« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

ピンクのパンダ?タヌキ?

 先日の大丸京都店。

Cimg9413b_tnaCimg9576b_tnaCimg9412b_tna 四条通の東洞院寄りから入ると目の前に聳えている。動物としてはパンダであるべきなんだろうが、どう見てもタヌキに見える。

 この間までは改装工事にあわせて、(何故か)青い目の丁稚君が建設作業に当たってた。工事が終わったので、旗を立てて綱引きをして祝っているのか?

2009年9月29日 (火)

きょうのねぶた

 先日、京都駅前地下街に来ていたねぶたとねぷた。

Cimg9581b_tnaCimg9580b_tna ねぷたは昔見た事があるけれど、ねぶたはまだないや。東北は平成の始めにかなり回ったけれど、放浪に近く直前にしか予定をたてないので、やたらと混むお祭りは避けて通っていたから。
Cimg9582b_tnaCimg9584b_tnaCimg9583b_tna 竿灯祭りも未だ見ず、だな。

2009年9月28日 (月)

宮津タウン

○オペラハウス?
Cimg9870c_tna Cimg9869b_tna ...ではなくて「みやづ歴史の館」。歴史資料館があると聞いて行ってみたけれど、休館中。何故だ? 資料館より公民館がメインらしく、高校の吹奏楽部の演奏会なんてのはやっていた。外観は帆を張った北前舟をモチーフにしているとか。
 市章はJISマーク? 

Cimh0049b_tna Cimh0027b_tna Cimh0075b_tna ○散景
 公民館が北前舟なら、橋はヨット?
 タヌキもペンギンもいます。
 おしゃれな杖、って?
Cimg9873b_tna Cimh0028c_tna  配電盤の中が透けて見えているのかと思った。

伊根タウン

 舟屋の町、伊根。

Cimg9921b_tna Cimg9915b_tna Cimg9914b_tna ○舟屋の遠景
 背後に山、目の前が海。殆ど断崖べりに街が広がっている。山の裾模様みたい。

○伊根銀座
Cimg9936b_tna Cimg9933b_tna  その街に入ると狭い道の両側に家が建ち並ぶ。道を挟んで向かい合う二軒が一つの家で、山側が母屋、海側が舟屋。家の前道路を挟んだ向かいにガレージがある、みたいなもんか。舟屋には住まず、漁に出る時の作業用の離れ、というのが伝統的な使い方らしい。道路は中庭みたいな感じ。屋根をかければいいのに、と思ったが、このあたりは雪は大して積もらないんだって。

Cimg9898b_tna ○バス誘導車
 伊根銀座は道幅が狭い。一応国道らしいのだが。路線バスが走るのが精一杯。対向車と行き違うのは無理がある。バスが走る前を小型車が走り、対向車に待機するよう呼びかける。

Cimg9930b_tna ○クジラ?
 ...も昔は捕れたらしい。

2009年9月27日 (日)

天橋立の宿

○天橋立温泉
Cimg9657c_tnaCimg9610b_tna 貴重品入れの金庫は6分割。6人部屋で個別に使え、と?
 金庫が入っているクロゼットの扉の取っ手が一つ取れている。のかと思ったら、右側から開けろ、ということらしい。

○宮津温泉
Cimh0038b_tna Cimh0037b_tna  こちらのクロゼットには窓がある。外が見えるのかと開けてみたら...。戸袋。すぐ横に窓があって、窓には雨戸が付いているのね。雨戸を閉めると外が見える、のか?

天橋立土産

 天橋立で見かけたお土産。

Cimg9636b_tna Cimg9640b_tna ○塩塩塩
 琴引浜の塩が名物、なのだろうか?

 
 

Cimg9826b_tna Cimg9822b_tna Cimg9821b_tna ○ケーキも股のぞき
 パッケージだけじゃなく、中身も股のぞき。
 

Cimg9638b_tna Cimg9637b_tna Cimg9633b_tna ○温泉饅頭君
 あちこちの温泉で見かける、のだが見るたびに種類が増殖している模様。 

Cimg9632b_tna Cimg9641b_tna○FSCPACE?

天橋立タウン

 天橋立の周りの風景。

Cimg9890b_tna Cimh0016b_tna Cimh0020b_tna ○智恩寺
 天橋立の南側に建つお寺。文殊菩薩降臨の地だとか。
 おみくじが扇子なのは何故だ?

Cimg9725b_tna Cimg9672b_tna ○飛龍観
 天橋立ビューランドへ登るモノレールは二両編成。モノレールというか、ケーブルカーみたいな段々構成。龍がマスコットキャラクタ? ってか、花壇でしか見かけませんでしたが。

Cimg9970b_tna Cimg9971b_tna ○笠松公園
 笠松公園へ登るのはケーブルカー。普通にケーブルカー、かと思ったらパンタグラフがある。架線、なんてあったっけ、フツー?

Cimg9737b_tna ○交差点
 安全地帯、ではありません。スクランブル交差点です。

きょうのきょう(帰着!(^o^))

Cimg9836b_tna  ...してます。昨日の昼間ですけど。

2009年9月26日 (土)

宮津公設市場

宮津公設市場
 宮津公設市場でお魚を買って帰途に就く。今夜もお魚♪(^o^)

2009年9月25日 (金)

傘松公園

傘松公園
傘松公園
 天橋立ビューランドの反対側が傘松公園。ここも股のぞき。公園のさらに上に股のぞき発祥地もあります。ゼーゼー。
---
ichi@ケータイ。

伊根の舟屋

伊根の舟屋
 船のガレージ付き家屋。
 母屋が道路を挟んだ陸側にあって、舟屋は離れもしくは作業場所だそうな。
---
ichi@ケータイ。

丹後王国浪漫す号

丹後王国浪漫す号
 ボンネットバス健在!
---
ichi@ケータイ。

2009年9月24日 (木)

由良川橋梁

由良川橋梁
 由良川に架かる北近畿タンゴ鉄道の長〜い鉄橋。落っこちそうな…。
---
ichi@ケータイ。

天橋立海水浴場

天橋立海水浴場
 泳いでませんよっ。
 水がきれいです。
---
ichi@ケータイ。

飛龍観

飛龍観
飛龍観
 天橋立ビューランドからの天橋立。龍が飛んでるように見えるので、飛龍観だそうな。
 モノレールは三月に新調したらしい。シースルー、ピッカピカ。
---
ichi@ケータイ。

2009年9月23日 (水)

天橋立温泉

天橋立温泉
 天橋立は四年ぶり、かな。
 今回はお泊まり。今日は移動だけで温泉でのんびり。部屋は波打ち際で、ベッドに横になっても天橋立が見えます。部屋が三階なので天に昇るよう、とはいかないのが残念。
---
ichi@ケータイ。

2009年9月22日 (火)

モール評価中?

Cimg9556b_tna  先日四条通を歩いていると、アーケードに下るモールがいつもと違う。元々ここのモールは季節に合わせて変るのだが、その一角だけ何種類ものモールが下がり、識別記号をぶる下げてある。なんじゃらほい。
 Gから順に眺めてAのところまで来ると、数人のCimg9557b_tna男女がクリップボードを持って屯している。関係者か? もしかして、どれが一番映えるか調べているのだろうか? 通行人にアンケートをとっているのかとも思ったのだが、そうでもないようだ。自分たちの主観で評価するのかな?
 今年のクリスマスあたりにはこの中のひとつがずらっと下がることになるのかも。

2009年9月21日 (月)

八幡市のバス

Cimg9417b_tna  八幡市を走るのは京阪バス。...かと思ったら、「コミュニティバス やわた」というのもあるらしい。一種の市バスだろうか? 1時間おきに1日10本というダイヤ。疎だなぁ、と思ったが京阪バスも似たようなものだった。キャラクタがかわいいのでどんなバスが来るのだろう、と期待していたが出会わず。

Cimg9504b_tna Cimg9505b_tna  その京阪バス、ICOCAが使える。というか、PiTaPaが使えるので互換のICOCAも使える。バスでICカード乗車券が使えるのか。イマドキの私鉄のバスはみんなそうなのだろうか? 最近バスは京都市バスしか使わないから、世情に疎い。市バスは私鉄じゃないからPiTaPaは使えないということか。使えたら便利なのに。でもスルッとKANSAIは使えるんだな。設備投資の問題だけ? ま、トラフィカ京カードなら1割お得だからいいですけど。
 ちなみに、「コミュニティバス やわた」はPiTaPaはおろかスルッとKANSAIすら使えないらしい。

2009年9月20日 (日)

月のうさぎ

Cimg9567b_tna  大丸京都店でやっていた、日本全国物産展にあったお菓子。

 夢がないのが惜しい? (^_^;) 

 季節限定の月見だんご、ということらしい。島根のお菓子。店の名前が彩雲堂というのもなかなか。「彩雲」写真コンテストなんてのもあったり。

京阪テレビカー

Cimg9546b_tna  京阪特急には二階建て車両がある。今となっては珍しくも何ともないが。もう一つの名物がテレビカー。こちらの歴史も意外と古く、私が生まれる前からあった、らしい。技術的に試行錯誤を繰り返して発展してきたようで、その歴史を見てみるとおもしろい。

Cimg9543c_tna Cimg9545b_tna 古い車両だと、横腹上部に「テレビカー」と銀色で大書してあるのだが、先日乗った車両はドアの脇にステッカーが貼ってあるだけで控え目。2011年に完全廃止されるらしい。この姿を見られるのもあとしばらく。
Cimg9539b_tna  車両の京都方の通路端上部にTVがしつらえてある。反対側は?と見ると何もない。車両はクロスシート。天満橋から京都へ戻る時に乗り合わせたので、自然に前方を向いてTVを見る事ができたのだが、大阪へ向かう時はTVが後ろにあることになる。みんな座席の向きはどうしているのかな? TV画像にあわせて音声がどこからともなく聞こえてくるので、きょろきょろしてみると、座席横の窓の下にスピーカー。ちゃんとon/offスイッチがあって、聞きたくない人は聞かなくて済む...、のかなぁ? 音量調整とかはないし、イヤホンもないので、誰かがonにしていたら周りに音聞こえまくり。嫌だったら他の車両に移ればいいのか。

京阪中之島駅

Cimg9511b_tna  先日のフローティングダック見物の際に、京阪完乗しておきました。残っていたのは中之島線、天満橋-中之島間。去年(だったかな?)新規開業した区間。

 終点の中之島駅に着く頃には列車はほぼ貸切。平日の昼間だったせいだろうか?
Cimg9516b_tnaCimg9514b_tna 地下駅なので、トンネルの中。留置線とかがトンネルの先にあるのかと思ったら、完全に行き止まり。これ以上延伸する気はないのだろうか? 行き止まりの壁にはモニュメント。掘削機をイメージしているような。一瞬、まだ掘り進んでいるのかと...。

2009年9月19日 (土)

噴水注意

Cimg9385c_tna Cimg9384b_tna 淀川の支流、大川に浮かぶ(という表現でいいのか?)中州、中之島。市役所や公会堂がある大阪市の中心。大川の川面を遊覧船や何かを搬送する船が頻繁に行き来する。その端っこに噴水がある。噴水の横には「噴水注意」の横断幕。???

Cimg9389b_tna Cimg9386b_tna  噴水といっても普段は何も出ていない。間欠泉のように時々水が噴出す。最初はちょろちょろ、なかぱっぱ。...いや、最後はかなりな勢いで水を噴出す、斜め前方に。上じゃないのね。水の先端は航路付近まで届く。不用意に近づくと水を浴びるかも。寄らば沈没するぞ!ってか?

ここからは出れません。(水都大阪2009)

Cimg9532b_tna  要は締め切りってこと? 素直にそう書いておけばいいものを。

2009年9月18日 (金)

大阪ダックツアー(水都大阪2009)

Cimg9396c_tna Cimg9395c_tna  一昨日フローティングダックを見終わって、駅へ戻ろうと歩いていると向こうからバスがやってくる。路線バスの通路(?)になっている道なので何台もバスが来る。そのなかで、ひときわ異様な一台。トレーラーに何か乗せて走っているような、その割には牽引車がないような。とりあえず反射的にカメラを構えて撮影。見送る後ろ姿にはスクリューが。ボートを搬送中? でもボートに人が乗っていたぞ???

Cimg9407b_tna Cimg9406b_tna Cimg9397c_tna  慌てて追いかけてみると、「川の駅はちけんや」の前に停まる。「大阪ダックツアー」の「水陸両用バス」だって。ボートを搬送していたわけじゃなくてボートが自走していたのか。
 左舷に出入り口があって、タラップも備えている。スクリューは陸上では上に跳ね上げてゴムで固定してある。入水時は一旦停止して操作するのだろうか?

Cimg9410c_tna 航走している姿は見られなかったんだが、喫水線はドアのすぐ下になるらしい。後で調べてみたら、フローティングダックのそばを航行するようだ。もうちょっと粘っていればツーショットが撮れたのかも。残念。
 ところで、URLに「,」が入っているのは「.」の間違いですよね。

2009年9月17日 (木)

上津屋橋

Cimg9451b_tnaCimg9454b_tnaCimg9492b_tna 「上津屋橋」と書いて「こうづやばし」。日本一長い流れ橋、らしい。巾3m、長さ355.9m。そばに建っていた石碑に曰く「Cimg9494b_tnaCimg9466b_tnaCimg9450b_tna増水して橋桁まで水が達すると全長を八分割してワイヤーで連結された橋床が流れる。橋床は橋脚に片方がつながっているため流失する事はない。減水後、復元出来る。」。土手に囲まれた堤防内には電柱も電線もないので、うまく遠景を選べばタイムスリップ出来てしまう。それで、時代劇のロケによく使われるらしい。

Cimg9445b_tnaCimg9442b_tna 京都府の八幡市と久世郡久御山町を結んでいる。アクセスは非常に悪く、京阪の八幡市駅からバスに20分揺られるか、近鉄の久津川駅から30分かけて歩く。八幡市駅からは八幡市岸(左岸)に、久津川駅からは久御山町岸(右岸)に着く。八幡市駅からのバスは1時間に1~2本程度とまばら。バス停からは徒歩数分で橋が架かる木津川の堤防にたどり着く。

Cimg9444b_tnaCimg9441b_tna 八幡市岸は水が無く、海岸のような砂漠のような風景が広がる。降りてみると、橋脚のすぐそばまで近寄る事ができる。橋脚と言っても、太めの丸太を地面に刺してがボルトで留めてあるだけ。所々、キノコが生えている。見上げる橋床には隙間が。吊り橋ほどではないだろうけど、上を歩くとスリリングかも。

Cimg9483b_tna Cimg9458b_tna Cimg9484b_tna その橋の上に上がると、350mを越える真っ直ぐな道は遠近法。巾は十分あって危険はないのだけれど、気が付くと真ん中を歩いている。橋の端に立って下を見下ろしても大した高さではないものの、欄干がないのはやっぱりこわめ。穴があったり、ワイヤーも外れそうだったり。作業服姿の人があちこち撮影していたのは補修箇所を調査していたのだろうか? 赤くマークされているのは補修候補かな? 八幡市岸から渡り始めて、久御山町岸に近づくとようやく水が現れる。数日前に雨が降ってもこの程度。この川が橋を流すってどんな雨なんだろう?

Cimg9503b_tna Cimg9471b_tna Cimg9470_stitchb_tna  八幡市岸の土手の外側には工場があり、民家が軒を連ねている。その中に所々田圃がある程度。久御山町岸には一面田圃が広がる。いや~、なんだか筑波に帰ったようだ。地平線が水平じゃなくて山があるのが違う所か。この橋、一応府道扱いになっているらしい。府道281号線。

Cimg9487c_tna Cimg9436b_tna  この橋、自動車は不可、バイク・自転車は降りて押せ、となっているんだが...。大半の人はちゃんと押しているものの、またがったまま颯爽と走り抜ける人も結構いる。走るたびに橋床がガタガタ音を立てて如何にも痛むぞって感じ。歩行者以外は有料にしても良いんじゃないか?

2009年9月16日 (水)

フローティングダック(水都大阪2009)

Cimg9373b_tna Cimg9370b_tna  大阪のお祭り。桜の季節には造幣局の通り抜けが行われる、その出発点になる京阪天満橋駅付近が会場、...らしい。公式ガイドブックを見ていると、地味な催しが多い。そんな中で、これが目玉の展示だろう、フローティングダック。新聞にも取り上げられていた。記事では「巨大アヒル」「ラバーダック」と書かれていたのだが、正式名称は「フローティングダック」、...らしい。

Cimg9411b_tna Cimg9393b_tna  電車が天満橋駅に滑り込む直前に川縁を走る。その時ちらっと黄色くて丸っこい構造物が見える。あれか???と、確認できないままに駅に到着。駅を出ると目の前が船着き場、八軒家浜。江戸時代からの船着き場だとか。Cimg9523b_tnaCimg9522b_tnaその沖、と言うほどでもなく目の前にアヒルが浮かんでいる。子供が風呂に浮かべて遊ぶ黄色いアヒル人形そのままだ。 画像で切り取ってしまうと、背景のビルがない限り、大きさを感じさせない。というか、遠近法で巨大に見えているだけなんじゃないのかとも思える。周りにいる人と見比べてようやく大きさが納得できる。

Cimg9380b_tnaCimg9378b_tna 防水のテント生地を縫い合わせて気球のように膨らませているそうだ。お尻には穴が開けられていてそこから何やら音がしている。縫い目から空気が少しずつ抜けていくので、ここから空気を補充しているのだろうか。

2009年9月15日 (火)

きょうのきょう(塩キャラメルのロールケーキ)

Cimg8928c_tna Cimg8926b_tna  朝から降ったり止んだりだった雨は昼過ぎには上がってしまった。雨は上がっても気温は上がらず、10月中旬並の22.2℃止まり。窓を開けていると部屋の中でも半袖半ズボンでは寒かった。ま、このくらいの方が過ごしやすいですけど。

 画像は塩飴と塩キャラメルのロールケーキ。どっちも1ヶ月ほど前の画像。 塩飴はF1062714a_tna買ったものの、あんまり舐めなかった。塩からずっぱくて、決しておいしいものではない。よほど汗だくになった時しか舐める気にはならない。ロールケーキは、後日試してみようかと店に行ったら、もう置いてなかった。あんまし売れなかったので撤去されちゃったのか?

2009年9月14日 (月)

きょうのきょう(残暑終了?)

Cimg9194b_tna  ここ数日涼しい。残暑が終わったのか一休みしているだけなのか。土曜日は久しぶりの雨で降ったり止んだり時々本降りだった。明日も雨の予報。確かに秋っぽいお天気、なのかな。夜に地虫の鳴き声が聞こえてくるのはだいぶ前から。空調は要らず、窓を開けていると心地よい風が吹き抜ける。風と一緒に外の音も入ってくるのが難点だが。相変わらずエンジンかけっぱなしで停車している車が多いのに閉口する。この陽気なら車内も空調は要らないだろう、停まってる時はエンジンくらい切れよ、うるさいから。
 この夏は冷夏と言われているが、そんなことはない暑かった。統計上は暑さ控え目だったのかもしれないが、あれだけ暑ければもう充分。残暑がぶり返しませんように。

 画像は四条通沿いの歯科医院の駐車場案内。大病院の廊下にある診療科毎の誘導矢印みたい。

2009年9月13日 (日)

誤報らしい

Cimg9359c_tna  夕食の準備をしていると、外でサイレンの音がする。また救急車か? うちの近所にはちょくちょく(と言っても月1回あるかないかだけど)救急車が来る。普通は1台だけなのだが、今回は2台来るっぽい。音色も2種類。これは違うな。もう1台はパトカーか消防車か? と、窓から外を見ると、消防車。我が家の前で停車。げげっ。救急車なら他人事だが、消防車はとばっちりを喰う恐れもある。ハラハラしながら見ていると、続いてやって来た救急車は手前の交差点を曲がっていった。現場は我がマンションではないようだ。消防車はでかすぎて角を曲がれないのか?消火栓のそばに停めただけなのか?

Cimg9362c_tna  慌ただしく隊員が行ったり来たりする。消防車からは無線の声が聞こえてくる。拡声器モード(?)にしてあるようだ。消火活動の様子は建物と消防車の陰になって見えない。火の手も煙も見えないから類焼の心配はないかな。聞くとはなしに聞こえてくる無線の声はやがて「...間違えて通報ボタンを押した...」。誤報かい。そりゃまぁ、よかった。

Cimg9363c_tna  引き揚げてくる隊員たち。さくっと引き揚げるのかと思ったら、機材を消防車に仕舞った後、前輪に車止めをあてがっている。これって、最初にやるべき事なのでは? 今更何をするのかと見ていると、車の側面に手を当ててバルブを操作している。すると、水がじゃーじゃー漏れだしてきた。もしかして、消火栓から放水ポンプに通水した残り水なのだろうか? 何度か現場と車の間を行ったり来たりしてから、ようやく撤収。いつのまにかパトカーもやって来ていたようで、そいつだけしばらく居残り。何してるのか一番分からない存在。
 以前やって来た救急車の赤色灯はLEDだったが、今回の消防車の赤色灯はLEDと回転灯の両刀遣いだった。使い分けとかあるのだろうか?

DV継手

Cimg9250b_tna  そんな社会問題になっているようなものを継承してどうする?!...と思ったが、そういう問題ではないらしい。

2009年9月12日 (土)

C号線

 阪急桂駅の嵐山線ホーム。

Cimg9214b_tna  普通は「1番線(いちばんせん)」から始まってn番線まである、のがプラットホーム。そして、2番線と反対側にホームを増設する場合は「0番線」と呼ぶ、のでしょうが...。阪急は「1号線(いちごうせん)」という呼び方をする。国道みたいだ。それだけでも特異なのに、桂駅では「0号線」とすればいいものを「C号線(しーごうせん)」と名付けている。
 「×番線」という呼び方は「社内での構内配線に対しての呼び方である(Wikipedia)」ので、それと区別するためらしい。そして「C号線」は「もともとは、隣接する桂車庫のC号線であったものを、ホームを設置して駅としたもの(同)」で、(社内の?)混乱を避けるためにそのままの呼称を使ったとか。社内優先?

2009年9月11日 (金)

噂の現場(烏丸綾小路下ル)の続報

Cimg9356b_tna Cimg7387c_tna 先日、車が歩道を暴走した烏丸綾小路下ルの事故現場。
 犯行時に脳障害で意識を失っていた事と、脳障害の予兆はなかったので予見できなかった事が理由で、犯人は不起訴になったというニュースが9/9に流れていた。
 今日、現場を通りかかってみると、車にぶつかられてガムテで補修されていた街路灯が復旧していた。左が事故直後、右が今日。根元の舗装をやり直した跡がある所を見ると、植え直したのかな?

<不二家>期間限定ショップ(続報、9/15迄)

Cimg9349c_tna Cimg9350b_tna  先日、不二家の出店が出ていた大丸京都店、通りかかったらまだ出店がありました。今日は商品が豊富にあるようで、「一体何を売っているのか?」と言う疑問が溶けかけたような。

Cimg9354c_tna Cimg9353c_tna  マスコット、ストラップ、シールにタオル。あとはやっぱなんだか分かんないな。商品棚を見る限り、食い物はないっぽいんですが...? 「生ミルキー」も看板が出ているからには売っているんでしょう。もしかして、カウンターでミルキーを売っていて、関連商品を脇に陳列してるだけか? 脇の陳列品がメインかと思ってたよ。

 しかし、7粒500円、15粒1,000円ってたかくね? 見本を配ってるのもらっとけばよかった。

2009年9月10日 (木)

嵐山散景

 

Cimg9241b_tna  渡月橋の北詰西側にある琴きき茶屋。軽食も食べられるけれど、名物は桜餅。「櫻もち」と書くらしい。
 あんこをピンクの道明寺でくるんだ普通の桜餅ではない。二種類あって、一つは真っ白な道明寺もちを塩漬けにした2枚の桜の葉ではさんだもの。ほんのり甘く、桜庭の塩味が引き立てる。Cimg9233b_tnaCimg9232b_tna餅好きには堪えられない。もう一つは道明寺もちをこし餡でくるんだもの。普通の桜餅を裏返したような、赤福の芯を道明寺にしたような。裏返しと言っても、中の道明寺はピンクではなく白い。指の跡がある所は赤福そのものだが、Cimg9230b_tna「嵐山を型どったもの」だそうで。
 夏季限定だろうか、かき氷もある。のだが、「さくら餅氷」ってのは? メニューによると「さくら餅2個入りです」って。メニューでの表記は「さくら餅」なのねぇ。

Cimg9329b_tna  川沿いの小径の脇には防火を呼びかける看板が。蔵王大権現の鳥居の脇。
 嵐山はカチカチ山だったか? あれは狸か。確かに、近くにモンキーパークがありますけどね。

嵐山鵜飼

Cimg9333b_tna Cimg9332b_tna  いや、見てはいません。

 長良川や宇治川だけじゃなく、嵐山でも鵜飼いをやっている、ということで。浴衣割引とかもあるらしい。渡月小橋からちょっと遡った所で受付ているっぽい。

2009年9月 9日 (水)

ウッディ嵐山

 まだまだ続きます、嵐山ネタ。
 桂川中洲にあった工事中の標識。

Cimg9338b_tna Cimg9337b_tna  通行止めも工事中の看板も木製。かと思ったら、看板は木の板の上にアクリル(たぶん)の板を被せてある。金属でも木+アクリルでもそれなりに使い回しするのだろうし、特に廃棄物が減るということではなさそう。みてくれが目にやさしげってことか。
 意味不明気味だが、柵や電柱を金属やコンクリのままで木に擬態してあるというのよりはまし?

嵐山のトイレ

○その1:阪急嵐山駅近く
Cimg9224b_tna  完全自動洗浄式の有料(100円)公衆トイレ。
 ご利用案内に曰く...

 利用されるごとに便座を洗浄殺菌し、床の洗浄も行いますので、快適にご利用いただけます。
 1.使用可のサインを確認して、100円硬貨を投入口に入れると、ドアが自動で開きます。
 2.入室後、ドアが自動で閉まります。
 3.基本利用時間は10分間です。延長したい場合は、時間延長ボタンを押すことで1回に限り10分延長できます。
 4.利用時間満了の1分前には、チャイムが鳴ります。
   利用時間が満了すると、ドアが自動で開きますのでご注意ください。
 :

 渋谷に日本初登場した時はマスコミに取り上げられて話題になってた。床が濡れているとズボンをおろせないな、と心配していたんだが、こんな時間制限まであったとは。かなり乱暴。ゲリラ戦になって隠りたい時は使えなさそう。

○その2:桂川中洲
Cimg9336b_tna  女性専用車両というのはあるけれど、トイレよお前もか。
 一応ファミリートイレは男も使ってよいそうですが、男は外でもできるでしょってか。女性用の方が混む、と言う事情は分かりますけど。ま、近くに男女平等なトイレがあったので事なきを得ましたが。

2009年9月 8日 (火)

蔵王大権現(嵐山)

Cimg9256c_tna Cimg9256b_tna  大悲閣千光寺に向かう途中にあった神社、というか鳥居。

 下画像のような道(場所は違うけど)で、石垣が組んである土手の上に鳥居がある。Cimg9257b_tnaせっかくだからお詣りしようと思ってもおいそれとは近づけない。というか、鳥居の先には当然参道が続くもの、と思って見ても獣道っぽい斜面があるだけ。ホントにこの先に神社があるのだろうか?
 嵐山もみじ祭はこの権現様に感謝するお祭りらしい。

2009年9月 7日 (月)

渡月橋の灯りは環境にやさしい

Cimg9245b_tna Cimg9242b_tna  ...だそうです。
 渡月橋の上流の堰に水車があってそこで発電しているらしい。灯りと言っても、街路灯ではなく足元灯のようなちいさなあかり。花灯路のイメージかな。

Cimg9247c_tna Cimg9246c_tna Cimg9243b_tna  その灯り、あちこちで壊されている。車が突っ込むのだろうか? 頭がもげているものや、ひびが入ってずれてテープでぐるぐる巻きにしてあるものも。過去には欄干突き破った奴も居たくらいだから不思議はないか。
 環境にやさしい灯りに対して車はやさしくないようで。

噂の現場(からすま京都ホテル)

Cimg9340b_tna  先月末に食中毒を起こしていたらしい。

行政ファイル:下京区のホテルで食中毒 /京都
 京都市は26日、下京区の「からすま京都ホテル」で食事をした男女24人が食中毒の症状を訴えていると発表した。24人は23日、同ホテルであった懇談会で刺し身などが入った弁当を食べ、23~24日に下痢やおう吐などの症状が出た。全員が快方に向かっている。1人の便から原因物質の腸炎ビブリオが検出され、市は同ホテルの食事が原因の食中毒と断定し、同ホテルに26日から3日間の営業停止を命じた。(毎日jp、09/08/27)

Cimg9341b_tna  記事を検索すると食中毒はあちこちで起こっているようだ。京都でも、JR京都伊勢丹が9/26に起こしているし、関東にいた頃お世話になったペッパーランチは全国規模でやらかしている。梅雨時のイメージが強いけど、夏の方が菌の繁殖には好条件なんだな。菌は目に見えないから客としてはお手上げ。

 ちなみにここは、隣のビルから暴走自動車が歩道を突っ走り、歩行者をなぎ倒す事件があった場所。暴走事件にこのホテルは無関係ですけど。

訪問者に対するオートロックの解除について

 マンションの管理会社から配られた書類。書いてある事は全くそのとうり、正論なのだがCimg9343b...。

 この管理会社に変わる前は、早朝から17時までは管理人が常駐していて、ある程度は防犯や抑止力になっていた。管理人が居なくなってから、居合わせた住人が対応せざるを得ない場面も出てきている。自分たちの責務を放棄して防犯レベルを下げ、住人の負担を増やして置いて「責任ある行動を」だなんて「お前が言うな」って感じ。

2009年9月 6日 (日)

松尾大社八朔祭女神輿巡行

 

 大悲閣千光寺へ行く前に、せっかくなので琴きき茶屋で一休み。テラス席で名物桜餅を食べていると、外を「よとう、よとう、ドーンドン」と音(声)がする。なんじゃらほいと目をやるとお神輿。今日は松尾大社八朔祭で午前中には渡月橋付近で船渡御をしていたらしい。そのまま松尾大社まで船で行くのかと思っていたのだが、陸路向かうようだ。

Cimg9234c_tnaCimg9235b_tnaCimg9236b_tna 神輿を担ぐ(といっても車輪が付いていて押してるだけだけど)のはほぼ皆女性。揃いの半被の背には「やまぶき会」と書いてある。本来は8/1にするはずの八朔祭が9/1になり、9月第一日曜へと移動してきたとか。

 「よとうよとう」というのはどういう掛け声なんだろう? 今の与党ってどっちなんだ?とか考えてしまったのだが...。

大悲閣千光寺あげいん

Cimg9269b_tna Cimg9263b_tna  京都で涼しい所はないか、というので大悲閣千光寺を再訪。前回行ったのはほぼ11ヶ月前。渡月小橋を渡って右に折れ、上流へ向かって歩き、突き当たりの階段を登る。登り終える頃には、膝が笑うというか、足がけだるい。

Cimg9276_stitch2b_tnaCimg9284_stitchb_tna 前回と違って、今回はお寺の方がおられる。住職と思しき墨染めの衣を着た方と作業服風の方。まさかアルマジロさんではあるまいな。まず、本堂でお詣りした後、客殿へ上がり一休み。絶景が出迎えてくれる。今回は冷たいお茶を出して頂いた上に景色の説明もして頂いて、吹き抜ける風を浴びて至福のひととき。前回、双眼鏡と一眼レフ各一台が置いてあったのが、双眼鏡二台になっていたのは何故だろう。そういえば、前回は客殿に居られた角倉了以座像もどこかへお出かけの様子。ご住職と交代制なのだろうか?

Cimg9302b_tna Cimg9303b_tna Cimg9295_stitch2b_tna ここは窓際に陣取って景色を眺めるのもいいけれど、部屋の真ん中に座って、窓から差し込む光を眺めていると和む。真ん中のテーブルには、昔の京都の写真集や、Cimg9313b_tna住所を書いておくと北森鴻から半年以内に自筆の葉書が届くというノートなんてのも置いてある。なんだかんだで一時間以上のんびり。ミンミンゼミとツクツクボウシ、それにわしゃわしゃじーじー鳴くセミも混じってにぎやか。参拝客は私たちと入れ違いに団体が去った後は、半時間ほどは貸切状態。有料と聞いて門前で帰るグループもあったけど、帰る間際にアベック(死語?)が相次いで二組やって来ただけで、閑散。日曜なので混んでいたらやだなと言う心配は無用。しかし、門前で帰ったグループはここまで登ってきておきながら、つくづくもったいないなぁ。

2009年9月 5日 (土)

<不二家>期間限定ショップ

Cimg9206b_tnaCimg9209b_tna 昨日の大丸京都店。

 入り口の脇に人だかりがしているので何かと思ったら、拉致事件で話題沸騰(?)のペコちゃんが。Cimg9207b_tna 何を売っているのかもよく分からなかったのだが、「大玉」「ストラップ」という文字が見えたような。布製の商品もあるようで、ポーチなのかTシャツなのか。

 ところで、不二家って、赤塚不二夫とは関係ないの?

2009年9月 4日 (金)

250円弁当(税抜き)

Cimg9197b_tna  洛中を歩いているとあちこちで「250円弁当 元気や」の店を見かける。赤字に白抜きの目立つ看板というかアーケード。「元気屋」ではなく「元気や」。関西弁の「元気やで!」というノリだろうか?

 飯はもっぱら自炊していて外食も弁当もすっかりCimg9198b_tnaご無沙汰なのだが、どうにも気になるので食べてみた。近頃はコンビニで300円台の弁当を売り出したり安値競争が勃発(再発?)しているようで。弁当で安くするなら、おにぎりに総菜とか、麺類ならいくらでも安くできそうだが、幕の内弁当系で安値を競っているのだろう。
 店に入ってみると12時半くらいでもまだたくさん残っている。Cimg9199b_tnaメニューは生姜焼き、サバ塩焼き、チキンフライ(ソテーかも)とか数種類あって豊富。コロッケ弁当とか貧弱な内容を想像していたがそんなことはない。ボリュームも昼飯としてなら大の男でも腹八分にはなる。小食の女性なら余るかも。お味は...、サバはもうちょっと塩が利いている方がいいかな。

 因みに、「250円」は税抜き価格。実売は「262円」也。ちょっと損した感じ?

 自炊しても、普通にスーパーで調達した材料を使ってご飯炊いておかずを整えると、メニューに依るけど材料費だけで100円~200円はかかるから、光熱費とかも考えるとどっこいどっこいかもね。

 弁当ではなく、飯屋なら浜松町の大門付近には「500円でご飯+おかず1品+味噌汁+漬物」でおかず1品以外全部食べ放題と言う店があった。食べきり250円(+税)と食べ放題500円とどっちがお得?

2009年9月 3日 (木)

梅田もチェンジ?

Cimg8935b_tna  TVニュースを見ていると、梅田の阪急百貨店がリニューアルオープンしたと言っている。改装工事中は、阪急から阪神に乗り換える最短経路(たぶん)が通行止めになっていて不便だった。工事が進むに連れて迂回路が短くなっていったようだが。オープンで最短経路が復活したのだろうか?

Cimg8931b_tna  阪急百貨店前の通路は、私が学生だった頃は天井が高くてまるで教会の礼拝堂のようだった。結構いい感じの広場だったのだが、いつしか天井が低く塞がれ圧迫感のある単なる通路になってしまった。もっと昔はこの通路、阪急電車の梅田駅でデパートの脇あたりまで線路が敷かれ、電車が走っていた。今は路線が短縮されてずっと神戸(京都?)寄りに移っている。手狭になったのが移転の理由なのだろうが、遠くなった。昔の阪急-阪神の乗換はずっと便利だっただろう。

Cimg9000b_tna  阪急だけじゃなく、梅田界隈は再開発の真っ盛りで、JR大阪駅も駅自身なのか、隣接のデパートなのかでかい鉄骨が組み上げられている。元々、地下街が発達していて3D迷路のような梅田界隈が経年変化も加わってまるで4D迷路。北側に広がる貨物ヤード跡も再開発されるようだからまだまだ変わり続けるのだろう。駅の南側の阪神百貨店の横一帯に低層の家屋が密集していた時代が夢のようだ。

 はて、復活したであろう最短通路を通るのは春の甲子園の時かなぁ。

2009年9月 2日 (水)

本は激怒した

Cimg9175b_tna  投票所の隣の図書館の前に陳列されていた本たち。

 本は大切に扱いましょう。

2009年9月 1日 (火)

きょうのきょう(いつもておくれ♪)

Cimg9181b_tna  颱風一過の秋晴れ、...ではない。颱風は近畿には来ていない。けど、なぜだか爽やかに快晴。部屋にいて窓を開け放っていると空調はいらない。外は陽射しがきつくて歩き回っていると汗が出て、家に帰り着くとつい冷房を入れてしまう。

Cimg9188b_tna  私の身体の8割以上を構成していると言われるスーパー・フレスコ。店に行くと、BGMとして音楽や特売品のアナウンスが流れている。聞くとはなしに聞いていると、「フレスコの歌」とでもいうべき歌があるようで、時々歌声が聞こえる。うろ覚えなんだが、曰く「みんなの冷蔵庫♪」。食料品中心のスーパーだからか。そして「いつもておくれ~、おいでやす~♪」...??? 手遅れ? 聞く度に耳を疑う。たまにしか流れていないので聞き耳を立てようにも不意を突かれて聞き取れない。「いつでも来ておくれ」とか言っているのだろうか?

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »