« 2010年04月 | トップページ | 2010年06月 »

2010年5月31日 (月)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh5579c_tna Cimh5577b_tna  先っぽの方から色が染みてくる感じ。虫が寄ってきてはいるんだけど、まだホントの花は開いてないから蜜はないぞっと。

 周りの色付き始めているのが萼で真ん中のちっこい団子が本当の花。Cimh5579d_tnaCimh5577c_tna 以前見ていたときは本当の花は5花弁、と思っていたんだけどそうでもないらしい。よく見ると3花弁、4花弁、5花弁と様々。3花弁、4花弁の花の萼はそれぞ3枚、4枚と対応している。なので、Cimh5454c_tna5花弁の花には5枚の萼、かと思ったら5花弁の花には萼がないみたい。

 検索してみると、萼のない花のみが稔り、他は不稔ということらしい。稔るのが真花(両生花)で、稔らないのが装飾花(中性花)。確かに去年見たときも萼のない花が咲いていたけど花弁数までは確かめられなかった。

 一番下の画像は25日の紫陽花。

2010年5月30日 (日)

石井稲荷大明神(徳萬龍神)

Cimh5572b_tna Cimh5573b_tna  紫陽花で有名な小田原町通にあり、梅と桜と椿他の花で知られた(?)修徳公園。その脇に謎の祠があります。何だかよく分かっていなかったのですが、石碑をよく見ると「石井稲荷大明神」「徳萬龍神」と彫られています。

 名前が分かっただけで、謎は謎のままですけど。

2010年5月29日 (土)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh5570c_tna Cimh5569c_tna  色付き始めた。来週はもう6月なんですねぇ。
 ここ何日かずっと風が強くてなかなかぴたっと撮影できない。

2010年5月28日 (金)

きょうのきょう(実山椒前線)

 薄晴れで風が強くて冷たい。春先に逆戻りしたようだ。

Cimh5552c_tna  デパ地下に出かけたら、京都産の実山椒が並んでいた。先週は和歌山産や高知産だったのに。山椒の山の麓で逡巡しているおばちゃんと店員の話を聞くとはなしに聞いていると...。

 和歌山→奈良→京都→福井、と南から順に出回る産地が移っていく。
 どの産地も同じようなものだが、出回りはじめがちょっと高め。
 でも、出回りはじめは皮が柔らかく食べやすい。
 京都産はちょっと高め。(今、ちょうど出回りはじめだからなのかも?)

 ...なのだそうだ。桜や紅葉同様前線があるのね。ま、当たり前か。

きょうの閉店(寺町高辻)

Cimh5557b_tna Cimh5556b_tna  約1年前に上新電機が撤退したビルの後釜に入った系列の(?)おもちゃ屋が今月末で閉店するらしい。京都駅の向こう側にショッピングセンターが出来ると言うからそこに行くのか?と思ったがそうでもないようだ。四条佐井というから偉く遠い、ほぼ洛外といっていい。阪急西院駅から徒歩圏だから阪急で3駅ほど西へいくわけか。Cimh5557c_tna

 告知の立て看板、「致します」の部分が貼り紙っぽいのは剥がすと「致しました」となっているのだろうか。

2010年5月27日 (木)

きょうのきょう(テスト)

 雨こそ降らなかったけど、風が冷たくお出かけ日和らず。

 マンションのオーナーが替わるって案内がポストに。5年半の間に4回目だから5人(?)目のオーナー。そんなにコロコロ替わるものなのか? 公団住宅だった実家は別格としても、以降関東で住んだ4軒の物件は2~9年ずつ住んだけどその間にオーナーが替わった事はないぞ。関西だから? 新しい管理会社に聞いたら、前のオーナーは投資会社だったそうで、元々転がす事が目的だったようだ。先日、屋上に掲げられていたマンション名が取り外されたのはそのせいか。転がされるたびごとに管理サービスのレベルが下がっていくのは如何なものか。私も一度くらい何かを転がして儲けてみたいものだわさ。

Cimh5541c  警報注意報画面、民放でも見本画面を表示していた。こちらは見本ではなくテストと称していたけれど。話の流れとしては、本気で表示するとこんなに鬱陶しくなるから、全部は表示しないよという事だった。詳しくは地デジで、だそうな。

2010年5月26日 (水)

きょうのきょう(見本)

 朝方雨がぱらついていたが、以降は曇。午後から雨の予報は外れ。

Cimh5540b_tna  予報ではなく、警報注意報の出し方が明日から変わるらしい。地域の区分が細かくなって、概ね市町村単位で出すようになるとか。民放TVは細かすぎで表示しきれないから今までどおり大雑把なまま速報するらしい。詳しくはWebで、ってか? けど、NHKは頑張るそうだ。
 ローカルニュースで表示されていた見本画面、うざいと言えばうざいが、京都市は「京都亀岡」でいいの?とか「山城中部」てどこ?とか思わなくて済むからいいか。ま、どこにあるのか分からない市や町もあるけどさ。それにしても京都市ってでかいんですけど。山科や伏見は私的には京都じゃないし、右京区、左京区、北区の北方2/3あたりもおそらく山岳地帯で気候が異なるんじゃないかと。いいのか?

本日の閉店(烏丸綾小路)

Cimh5460b_tna  先日の空き巣現場の近くの店。以前に改装の為の閉店セールをやっていたような気がするんだが、今回はホントの閉店かな?

2010年5月25日 (火)

錦天満宮春季大祭

 鴨川からの帰りに新京極に寄ると、錦天満宮の入り口で巫女さんが呼び込みをしている。何事かと思ったら、春季大祭だそうで。

Cimh5528b_tnaCimh5526b_tna 先々週菅大臣天満宮で行っていたやつかな。菅大臣天満宮は狂言を奉納していたのだが、こちらは舞楽だって。 こちらの方が雅。ふらふらと中に入って立ち位置を捜しているうちに終わってしまった。夜には剣舞を奉納するそうな。

鴨川納涼床清祓式

 夏の風物詩、鴨川の納涼床。今はGW目当てに5/1に始まる店が多いけれど、本来は6/1開始。なのでこの時期に期間中の繁栄を願ってお祓いが行われる。 清めたまえ、祓えたまえ、で「きよはらいしき」と読む。

Cimh5487b_tnaCimh5485b_tna 鴨川の四条河原、四条大橋のすぐ上流側右岸に結界が切られて畳が敷いてある。なんか唐突な感じ。結界のそばには椅子席が設けてあって、納涼床を出す店の代表者だろう、様々な格好の人が座っている。 八坂神社からCimh5506b_tnaCimh5491b_tna出張った神職が祝詞をあげて、納涼床に向かってお祓いをする。
 その後、巫女さんが神楽を舞い、参列者がお詣りをする。最後に御神酒で乾杯。乾杯の発声は「かんぱ~い!」ではなく、Cimh5515b_tnaCimh5495b_tna「いやさか!」だそうで。

 大昔から続く伝統の神事、と言うわけではなく、有名でもない行事。もとより見せ物ではないのでギャラリーもわずか。四条大橋の上から数名~十数名が眺める程度。Cimh5519b_tnaそれでもTVクルーが2~3組やって来て、橋の上や河原で右往左往。橋を通り過ぎる人も暫し足を止めて眺めている。いきなり道端でこんな事をやっているのは京都らしい? 京都じゃなくても工事現場の地鎮祭はやってるよね、神楽は舞わないだろうけど。八百万の神の国、日本ですな。

噂の現場(烏丸綾小路西入)

 昨日だか一昨日だかに盗難(空き巣?)のあったお店。

Cimh5459_stitchb_tna  雑居ビルで、右側の汎用の入り口のドアガラスを割って侵入したらしい。割られたガラスは当日中に修理済。素早いですな。
 向かって左隣の隣の角の店が一年前に歩道を暴走した車が突っ込んだたばこ屋。暴走した歩道は画像に写っている狭い歩道ではなく角を曲がった先の方です。

 それがどーしたって?(^_^;)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh5454c_tna Cimh5455b_tna  若葉みたいなのがだいぶ伸びてきた。これが色付いて見かけ上の「花びら」になるのでしょう。真ん中の5つに溝が入った塊がホントの「花」というか「蕾」なんでしょうかね。

2010年5月24日 (月)

きょうのきょう(ISDN公衆電話ここにあり)

 ザーザー雨が降り続いて夕方になってようやく上がった。かなりまとまって降ったらしい。秋の実りにつながるか。っていうか、そろそろ田植え?

 近所のリサイクル店で窃盗事件があったらしい。夜中で無人だっというから空き巣に近いのか? 場所は一年前に歩道を自動車が暴走して歩行者をなぎ倒して突っ込んだたばこ屋の隣の隣。現場検証しておこうかと思ったけど、雨が激しいのでやめ。いるんだな、空き巣って。自動車は暴走するし、空き巣は入るし、結構怖い街なのかも。

Cimh5289b_tna  画像は大丸京都店にあったISDN公衆電話。昔はお世話になった。といっても、盛んに有線電話を使っていた頃はまだあまり普及していなくて、探さないとなかったような。自前のPHSやケータイで繋ぐようになってからは気にも留めなくなった。まだあるのね。100円玉で10円玉のお釣りが出ないというのは緑電話じゃなかったっけ? 灰色電話もそうだった?

2010年5月23日 (日)

きょうのきょう(魁皇千勝)

 一日中雨。本降りと土砂降りの間を行ったり来たりしている感じ。予報のように嵐っぽくはなかったけど。よく降るなぁ感満点。うちの部屋のマシン室の壁に出っ張りがあって、そこから水が流れるような雨だれのような音がする。サーバやPCを積んでるラックの真横。雨樋の排水管でも通っているのだろうか? 水が漏れるわけでもなく、湿気るわけでもないので、全く害はないのだが、雨のたびに気になる。

Image05231730_05  大相撲で大関魁が千勝していた。何気なくTVのチャネルを変えたらちょうど取り組みの場面だったので見入ってしまった。魁皇というと、2000年8月に出張で直方に行ったら、駅前に魁皇の大関昇進を祝う横断幕があってびっくりしたのを覚えている。直方が彼の出身地で、ちょうど大関昇進が決まった直後だったらしい。昼飯に入った喫茶店では「魁皇ランチ」なるメニューがあって食べたっけ。以来、気になる力士ではあったのだが、ここまでガンバルとは。おめでとう。これからも記録を伸ばしていってくださいまし。
Image05231731_02  子供の頃、相撲は嫌いだった。私の倫理観から言って、男同士が半裸で抱き合うというのは許せなかった。しかも、色白のぽっちゃり体型(というかデブ)の男同士が。私自身が色白でぽっちゃり体型(と言うかデブ)だったので自分を見ているような気がして嫌だったのかもしれない。TV中継も決して見ないようにしていた。
 それが変わったのは千代の富士を見てからだ。色白ではあるが、筋肉質なのが分かる体型で、動きも鋭く「相撲もスポーツなんだな」と目から鱗的な驚きだった。それ以降、嫌悪感がなくなり、TV中継も見られるようになった。途中、目を覆いたくなるような体型の力士が現れたり、スキャンダラスな横綱が何人も現れたり、危機(?)もあったが、何とか嫌いにならず見続けている。
 国技であり、神事(?)を由来にしてるくせに、日本人力士がふがいない中で息長く取り組み続けている日本人力士が居るのは嬉しい事だ。

2010年5月22日 (土)

きょうのきょう(押してねぶた)

 朝は快晴に近かったけどぐんぐん天気が悪くなっていく。それでも30.4℃と昨日より高い真夏日。明日は一転嵐らしい。

Cimh4968b_tna  真夏と言えば、昨日は近所のスーパーでスイカが丸ごと売られていた。切り身はもっと前に見かけたような気がするのだが、丸ごとは初見かも。気付いていなかっただけ? 一個二千円を超える値段だったような。こんな庶民的な店でそこまで出す人居るのかな?

Cimh4969b_tna  画像は新京極にいたぶたさん。UFOキャッチャーの景品の見本、ということらしい。(足を?)押すとどうなるのかは不明。彼には口蹄疫の心配はなさそう。野菜が漸く落ち着いたと思ったら今度は肉が高騰したりしないだろうなぁ。

2010年5月21日 (金)

きょうのきょう(実山椒の仕分け)

Cimh5439b_tna  じとっと晴れて蒸し暑い。今年二度目の真夏日で30.3℃。黄砂が来ている、というので空を見上げると晴れているのに青空ではなく、白空。東山も霞んでいる。同じ雨上がりでも週初めのカラッと澄んだ晴れとは全然違う。期待して太陽を見るが、光環らしいものは見えず。念のために撮影してみたけれど、微かに色の輪が見えるのは気のせい? これで黄砂も最後でしょうとTVの気象予報士は宣う。去年のような見事な光環は今年は拝めなかった。

Cimh5448b_tna Cimh5445b_tna  ようやく実山椒を購入。枝を取っ払って実だけにしてあく抜き。ここんとこ毎年やるがめんどくさいし指が痛い。細かい枝まで仕分けしたので4時間近くかかったかも。綺麗な新緑色していたのがゆがくと灰緑色になってしまうのが返す返すも惜しいけど、冷凍して一年間ちびちび楽しむ事にしよう。

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh5431c_tna Cimh5431b_tna  くどい?

2010年5月20日 (木)

僧も防水(托鉢僧)

Cimh5424b_tna  昨日、朝目覚めると外から托鉢僧(たぶん)の声がする。「を~~」ではなく「ほ~~」と言っているらしい。雨が降ったり止んだりしているのに、修行は大変だな、今日はどこの僧堂から?と見てみるが、看板袋(禅宗ではそう呼ぶらしい)の文字が見えない。と思ったら雨合羽を着ている様子。さすがに、雨は除けるのか。
 素足に草鞋、というのが正式らしい。が、草鞋の紐が荷造りロープに見えるのは気のせい?

2010年5月19日 (水)

きょうのきょう(圧縮解凍)

 しとしと雨。TVの気象予報士の口からは梅雨の走りと言う言葉が出るようになった。

 「AVG Anti-Virus Free Edition」と格闘の一日。大抵の機能はよさげなのだが、メールスキャナの設定がめんど。自動的にパケットをフックしてくれるavast!と違ってローカルなプロキシサーバを立ててそこで検査する。なので、サーバの設定とそれに合わせたメールソフトの設定変更が必要。avast!の場合は特に設定は不要なのだが、POP/SMTPサーバとの間の通信をssl化してしまうと検査できないようで、メール受信時に検出しないウイルスを受信後のファイルスキャンで検出したりする。その意味ではAVGの方が確実ではある。
 PCによってはメールスキャン用のプロキシサーバの設定ができず実質的にメールスキャンが実施できない。サーバが立てられるPCでも、同じリモートサーバに対してIDによって設定が異なったり、同じ設定でも接続できる場合とできない場合があったりする。もっと詰めて調べないとダメか。というか、調べないと使えないのか? 配信が遅いようでもあり、ちょっと実用にはつらい感じCimh5060b_tna

 画像は四条寺町付近の美容院の看板。「archway」ってファイル圧縮解凍のソフトなんですけど。髪の毛を圧縮してくれるんだろうか? 圧縮はともかく、解凍って???

2010年5月18日 (火)

きょうのきょう(容量:満杯)

 曇りがちだけど概ね晴天。そんなこんなで夏日。

 アンチウイルスソフト、今は対ウイルス、対スパイウエア、対マルウエア、だかなんだかで「avast! Antivirus」「Spybot - Search & Destroy」「Ad-Aware」「SpywareBlaster」と4つのソフトを組み合わせて使っている。なんか入れすぎているような気もする。
 それぞれアップデートが自動だったり自動でなかったり、リアルタイムスキャンするものあればしないものもあり、静的スキャンはいずれも手動で行う。フリーのだとオールインワンではないので組み合わせないといけないし、運用もなかなか至れり尽くせりとは行かないものだ。
 以前使っていたノートンが、重くて懲りたのと、換装やら再インストールを頻繁に行っているとライセンス管理が必要なものは鬱陶しかったのでフリーに乗り換えた。
 で、なぜだか「AVG Anti-Virus Free Edition」と言うのに目が留まった。これだとほぼオールインワンな上に全部自動で運用できそう。予備機にインストールしてみたのだが、CDのドライバが古いと文句を言ったりやや我が儘。よく見ると、フリーライセンスは一家に一台だけだって。お試しするまでもなくアウトか。機能的にはどうなんでしょ? 予備機だから、リアルタイムスキャンのテストにはならないんだよな。使わないから重いか軽いかも分からない。予備機で問題がなさそうなら、作業用マシンに入れてみようかと思っていたのだが、無駄だったか。数日中に元に戻す事になりそうね。

Cimh5418b_tna  画像は近所のスーパーの実山椒の箱。先週はトレーパックだけだったのだが、今週になって箱入りを売り始めた。一箱ってどんだけ? トレーよりお得なのか? と箱を見ると、「容量」の欄には「満杯」としか書いてない。はぁ。なんちゅう大雑把な...。

2010年5月17日 (月)

きょうのISS

Cimh5415b_tna Cimh5412b_tna  一応撮ってみました。試しに撮るだけじゃなく、録ってもみたら、何とか写りました。
 このカメラ、シャッター速度がマニュアルで設定できず、ISO1600にすると勝手に0.5"になってしまうのでうまく線状に写らず。癪なのでgifアニメにしちゃったけど...Cimh5414c

 電線で掩蔽されながら長い飛跡っぽいのが何本も写ってると思たら、碍子ですわ。

きょうのきょう(キズパワーパッド)

 陽射しもあって暖かい。暖かいと言うより外を歩いていると暑い。夏日。そか、春じゃなくてもう初夏なのか。

Cimh5383b_tna  指先の傷の防水用に指サックを買いに薬局に寄ってみると、バンドエイドキズパワーパッドってのが売られていた。お高い事はお高いが、一時よりはだいぶこなれてきた感じのお値段だったのでお試し。...しようと思って買ってみたら、取説に「怪我した当日中にお使いください」と言う趣旨の事が書いてある。生菓子か! Cimh5395b_tnaもう一日半経ってるからダメっぽい。「傷の経過をよく見ろ」とも「一度使ったものを再使用するな」とも。時々は剥がして傷を見て、また新しいものを貼れと? その場合、翌日以降に貼った事にはならないのだろうか?
 中を見ようかと思ったが、「開封後は速やかに使え」という意味の事も書いてあるのでやめ。やっぱり饅頭みたいだな。Cimh5396b_tna1枚1枚のパッケージがでかいのでどんだけでかい絆創膏が入っているかと光にかざしてみると、えらくこぶり。誇大包装、っていう問題ではないんだろうけど、大げさ。この方が衛生的なのか?

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh5404c_tna Cimh5402b_tna  あんまり変わり映えしないけど、周りのちっこい葉っぱみたいなのが伸びてきた感じ。

2010年5月16日 (日)

きょうのきょう(紆余曲折?)

 朝から晴れ。時々曇ったものの、週内の寒さを補うように暖かかった、ようだ。

 昨夜、胡瓜と一緒に右中指の先をピーラーで削ってしまって意気消沈。怪我は全く大したこと無い。切り傷なら、切れ目を元に戻して圧迫止血すれば勝手に傷はくっつく。でも削り取ってしまうと修復できない。自己増殖を待つのみ。箸は使いにくいし、水はしみるし。早く分裂しろ~>細胞。Cimh5082b_tna

 画像は東洞院松原の電柱。曲がっている、というか曲げてある経緯は不明。今は駐車場になってるから何の支障もないようだけど、以前は何か曲げざるを得ないものがあったのかな? 茶色く着色してあるのもいわくありげ。前にも掲載したような気がするんだが、明確な記憶がないので載せちゃいます。忘却は痴呆の入り口? 今日の晩飯はもう食べたんだっけか?

2010年5月15日 (土)

きょうのきょう(葵祭だったけど)

Cimh5379c_tna  行ってません。一応何度か見ているし、休日だったし、家を空けられなかったので。カラッといいお天気だったっぽいので惜しい事をしたか。それに、昔のお菓子(饅頭?)が復活して今日から販売されると言う話もあったな。大田神社の杜若も見頃らしい。う~む。

Cimh5260b_tna  画像は牛乳プリンの新パッケージと北欧館のムーミン君。
 牛乳プリンて大昔からあったような気がするんだけど、まだ15周年だったとわ。パッケージの表情を一通り集めようとした事もあったな。どうなったんだっけか?
 雑貨・珈琲・ドックというのも異色の取り合わせ。Cimh5259c_tna検索してみるとサウナホテルが一番にヒットする。こっちの北欧館は健康食品会社の系列で別系統っぽい。そういえば、その健康食品の本社が近所にあるようで、祇園祭の時に団扇を配っていたっけ。いずれもローカルなチェーンのようだ。

2010年5月14日 (金)

きょうのきょう(山椒初日)

 微妙に低温。風が冷たい。と言っても、四月上旬並みだって。もうあれから一月半も経つのか、と感慨。陽射しが妙にまぶしいと思ったら、東山がくっきり見えている。空気が澄んでいるのね。雨上がりのせい?

Cimh5367b_tna  近所のスーパーで実山椒を発見。ちょうど去年冷凍にしたのが切れて困っていたんだ。あちこち用事をしていると、行く先々の店で見かける。ここ2~3日で出回りだしたっぽい。今日見たのは和歌山県産に高知県産だったかな。ついでにあちこちの店で値段比べ。でも、販売単位が「一箱」だったり、トレーに「一パック」だったり。単価が計算できない。というか、枝に付いたままだから、重さがでても意味無いか。出始めは高そうなので、今日のところは様子見。様子を見すぎて買いそびれそうになったのが去年。来週忘れずに買うようにしようっと。φ(.. )

Cimh5374c_tna  鍵をズボンのベルトからぶら下げていたチェーンが切れてしまった。破断したのはチェーンではなく、サルカンの部分ですけど。思えば、通勤のタクシーの中に鍵を落としたのに懲りてチェーンでぶら下げるようにしたのが16年ほど前。以来ずっと使っていたチェーンだ。良く保ったなぁ。取り敢えずサルカンを外して直結。この先いつまで保つかしら?

 画像はデパ地下で見かけたバナナ。「1木」という販売単位は初めて見た。

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh5369c_tna Cimh5369b_tna  だんだん花らしい形になりつつある感じ。

2010年5月13日 (木)

大徳僧堂(托鉢僧?)

Cimh5360c_tna Cimh5358b_tna  朝起きて窓を開けると「を~~~」と声がする。腹の底から出ている。演劇部も顔負けの発声。托鉢僧(たぶん)だ。月に何回かうちの前を通っていく。東から西へ、そして東へ戻る。数名が100m位ずつ離れて次々やってくる。四条大橋の上でいつもチリンチリンと鐘を振りつつ読経している僧形と違って立ち止まる事はない。
 前に下げた袋(袈裟、じゃないよね何というの?)に書いてある文字は所属だろうか。昨日見かけた僧は「大徳僧堂」。以前良く通っていった僧は「建仁僧堂」と「南禅僧堂」。建仁寺なら歩いても30分かからない。南禅寺も1時間もあれば行き着くだろうか。でも、大徳寺は北大路沿いだから遠いぞ。歩いてくるのだろうか?

2010年5月12日 (水)

きょうの梅(修徳公園)

Cimh5364b_tna Cimh5363b_tna  実ってますなぁ。

2010年5月11日 (火)

きょうのきょう(はやぶさ北へ)

 昨日に引き続きしとしと雨。先日までの夏日一転、微妙にひんやり。ちょっと風邪気味。

F3000808c_tna F3000797c_tna  新青森まで行く新幹線の列車名が「はやぶさ」になったとTVのニュース。はやぶさって以前に乗った事があるような、と思い返してみると、何年か前に熊本に行くのに乗っていた。名前を使い回しちゃうのね。ま、新幹線の代名詞「ひかり」の名前も使い回しだからむしろ伝統なのかも。
F3000812b_tna F3000802b_tna F3000801b_tna  結局東北新幹線は何種類の列車が走るんでしょ? 憶え切れなそうな予感。

 TVニュースでは、死んだ人のブログが死後も残ってアクセスされ続けていると言う話題も取り上げていた。デブリみたいにゴミが溜まる、というのではなく、多くの人のよりどころになっているって。
 そうなのか? 死んじゃったら課金を払う人がいなくなるから契約が切れた時点で閉鎖されちゃうんじゃ? と思ったのだが。無料のWebサイトを使っていると永遠に残せるのだな。無料で永代供養してくれるなら、墓としてはそっちの方がいいのかも、とふと思った。ま、別に残したいものがあるわけではないけれどさ。

京都堀川仏光寺郵便局

Cimh5343b_tna Cimh5342b_tna  四条大宮からの帰りにいつもと違う道を、と仏光寺通を歩いているとやや古げな建物に〒のマークが出ている。レトロというかモダンというか、京町家ではなく戦前(応仁の乱じゃなくて)っぽい雰囲気。近づいてみると局名が右書きになってる。Cimh5346b_tnaCimh5345_stitchb_tna残念乍ら、今は民家になっているようで、ドアの向こうにシャッターが下りていて個人名の表札も出ている。
 木のドアが、子供の頃実家のそばにあった郵便局に似ていてややなつかし。そういや、あの郵便局も引っ越しちゃったんだよな。と思いつつ、前を通り過ぎて角を回り込むと、今の郵便局。煉瓦張りとタイル張り。モチーフは新旧共に似てる?

2010年5月10日 (月)

月曜営業(理髪店)

 散髪屋の休みは月曜日。子供の頃はそう思っていた。というか家の周りではそうだった。就職の為に上京してから何年間かは散髪に行けるのは土日のみ。定休日なんて気にしなかった。ある時、土日が忙しく、たまたま散髪する為に月曜を避けて火曜に代休を取って散髪屋に行ってみると、休み。散髪屋の前で暫し呆然としたっけ。関東(鎌倉?)では火曜日が定休日らしい。20年以上前の話。最近は週休二日になったりしているようだが、地域によって定休日が違うとは思わなかった。関東で桜餅に次いでびっくりさせられた事の一つかもしれない。東西だけではなく、もっと地域によってバリエーションがあったりするのだろうか?

Cimh5245b_tna  ここ10年くらいは年中無休のチェーン店にしか行かないから、関西に戻ってきてからも違いは気にしていなかった。先日通りかかった散髪屋に「月曜営業」という札が掛かっているのを見て、過去に受けたショックを思い出した。この店は、入居しているビルの都合で日祝休みにしているので、「本来休みな筈の月曜も営業していますよ」という意味らしい。

2010年5月 9日 (日)

菅大臣天満宮春季例祭

 菅原道真公生誕の地の春祭り。

Cimh5314c_tnaCimh5219b_tnaCimh5218b_tna 我が家のご近所。毎年立て看板を見かけて行きたいなと思うのだが、何故か毎年土日なので行きそびれていた。今年は何とか時間が取れたのでお出かけ。といっても宵宮はすっかり忘れていて用事にかまけていた。例祭当日の終わり頃にようやく。

○宵宮
Cimh5319b_tna Cimh5221b_tna Cimh5274b_tna  行ってません。というか、思い出して行ったときには終わってたもんで...。
 山伏による護摩焚があったらしい。黒焦げになった丸太が積み上げてある。っていうか、数日前に訪れた時に既に黒焦げになった丸太があって、水をかけ続けていたんだが。使い回しなのかな?

Cimh5306b_tnaCimh5301b_tna○例祭
 午前中に子供神輿があったらしい。かわいらしいお神輿と太鼓車が境内に置いてあった。時々太鼓の音がするので何か始まるのかと寄って行ったら、子供達が遊んでいるだけだったり。
Cimh5313b_tna Cimh5297b_tna Cimh5302b_tna 午後には狂言奉納。舞殿なんてないし、どこでやるのかと思ったら、本殿の中。拝殿とかいうのだろうか。みんな本殿の前に設えられたベンチに座って見ている。茂山千五郎社中って、NHKの昼前の番組に出てくる人かな、Cimh5311b_tna と見ていると見慣れた顔が現れた。そうそう、茂山宗彦さん。後見とかで、自分自身が演じるのではなく、ちらっと舞台の奥に現れただけでしたけど。最初から見ていたら挨拶とかあったのだろうか?
 境内と言っても、殆ど通路というか参道だけのようなお宮なんだが、そこに屋台が出て親子連れで賑わっている。Cimh5309b_tnaCimh5310c_tna みんなご近所の顔見知りな雰囲気。普段は何の飾り気もない手水舎の牛さんが首飾り(?)をしている。絵馬やお札、御守りも授与中。普段はどこで頂けるのかよくわかんないのよね。さすがに学問の神様、一攫千金の御守りはなかったのでお札を頂いてまいりました。そういや、「天神智恵餅」はどこでもらえたのだろう?分からずじまい。

2010年5月 8日 (土)

きょうのきょう(自作土産)

 昨日の事だが、ニュースを見ていると、「今春第一便の修学旅行生」がやって来たので京都駅で坂本龍馬やたわわちゃんが歓迎式を開いたと言っている。太秦映画村の役者やたわわちゃんが出迎えたようだ。ずらずら並ぶ子供達もちょっかいを出して楽しそう。良い想い出になるといいですな。

Cimh4950b_tna  でもさ、修学旅行生なら先日もうじゃうじゃいたような気がするんだが? 「今春」っていつ始まったんでしょうね?
 画像は寺町京極の八ッ橋屋さん。自分で八ッ橋を焼かせてもらえるらしい。先月下旬の風景なんだが、彼らは修学旅行生じゃないのかな?

四条富小路の信号機にたかる蜂

Cimh5270b_tna  四条通を歩いていると、警官が横断歩道の一部を封鎖している。歩行者が近づかないようにしているようだ。無理矢理突っ切る人もいるが警官は「いや、まぁいいですけど」と言いつつ苦笑いしてるだけ。緊急事態と言うほどでもないようだCimh5266c_tna

 何事か分からないままふと頭上を見ると、信号機に蜂がたかっている。何年か前に四条烏丸の信号機にもたかってたな、蜂。あの時は信号機のランプに集まっていたようだが、今回は取り付け金具(?)Cimh5267b_tnaにみっしり。このあとどうするんでしょ?

2010年5月 7日 (金)

噂の現場(フレスコ五条西洞院店)

 いつも行く近所のスーパー。一軒一軒は小さいのだけれど、24時間営業で徒歩圏内に5軒はある便利なお店。京都市内の至る所にあって、ローカルにメジャーなチェーン店だ。テーマソングが「いつも手遅れ~♪」と歌うひょうきんなお店でもある。買える品は限られるが概ね食品の9割はここで買う。私の身体を構成する原子のうち殆どがこの店を経由していると思われる。店員も明るく礼儀正しいし、親切に対応してくれる。教育も行き届いているようだ。

 とても便利で生活を支えてくれているのだが、ミスも多い。四条店や五条店では何度かレジの打ち間違いの被害に遭っている。表示されている商品とは別の商品が棚に並んでいて、間違えて目的とは違う品を買わされた事も。清潔で明るい店内とは裏腹に、きちんと管理された商店と言うより、昔のざっぱな市場的な雰囲気も持ち合わせている。

Cimh5202b_tna  連休の最終日に味噌が切れそうだったので、買い物に行ったらいつもの銘柄がない。困って店員に尋ねると「メーカーで商品を切り替えたんじゃないか」とのこと。類似品が安売りされていたのでそれを購入。...して、家に帰ってレシートを見ると、安売りになってない。通常価格で計上されている。たった60円なんだが、嘘は嘘だよなぁ。お出かけのついでに再訪してレシートを見せるとあっさり差額を返金してくれた。さすがに店員もそこは慣れたもの(慣れてるのか?!)。きっと、POSシステムのDBを更新し忘れたんだね。
Cimh5228c_tna  でもね、その味噌は「月間奉仕品」で、もう5日目なのよ。5日間は値引きと言いつつ通常価格で販売し続けていたらしい。その事を指摘しても店員は苦笑いをするだけ。まぁ、レジのおねーちゃんのせいではないしなぁ。他にも犠牲者はいるんじゃないか? 私が買う前に何個かは売れたようでもあったし。
 今日、別な買い物で寄ってみたのだが、お詫びとか購入者への返金を告知する貼り紙はなかった。ばっくれる気らしい。それとも、この2日間で全員に返金し終わったのかな? ま、たった60円の事ですけど、その値引きで客を釣ろうとする以上ばっくれていい金額でもないよなぁ。

 だまされるたびに「レシートをちゃんとチェックしなきゃ」と思うのだがめんどくさくてつい怠ってしまう。というか、値札にいくらと書いてあったかなんていちいち覚えてないし。買い物するたびに証拠写真撮ってもいられないし。買い物って店との闘いの場でもあったりするのねぇ。

営業係数(京都市バス)

Cimh3203b_tna  京都市民の足と言えば地下鉄とバス。バスは市バス、京都バス、京阪バスと走っているが、中でも市バスが一番路線が多く乗る機会も多い。一日券や地下鉄との共通切符なんかもあって便利。なんだが、大赤字らしい。全国でも一二を争う規模だとか。馬鹿ほど建設費を使って作った地下鉄はともかく、バスは観光客が多くて稼いでいそうなものなんだが。ショボイけどグッズも出してがんばってはいるのに。フリー切符とかで割引しすぎてるのかな? いや、とっても有難い、というかアレがないと乗り回す気がしないですけどね、一日券。

Cimh5251b_tna Cimh5253b_tna 先月からは営業係数が200を越える路線のバス停の時刻表には営業係数を貼りだしているという。気付かなかった。改めて近所のバス停を見てみると、どこにも書いてない。四条通や烏丸通を通る路線は営業係数200未満のようだ。では、五条通は?と見ると、出ている。
 1時間に5本も6本も走っている路線は大丈夫なようで、1時間に1本の路線になるとアウト。客が少なくてもうからないから本数が減るのか、本数が少ないから客に嫌われてもうからないのか?

 バスがなくなるとどこにも行けなくなるので何とか生き残って欲しいのですが。いっそ、洛中だけでも自家用車禁止とかしたらどうだ?

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh5240b_tna Cimh5237b_tna  連休中の陽気のせいか、今日のお湿りのおかげか。/(-_-;)\が\(^o^)/になった感じ。

噂の現場(コラーゲン若?)

 ちゃんこダイニング若なら四条通沿いにあったはず。歩道に看板が出ていて邪魔だった。

Cimh5250b_tnaCimh5249b_tna 行った事はないし、連休中も毎日のように前を通っていたのだが、店の様子は記憶にない。ニュースを見て改めて探してみると、ない。店舗案内にもなくなっている。潰れる前に撤退していたらしい。何店舗かはコラーゲンに業態変更したという話もあるから、これかしら?

2010年5月 6日 (木)

きょうのきょう(サツキのツツジ?)

Cimh5230b_tna  曇って涼しくなる、筈が夏日。相変わらず白っぽい空なのに陽射しがもんわりぬくい。夕方になってようやく雲が広がってきたけど歩いていると汗が出てくる。明日は雨になるらしい。晴れが続いたから、ちょうどいいお湿りか。沖縄奄美は梅雨入りしたとか。あんまり実感がないまま季節は進んでいくようで。

Cimh5080b_tna  画像は今日のツツジ(サツキ?)と月曜のスーパー。
 ツツジの色が見事。というか、じっと見ていると色収差を起こしそうな色合い。眼鏡の問題か?
 毎週月曜に野菜の安売りをやっているこのスーパー。以前はここに写っている野菜が100円の定番だったのだが、最近は対象外になっている。旬の問題?それとも...?

2010年5月 5日 (水)

きょうのきょう(端午の初真夏日)

Cimh5090b_tna  空は白っぽく、薄曇りというか薄晴れ。と言う状況はこの三日間同じ。なのに、気温は日に日に上がってついに30.9℃で真夏日。7月中旬並みらしい。まだ身体が慣れていないと言うか、春先の服装のままなので余計に暑く感じる。帽子を被って予防していても歩いていると朦朧。夕方になって明らかに曇ってきたけれど、空が白っぽかったのはひょっとして黄砂のせいとかなのか?
Cimh5210b_tna  休日の京都は観光客のもの。地元民は出歩いてはいけない。混んでるし、用事片づけるのに労力も時間も余分にかかる。とおもいつつ出かけてしまった。くたく た。やっと連休が終わったので、少しは静かになるだろうか。アイスランドの火山がまた噴火したとか言ってるから、また足止めの外人が待ちに溢れ出したりするCimh5210c_tna

 画像は餅は餅屋の幸福堂のちまき、と万寿寺通のハナミズキ。
 関東では手に入れるのが一苦労だったちまきも京都では普通に手に入る。といっても時期が限定されますけど。このハナミズキは満開状態なようで。ここまで開くと確かに花の形をしている。緑の花弁。

きょうの桜(新町通)

Cimh5214b_tna Cimh5213b_tna  いよいよ実が色付いてきた。鳥についばまれるのも時間の問題?

2010年5月 4日 (火)

四条河原(等間隔)

Cimh5180b_tna Cimh5179b_tna  昨日に引き続き夏日。空は白っぽく、薄曇りというか薄晴れ。青空は一昨日の方が綺麗だったのに、今日の方が暖かい。陽射し云々ではなく、暖気が流れ込んでいると言う事か。

Cimh5196b_tna  今日はちょっと上がって四条河原。このあたりは五条河原と違って腰掛けがない。仕方ないのでみんな土手の石垣の上に座る。この座る間隔が等間隔だという研究(?)があったそうだが、如何に?

2010年5月 3日 (月)

伏見稲荷大社稲荷祭還幸祭

Cimh5086b_tna Cimh5087b_tna 伏見稲荷大社のお神輿が通るという。稲荷祭の還幸祭。油小路東寺道にある御旅所へ4/18に大社からお出ましになったのが神幸祭。5/3にお戻りになるのが還幸祭。微妙に遠いので御旅所へは出向かなかったのだが、敷地も広くかなり立派な御旅所らしい。八坂神社の四条御旅所や大政所御旅所のように街中にある訳じゃないからだろうか。

Cimh5140b_tna Cimh5121b_tna  近所を通るというので待ち受けていたら、先触れが車で「もうすぐ伏見稲荷大社のお神輿がお越しになります。」とアナウンスしながらやって来る。祇園祭の還幸祭のように賑やかに神輿を担いだ人達が現れるのかと思ったら、トラック。Cimh5135b_tnaCimh5117b_tna荷台部分にベンチが設えてあって装束をまとった人が大勢座っている。先触れ+そのトラック1台が現れたあと、後続がない。拍子抜け。これで終わりかとその場を離れて、街中を行ったり来たりする神輿を別のスポットで見ようと移動し始めたらCimh5144b_tnaCimh5147b_tna後続が現れた。やっぱりトラック。うげげ。何台かは見損ねたぞ。

 結局、別のスポットで改めて見物。バン、軽トラ、大型トラックを交えて計35台。一応パトカーが先導しているけれど、Cimh5169c_tna信号で分断されたりして延々30分ほどかけて通過。先頭の方は徐行していたものの、後ろの方の車は追いつこうとしているのか普通に巡行している。沿道の見物客もまばらだし、それで良いのかもしれないけどさ。
 祇園祭との違いに唖然。ま、これから伏見に帰るわけで人が担いだり、Cimh5088c_tnaのんびり徐行していたら日が暮れちゃうんでしょうけど 。

 で、ちまきを買いに寄った餅屋の幸福堂では稲荷祭用の赤飯を販売中。そういう慣習なのね。

鴨川納涼床2010

Cimh5094c_tna Cimh5091b_tna  やってます。行ってませんけど。
 通りかかったのが昼過ぎだったせいか、客は少な目。夕涼みが本来の姿ですな。床がかかっているのは鴨川本流ではなく、脇を流れる放水路(?)です。念のため。
 涼しさという点では貴船の川床の方が上を行きそう。行った事ないけど。

2010年5月 2日 (日)

みんなの空からiのジオタグ無視オプションの仕様を変更しました。

 旅の空からiとみんなの空からiがジオタグに対応しました。で紹介した、ジオタグが付いた画像で(画像の位置情報の)地図リンクを表示しないようにする方法の「<!-#-no-geotag->」の記述方法を変更しました。

 ・本文中に「<!-#-no-geotag->」というが あると、画像のジオタグは無視されます。この行はみんなの空からiには表示されません。この場合、本文中に位置情報が書かれていると本文中の位置情報は有効になります。

 <!-#-no-geotag->の前に他の文字列があると無効です。独立した行として記述してください。本文中に<!-#-no-geotag->で始まる行があると、その行はみんなの空からiには表示されません。<!-#-kokomade->の後ろに書かなくてもokです。

2010年5月 1日 (土)

合格・必勝祈願タクシー

 三つ葉のクローバーのあんどんを掲げるヤサカタクシー。大半は三つ葉なんだが、4台だけ四つ葉のクローバーを付けているという。検索すると記念乗車証もくれるとか。まだ四つ葉は見た事ない。
Cimh5016c_tna  他に期間限定で鶴入りのタクシーもあるらしい。先日、信号待ちをしていると、その鶴入りのタクシーが目の前を通過。「合格・必勝祈願タクシー」だとか。「鶴」というのが意味不明なんだが、なんだろう。見かけたのは三つ葉バージョン。鶴バージョンは三つ葉29台、四つ葉1台で、先月末まで。期限の2日前にようやく1台発見。だからなんだ、ってなもんだけど...。

« 2010年04月 | トップページ | 2010年06月 »