« 2009年11月 | トップページ | 2010年01月 »

2009年12月31日 (木)

きょうのきょう(おおつごもり)

Cimh2144b_tna  昼間、晴れたり曇ったりで冷たい風が吹きすさぶ。昼に最高気温が出た後はぐんぐん冷え込んで17時には朝の最低気温よりも下がってしまった。昼の最高気温も、0時の気温より低いという。まさに寒波襲来。晩にはうちの周りでも雪が舞っていたそうだ。ホワイト元旦にならないかな。

Cimh2141c_tna Cimh2140b_tna  年末年始の買い出しを終了した、と思っていたら、花びら餅を買い忘れたのを思い出してデパ地下。ふと見ると、鯛焼きのようなものを実演販売している。近寄ってみると、鯛ではなく、瓢箪? いや、雪だるまだ。「餅だるま」というらし。洋菓子かと思ったらさにあらず。Cimh2143b_tna周りがもちもちしていてぎゅうひのような感じ。 店の人は「白い鯛焼きと同じです」といっていたが、白い鯛焼きを喰ったことないので比較は出来ず。よく分からないまま、可愛いので買ってしまった。

Cimh2146b_tna  というわけで年越しそば。
 一年間お世話になりました。来年もどうぞ細く長くおつきあいくださいまし。m(__)m

噂の現場(烏丸綾小路続報)

 先日、歩道を暴走した車が通行人をなぎ倒して道端の店舗に突っ込んだ現場。

Cimh2101b_tna  暴走車が出発したビルの駐車場には「歩道走行厳禁」と自明なことを書いた看板が掲げられている。最初見た時は自転車に向けて書いているのかと思ったのだが、そうではないらしい。犯人は病気で意識を失って(?)暴走したとか言う話なので、会社として対策だのなんだの実質的には打ちようがない事件のようだ。でも、何もしないわけにいかないので苦肉の看板作戦ということだろうか?

2009年12月30日 (水)

きょうの年末2009

 大晦日を前に正月用のお買い物。

Cimh2100b_tna Cimh2099b_tna ○五条警察署
 玄関先には門松。門を挟んで建てなくてもいいんだっけ?
 よく見るとクリスマスの飾りを流用しているっぽい。

Cimh2123b_tna Cimh2105b_tna Cimh2104b_tna ○四条通、火除け天満宮
 アーケードの飾りも迎春バージョン。ビルの一角の神社にも注連飾り。 

Cimh2133b_tnaCimh2109c_tnaCimh2126b_tna○錦市場
 京の台所は一年で一番賑やかな時期。人が多くて渋滞どころか停滞することもしばしば。対面通行なので混乱。Cimh2134b_tnaCimh2130b_tna立ち止まると邪魔だから歩けと言いたいところだけれど、立ち止まって買い物する為の場所でもあるからなぁ。物見遊山でのんびり買い食い組もいるので、混乱に拍車をかける。ま、お買い物がてら写真撮ってるのもなんだか、ですが。Cimh2113b_tnaCimh2114c_tna(^^ゞ
 正月用品は近所のスーパーでも調達できるけど、何となく気分で錦市場。 普段使いにするのは良いものが多すぎてややお高いのが難点だけど、いざというとき用かな。

Cimh2137b_tna○星付さん
 マイクロ鏡餅?
 水回りにお供えするらしい。これって全国版?

2009年12月29日 (火)

俺流叩きゴボウ(試作、メモ)

 私にとって数少ないお袋の味。特製叩きゴボウ。山椒でひりひり辛い。「ヒーヒー言わせたる」なおせち料理。レシピが遺されていないので、適当に再現。
 味の保証はしない。私の為の備忘録なので真似しないように。

Cimg2804b_tna 【材料】
○ゴボウ
 土ゴボウ:1束(2~3本)
 「黒門市場でこの時期(年末)にしか売ってない特別なゴボウ」を使うそうだが、詳細は不明。
○酢酸(食用酢でok):少々
○醤油:100cc
○味醂:100cc
○料理酒:100cc
○昆布だし汁:100cc(*1)
○実山椒:50g+α

【手順】
①ゴボウを洗い皮を剥く
 皮を剥いたら10cm程度の長さに切っておく。
 切ったものは希酢酸水溶液に浸して晒す。
②水で煮る
 たっぷりの希酢酸水溶液でゴボウを煮る。
 沸騰してから4~5分煮続ける。
 煮終わったらゴボウを取り出して室温まで冷ます。
③叩く
 冷ましたゴボウを包丁の背かすりこぎで軽く叩く。
 皮が割れ中身がへしゃげる程度、味をしみこませやすくする。
 太いものは縦に二つに切っておく。
④漬け汁を調合
 ①~③の合間に漬け汁を調合する。
 醤油100cc、味醂100cc、酒100cc、実山椒50gを混ぜて煮る。
 煮立ったらしばらく煮続け、その後室温程度まで冷ます。
⑤漬け込む
 ④の漬け汁に①~③で調製したゴボウを漬ける。
 好みに応じて実山椒を追加する。

 数時間で味が染みてくる。冷蔵庫で1週間程度ならもつようだ。
 漬け汁の調味料の比率は0次近似のまま。摂動は加えていない。去年も造ったのだが、年に1回しか作らないのでフィードバックがかからず進化しないのが難点。

<追記>
 (*1):2番漬けの際に追加してみた。醤油味が勝ちすぎていたのがマイルドになったのでこの方がよいかと。

2009年12月28日 (月)

きょうのきょう(桜葉のない桜餅)

 クリスマスも終わり、いよいよ年末本番(というのか?)。世間的には御用納め。約一週間の休み。連休中の食料を買いだめしようとあちこち歩き回る一日。

Cimh2083b_tna  途中、時々立ち寄る団子屋で安倍川餅を調達。黄粉が好きなんだな。寒風吹きすさぶ今日この頃は焼き餅が旬なんだろうけど、やっぱり安倍川。店頭に山のように各種団子や餅を積み上げて売っている店なのだが、いつもわき目もふらず安倍川餅。
 きょうは何となくいつもと違う雰囲気を感じて団子と餅の山を見渡すと、桜餅発見。桜餅も好き。でも、なんか違う。関西の桜餅なので道明寺、なのは当然。そう言う問題ではない。よく見ると全裸。桜餅が。桜葉をまとっていないの。桃色道明寺餅とか桜餅とは違う物なのかと思ったが、値札には「桜餅」と書いてあるし、中に桜葉をまとった正統派(?)桜餅もいる。店の人も「葉っぱのない桜餅」と言っているし。あるのか。

Cimh2084b_tna  正直なところ、桜餅は好きだが桜葉はない方がもっと好き。以前は、桜葉を剥いてから食べていた。邪道だけど。塩味と葉緑素の味が混じった葉っぱはなくていい。あのピュアな餅の味が好き。

 絶好のアイテムだったのだが、既に安倍川餅を買った後だし、食べ切れそうにないので今回は断念。以前は見かけなかったので、次回もあるかちょっと不安を覚えながら、店を後に。はて、今度寄れるのはいつだろう。
 とっさのことで写真を撮れなかったのが、重ねて残念。

 画像はきょうのスーパーの店先。

2009年12月27日 (日)

きょうのきょう(ファイルサーバは遠きにありて重いもの)

 ファイルサーバを兼務していた炬燵トップ機のサーバ機能を解任してイントラサーバに委譲。ファイルサーバのデータは夜中に自動でNASとバックアップサーバにバックアップしていたので、夜間も炬燵トップ機を立ち上げっぱなしにしていたのだが、これで随時電源を落とすことが出来る。運用の自由度も上がったCimh2008b_tna

 と喜んでいたら、案の定ファイル操作処理が遅い。ネット越しだから当たり前なのだが。全体にもっさりしているだけじゃなく、時々プチフリ的に止まる。SSDでもないくせに。

Cimh2007b_tna 更なる問題は、モバイル用の外付HDDにとるバックアップも時間がかかるようになった事か。ファイルのコピーではなく、ディレクトリを照合して更新されたファイルを検出するのに時間がかかっているようだ。急なお出かけに備えてモバイル用HDDには毎晩寝しなにバックアップしている。安全性を考えて、普段はオフラインでバックアップ時のみオンラインにする。
 バックアップが終わってから取り外して休止状態にして寝ようとすると、時間がかかるようになった分、待ちきれない。バックアップソフトのオプションとして「バックアップ終了後、休止状態」と言うのがあるが、それだと外付HDDにsyncしていないので、そのまま取り外すとファイルが壊れる可能性大。取り外す為には一旦休止状態を解いてから「ハードウエアの安全な取り外し」をしないといけない。これは急なお出かけに備えるという趣旨に反する。かといって「バックアップ終了後、Windows終了」だと、翌朝立ち上げ直すのが面倒だし。
 炬燵トップ機の内蔵HDDにミラーしてからバックアップすることも試したのだが、ミラーにかかる時間がネット越しにバックアップする時間と大差ない。やってることが同じなのだから当たり前か。
 炬燵トップ機はもう一台予備役化しているのがある。モバイル用外付HDDをこっちにつないで「バックアップ終了後Windows終了」にするのも一手か。普段は電源が入っていないので、毎晩バックアップの為だけに立ち上げないといけないのが面倒だが。

 改善されたのかどうなのか? やっぱファイルはローカルに置くべき?

2009年12月26日 (土)

人間五十年

F1050684_tna  織田信長が好んで舞ったという舞。TVや小説で見かける。「幸若舞」の「敦盛」の一節らしい。古典だの歴史だのに真っ暗な私にはよく分からないのだが、「人間五十年…」というフレーズだけが頭にこびりついている。幼い頃は、当時のヒトの平均寿命が50歳前後だったと言うことかと思っていたのだが、そうでもないらしい。検索してみると、微妙に異なる解釈がいくつも出てきて混乱するのだが、「人間界の50年は天界(の下層)では一日に過ぎない。あっと言う間だ。生まれてきた以上いつかは死ぬ。死を恐れず一生懸命やれ。」というあたりが最大公約数的な解釈っぽい。
 そう言いつつ、信長は満約48歳で亡くなっている。寿命が50年という解釈はあながち外れでもないだろう。

 一昼夜にしては50年は長い。何かをやろうとしている途中の人にとってはまだ短く感じられるのかもしれないが。永らえたところで、永遠ではない。有限である限りその差はわずかなものだろう。違いがあるとしたら、消え方だ。
 死を恐れるなと言うが、死そのものは恐ろしくない気がする。50年も生きていれば十分だろう。よほどやり残したことが多くない限り、そういうものなのではないか。でも、その過程は恐ろしいかもしれない。眠るように、というがホントに眠るように逝くものなのだろうか? どんなに安らかに逝くとしても、その間際には断末魔と言われる恐ろしい時間があるのではないだろうか?

 時空は時間に対して対称だそうだから、生まれる前と死んだ後は同じなのかもしれない。生まれる前への記憶を辿ると、始点にはなかなかたどり着かない。自分が生まれた瞬間はあたかも永遠の過去のように思える。時間の進み方(戻り方?)が遅くなっていくような感じだ。記憶の中の時間の遡行は対数的なのかもしれない。
 同じ事を未来に適用すると、自らの死の瞬間は永遠の未来に相当する。寿命が永遠だと言うことではなく、自ら(観測者)の固有時で測って死は永遠の未来にあたると言う意味だ。そう考えると、自分の死を経験することはないのかとホッとしそうになるが、さにあらず。安らかではない死に方をするとその苦しみが永遠に続くと言うことになる。地獄というのはこのことを言っているのだろうか?

 みんないつかはこの謎を解くのだろう。その解を他人に伝えることは出来ないのが残念だ。ブラックホールのようなものか。固有時の進み方は、先の考察と逆になるのだが。ま、いいかべつに。

 何を考えているのだろうな。ま、現在も未来もいずれは過去になる。残るのは想い出だけ。さて、この先何を残そうかね。


   思へばこの世は常の住み家にあらず。
   草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし。
   金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる。
    南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり。
   人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。
   一度生を享け、滅せぬもののあるべきか。
   これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ。

 

 画像は信長を祀った建勲神社の石碑。

2009年12月25日 (金)

終い天神(北野天満宮)

Cimh2025_stitchb_tna  毎月25日は北野天満宮で天神さんの縁日。1年の最後の天神さんが終い天神。終い弘法と並んで年末の風物詩、らしい。

Cimh2044b_tna Cimh2043b_tna  境内の参道の両脇にびっしり屋台が並ぶ。終い弘法のように境内にびっしり、ということはなく、普通に縁日している感じ。脇で植木市をやっている以外は一本道。参道横の駐車場は駐車場のままだし、楼門の内側のホントに(?)境内な部分には屋台は出ていない。
Cimh2037b_tna Cimh2042b_tna Cimh2041b_tna  正月準備なお店はちょこっとと、あとは食べ物にゲーム。懐かしい(?)射的やビンボール(ピンボール?)も出ている。この道具屋さんは終い弘法でも見かけたような...。

Cimh2072b_tna Cimh2066c_tna Cimh2062b_tna  先日咲き始めた梅はどんどん開いて季節が早回しされているよう。で、献灯の蝋燭も梅型だったりする。撫で牛の消毒液はすっかり定着しているらしい。

2009年12月24日 (木)

きょうのハナミズキ

 実際には昨日ですけど。

Cimh1984b_tna Cimh1983b_tna Cimh1982b_tna  枝の先端に実、ではなく芽ですかね。紅葉の名残の葉っぱと、シダの葉を淡くしたような葉っぱが共存している。葉っぱじゃないのかな?

2009年12月23日 (水)

かぼちゃ供養(矢田寺)

Cimh19951_stitchb_tna  昨日は冬至。ゆず湯に入って無病息災、と思っていたらかぼちゃを食べるのを忘れていた。このままでは来年ボケて中風になる!といけないので、矢田寺でかぼちゃ供養。 

Cimh1986b_tna Cimh1995b_tna 冬至の翌日にかぼちゃを供養する。供養したかぼちゃを撫でてお詣りすると、無病息災だそうだ。撫でるだけじゃなく、先着千名にはかぼちゃの煮物がふるまわれる。無料。何故、冬至ではなく翌日なのかは不明。鹿ヶ谷かぼちゃの本場、鹿ヶ谷通の安楽寺では7/25だそうだが、矢田寺では12/23。

Cimh1999b_tnaCimh1989b_tna ゆっくり起きてブランチを済ませて昼過ぎに矢田寺に到着。もう遅いかなと心配したのだが、余裕でした。終い弘法のように観光バスが乗り付けるでもなく、かといって閑散とするでもなく、人が途切れることはない程々の混み具合。
Cimh1993b_tna Cimh1992c_tna  境内と言うほどの広さはなく、商店街の交番と食堂に挟まれてあたかも商店の1つであるかのように間口がある。中に入って本堂前左右にでっかいかぼちゃが鎮座。そのかぼちゃを撫で、お詣りをする。出口ではかぼちゃの煮物とほうじ茶を頂く。商店街の道路の両脇に床机が並べられていて、参拝客が思い思いに座ってかぼちゃをほおばっている。

Cimh1994b_tna 程良い濃さに甘辛く煮付けられていて暖まる。普通の(?)かぼちゃ一切れに鹿ヶ谷かぼちゃ一切れ。普通のかぼちゃのねっとりした食感に比べて鹿ヶ谷かぼちゃはさらっとした舌触り。沢山食べても胃にもたれることはなさそう。味もややあっさりとしていてかぼちゃ独特の癖がない。皮は固くてかみ切れない。

 さて、これで来年もボケずに過ごせるだろうか。

2009年12月22日 (火)

水星でしょ?

Cimh1950b_tna  昨日あのまま粘っていれば眼視も可能だったかも、と思ってリベンジ。あれがホントに水星だったのか?と言う一抹の不安もあるけれど。

 きょうも西の低空に雲がたなびいてはいるけれど、量は少なく、昨日は見えていた雲からの降水のCimh1960b_tnaCimh1958b_tna様子も見えない。ちょっと靄がきつい感じがするけれど、概ね良好。
 まだ夕焼けも冷めぬ17:20頃にデジカメで撮影するとかすかに写っている。まだまだ目には見えない。Cimh1979b_tnaそれからしばらくは写るが見えない状態が続き、漸く17:40過ぎる頃になって見えたような、気がし始めた。なんちゅうか、微かというより幽か。「目には盲点というものがある」と理科の時間に習って壁に貼った黒点を凝視して消える消えないと騒いでいた時のようだ。見つめると消える。淡すぎ。金星みたいにシャープな輝きを期待していたのにやや拍子抜け。
 一応、見たことになるのかなぁ。ちょっとすっきりしない感じ。冥土の土産としてはやや弱いなぁ。

Cimh1914b_tnaCimh1954b_tnaCimh1955_stitchb_tna○観望事情(メモ)
 今回観望したのは京都駅ビルの屋上。JR伊勢丹の最上階西端、ず~んと2階から一直線に伸びるエスカレーターの先の階段を登ったところにガラス張りのサンルームのようなスペースがある。そこから西側の空が一望できる。更に先にヘリポートがあるので眼下の風景は望めないが、遠景はばっちり。但し、ガラス張りだから映り込みが激しく、天体観望には向かない。
 エアロック状にある喫煙コーナーを抜けると、露天の屋上に出る。そこが駅ビル大階段の最上部にある「葉っぴーテラス」の西端でもある。そこからはガラスの邪魔なしに空を見ることができる。のだが、ヘリポートへの扉になっている鉄格子があって、両眼視が困難だったり、カメラの取り回しに苦労したり。ま、1時間以上鉄格子にへばりついて、隙間からカメラを差し込んだり抜き取ったりしていても不審尋問はされないので悪くはないかと。鉄格子が三脚代わりになるし。ホントに寒かったら、サンルームに退避できる。やって来る客にアベックが多いのが難点か。

 この程度の画像に撮影条件とか付記する意味があるのかどうかわからんけれど、一応書いておきます。昨日今日と同じ。ISO200、F2.8(広角)F5.3(ズーム)、EXILIM EX-S10。

きょうのタワー

Cimh1947b_tna  点火っ!

2009年12月21日 (月)

きょうのきょう(初雪)

 最低気温は1.7度と昨日と対称。陽射しもあって暖かい、かと思ったら風が冷たい。未明には雪が降ったそうで、知らない間にこっそり初雪が終わっている。やられたな、と思いつつ弘法さんに出かけると、時々雨が降る。天気雨か、めまぐるしい。歩き回って疲れて帰る頃には降る雨が雪に変わる。雪と言うより霰に近い。服に当たってバラバラ音を立てている。道路に落ちてコロコロ転がってから溶けて消える。せっかくカメラを持っているのに撮影する隙を与えてくれない。雪だったのはほんの1分くらいだったので積もりはしなかったけれど。一応、初雪(二番雪?)を耐寒。いや、体感。

Cimh1887b_tna  帰りに駅ビルに登って水星を待つ。結局眼視は出来なかったけれど、カメラは何かを捕らえていたようで。もうとっくに没してしまったかと思って引き揚げてきたのだが、もっと待っていれば水星初見を迎えることが出来たのだろうか。なんとなく消化不良。結局きょうの観望は月と木星を眺めて終了。

水星なの?

Cimh1902b_tna  夕方まで歩き回ったついでに京都駅ビルの屋上で待機して水星観望。屋上に着いた16:39頃にはすでに日は山に沈んでいる。日没は16:48なんだが、10分強の高さの山なわけだ。

 暗くなるのをじっと待つ。 日の沈んだあたりの山の端に雲が北から流れて来る。Cimh1921b_tnaCimh1920b_tna数日前は月が横にいたそうだが、今日は目印になるものがないのでどこを見ればいいのかわからん。50分近く待てど暮らせどそれらしい星は見えない。何度か適当にカメラを向けて撮影して帰還。冥土のみやげに一目見ておきたかったなぁ。

 ...と、家に帰って画像を見てみると何やら輝点が写っている。この時間なら、高度10°弱の筈。10°ってこんなに高かったっけか? 果たして、あなたはだあれ?

ご当地キティ屋

Cimh1930b_tna Cimh1931b_tna  京都駅八条口のアバンティではご当地キティフェスタを開催中。

 キティちゃんグッズが集まっているだけのことなんだが、圧巻は店の周りに立てられてる全国のご当地キティちゃんストラップパネル。Cimh1929b_tnaCimh1928b_tna各県数~十数種類のストラップが並んでいる。これをコンプリートしている人っているんだろうか? っていうか、良く把握してるな。パテントの関係でサンリオには全部登録されてるのか。

下鴨神社奉納祈願絵馬2009

Cimh1894b_tnaCimh1892b_tna 今年も京都タワー下に下鴨神社奉納祈願絵馬が登場。自由に書き込めるでっかい絵馬、なんだが。今年はやけに細かくびっしり書き込んである。と思ったら、絵馬を立てかけてある台座にまで書いてる。そこに書いても奉納されないと思うが。
Cimh1895b_tna  12/18に設置して大晦日まで置いてあって2月3日の下鴨神社節分祭でお焚き上げするらしい。けど、もう書くところがなさげ。京都タワーのブログを見ると虎の絵が描いてあったようなんだが、これって既に裏面?

終い弘法(東寺)

Cimh1874b_tna Cimh1846b_tna  弘法大師に縁のある東寺では、月命日に当たる毎月21日に縁日が開かれる。通称「弘法さん」。一年の最後の弘法さんは「終い弘法」と呼ばれて、一年の無事を感謝し、新しい一年の幸せを願って、とりわけ多くの人が参詣に訪れる。...そうな。
Cimh1863b_tnaCimh1865b_tnaCimh1848b_tna 概ね晴れ時々曇のお天気ながら時々雨がぱらつく、と思ったら雨粒が凍ったまま落ちてくる。雪と言うより霰っぽい。風が冷たいのが堪える。

Cimh1885b_tna Cimh1859b_tna Cimh1856b_tna  境内は露天でいっぱい。参道の両脇に屋台が並ぶなんてもんじゃない。境内に複線とういか碁盤目状に通路が出来てそこを挟むように屋台が出ている。境内だけじゃなく、周りの歩道にも店が出ていて歩きにくい。

Cimh1881b_tna Cimh1878b_tna Cimh1877b_tna  正月用品を売っていると聞いていたのだが、漬物屋や高野槇、仏花があるのがそうか。でも、特に迎春系がおおいわけではなく、概ね普通にお祭りの屋台のような雰囲気。たこ焼きや焼き鳥の食い物屋から植木屋、砥石屋とさまざま。古道具屋も弘法さんの名物らしい。

2009年12月20日 (日)

サンタが町にやってきた

 日が暮れて、カーテンを閉める。水星が最大離を迎えているのを思い出して、窓を開ける。約50年生きてきて、まだ水星を肉眼で見たことはない。死ぬまでに一度は見てみたいものだ。建物の隙間からくさび状に覗く西空にそれらしいものは見えない。

Cimh1835b_tnaCimh1836b_tnaCimh1839c_tna こりゃダメかなと思っていたら、何やら音楽と人の声がする。普段は静かな町なのに。寒さをこらえて見ていると、でかい灯籠にサンタが乗り、ツリーがそれに従う。駐車場の前で停まってCimh1843b_tna Cimh1842b_tna 「サンタじゃんけんやりま~す!」とか言ったりしている。なんだろう? どうやら商店街か町内会の行事のようでもあるのだが。

 その後、斜め前のマンションの軒下をかすめて輝点が見えたのだが、水星かどうかは不明。ま、サンタを見られたからいいか。

きょうのきょう(筑波栗はまだありますか?)

 最低気温が-1.7℃で昨日に続いて冬日。結局雪は降らなかった模様。TVニュースでは昨日、三千院に雪が積もっていたようなので、降るところでは降ったらしい。

Cimh1725b_tna  画像はデパ地下で見かけた栗饅頭。でかい栗饅頭と言えば、荒川沖駅のキオスクで売っていた筑波栗を思い出す。手のひらくらいの大きさの栗饅頭。手に取るとずっしり重い。一個を一人で食べるのに苦労したっけ。全部食べると血中あんこ濃度が上がって頭が痛くなるくらい。皮がちょっとあっさりなのがアクセント。まだ売っているのだろうか?
 筑波と言えば、桜餅のあんこにクラッシュドマロンが入っているくらいの栗の名産地。道端の畑に木が植わっているので何かと思ったら栗だったり。電車が通うようになっても栗畑と芝生畑、陸稲は健在ですか?

2009年12月19日 (土)

WebのURLの変更について(お知らせ)

 私のWeb(ホームページ)の一部のURLを変更します。

  1. http://ichi.la.coocan.jp/→http://icchan.jp/
  2. http://www.icchan.info/→http://icchan.jp/
  3. http://ichi.txt-nifty.com/:変更ありません。

 変更するのはドメインの部分で、下のディレクトリ、ファイル名部分は変更ありません。
 順次、古いURLから新しいURLに自動的に転送されるようにします。ブックマークしてくださっている方は登録内容を変更してください。
 古いドメイン(ichi.la.coocan.jp,www.icchan.info)は2010年1月末で運用を停止します。

 http://icchan.jp/以外にhttp://旅の空から.jp/でも同じページにアクセスできます。

2009年12月19日 (土)

QMAIL3で振り分け釦をツールバーに追加する方法(メモ)

 メールボックスディレクトリの下のprofiles/toolbarsファイルに次のようなタグを追加する。

<toolbars>
    <toolbar name="mainframe" showText="true">
       :
        <button image="14" action="MessageApplyRuleBackground" text="振り分け"/>
    </toolbar>

 actionを「MessageApplyRuleBackgroundAll」にすると、現在のアカウントの全てのフォルダのメールを振り分けることが出来る。予め振り分けルールを設定しておくこと。

 ネタもとURL
 ・QMAIL3のドキュメント振り分け
 ・MessageApplyRuleBackgroundアクション
 ・MessageApplyRuleBackgroundAllアクション

FireFox3.5.6のFavicnizeTab1.0.1+TabMixPlus0.8.3.2でタブを閉じる釦が消える件(メモ)

Ff35deltab11a Ff35deltab12a  FireFox3.5.6でFavicnizeTabを1.0.1にしたら、タブバーの右端に表示させていたタブを閉じる釦が消えてしまった。タブを閉じる釦はTabMixPlus(0.8.3.2)でカスタマイズして、タブの中ではなく、タブバーの右端にまとめて表示するようにしているので、それと競合しているのかもしれない。Ff35deltab0a FaviconizeTabをバージョンアップするまではそんな現象は起きていなかったし、FaviconizeTabのバージョンアップに伴う問題かと。
 FaviconizeTabの設定で「Does not hide a close button」を有効にすると一時的にタブを閉じる釦が復活するがタブを複数開いた時点でタブを閉じる釦が消えてしまう。

 FaviconizeTabとTabMixPlusを両方入れておく必要はないのでFaviconizeTabを無効化して問題は解決。

2009年12月18日 (金)

きょうのきょう(Webは新装開店)

Cimh1824b_tna  今朝の最低気温は0.1℃。冬日まであと2歩。明日はもっと冷え込んで、市内でも雪が舞い、うっすら積もるかもらしい。寝てる間に降って止むんじゃないだろうか。NHK京都放送局は3時~9時に降ると言っているな。パターン的には北大路付近には降るけれど、五条通付近には降らない、ということになりそうな。

Cimh1828b_tna  Webは新しいURLに移行を敢行。といっても、もともとミラーしていたサーバなので、告知して若干調整しただけですけど。旅の空からcとけろけろチャット以外は新旧全く同じ内容なので、古いURL(www.icchan.info配下)から新しいURL(icchan.jp配下)に自動的に転送されるようにしてあります。旅の空からcとけろけろチャットは話の流れもあるので、新旧両方にアクセスできるようにしています。これらのページも年明けをメドに自動転送するようにして、古いページにはアクセスできなくします。来年1月末までは古いURLでも(自動転送して)全ての(新しい)ページにアクセスできるようにしておきますが、ブックマークしてくださっているようでしたら、適宜登録し直してください。
 icchan.infoのレジストラを移管すれば、1月以降も古いURLでアクセスできるようには出来るけど、どうするかは未定。なにせ、新に費用が発生するもので。1ヶ月以上猶予があるので、頻繁にアクセスしてくださっている方にはURL変更が伝わるだろうし、古いドメインを捨てても問題ないかと。ただ、けろけろチャットには極たまにしかアクセスしない長周期な方もおられるようなのでどうしましょ。それでもichi.la.coocan.jpのURLは完廃だな。
 ま、そんなに慎重になるほどのサイトではないですが、如何にスムーズに移行するかと考えてしまうのは(元)職業病Cimh1819b_tnaCimh1818b_tna

 画像は今日見かけた風景。季節感があるようなないような...?

2009年12月17日 (木)

きょうのきょう(Webも閉店?)

 連日(?)今季一番の冷え込みが続いているようで、今朝は1.5℃。ついに土曜には雪の予報。いよいよ冬。

Cimh1642b_tna  迷った末、新しいメアドを短めのドメイン名にすることに決定。Webも同じドメインに移行。英字ドメインとは別に日本語ドメインというのも使ってみた。制約はあるのだろうが、普通には使えている。今は「日本語.jp」だが近々「日本語.日本」も採用されるのだろう。その場合、「.」は「。」にならないのかな。「日本語。日本」とか?

Cimh1643b_tna  メアドは3月末までのリミットがあるので賀状を皮切りに順次周知しないといけない。知人はともかく、登録して忘れているサイトや組織も出てきそう。大丈夫かなぁ?
 Webはリンクだけは新しいものに書き換え済。プロバイダの都合で、ドメインを変えるとプロバイダ(サーバ)も乗換になる。古いプロバイダを残したまま二重化して運用することも可能なんだが、無駄っぽい。ちょうど1月末が古いプロバイダの契約更改期日。プロバイダを変えても古いドメインを引き継ぐことは出来るが、切り替え時に一旦サービスを止める必要が出てくる。はて、急いで周知して切り替えるか?延長すべきか?

きょうの閉店(烏丸通、四条通)

 先日見かけた閉店。

Cimh1736c_tna Cimh1722b_tna  ...と思ったら、一つは改装の為の閉店だって。紛らわし。そういや、何ヶ月も「閉店セール」をやっていた四条通にあった宝飾店はきちんと閉店して代替わり。今はコーヒーショップになっている。「閉」という名前の店だったのかな?

2009年12月16日 (水)

街角のメリークリスマス(五条警察署、四条通、錦市場)

 先日来見かけたメリークリスマスな風景。

Cimh1720c_tna ○五条警察署
 天下のサイバー警察の玄関には軒先ガーデニングが。一応、クリスマス仕様になっている。

 

Cimh1730c_tna Cimh1728b_tna ○錦市場
 迎春準備の品々が並ぶ中で、和風のメリークリスマス。

 

Cimh1735b_tna Cimh1734b_tna Cimh1757b_tna ○四条通
 件の信用金庫、夜になると窓には巨大な雪が。というか、ツリーか。アーケードの東の方には違う種類のモールが下がっている。

2009年12月15日 (火)

千枚漬本家大藤

Cimh1731b_tna  麩屋町錦下ルにある千枚漬けのお店、の前。

 店の前に白いものがでっかい袋に詰めて置いてある。梱包剤のウレタンかなにかかと思っていたのだけれど...。よく見るとかぶらの皮らしい。
Cimh1733b_tna Cimh1732b_tna  本店であると同時にここで漬けているようで、半端な量じゃない。大根の皮なら、醤油漬けにするとおいしいですけど、かぶらはどうなんでしょ? パンの耳みたいに再利用しないのかな?

2009年12月14日 (月)

今年の漢字2009

Cimh1768b_tna Cimh1764b_tna  既報ですが、ご近所のよしみで一応現場検証。

きょうの梅(北野天満宮)

 迎春準備が進む北野天満宮。
 宮司さんが境内を掃き、屋根に登って積もった落ち葉をかき集める。大福梅やお屠蘇の授与が始まる中で梅が咲いたそうだ。

○梅
Cimh1791b_tnaCimh1790b_tna Cimh1788b_tna  絵馬所の先、摂社が並ぶ前の梅林の何本かがほころび始め、一輪は完全に開花している。確か昨シーズンもこの木が早々に咲いていたような。お久しぶりって感じ?

○迎春準備
Cimh1800b_tna Cimh1799b_tna Cimh1792b_tna  その咲いた梅花の行く末が大福梅。春先に咲いて実ると収穫、夏に塩漬けにされ、境内で干され、年末に授与される。乾燥ウメボシみたいな感じ。元旦に白湯に入れて飲むと招福息災だとか。

○病魔退散
Cimh1803b_tna  お屠蘇も大福梅も祈祷も良いけれど、とりあえず一番効くのは消毒薬(殺菌剤?)。
 自分の弱点を撫でるとそこが良くなるという撫牛。その撫牛の横には消毒薬が。これもご時世?

きょうの紅葉(清水寺、北野天満宮)

 今年の漢字と早咲きの梅を見に行った先にもまだ紅葉の名残が。

Cimh1780b_tna Cimh1772b_tna ○清水寺
 舞台横の階段と舞台からの帰り参道の脇の楓は殆ど散っていながらも所々天蓋状に葉が残っている。枯葉になっておらず、まだ色を保っているのは根性か?
Cimh1774b_tna Cimh1771b_tna  奥の院の先の斜面には一本だけ鮮やかな楓が。アングルを選べばまだまだ盛り、っぽく見えるかも。

○北野天満宮
Cimh1798b_tnaCimh1797b_tnaCimh1794b_tna 銀杏はすっかり葉を落として屋根に積もっている。その脇でえもいわれぬ色合いの木が2本。誰かな?

聚楽第址

 バスを途中下車して再訪。
Cimh1809b_tna Cimh1805b_tna  小学校のある一角に石碑が建てられているようなんだが、工事中のようでもあり、建て直し(埋め直し?)された痕もあってやや謎。他にも何カ所か石碑があるという情報もある。ま、相当広い敷地だったのでしょうからねぇ。

2009年12月13日 (日)

クマスマスツリー2009

Cimh1753c_tnaCimh1754b_tna Cimh1751b_tna  今年も高島屋京都店にはクマスマスツリー出現!...と言いたいところなんだけど、ツリーにはなってない。皆さん何やら忙しく作業中...でもなく、Cimh1738b_tnaCimh1739b_tnaくつろいでいるのでしょうか?
 外壁のショウウインドウでもにこにことお出迎え。かと思うと、マネキンにだっこされている子もいるようで。

2009年12月12日 (土)

きょうのきょう(ドメイン名は短い方がいい?)

 今日も時々雨のすっきりしないお天気。風は冷たいけれど寒いということはなかった。週明け後半からはぐっと冷え込むらしい。風邪注意報か?

Cimh1718b_tna  15年使い続けたiijのメアドが3月で終了するので、そろそろ本気で代替メアドを決めないとと思い始めた。まだ時間はあるけれど今決めれば年賀状に書けるかなと。iijの後継サービスのメアドは確保してあるんだが、味気ない。この際だからWebとあわせて独自ドメインにしようかな、とも思う。 いくつかドメインは確保してあるのだが、決め手に欠ける。Cimh1719b_tnaccTLD含めて17文字というのは長いだろうか? 9文字とか7文字のドメインも確保してあるのだが、いまいち愛着が...。URLにしろメアドにしろ手入力することは滅多にないから長さにこだわる必要はない? 日本語ドメインはまだ使いにくいしなぁ。

 画像は近所のスーパーの鏡餅売り場。時期的には順当ですな。実家では瀬戸物の鏡餅をTVの上に置いていたっけ。全部引き揚げてきた筈なんだが、どこに行っちゃったんだろう? 今は薄型TVだから上には置けない。ちっこいのを買っておくか。と帰ってきてから思った。2割引は昨日だけだったようで、惜しいコトした?

2009年12月11日 (金)

きょうのきょう(新というより衰?)

 一日中降ったり止んだり。案外暖かい雨だった。

Cimh1702b_tna Cimh1701b_tna  今年の漢字は「新」だそうで。確かに新しくなったものはあるけど、良くなってるのかどうか? 私的には、石原都知事が推していた「衰」がぴったりな希ガス。衰えていくのは来年か、このままだと。

 画像は大丸京都店の白プーさんと花柄パンダ。花柄パンダは先日巨大化して店頭にそびえたっていたっけ。このまま店のマスコットキャラクターに落ち着くのだろうか?

2009年12月10日 (木)

嵐山花灯路2009(明日から)

Cimh0649b_tna  寒いですよ。厚着してお出かけください。

2009年12月 9日 (水)

聚楽第址(跡)

Cimh1690b_tna  先日、千本釈迦堂からの帰り、堀川~千本の間の中立売通を走るバスの車窓から見た石碑。聚楽第がこのあたりにあったらしい。関白豊臣秀吉が築いた聚楽第。天正少年使節団や徳川家康の謁見の舞台でもあったそうな。

 北野天満宮も通るこのバス路線、たびたび乗っているのだが気付かなかった。一度降りてじっくり見てみたい、と思うのだが、この中立売通の歩道は自転車乗り入れ禁止の看板が林立しているにもかかわらず、自転車が我が物顔で歩道を疾走している恐ろしい場所。どうしましょ?

2009年12月 8日 (火)

きょうのきょう(迎春準備)

 昨日と打って変わって見事な快晴。TVで気象予報士は小春日和だと言っていたが、そこまでは暖かくはない。そろそろ初冬ですかねCimh1691b_tna

 街中にはクリスマスと正月が混在している。来年の正月は京都で過ごすことになりそうなので、おせちを何品か造ろうかな。近所のスーパーでは棒鱈を販売中。こいつは我が家で造るには厄介過ぎなので総菜を買うことになりそうだがCimh1711b_tna。(^^ゞ これが店頭に並ぶといよいよ年の瀬間近を感じるのが京都の正しい師走、...らしい。

 年越し準備の手始めとして、理系年越し三種の神器は調達完了。

街角のメリークリスマス(四条烏丸界隈)

Cimh1696b_tna Cimh1695b_tna  久しぶりに四条通商店街に出かけたら、あちこちにクリスマスな飾り付けが。紅葉採集もほぼ終息したし、もう違和感はあんまりないかな。

 信用金庫はショーウインドウだけじゃなく、国旗掲揚台がツリーになってるCimh1697b_tnaCimh1704b_tna

 交差点の角にはやや意味不明気味な飾り付けも。「まゆまろ」はクリスマスとは関係ない? ゆで卵ではなく、繭らしい。
Cimh1699b_tnaCimh1700b_tna   
 先日コンテスト(?)をやっていた四条アーケードのモールは「C」と「G」が優勝したらしい。

2009年12月 7日 (月)

大根だき(千本釈迦堂)

Cimh1662b_tna Cimh1660b_tna  雪でも降り出しそうなどんよりしたお天気。時々陽が差すかと思えば雨がぱらつく。大雪はともかく小雪が舞いだしそうな雲行き。バス停に立っていると手が悴んでくる。 

Cimh1667b_tna Cimh1665b_tna Cimh1663b_tna  千本釈迦堂に着くと、こぢんまりとした境内に屋台が出て賑やいでる。テントの下には緋毛氈を敷いた床机。簡易食堂か。まずは本堂前のプレハブで「大根だき券」を購入。千円也。一品料理としてはお高め。ま、縁起物ね。
Cimh1675b_tna Cimh1673b_tna Cimh1669b_tna  授与所に並んで券を渡し、お椀を受け取る。ぶっとい大根3切れにおあげさん。煮崩れんばかりに良く煮込まれた大根は良く味が染みている。適度に冷めていて熱すぎず猫舌向き。時折吹く冷たい風に冷えた身体を優しく暖めてくれる。おあげさんは甘めの味付け。大根と一緒に煮込んでいるのではなく、別々に味付けしているのね。境内で食べるだけじゃなく。お持ち帰りもok。容器代が150円必要なのはどこだかの駅そばと同じかCimh1677b_tnaCimh1666b_tna
 本堂脇では生大根も授与中。まん丸球形に近い、聖護院大根? 何だか梵字が書いてある。家で炊いてもokなわけね。

Cimh1687b_tna Cimh1682b_tna Cimh1681b_tna  境内の楓と銀杏も色付き過ぎて落葉中。銀杏の周りは黄金の絨毯と黄金の屋根。

2009年12月 6日 (日)

Google日本語入力βがWindows7RCで使えない件(メモ)

Googleime7rcb  Google日本語入力βをWindowsXP SP3の仮想PCにインストールしてうまく動いたのに気をよくしてWindows7RCの実PCにもインストールしてみた。ら、動かず。インストールは正常終了するのだが、再起動してあるにもかかわらず「再起動せよ」と宣う。ダメだこりゃ。っつーか、いつまでもRC使ってんじゃねぇょ、ってことか?

2009年12月 5日 (土)

きょうのきょう(136年リース)

Cimh1656b_tna Cimh1653b_tna  一日中雨の筈が時折陽が差す。一応、降ってもいるようだが総体的に外れってやつでしょうか?

 熱が下がっても薬の精かボーっとしている。これはこれで心地よいかも。何もしなくて良ければ、だけど。

 部屋でボーっとしていたら、ガス漏れ警報機の交換という人が来訪。リース期限が来るので、撤去するか機器を交換してリースを継続するか、だって。いきなり何を言い出すんだ?!と聞くと6月に案内葉書が届いていたらしい。そんなんSiH4。再検討して改めて連絡することに。フロンスプレーで誤作動する以外鳴動したことはないのだが。使っているガスコンロが四半世紀前の代物だし、あった方が安心? 300円/月だというから継続しとくか? ボーっとしていない時に出直して来てもらおう。

Rt57idhcp091205c_tna  連続運転336日を越えたルータ、DHCPのリース期限が136年を越える端末が1台。MACアドレスを見るとSONYになっている。どうやらVAIO U3にリースしたもののようだ。VineLinux5をインストールした時に拝借したのだろうか? えらく気の長いリースだな。今は固定IPで運用しているので返却しとく?

此の奥にお寺はありません

Cimh1003b_tna  先日の紅葉採集の道端にあった貼り紙(貼り木簡?)

2009年12月 4日 (金)

櫟谷宗像神社・モンキーパークいわたやま

 まだ遠出はままならないので、先日紅葉採集のかたわらに撮り貯めた画像から...。

Cimh1480b_tna Cimh1478b_tna Cimh1477b_tna ○櫟谷宗像神社
 読めますか?「いちたにむなかたじんじゃ」だそうな。渡月小橋の右岸をちょっと遡ったあたり。Cimh1484b_tna由緒は平安を越えて奈良時代かららしい。
 狭い境内だけど、北側を流れる大堰川(桂川)を一望できる。 

 

○モンキーパークいわたやま
Cimh1488b_tna 櫟谷宗像神社の隅に入り口がある。猿はともかく、上の方まで敷地が広がっていて、そこからの眺めもいいらしい。有料なのと大悲閣千光寺登山(?)で足腰疲れていたのでパス。行っておくべきだった? またそのうちね。

2009年12月 3日 (木)

きょうのきょう(LinkStation365日)

Cimh1652b_tna  熱は下がったけど、症状が完全には消えない。久しぶりに行った近所の耳鼻咽喉科は水曜が定休日になっている。以前は水曜は午後のみ休診だったのに。診察室もガラガラ。流行ってないのか? 今はそういう季節なのか? 受付には「新型インフルエンザの検査はキットが足りないのでよほどのことがないとしない。どうしてもと言うなら自費になる。」旨の貼り紙。医師会銘。ご時世?

Linkstation1yb_tn  毎日NASからメールが届く。運用レポートのメール。使用済み容量や不具合報告が載っている。見ると連続運転時間が365日を越えていた。応答がなくなって強制リセットとかしていたのがつい先日のようだが、早いものだ。Cimg7690b_tnaというか、安定するようになった事をほめるべきか。ルータも連続運転が334日を越えている。ホントに何もない1年だったようで。そういや、PC切替器のUSBポートが故障したのが7月頃。代替機がないのでメーカーに送り返すことが出来ないまま週明けに保証期限が切れる。

Google日本語入力βでユーザ辞書が使えない件(メモ)

Googleime1b_tna  Webでウオッチをみていると、GoogleがフリーのFEP(死語?)を出したという。β版だけど。GoogleやYahoo!のツールは個人情報漏洩系っぽいので使わないようにしているし、私のFEPはAtoKなので、常用する気はないが、お試し。環境を壊されても困るので仮想PC上のXPにインストール。
Googleime2b_tna  キー設定にAtoKがあるので殆ど違和感なく使える。重くはない。かといってMS-IMEに対するアドバンテージもないので、Windowsで使うメリットがあるのかどうか。Linuxで使えるなら標準携行SWに指定できそうなんだが、今のところ未対応なのが惜しい。

Googleime3b_tna  ユーザ辞書も定義できて、ユティリティでAtoKから登録単語も移せた。のだが、変換候補に現れず。シークレットモードはオフになっているし、謎。ログインし直しても、再起動しても変わらず。検索してもそういう不具合情報はないようなのでこのPC固有の問題かな? あとで7RCにもインストールしてみようか?

<追記>
 ユーザ辞書に登録した単語が変換候補に現れないのは、登録単語の品詞に問題があったからと判明。AtoKで辞書をテキスト出力すると、品詞に続いて「単語種類」が書かれる。登録単語の場合、文字「*」が品詞の直後に続くので、これをGoogle日本語入力の辞書に登録すると、品詞として「名詞*」などで登録されてしまう。辞書の側で想定していない品詞のようで、この場合はそのまま登録されるが変換には使われないと言うことらしい。
 対処としては、登録後に辞書ツールで品詞を適正なものに書き換えるか、移行に使う(AtoKの)辞書のダンプファイルから末尾の「*」を事前に削除してから辞書登録するとよい。

2009年12月 2日 (水)

きょうのきょう(ダウン)

Cimh1650b_tna  おやすみなさい。

2009年12月 1日 (火)

今年の漢字(まだだよ)

Cimh1270b_tna  先日訪れた清水寺の舞台に置いてあった応募箱。明日まで。

エコカー減額?

Cimh1616c_tna  新町七条下ル付近の駐車場。
 エコカーだと軽並みの料金と言うことらしい。普通車なら100円ずつ課金されるがエコカーは200円ずつ課金されるということはないのかな? 15分だと普通車の方が安いとか?あ、特例措置があるのか。

きょうのツリー(ポルタプラザ)

Cimh1623b_tna Cimh1621b_tna  京都駅地下街に出現していたクリスマスツリー。
 ぽつんと建っていて特にイベントは催されていないもよう。京都タワーとのツーショットはくるしいな。

きょうの紅葉(東本願寺)

 駅前へお買い物のついでに立ち寄った東本願寺。

Cimh1627b_tnaCimh1630b_tnaCimh1637b_tna 概ね盛りを過ぎて散りかけ。総合案内所の改築の為に半分になってしまった銀杏だけは色付き始め。向かいのトイレの屋根は黄金に輝いているCimh1636b_tnaCimh1634b_tnaCimh1638b_tna
   門前のロータリーもほぼ終わりかけ。落ち葉の絨毯は銀杏と桜と枯葉。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年01月 »