「木嶋神社」。別名「かいこのやしろ」で、京福の駅名にもなっている。続日本記の大宝元年(701年)4月3日の条に神社名が載っているそうで、それより古い事になる。嵯峨野一帯を支配した渡来系の秦氏が製陶、養蚕、機織の技術をもたらしたので織物の祖神を祀る養蚕神社(こかいじんじゃ)が本殿横にあるので、別名として「蚕の社」と呼ぶようになったそうな。

京福の西陣織電車in車庫

Cimg5080b_tna Cimg5079b_tna Cimg4983b_tna  京福に西陣織の車両が走っているという。全体が西地織りなのではなく、車両のサイドとヘッドにpet繊維で編んだ織物をぶら下げてCimg5093b_tnaCimg5092b_tnaCimg5085b_tnaいるだけ。ニュースに依ると『5月6日まで点検日を除き嵐山と北野両線で運行する。』ということなので、ついでに見ようと、駅員に尋ねたら、今日は走ってないって。確認の電話を入れるのに使った電話機が手回し式。あるんだな、そういうの。

Cimg5089c_tna Cimg5088b_tna Cimg5087b_tna  嵐山の帰りに西院駅のそばにある電車基地を覗いてみると、それっぽいのがいる。こいつか。

Cimg5083b_tna  で、駅に張ってあったポスター、「嵐電饅頭」。期間限定?
 嵐山駅では常時販売だけど、御室仁和寺駅での販売が限定なのか。

2009年3月29日 (日)

きょうの桜(醍醐寺)

 投票のあと、天気もよくなってきたしどこか花見でもと醍醐寺。昨日の開花情報はNHKは「満開」、京都新聞電子版は「一部満開」と微妙な表現。満開やないのはどのへんやねん、と画面に突っ込みながら醍醐寺にロックオン。

Cimg4843c_tna Cimg4831c_tna  確かに、境内の通路から見える桜はまだつぼみがち。一部咲き始めから5分くらい咲いている樹もある、といった程度。フライングしたか、とやや悔やみつつ有料区画へエントリー。

三宝院
Cimg4837b_tna Cimg4842c_tna 門をくぐったとたん枝垂れ桜がドンと一本お出迎え。既に満開。横に広がった枝からたわわに花がこぼれ落ちるよう。ここは庭園が有名なんだけど、残念乍ら撮影禁止。庭の桜はまだつぼみ。

霊宝館
Cimg4863b_tna Cimg4855b_tna Cimg4849b_tna  いわゆる宝物殿ですな。でも、みんなのお目当ては(たぶん)桜。枝垂れとソメイヨシノ系が半々。ソメイヨシノ系は8割方ほぼつぼみでCimg4859b_tnaCimg4846b_tnaCimg4860b_tna咲いているのはごく一部。でも、枝垂れが満開。ここも見事な枝振りの巨大枝垂れが奥に鎮座している。醍醐寺全体が桜の宝庫だけど、Cimg4882b_tnaこの霊宝館が一番桜密度が高そう。JRだかどこだかのCMに使われた樹もここの桜だとか。公開されていない裏庭にも天を突くような枝垂れが咲いている。境内の通路から拝む事ができるのだけど、北から見ることになるので常に逆光気味で残念賞。納められている仏様は平安時代に造られた像が多くありがたさは格別。なんだが、その隣の間には桜や紅葉の写真が展示してあってとっても現世的なんだな。

Cimg4915b_tna醍醐寺(というか金堂・五重塔)
 境内の一番奥に金堂や五重塔がある。更に背後の山の上に上醍醐が控えているということなのだが、山道を登る事1時間だそうなので、未踏。
 ここも枝垂れが満開。Cimg4904b_tnaCimg4897b_tnaCimg4895b_tna五重塔をバックに枝垂れが花を降らせる。その横では滝のように花が流れ落ちる大枝垂れ。金堂の横では花火のようにこんもりと。こういう巨木は古刹ならでわかな。

○境内通路
Cimg4830b_tna Cimg4832b_tna Cimg4833c_tna  三宝院を左に、霊宝館を右に、真ん中を醍醐寺に向かって貫く通路の両脇も桜並木。だけど、枝垂れではなくソメイヨシノ系(たぶん)Cimg4880b_tnaCimg4876b_tnaCimg4883b_tnaなので、まだまだつぼみが大半。そんな中で気の早い樹が咲き始めている。彼らの見頃は来週末だろうか。その頃には暖かくなっていればいいんですけど。今日はだんだん陽射しが戻っては来たものの風が冷たくて寒かった。

○おまけ
Cimg4869b_tna Cimg4889c_tna 境内通路の桜には鳥たちが集まって蜜を吸っている。巨大な樹のてっぺん付近で遠目には種類が分からず漠然とまたメジロか?と思っていたのだが、色が違うっぽいし、やけに毛羽立っている。あんただれ?
Cimg4935b_tna Cimg4934b_tna  境内では壁の修理工事中。そういや去年来た時は崩れそうな壁に驚いた、ような漠然とした記憶が。その工事の臨時の囲いは竹模様に青葉模様。もしかして景観に気を遣っている、のだろうか?
Cimg4937c_tna 最寄り駅からのバスはマイクロバス。醍醐コミュニティバスというそうで。まんまるっこくってなんかかわいい。

きょうの桜(修徳公園)

Cimg4822b_tna Cimg4821b_tna  今日あった市議補選の投票所の庭が公園になってる。桜も植わっているけれど、ほぼつぼみ。咲き始めというのかな?

きょうのライトアップ(清水寺)

Cimg4948b_tna Cimg4942b_tna  花見のあと、五条新町の陸橋を渡っていると、東山から光条が。ライトアップですな。夜間特別拝観中。聞く所に依ると境内の桜は蕾堅し、だそうですけど。

2009年3月28日 (土)

GoogleApps(まずはお試し)

 今使っているiijのメアドの期限があと1年に迫ってきたので移行先を物色中。素直に後継のjjimioのアドレスを使うか、自前のドメイン+レンタルサーバにするか。iijmioはお仕着せのドメインになるし融通は利かないけれど、安定性は問題なさげ。独自ドメイン+レンタルサーバならメアドは自由に造る事ができるけれど、安定性は不明。手持ちの独自ドメインもやや決定打に欠けて愛着が持てないし。と逡巡戦国時代。
 とりあえず、あちこちに分散しているドメインのレジストラを一箇所にまとめてみた。レジストラでレンタルサーバもやっているのでそこにメールもWebも集約するか。と考えている時にGoogleAppsなるサービスが目に留まった。というか、前から気になっていた。のでお試し。独自ドメインの下にメールもWebも統合できるらしい。Gmailは捨てアド用にいくつか使っているのでその延長かな。無料サービスは信頼できないのでメインのメアドにはできないけれど。現実逃避の一種か。

○コンセプト
 企業など、複数のユーザが相互に情報を共有する為のもの。
 一つのドメインの下に複数のユーザ(=メアド)を登録できる。50ユーザまで無料。
 個人で利用するならGmailのアカウントでもサイトは開設できるので、メール+Webだけならそれでいいのかも。(他の機能が使えるかどうかは未調査。)

○ドメイン設定
 間違いなく独自ドメインの所有者が登録しようとしている事を確認する為に、DNSにCNAMEレコードを登録させる。Googleから指定されるランダムな名前「googlehogehogefugafuga」みたいなホストを「google.com.」に振り向けさせる。Google側でgooglehogehogefugafuga.example.comを引いてgoogle.comに向いているかを調べるようだ。

○Web(サイト)
Ggatsc_tna WebのURLはドメインのサブドメインに限定される。たとえば「example.com」そのものをURLとすることはできず、「www.example.com」とかにすることになる。Webページもドメイン直下に置く事ができない。「http://www.example.com/」ではなく「http://www.example.com/urya/」とかになるわけだ。
Ggakkc_tna  設置できるページもファイルをULするのではなく、エディタを使ってオンラインで作成する。画像も置けるがcgiは置けないようだ。ココログに近い感じ。容量が100MBなので大したものは置けない。
 編集権限を管理者だけに限るかドメインのユーザ全員に与えるか選択できる。全員に権限を与えればWiKi的に使えそう。
 独自ドメインで開設しても一旦アクセスしたあとはgoogleのURLになってしまうので、独自ドメインはポータルだけであまり意味はない。
 公開先をドメインのユーザに限定するか否かの設定ができる。非公開にして、ドメインにログインせずアクセスするとアクセス権なしの旨表示される。サイトの存在をステルス化できるわけではない。
 サブドメインを使い分けるなどして、ユーザをグループ化してアクセス権を制御するという事もできないようだ。ドメインに属するユーザは管理者とそれ以外という区別しかない。

○メール
 DNSにMXレコードを追加してメールをGoogle(Gmail)のサーバに向けさせる。
 ベースがGmailなので、使い勝手はよくない。悪評高いスレッド表示は解除できないし、自分宛のメールは(見かけ上)届かない。POP受信できるメールも数百通が上限になるので、WebかIMAPでメールを読む必要がある。
 使えるとしたらML(メーリングリスト)だろう。サイト内のユーザやGmailユーザ以外にも外部ユーザを登録できるので、無料MLとしては使えるかも。広告も入らないし。但し、Subject: に固有の文字列を入れたり、通し番号を打ったりはできないようだ。

○カレンダー、チャット、ドキュメント
 設定を見たのみで、実際には試してません。
 ドキュメントはWeb(サイト)と同様にドメイン外部に対する公開・非公開の設定ができる。カレンダーについては空き情報(予定のない時間帯?)のみ公開するか、全て公開するか、外部ユーザにも変更(書込)を許すかという選択肢がある。非公開の設定ができるかどうかは未確認。

 Googleというと、デスクトップやツールバーなどの情報漏洩型のソフトもあり、これらは使わない方がよいだろう。その意味ではサーバにデータをUL するGoogleAppsも同様だし、(類似のサービスで?)問題が起きてはいるようだ。全てのデータを置かざるを得ないローカルPCと違って、サーバに置くデー タは選ぶ事ができるので、大事なデータを置かないというルールを守れば悪くないサービスかも。
 何かのグループで連絡用にML+Web+カレンダー+チャット+ファイル共有を使うといいのかも。一人で試してみてもおもしろくない。誰か試してみる?

きょうのきょう(選挙戦終了)

Cimg4718b_tna  選挙が局所的だったせいか、結構頻繁に宣伝車が回ってきていた。車で流しながら名前を連呼するだけで何が分かるのか、とも思うのだが。道を歩いていたら、ポスターをベニヤ板に貼り付けたみたいな看板を掲げて街角に屯している集団や、デモよろしく口々に何か叫びながら行進している集団も現る! こっちの方は怖かった。思わず目をそらしながらよけて通った。何も伝わらないと言う点では同じ。数の(暴)力は民主主義の基本ではあるけどねぇ。

 画像は先日のJR大阪駅南東の信号機。カウントダウンする信号機はここが発祥だったような。

2009年3月27日 (金)

きょうの桜(菅大臣天満宮、綾西児童公園)とか。

 あちこちで桜が咲き始めて、 開花ハンティングがおもしろい時期。なんだが、寒すぎ。風に身を切られるようで歩き回るのは断念。なので、お買い物の道すがら、のみ。

○菅大臣天満宮
Cimg4812b_tnaCimg4811b_tna Cimg4810b_tna  桜はちらほら咲き。
 空が青くないと言うか、照ったり降ったりでいまいちだったけど、雲に負けず淡いピンクが陽射しを浴びて輝くCimg4807b_tnaようですな。
 ミモザはこれで満開なんだろうか? この2週間ほどは咲き進んだという感じがない。いや、これでも十分鮮やかできれいですけど。城南宮参道に咲いていた花はこの何倍も花弁を伸ばしてふわふわだったような...。
Cimg4815b_tna Cimg4814b_tna  梅もまだ咲いてます。飛梅。12分咲きくらいかな。さすがに咲き終わった花もいるようで。東風ではなく今日は北西風、に吹かれて匂いはおきているか?

○綾西児童公園
Cimg4819b_tna Cimg4817b_tna  改装なった児童公園。子供たちが走り回り、キャッチボールなどもしていて、オヤジとしては立ち入りにくい場所でもある。その隅で桜が二本。こちらもちらほら咲き。淡いピンクの花に淡い水色の空。

噂の現場(うずら卵)

 ここはホントの現場ではないんでしょうけど。近所のスーパーの貼り紙。

F1062476a_tna  うずら卵って、ざるそばには必須アイテムだけど、他ではあまり見かけない。お弁当に入っているか、フライ(串カツ?)になっているくらいだろうか。「制限区域」と限定されているから風評とはちがうようだ。というか、風評だろうと根拠がなかろうと不安なものは売らないで欲しいという気がする。中国製品を置かない店とかがあっても良いのと同じなのでは? それでは生産者は堪ったものではない、というのが公式見解なんでしょうけど。

2009年3月26日 (木)

きょうのきょう(冬の空)

 降ったり止んだり照ったりめまぐるしい。降るものこそ液体だが真冬の天気パターン。

Cimg4699b_tnaCimg4618b_tna  画像は先日の映画村の風景。三杯型風速計。懐かしいな。今は風車型風向風速計が主流かと思った。中学の頃にはビューフォート風力階級とか懸命に覚えていたっけ。タクシーのプリペイドカードなんてあるのね。何万円とかの券がないとあっという間に残額が底を突いてしまいそうだが。

2009年3月25日 (水)

きょうのきょう(停電は騒がしい)

 お彼岸が明ける頃からぐぐんと冷え込み。暑さ寒さも彼岸まで。春のお彼岸から寒くなってどーする。今日も雨上がりで透明度の高い陽射しが降り注ぐ、くせに風が冷たくて台無し。

Cimg4446b_tna 下京区だけ市議の補選があるそうで、局所的に騒々しい。ポストに候補者だか政党だかのゴミが入るようになったし。もう公示されたようだが、公示前から確かな野党の候補が街宣活動していたのは違反じゃないのかね?

 夕方、お買い物に出かけると南東の空をヘリが行ったり来たりしている。何機かいるのか、旋回しているようでもある。この空域は時々ヘリが旋回しているのだが、最近はあまりなかったな、と思いつつ帰ってからWebニュースを見ると、京都駅ビルが停電していたって。気付いた時には復旧していたし、余りにも風が冷たくてもう外に出たくなかったので噂の現場は観測せず。

Cimg4803b_tna 数日前に届いていた日経サイエンスの封を開けると、背表紙のある本が出現。表紙の手触りもややザラザラしている。一瞬、岩波科学かと思った。にしてはでかいけど。出世かな? 5月号からというのもやや中途半端だけど。

焼き芋屋の予定

Cimg4482c_tna Cimg4481b_tna  一週間ほど前の焼き芋屋の店先の様子。
 今シーズンの営業は残す所あと一週間ですな。3月で終わるのは里むすめの出荷が月末で終わるからっぽい。収穫が本格的に始まるのは8月下旬だとか。7月に試し掘りをする所もあるようなのでそれを使うのだろうか?

2009年3月24日 (火)

阪急さくら号

Cimg4716b_tna  甲子園に行くのに烏丸から梅田まで乗った阪急の特急。何故か「さくら号」と銘打たれている。これに乗って花見に行けということか? 昔から京都線の特急車両は2ドアのクロスシート車と相場が決まっていたのだが、最近はそうでもないらしい。 この車両は3ドアのクロスシート車。Cimg4714b_tnaCimg4713b_tna2ドア車と3ドア車のどちらが来るのか、梅田駅ではアナウンスも表示もされていなくてどこに整列すればいいのか、ダイヤが頭に入ってない限りわけわかめ。
 で、この車両、ドアの上にLCDモニタがあって停車駅情報や広告を表示している。山手線みたいだ。

阪神難波線

 20日開業した阪神難波線。いや、まだ乗ってません。昨日甲子園へ行く途中で見かけた難波線なモノ。

Cimg4721_stitchb_tna 運賃表は横にずらりと長くなってる。真ん中の青い部分が阪神。左側の緑は山陽乗り入れ区間、右の赤い部分が近鉄乗り入れ区間。盲腸線だった西大阪線が本線以上に長く延びてしまった感じ。

Cimg4800b_tna Cimg4798b_tna  甲子園の駅にも「難波・奈良」の文字が。以前は「西九条」だった(筈)なのに。この縦横縞な塗色が難波線色なんだろうか? いつかは完乗してみよう。甲子園の帰りに一部だけでも乗ってみようと思っていたんだが、あまりの寒さに凍えて断念。

Cimg4799b_tna  難波線とは関係ないけれど、尼崎駅には煉瓦造りの建屋が残ってる。真ん中の低めの2棟ね。西宮駅にも煉瓦造りの変電所があったのだけど、阪神大震災で倒壊してしまった。尼崎は無事だったようで。

2009年3月23日 (月)

春はセンバツから

Cimg4736_stitch2b_tna  …とはいいつつ、開幕前に春から初夏の陽気がやってきて、開会式の後は冷え込んだりぐずついたりいきなり順延してるし。球場のリニューアルがほぼ終わったというので検分。

Cimg4772b_tnaCimg4727b_tnaCimg4725b_tna 外観は煉瓦になってる。大半は工事中と同じ蔦の葉模様のパネルで覆われている。高校に養生を委託していた蔦の苗を外壁沿いに植え始めたと聞いていたのだけれど、どこに植えたのかは不明。パネルの内側に植わっているのだろうか? 

Cimg4782b_tna Cimg4744b_tna 内野席の銀傘が左右に広がり、スタンドの中に立っていた支柱がなくなって死角がなくなった。銀傘下に二階席が設けられて、二階席の縁は横に長~い電光掲示板になってる。TVのニュース映像ではタイガースを応援するメッセージが走っていたんだけど、今日は試合開始前に前の試合の結果が表示されていただけで、試合が始まると何も表示されなくなってしまった。
Cimg4750b_tna Cimg4747b_tna 銀傘同様、外野の照明灯も観客席のど真ん中に突っ立っていたのがスタンド最上段に移されてすっきり。座席もやや良くなったような。中段には車椅子専用席なんてのも新設されている。ここまでどうやって車椅子を運び上げるのか? エレベーターがあるらしいのだが、気付かなかった。Cimg4732b_tnaCimg4731b_tnaスタンドの階段の大きさや段差が微妙にまばらなのは相変わらず。歩きにくいぞ。
 以前、外野スタンド裏の1階はスタンドに通じる通路が放射状にあるだけで、横方向に移動はできなかった。それが改修でずど~んと通路が貫きCimg4768b_tnaCimg4769b_tnaトイレだの売店だのができている。以前は(たぶん)なかったスタンド裏の2階ができていて、トイレ。3階は相変わらずだけど、密閉型の喫煙所が儲けられているのは進歩だ。以前は通路に灰皿が置いてあるだけで、辺り一面もうもうとしていたもんな。

Cimg4770b_tnaCimg4778b_tnaCimg4780b_tna  バックネット左横のカメラマン席は相変わらず超望遠レンズの放列。ビールの売り子と供に民間の警備員が循環している中で、その下のスタンド脇では警察官が警備中、なのか観戦中なのか?

Cimg4752b_tna  で、試合は...。特に選ばずに行ってみたら京都代表福知山成美対国士舘の試合。福知山は1塁側。最初1塁側の席に座って見ていたら、1回、2回と続けて得点を入れる。3塁側のスタンドの様子も見ようと3塁側に回ったら、 国士舘が得点を入れて、同点。 こりゃいかん、と1塁側に回ったところで寒さに耐えきれず撤退。Cimg4754b_tna北風が強くて寒い寒い。寒の戻りか花冷えか。身体の芯まで冷えてしまった。その後、15回まで延長してようやく福知山が勝ちを決めたらしい。最後までつきあわなくてよかった。

<追記>
 子供の頃、春の甲子園というと開会式の時には外野の芝生がまだ黄色っぽく寒々としていた。それが、試合が進むに連れて青みをまし、決勝の時にはすっかり青くなっている。と言うのがパターンだった。「春はセンバツから」と言われる所以だ。今は開会式の時から既に青い。芝生としては優秀なんだが、季節感がない。なんでや、と思ったら...。「昭和57年から芝生の二毛作(ティフトンをベースにペレニアル・ライグラスをオーバーシーディング)に成功し、一年中緑のじゅうたんをお目にかけることができます。」だそうだ。ふ~ん。

2009年3月22日 (日)

さては南京玉すだれ

Cimg4598b_tna  「ア、さて、さて、さてさてさてさて、さては南京玉すだれ」の口上で芸を始める南京玉すだれ。子供の頃TVで見て「すごい技術だ」と感動し、家にあった巻き寿司用のすだれで試みるも敢えなく玉砕した苦い思い出がある。南京玉すだれ専用のすだれがあるという。大きくなってからはあまり見かけなくなったこの芸、昨日行った映画村のアトラクションでやっていた。何年ぶりだろう、というか生で見るのは初めてかも。そういえば、江戸時代に日本で発明され、一旦廃れていたのをここ映画村で桂小枝が再興したと言う話を聞いた事があるのだが本当だろうか?
Cimg4663b_tna  何度見てもすばらしい。タネがないだけに下手な手品より感動的。これに対抗できるのは早野凡平の帽子芸くらいなものだろう。アトラクション自体は数種類の造形で終わったのだが、その後視聴者(?)の一人を前に出して手ほどきをしている。これで大凡の原理は理解可能。売店ですだれも売っているというので、早速購入して帰還。どこだかの観光地でも売られていたような気もするんだけど、買ったのは初めてだな。

Cimg4708b_tna  すだれは遠目には普通のすだれと同じだが、一本一本の棒に穴が開き、紐が通されていて、隣の棒を回って還って来て結んである。一見、チェーンステッチのような。隣の棒を回り込む時に、穴より棒の重心寄りを通るようにしてある。反対の端も同様に穴と紐で結わえてあって、回転対称になるように反対側の棒と結わえられるような結び方をしてある。一本の紐できつく縛ってある普通のすだれとはこの点が違っている。
 こうやって編む事で、棒が一方向にはずれるが反対方向には(所定の位置以上に)ずれない構造が出来上がる。右上の画像では、棒は左隣の棒に対して下方向にはずれるけど、上方向にはずれない。これで右下を下にと左上を上に引っ張れば平行四辺形からほぼ一本の棒状に延びる事になる。その状態は「釣り竿」という一つの完成型である。

Cimg4711b_tna Cimg4710b_tna  極限までずらせると上下の結わえ目が重なり、結わえ目を支点として手前に180°回転させる事もできる。一部だけをずらせて回転させると日米国旗にさも似たり♪。

 「口上」こんな感じ。(つっつくと音がします。)

きょうの閉店(元祖海鮮ちゃんぽん平戸京都店)

Cimg4705c_tna Cimg4704b_tna  九州の人は時々長崎チャンポンを補給しないと体が保たないそうです。チャンポンを出す店はいくつもありますが、味にうるさいらしく、お眼鏡に適うお店は少ないとか。京都の名店、元祖海鮮ちゃんぽん平戸京都店は2009/2/24をもって閉店しております。「長崎県平戸市の本店だけの営業とさせて頂きます」というあたりが本場だった証か。

2009年3月21日 (土)

東映太秦映画村

Cimg4674b_tna  名前だけはよく聞く映画村。京都の名物の一つらしい。考えてみたら、京都の名所って昔からあるものが殆どで、最近新に造った名所というのはあまりないのかも。テーマパーク系はあまり得意ではないものの、一応京都に住んでいたというアリバイに一度行ってみようかと、快晴の空にも誘われてお出かけ。

Cimg4544c_tnaCimg4541b_tna 場所は京都の西の外れ。 広隆寺の裏手に広がる。市バスや京福、JRからもちょっと遠目。唯一京都バスが門前まで行っている。京都バスは一日券が使えないので、総合点としてはやや不便気味かも。

Cimg4545c_tna  昔、といっても昭和の御代だけれど、京都は映画の町だったらしい。今でも古い寺や町並みがドラマの舞台としてよく使われているが、以前は撮影所があちこちにあったとか。そんな撮影所の(最後の?)一つのオープンセットをテーマパークと兼用して解放している。ということみたい。デズニーランドが夢の国を演出して舞台裏を決して見せないのと対照的に、ここでは夢の世界の舞台裏を売り物にしているというわけだ。いろんな商売のやり方があるんだな。

○江戸時代
Cimg4570b_tnaCimg4583b_tnaCimg4560b_tna 「入場」と言わず「入村」と言うんだって。中に入って先ず向かうのはオープンセット。気分は江戸時代。案内板にはCimg4552b_tnaCimg4567b_tnaCimg4606b_tna「只今制作中の番組」なんてのが掲示されている。終了した番組も載っているのは何故?古くは銭形平次だの東山の金さんなんかのCimg4593b_tnaCimg4585b_tnaCimg4586b_tna番組で見慣れたセットもある。残っているのか作り直したのかは不明だけど。池田屋は何軒もあったりするし。門標(?)が何種類も置いてあったり、家の裏と表でのれんが違ったりするのは如何にも使い回しするセットらしい。
Cimg4654b_tnaCimg4622b_tnaCimg4621c_tna 建物が江戸時代なだけじゃなく、アトラクションの呼び込みや、村の関係者も和風だったり。時々、街角でチャンバラCimg4559b_tnaCimg4558b_tnaをやっていたりもするし。ふっとワンシーンだけ見るとタイムスリップ感が味わえる。歩いている江戸時代な人が皆関係者かというとそうでもないみたい。着物から鬘、化粧に至るまで扮装をさせてくれるサービスもある。結構勇気が要りそうなんだが...。

○明治以降
Cimg4634b_tnaCimg4628b_tnaCimg4627c_tna 撮影する舞台は江戸時代だけじゃない。ってわけで明治以降のセットもちょろっと。撮影用と言うより純粋に(?)見せ物っぽい。古くなった小道具を陳列している、のかも。一槽式の手回し脱水機(搾り機?)付き洗濯機なんてのはかなり懐かしいぞ。小学校に上がるか上がらないかの頃に実家にあったような。お手伝いを始める頃には二槽式になってたので、使った事はないけれどさ。

○未来?
Cimg4602b_tnaCimg4604c_tna 江戸時代に囲まれた池の中からは時々怪獣が顔を出す。ガオーッとか吠えながら煙を吐き出す。時代考証的にはどうなんでしょ? いきなり現れるので結構びっくり。犬はもっとびっくりしていて盛んに吠えかかっておりました。勝てるのか?

○現実
Cimg4670b_tnaCimg4658b_tna クローズドセットというかスタジオ自体は村の奥にあって立入禁止。一部のスタジオが二階から覗けるようになっている。見学用のスタジオも用意されていて撮影の様子をコントで見せる。ここが一番の舞台裏だろうか。ドリフ風のコントで笑わせてくれる。
Cimg4689b_tna 資料館のような所には往年の撮影・映写機材や監督、俳優の遺品、トロフィー、顔写真も。ファンにとってはたまらない場所なんだろうけど、あんまり思い入れのある映画や俳優がいないので素通り気味。「16mm映写用エンドレス装置」は水銀の遅延線を彷彿とさせる。フィルムが切れそうでハラハラ。

○いみふめ
Cimg4642c_tna Cimg4641c_tna Cimg4640b_tna  撮影するのはドラマや時代劇などの現実味のある(?)番組だけではないらしい。戦隊ものというのかヒーローものというのか子供向けのCimg4644b_tnaCimg4637c_tna実写モノも扱っているようで、 本館にはその手のモデルがいっぱい置いてある。さすがに子連れの親子だらけで1000%遊園地状態。握手会には行列が。正直な所、初代仮面ライダー世代ながら殆ど興味がなかった私には目が点になるばかりなり。

○おまけ
Cimg4617b_tna Cimg4619b_tna Cimg4542c_tna  村内にはあちこちに飲食店や出店があるので、歩き疲れたら一休みできる。結構広いので足腰に結構来るかも。ま、フツーに遊園地の飲食店なんだが、ネーミングには一応コッテはあるようで。

 再建されているとはいえ、由緒が平安時代に遡るような名所がゴロゴロある京都の街で、明治維新なんてつい先日、江戸時代は最近、という感じで「今更時代劇?」と思っていたのだが...。実際に実物大のモノがあって、人も動いている場所というのは興味深く見て回る事がでた。映画に思い入れのある人なら資料館を見て涙するのではないだろうか。アトラクションも、もっと寂れて寂しいモノを想像していたら見事に裏切ってくれて合格点かと。セットをさらっと見て終わり、みたいなつもりで行ったら半日たっぷり入り浸ってしまった。リピーターになるかどうか、平日もこのにぎわいがあるかどうか、は微妙だけどね。

きょうの桜(東映太秦映画村)とか。

Cimg4680b_tna Cimg4679b_tna Cimg4678c_tna  東映太秦映画村の桜と柳。
 横のお城からは忍者がするすると空を飛んでおりました。 

Cimg4650b_tna  

2009年3月20日 (金)

ごじょうぎぼし最中

 

F1062454a_tna  餅は餅屋の幸福堂。の、銘菓「ごじょうぎぼし最中」。
 並盛りと大盛りがあって、並盛りは普通の最中。大盛りは同じ皮の中にあふれんばかりのあんこを詰めてある。 そのままではホントにあんこが溢れ出すので、ゼラチン(?)でシールしてある。...というのはCimg4497b_tnaCimg4495b_tnaCimg4494b_tna以前から知っていたのだけれど、おのおの名前があって、並盛りは「牛若丸」、大盛りは「弁慶」。というのを先日店を訪ねて初めて知った。

 店のディスプレイにCimg4434b_tnaCimg4433b_tnaCimg4430b_tna使われていた牛若弁慶像は五条大橋西詰めの中央分離帯に設置されている。...筈だが、行ってみると工事中で道路脇の公園にPict3024a_tnaPict3084a_tna移設されていた。その名も「牛若ひろば」。ここでもいいのかも。

 移設前の牛若弁慶像はこんな感じ。ホンモノの五条大橋の擬宝珠の方がスマート?

きょうのモニュメント(鴨川)

 昨日、川端通四条上ル付近でみかけたモニュメント。

Cimg4536b_tna Cimg4535b_tna Cimg4534b_tna ○京ゆたかなもの雅碑
 しだれ桜、だそうです。桜花模様の桜のつぼみ。結構凝ってる、かも。

Cimg4538b_tna Cimg4537b_tna ○出雲の阿国
 歌舞伎の発祥の地がこの四条河原らしい。

悪王子社

Cimg4488b_tna  名前だけ聞くとオーメンか何かのように思えるけど、素戔嗚尊の称号らしい。「悪」には強いという意味もあったのだろうか? 祇園祭で山鉾が巡行を始めるのが四条烏丸~四条東洞院のあたり。今は四条麩屋町に張られている注連縄が昔は四条東洞院に張られていたらしい。その関係でここに悪王子社が祀られた、ということか。
Cimg4487b_tna  その後、秀吉の命で五条烏丸に移転し、この地が「元悪王子町」移転先が「悪王子町」と呼ばれるようになって現在に至る。明治十年に悪王子社は八坂神社の摂社として境内に移転してしまって悪王子町にもご不在。それを平成十年にこの発祥の地に分霊を祀る事になった。...そうな。

2009年3月19日 (木)

きょうの桜(白川、鴨川)とか。

 最高気温が23.9℃。曇りがちな割に気温が高い。と思っていたら、桜の開花宣言が出ていた。祇園界隈も咲き始め。

Cimg4508b_tna Cimg4507b_tna  知恩院そばの白川ではずらりと並んだ桜の中で2~3本が花開いている。中でも一番上流側の樹が一番早い。遠目にはまだまだなので、花見にはなりそうにない。

Cimg4522b_tna Cimg4521b_tna Cimg4518b_tna  更に下流、巽橋付近もまだまだつぼみ。遠目には枯れ木状態。そんな中で枝垂れ桜が咲いている。観光客もまだCimg4529b_tnaまばらでCimg4520b_tna外人さんが大半っぽかった。 その枝垂れ桜の下では袴姿のモデルさんがポーズを取って撮影中。かと思ったら、卒業式の記念撮影らしく、「ご両親も一緒に」とか言っている。そういうシーズンでもあるんだな。

Cimg4533b_tnaCimg4531b_tnaCimg4532b_tna  白川が鴨川にそそぐあたりにも花が。桜じゃないよなぁ。

 他にも、東大路が琵琶湖疎水を渡る橋のそばにも桜(たぶん)が咲いているのをバスの窓からちら見しましたぁ。

見た事ない?

 ドラマのロケで使われていそうな風景。

一本橋(行者橋)
Cimg4506b_tna Cimg4498b_tna  奥に見えている細い橋がそれ。比叡山で千日回峰行を終えた行者が京の町に入洛する時に最初に渡る橋。手前の川に張り出したテラスでヒロインが真実を告白する、みたいな。おっきめの太鼓橋は知恩院の参道の一つ華頂道。

Cimg4512b_tna Cimg4513b_tna○祇園新橋
 花見小路通と並んで祇園を代表する風景。
 和服に日本髪、な人が歩いているとピッタリ。

辰已大明神
Cimg4515b_tna Cimg4514b_tna  「辰巳大明神」だと思うんだけど...。
 ここもさりげなく背景に使われたりする場所。次の巽橋から移動するシーンが多いかも。朱色の柵がポイントか。

巽橋
Cimg4527b_tna Cimg4517b_tna  辰已大明神のすぐ横の白川に架かる橋。
 CMにもよく出て来ますな。
 時々青鷺が上空を飛び越えます。

みたぞみたぞ(白川の鳩)

Cimg4503c_tna Cimg4502c_tna  昨日はキスシーンを撮影しようとしたらにらみつけてきた鴨川の鳩。白川の鳩はオープン。別に怒ってはいないようでした。もしかしてR18?

2009年3月18日 (水)

五条河原

Cimg4464b_tna Cimg4404b_tna  昨日に引き続いてぬくい。最高気温は23.1℃だったそうで。黄砂が和らいで空もやや青さを取り戻した感じ。日差しも柔らかでお散歩日和。風が強いのがやや難点だけれど、以前のように冷たくはないのでまあいいかと。で、五条河原から三条河原までお散歩。

○鴨川の鳥たち
Cimg4422c_tna Cimg4408b_tna  川には鳥がいっぱい。といっても川面を埋め尽くすほどびっしりいるわけではないけれど。鳩や烏はもちろん、鴛鴦(おしどり)や鷺、などなど。鷺は白、青、黒と各種揃っていたりする。水鳥が時々Cimg4459b_tnaCimg4455b_tna潜っては魚を獲っていると言う事は魚もいるわけで。実際、水から顔を出した黒鷺(たぶん)がびちびち跳ねる魚を銜えていたりする。一抱えもありそうな鯉だか鮒だかがビシッと川面から飛び上ル事も。釣り人もいるからそれなりに栄えているらしい。Cimg4417c_tnaCimg4416c_tna
 河原の鳩は人を見ると寄ってきてちょっと離れた所から様子をうかがう。なんか食い物をくれないかな?ってか。追いかけっこしたりじーっと川を眺める奴も。そんな中に八幡様状態の鳩がいてました。こいつら、くちばしをくっつけて何やらしてたりもする。エサを受け渡しているのか?キスって事はあるまいな。と、カメラを向けていたら「何見てんだ!」とばかりにこちらを振り返って睨まれた。

Cimg4465b_tnaCimg4461b_tna ○あれこれ
 夏に現れる納涼床。シーズンだけ建設される臨時の人工地盤。普段は跡形もないようだけど、土台は残っていて鉄骨をつなげばいつでも復活できるようになっている。
Cimg4466c_tna Cimg4467b_tna 河原の遊歩道にも何やら穴が。四条通にあったのと同じような四角い穴。「4F」とか「3F」とか書いてあるのも同じ。なんなんでしょ?

○河原の標識
Cimg4462c_tnaCimg4457c1_tnaCimg4457c2_tna というか看板? よく読んでからお越しくださいまし。

きょうの桜(松原通、鴨川)とか。

 陽気に誘われて鴨川。花見に出かけたつもりはないのだけれど、そこここで見かけた花。

○御幸町松原上ルの民家の桜
Cimg4398b_tnaCimg4396b_tna 咲いてますねぇ。新町通と言いここと言い、民家の桜が早いみたい。偶然かな? 昨日よりは青くなった青空に飛行機雲二筋。京都上空は航空路がひしめいているらしく、網の目のように飛行機雲が残っている事も。

Cimg4400b_tna Cimg4399b_tna ○木屋町通の桜
 高瀬川に沿って植えられているさくらはまだつぼみ。ライトアップ用の照明器具はスタンバイしてるんですけどね。

Cimg4427b_tna ○鴨川の謎の花
 椿をちっこくしたような。梅じゃないよねぇ。

 

五条児童公園のコブシ
Cimg4441b_tna Cimg4436b_tna Cimg4444b_tna 五条大橋西詰にある公園。対岸から見ても目立つ白い花満載の樹は何かと立ち寄ってみたらコブシでした。牛久のハナミズキ通にも咲いていたっけ。
 青空をバックに真っ白の花が日差しを浴びてまぶしいくらい。

きょうのでぶや?

Cimg4471b_tna Cimg4469b_tna  五条河原から三条河原まで歩いてその後お買い物をしようと新京極に向かって歩いていると六角裏寺町を西に入ったあたりで人だかりがしている。なんじゃらほいと見ていると、カメラにおっきなマイク。撮影らしい。先頭を歩くのは、「まいう~」の石塚さん。吸い込まれるように「日本一の鰻、かねよ」(どこからが店名?)に入って行っちゃった。
Cimg4477b_tna Cimg4476b_tna Cimg4475b_tna  お買い物を終えてから店の前を覗いてみると、ちょうど撮影を終えたらしく、お店から出てきた。カメラは石ちゃんを捉えてはいないけれどお店の人から熱心に話を聞く石ちゃん。話ながらのスマイルはTVで見るそのまま。最後にお店の人に丁寧に頭を下げて挨拶をして悠然と去っていきましたとさ。いいなぁ、身も心もゆったり感。

2009年3月17日 (火)

きょうの桜(菅大臣天満宮)とか。

Cimg4385c_tna  陽気に誘われながらも保険の担当者が来る合間を縫って慌ただしくお買い物。のついでにご近所で花見。お宮さん入り口のというかお隣のミモザはまだ満開にはなってないっぽい。もっと花弁(?)がわさわさ延びるはず。つぼみ(?)も残っているし。それでも蜂が蜜だか花粉だかを集めるのに忙しい。
Cimg4382c_tna Cimg4380c_tna Cimg4377b_tna  境内の桜はまだつぼみ。でもちょっと膨らんできたかな?開花予想は来週後半ですけど、着々と準備を進めている感じ。

きょうの霞

Cimg4391b_tna Cimg4394b_tna  最高気温は20.8℃。初の20℃越えらしい。ぽかぽか。今までにも暖かい日はあったが、風が冷たかった。今日は風もぬるんでさすがに彼岸の入り。いよいよ春かな。三日続けて晴れの中日、Cimg4387b_tnaさぞや見事な青空...。と期待して見上げた空は白い。雲も浮かんではいるが、空自体が白い。黄砂って奴ですか?
 東山より西山が白いのは遠いから?前方散乱?

2009年3月16日 (月)

きょうのきょう(DISPLAY UNTIL)

F1062438b_tna  迷っていた保険は国産にすることに。外資に比べて掛金が約1.4倍するけれど、その分保障も手厚いっぽい。保障の条件が各社てんでで単位掛金あたりの保障量みたいな単純な指標が割り出せないからわけわかめ。もうめのこだな。掛金が逓減するオプションが無いのは国産の弱点か。
 申込書の回収と1回目の掛金の集金はうちに直接来るらしい。担当者のいる筑波からやってくるわけもなく、近隣の営業所に委託するって。歩いて3分ほどの所に営業所があるというのに、琵琶湖岸の営業所に頼んだと。なんでもそこの営業所長さんと知り合いなのだそうだ。人のつてを頼らないと委託できないのか? 案外縦割りなんだな。成績も折半すると言っていたから、受託する営業所もウエルカムそうなものなのに。担当者としては客は少ない方がいいということなんだろうか? もしかして契約すると迷惑だった?
 訪ねてくるのは仕方ないが、来る前に電話すると言うだけで、時間のアポを取ろうとしないと言うのは如何なものか。保険屋に限った事ではないが、「明日は家にいる」というと一日中まんじりともせず居間に座っているとでも思っているのだろうか? はっきり時間帯を言ってくれないと、用事をしていて電話やオートロックに応答できない状態になる事もあるものだ。ちょろっと近所までお出かけしちゃったりする事もあるだろう。応答が無くても用事が済むまで待ってくれるかというとそんな事もないだろう。なんかアナログというか、のどかすぎ。

F1062441a_tna  画像は先日食べたなめらかプリンの顔と英国土産のクッキー。顔の4番目は卵ではなく、ヒヨコになってる。「BEST BEFORE」は賞味期限でしょうな。では、「DISPLAY UNTIL」は? 販売期限? この日を過ぎると表に見せずに隠すのか?

2009年3月15日 (日)

きょうのきょう(選挙戦突入したの?)

F1062452b_tna  我が家の電話回線の一つはナンバーディスプレイサービスを契約している。が、電話機が十年以上前の端末なので非対応。仕方なく、ナンバーディスプレイアダプタを途中に挿入している。こいつが怪しくて、今日の日付が3/14になっている。時刻は5分ほどずれているだけでまぁ誤差範囲かな。半年ほど前に電池交換した時に日付時刻は合わせたので半年の間に丸一日狂った事になる。ほんまかいな。その間、時々着信チェックはしているけれど、大きく時刻がずれていたという認識はないのだが。今年は平年なので、閏年と勘違いした、ということなのだろうか? そういや、日付の設定はあっても年の設定はないな。閏/平年の設定もないし。謎だ。

Cimg4363b_tna  画像はたらの芽と区民報。天ぷらは面倒なので味噌汁に。ちょっとだけ季節感。市議会議員の補欠選挙はこの区だけやるらしい。超マイナーな選挙、これ以外のアナウンス皆無。マンションのロビーに置いてあった区民報を見なかったら知らずに終わっていたかも。直前には投票所入場券な葉書は送られてくるのだろうけど...。廃品回収とは違ったしゃべくりの宣伝車が外でわめいていたようなのはそのせいか。

2009年3月14日 (土)

きょうのきょう(πの日)

 雨は上がったけど、風が冷たい。結構本格的に冷え込んでる。寒の戻り再び。

F1062446c_tna F1062445a_tna  画像は先日のデパ地下の総菜コーナー。容器がプラスチックではなく瀬戸物でできていて再利用するらしい。一升瓶のノリか。ビールのように保証金を預かって、返金すると言う事ではないようだ。容器を返還すると「おかえりプレセント」をくれるという。なんだろう?

桃栗三年柿八年、ゆずの大バカ十八年。

F1062453b_tna  ...だそうです。
 言い習わしではなく、登録商標みたい。

2009年3月13日 (金)

ラストラン(富士・はやぶさ)

 富士・はやぶさがラストラン。もうそんな時期か。

Mdsc0686_tna Mdsc0684_tna  富士は99年、九州出張の帰りに乗ったっけ。富士は博多を通らないのでこだまで乗り継いだのはどの駅だったか。おかげで特急料金が半額になってラッキーだった。その時乗ったこだまが0系だったのも今は昔。Mdsc0678_tnaMdsc0680_tnaMdsc0675_tna当時は富士は単独運行。あの頃は写メなんかなく、携行用のおもちゃのようなデジカメで撮影した画像が辛うじて残っているだけだ。
 ガタガタ揺れてなかなかMdsc0670_tnaMdsc0669_tna眠れなかった、というよりはしゃいでいたのだろうな。 よく乗っていた北斗星の個室と違って部屋にトイレはなくやけに狭苦しかった。洗面だけは部屋にあり、テーブルと兼用しているのに感心したっけ。灰皿のエンブレムが「JNR」のままだったあたりが今の衰退を予告していたのか。

F3000796b_tna F3000795b_tna F3000792b_tna  はやぶさは04年。親戚の結婚式で熊本まで。この頃は富士とではなくさくらと併結されていた。この時もA個室だったのだけれど、やはり狭かった。今振り返って画像を眺めてみると、富士と同じ車両だったみたい。
F3000812b_tnaF3000801b_tnaF3000802b_tna  この時はPHSでネットにつないで寝台車中継をやっていた。大半が暗闇なので殆ど景色は写らなかったと思うが移動中でもほぼ常時接続できるのが嬉しかった。
 やはり乗り心地的にはしんどかったけど、F3000808c_tnaF3000797b_tnaF3000799b_tna早朝に着くのではなく、朝と言うより昼前に近い時間に着くので頭をすっきりさせてから下車できるのがありがたかったな。  夜行列車的には朝早く着くのがお値打ちなんでしょうけど。

 15年以上前にも東京から博多まで寝台特急に乗ったんだが、どの列車だったか。切符がどこかに取ってある筈なんだけどな。

2009年3月12日 (木)

きょうの焼き芋

Cimg4362b_tna  一昨日、久しぶりに通った蛸薬師通。いつもはすぐに売り切れてしまう焼き芋がまだあったので調達。すぐに食べず寝かしておくと更に味がよくなる不思議な焼き芋は健在。今年は3月末までらしい。屋号が「丸寿」でマークが○に十。島津か!と思ったら、芋は鹿児島ではなく、四国は鳴門JA里浦の「里むすめ」だって。3月で終わるのは里むすめの出荷が月末で終わるかららしい。

きょうの花(菅大臣天満宮、鴨川、修徳公園)

 朝から晴れ。車折神社でも桜が咲いていると花なびに載っていたので出かけようかと思ったのだけれど、風が冷たくて挫折。近場で花採集。桜には出会えず。

○菅大臣天満宮
Cimg4338c_tna Cimg4337c_tna Cimg4338b_tna  謎の黄花は、ギンヨウアカシアもしくはミモザだったらしい。生えているのは隣の会社ではなく、民家でした。先日よりはCimg4346b_tnaCimg4342b_tna開いてきたかな。花弁が糸状なので開花という感じではないけれど...。 色だけ見ると菜の花っぽい?
 飛梅はつぼみ混じり。ふと見上げると太陽が串刺しに。鰻の肝状態(とはちがうっとおもうが)。

Cimg4360b_tnaCimg4357b_tna○鴨川
 四条大橋の左岸、桜はまだ完全に枯れ木状態。梅もつぼみ。桜はともかく、梅は遅くね?
 
 
Cimg4365b_tnaCimg4364b_tna○修徳公園
 というか、修徳会館の垣根。
 なんでしょ?

2009年3月11日 (水)

きょうの錦市場

 と言っても撮影したのは昨日。

Cimg4316b_tna  鰻の肝が好きなんだな。ほろ苦くて甘辛いタレとの組み合わせが絶妙。くにゅっとした歯応えの部分があって気持ちいい。関西ではこんな風にきれいに串に刺して売られているのでこれで当たり前かと思っていたんだけど、関東のスーパーでは串に巻き付けるように刺してCimg4319b_tnaCimg4317b_tnaあるだけで貧相だった。見てくれだけの問題ですけど。
 他にも不思議だったり興味深かったりするものがいろいろ売られている。やや下手物的なものもないではない。食べてみたいような躊躇するような。

Cimg4322b_tna Cimg4318b_tna  花屋にはミモザアカシア(ギンヨウアカシア?)、小間物屋には縮緬ウサギも。

五条室町

Cimg4334c_tna  ...南西角。

2009年3月10日 (火)

きょうの桜(平野神社)

 晴れたので早速行っておきました。時々曇り一時霧雨、風が強めでややひんやり。月に群雲花に風。

 最寄りのバス停は「衣笠校前」。一応アナウンスで平野神社の名前も出るのだが、つい乗り過ごしてしまう。私の脳味噌は「平野神社前」というバス停を期待しているっぽい。なので、毎回一個先の「わら天神前」から歩く。

Cimg4297c_tnaCimg4293b_tna 西口の鳥居をくぐると脇の樹が一本、ぽつりぽつりと咲いている。
 でも、境内も桜苑も概ね枯れ木状態。居並ぶ茶店が花見用の桟敷席を建築中。予約も受け付けているそうです。

Cimg4313b_tna Cimg4312b_tna Cimg4311b_tna  本殿脇を抜けて東口から続く参道に出ると両脇に桃櫻。こちらはほぼ満開。

2009年3月 9日 (月)

きょうのきょう(京都電気街崩壊?)

F1062442c_tna  郵便受けを見てみると、上新電機京都寺町店閉店のお知らせ葉書が。この4~5年の間だけ見てもどんどん店が減っていく。その代わり、京都駅周辺に元々あったソフマップの他にビックカメラができ、ソフマップの移転跡にヨドバシカメラが来るというし、電気街が移った感じ。同じ電気屋でも、品揃えの良い大型店が何軒もあるより、大型店は1軒で十分、あとは雑多でジャンキーな店がわさわさある方がおもしろいんですけど。

2009年3月 8日 (日)

きょうのきょう(入れ子パプリカ)

F1062440c_tna  明け方、「ドカンミシミシ」という音供に家が揺れた。家と言ってもビルなんですけど。地震? 特にそういうニュースはないみたい。ゴミを満載したゴミ収集車が疾走したり、アイドリングしたままストップの車が家の前に停まっていたり、 車のドアをバタンと閉めると、壁が共振して思わぬ音を立てる事もある。F1062439c_tnaけど、それとは違う。なんなんでしょ?

 画像はパプリカの中に入っていた子パプリカ。中で種が発芽して実った、わけではないな。マトリョーシカみたいに更に入れ子になっていたらおもしろいのだが、未確認。

2009年3月 7日 (土)

きょうの桜(新町通)あげいん。

Cimg4272b_tna Cimg4270b_tna  昨日の夜桜、明るいうちに撮影してきました。桜、だよねぇ。

きょうの梅(菅大臣天満宮)とか。

Cimg4285b_tna  朝からいいお天気。風はひんやりするけど、ひなたはぬくい。
 昨日の新町通の夜桜のリベンジに花見に出かけたついでにちょっとだけ足を伸ばして菅大臣天満宮。

○梅
Cimg4283b_tna Cimg4282b_tna Cimg4284b_tna  満開過ぎくらいかと思ったら、やけに花が少ない。先月早々に咲いていた木はもう終わったようだけど、つぼみな木もあれば、咲いているもののまばらな木も。例年もっとたくさん咲いていたような気がするんだけど。

○謎の黄花
Cimg4279b_tna Cimg4277b_tna Cimg4275b_tna  天神さんの南口の脇に咲いていた大木。木自体は隣の会社の敷地に生えている。見越しの黄花? アキノセイタカアワダチソウをCimg4287b_tna樹にしたような感じなんですけど、なんの木でしょ?

○馬酔木
 ...ですよね。

今日のハロ

Cimg4289b_tna  プチ花見から帰ってきたら、快晴だった空に薄雲が広がっていました。

2009年3月 6日 (金)

きょうの桜(新町通)

F1062437a_tna  近所の家の庭、というか門前の駐車場の隅に生えている桜が花を咲かせていました。昼間にも通ったんだけど気付かなかった。頭上で咲いていたからかなぁ。つぼみばっかりみたいだけど左下の方できっちり咲いてます。背景が明るい所を選んでいたらこうなっちゃった。明るいうちに写したかった。
 一応、初見かな。

ムーブ!

 本日終了
Image03061755_01  ワイドショーの類はあまり好きじゃないし、概ねマスコミは偏向しているので見ていて胸くそ悪かったりする。司会者が力んで叫んでいるような番組は疲れる。人がののしりあうような討論番組も見ていて憂鬱になる。Image03061757_01 でも、この番組は右過ぎず左過ぎず、激論!とかいってもややゆるめの緊張度で見ていて苦にならなかった。その分浅めだし、偏った意見や、マスコミ擁護、権力を必要以上に敵視した「スクープ」もないではなかったけど、過度に意見を押しつけるわけでもなく、情報を吟味しながら取り入れることができる内容で好感度大。やや残念気味。

2009年3月 5日 (木)

きょうのきょう(啓蟄)

 朝のうちは日差しもあって、やや暖かめ。夜遅くには雨が降り出すらしい。さて、この暖かさで虫たちは起き出してきたのだろうか?

F1062433c_tna  これまたTVを見ていると、「きょう」、「あす」、「あさって」、の次は何か? と言う話題を取り上げていた。「しあさって」、だと思うのだが、「ささって」、という所もあるらしい。三重県と岐阜県と種子島。岐阜の一部では「ささって」でもなく「さーさって」ともいうらしい。
 東北では「ささって」の代わりに「やのあさって」と言うとか、東京では「しあさって」は同じだが、その先があって「やのあさって」というとか。 そうなの?
 他にも「しあさって」を「しゃしゃって」だの「やなさって」、「さんあさって」、その翌日を「やのやのあさって」、「ここのさって」だの言う所もあるらしい。もうわけわかめ。
 西日本    :きょう→あす→あさって→しあさって
 三重・岐阜  :きょう→あす→あさって→ささって→しあさって
 東北(東日本?):きょう→あす→あさって→やのあさって→しあさって
 東京      :きょう→あす→あさって→しあさって→やのあさって
 子供の頃読んでいた「毎日小学生新聞」だか「毎日中学生新聞」にもこの話題が載っていたっけ。毎週、方言の地域分布を地図にしていた。確か、京都から新しい言葉が広がり、古い言葉が方言として残る。同じ方言が同心円状に分布するという説を説明していたような。

 画像はうちのタロー。かれこれ23年の長期政権。

2009年3月 4日 (水)

きょうのきょう(ぴくぴく)

 左の下の瞼がぴくぴくするのは何故だろう?

Cimg2734b_tna  保険は見積もりが揃ってきたので選定中。やはり微妙に条件が違うので比較が悩ましい。Excel(互換)で比較表を作ろうとしたが途中で挫折気味。正確な比較ができないのだが、外資でも国産(?)でも掛金は大して変わらないっぽい。いずれにしても、納得のいく保障を受けようとするとTVCMで言っているような額の何倍かになるので悩まし。

F1062300a_tna  定額給付金が決まったらしい。地域振興券と違って子供や老人がいなくてももらえるので不公平感は少な目。とはいえ、子供と老人が優遇されるのは納得できないな。金持ちの子供や金満老人は優遇しなくて良いだろうに。そもそも、社会を良くする為なら財源をばらまかずもっと別の用途に使えばいいし、景気刺激なら公共事業に回せばよい。
 さらには、高速道路料金の減額(というのか?)は車を持っている人しか恩恵を受けないという意味で不公平感は地域振興券以上。青春18切符を通年販売するとか、特急料金の上限を1000円にするとかも併せて実施してくれ>タロー。

 画像は昨年末の可食なスノーマンたち。

2009年3月 3日 (火)

きょうのきょう(記念日)

 昼から雨の予報どおり降り出したのがみぞれ。一応あたり?はずれ? 積もらない記録は更新中。

F1062429a_tna  画像はデパ地下のケーキ。ひな祭り、かと思ったら独逸の復活祭をイメージしているらしい。「春分後の最初の満月の次の日曜」っていうから4/12っぽい。どんだけ早いねん。まぁ、かわいいから許す。
 デパートで買うと雨の日はちゃんとビニルを掛けてくれる。片やスーパーは袋を有料化するという。F1062430b_tna どっちで買い物したいと思うか...。ってか、選ぶ前に毎日デパ地下で買い物していたら破産するな、庶民的には。レジ袋を有料化しているスーパーでも、セルフ袋詰め用のテーブルに置いてある小袋は取り放題だったりする件はどうなのよ。

2009年3月 2日 (月)

きょうのきょう(白菜の花?)

 晴れてるけど、風があって寒い。夕方にはほぼ快晴になったのに、ちっともお出かけ日和ではない。冬晴れ。寒の戻りらしい。

F1062423a_tna  TVを見ていると、「たぬきうどん」の地域差を調べていた。西宮出身の私にとっては、「たぬきうどん」は存在しない。「きつね」がうどんで「たぬき」がそば。どちらもおあげさん(うすあげ)が乗っている。関東では天かすが乗っているらしい。関東生活は長かったけど、うどんよりそば派なので、うどんはあまり食わなかったな。西宮で天かすがのったうどんはあまり見なかったけど、あえて呼べば「天かすうどん」。京都では、おあげさんが乗ったうどんを片栗粉の餡でとじてあるって。熱容量が大きくて猫舌の私には食べられなさそう。
F1062422c_tna 西宮(というか大阪)のは「きつね(うどん)」のうどんがそばに化けたので「たぬき(そば)」。関東のは「天ぷらうどん」の天ぷらのタネがないので「タネ抜きうどん」が「たぬきうどん」に変化した。京都のは、あんかけで表面だけ冷めて中は熱い。冷めたと思って食べだすと熱くてびっくり。化かされたようなので「たぬきうどん」だとか。関西のたぬきは化かす。関東のたぬきは端折る。ということか?

F1062427b_tna  画像は、京都市営地下鉄のエレベーター。確かに上下する乗り物ですけど。ホーム階-改札階のも、改札階-地上階のも同じ表示でした。汎用性を持たせてあるのかな? と、白菜の花芽(たぶん)。外側から毎日少しずつ食べていたら、花がむくむく起きあがってきました。屈地性? それと、花見だんご。折田先生像を見てから、無性に食べたくなったんだな、抹茶だんご。これはヨモギだんごか。ま、いっか。

2009年3月 1日 (日)

きょうの梅(京都府立植物園)とか。

Cimg4234b_tnaCimg4226b_tna   珍しく二日続けて日差しがある。散歩日和かと出かけてみたら、北風がびゅーびゅー冷たい。晴れたり曇ったりで日差しもかげりがち。騙された感が満ちてくる休日の昼下がり。

Cimg4220b_tnaCimg4221b_tna  もうすぐ桃の節句だから桃は咲いていないのかと、府立植物園まで足を伸ばした。といっても地下鉄一本ですけど。北口を入ってすぐ、臨時のビニールハウスでは春の花が所狭しと並んでいる。Cimg4231b_tnaCimg4232b_tna色とりどり、なだけじゃなく、形がいとおかし。アスパラガスは高分子模型のように規則正しく花を付けて天を突いているし、花見だんごのようにわっかが3個串刺しになった花もある。色違いだったらもっとらしいのに。華やかな色の花の中に、歌舞伎調のややくすんだ色合いの花があると却って新鮮。

Cimg4210b_tna Cimg4208b_tna Cimg4205b_tna  ビニールハウスから外に出ると梅は今が盛りと咲き誇っているのに桃は見あたらない。入り口でもらった地図を見ても、Cimg4243b_tnaCimg4241b_tnaCimg4211b_tna梅林や桜林はあるが桃園はない。...ないのか。御所にしておけば良かったか。と思いつつ、梅を見て回る。紅梅、白梅、ピンク梅(?)とあるけれど、やはり白梅が一番華やかな感じ。次いでピンク梅かな。ここにもキメラチックな白桃梅が。

Cimg4213b_tna Cimg4250b_tna Cimg4251b_tna  園内を散策していると桜の立体標本なんてのも。なんだかちょっとむごい気もするけど。実際にはもっとびっしりヒゲ根みたいのも張っていたんでしょう。水鳥が水面下で必死に水を掻いているようなもんか。

Cimg4257b_tna Cimg4252b_tna  バラ園(洋風庭園)の植木の剪定はだれがやっているのだろうか? 円柱形はまだしも、Vブロックのような形状は機械科卒の庭師? そして木々の解説はユビキタスガイド。やおよろず、ではないのね。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »