« 2010年05月 | トップページ | 2010年07月 »

2010年6月30日 (水)

きょうの祇園祭(前夜)

Cimh6282b_tna Cimh6190b_tna Cimh6187b_tna  明日から祇園祭。昼から四条烏丸付近に鳥居(?)とぼんぼりが建ち始めた。函谷鉾と長刀鉾。夕方にはほぼ完成してあたりはお祭り気分が醸し出されてきたCimh6283b_tna

 月鉾も注連飾り(?)を取付中。巫女さんは全員決まったのだろうか?

夏越大祓(八坂神社、菅大臣天満宮)

   

 今年も半分が過ぎようとしている。前半の無事を感謝し、後半の安寧を祈るのが夏越大祓。市内のあちこちで催行している。

Cimh6255b_tnaCimh6199b_tnaCimh6261b_tna○八坂神社
 オープンに参加できる近場と言う事で八坂神社。私的にはほぼ恒例。
 能舞台が式の舞台。氏子(たぶん)が舞台上、Cimh6217b_tnaCimh6215b_tna婦人会(たぶん)が舞台の周りの観客席。余った席に一般人も座らせてくれる。立ち見も可。
 氏子が舞台上に着席し待つ中、神職が登場。全員が揃うと神職が祝詞をあげる。Cimh6224b_tnaCimh6220b_tna全員が起立平頭して聞く。配られた人型の包みを開き、中の紙吹雪(?)を左右の肩にふりかけ、人型を体中に押し当て、息を三回吹きかける。 そして、お祓い。穢れを移した人型を回収して、衣類に模した布を裂く。紙も裂いていると言う事だが、Cimh6234b_tnaCimh6230b_tnaしかとは分からなかった。裂いた布と回収した人型を長持に納めて搬出。これで式自体は終了。
 神職、氏子の順に退場し、神職の先導で茅輪をくぐる。左右左ではなく、ワンパスくぐるだけ。その後はぞろぞろ社務所に消える。Cimh6250b_tnaこの後何をしているのだろう? 何度見ても謎のままだ。
 最後に私もぐるぐるくぐって私の儀式も完了。
 

○菅大臣天満宮
Cimh6285b_tnaCimh6286b_tna 八坂神社の帰りに菅大臣天満宮。
 ここの大祓式は非公開。外から眺めて終了。
 

○水無月
Cimh6265b_tna 休日を振り替えても今日営業していた錦市場の和菓子屋さん。意気に感じてここで調達。

 今年の後半も健やかに過ごせますように。

2010年6月29日 (火)

はんなり地蔵

Cimh6160b_tna Cimh6159b_tna  大丸京都店の裏側というか、錦通口にあるお地蔵さん。...か? 「はんなり地蔵」と書かれた台座の上には何もなく、前に花と水が供えられている。バーチャルお地蔵さん? 台座の四隅に止め金具の跡のようなものがあるので、以前は祠があったのだろうか。

 敷地的には大丸京都店の公開空地と思われる。台座に連なる壇上にモアイ像的な石像が建っているのと関係があるのか?

2010年6月28日 (月)

きょうのきょう(怒った?)

Cimh6157c_tna  朝、家の前で救急車が停まる。何かと見ていると、我が家の窓の網戸に虫が留まっているのに気付いた。何気なく指で弾くと外に落ちた。テントウムシらしい。微妙に遠いのでどんな虫か分からない。撮影してみてびっくり。

Cimh6164b_tnaCimh6172b_tnaCimh6170b_tna  デパ地下の和菓子屋では水無月を販売中。6/30のお菓子の筈なんだが、早めに売り出すのか。錦市場のお店では今年の6/30が定休日に当たってしまうので今日を代休にして当日休日返上する気満々。

Cimh6182c_tna  今朝は24.8℃と熱帯夜寸前。昼間も33.9℃でむしむし。猛暑日にはならなかったけど、気温も不快指数的も今季一番じゃないかな。チャットで図書館は涼しいよと聞いてお出かけ。いつも投票所になる公民館的な建物。元小学校で校庭は桜や梅、椿で有名な修徳公園になっている。うちからは徒歩2分。便利。図書館なんて何十年ぶりだろう。多彩なサービスが電子化されていたり、土日も開館していたり、返却は24時間365日okだったり、サービスは向上している。小さな図書館なので座って本を読むだけしかできないけれど、東本願寺まで行くよりは近いから、読書室にするのは良いかも。

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh6181b_tna Cimh6179b_tna Cimh6178b_tna  ちょっと色が褪せてきたかな。枯れ色も染みてきて、そろそろ一部盛りを過ぎた感じ? 梅雨はまだまだ先は長いよ。(たぶん)

2010年6月27日 (日)

神田神宮のケロ

Cimh5956b_tna  先日、神田神宮の前を通りかかったら、ケロがいた。石ですけど。「将門の首が無事故郷へ(胴体の元へ?)帰るように」ということで、将門にカエルは付き物らしい。

 長い事壁面に埋め込まれたままだったようだが、2月に改装された建物の中に移って以来、Cimh5952b_tnaCimh5953b_tna幟の文言が変わったり、壁の説明書きが変わったり、地味に変化が激しい。この日は通りかかった時間が遅かったので、中を確かめる事は出来なかったけれど。当分、目を離せない存在かも。(おおげさ?)

 過去の変遷はこちら。 
 ・神田神宮(改名神田明神?) 2010年6月 6日 (日)
 ・神田神宮(神田明神に改名?) 2010年4月 3日 (土)
 ・神田神宮(改祀) 2010年2月27日 (土)
 ・神田神宮(西入下ル) 2008年11月 6日 (木)

2010年6月26日 (土)

きょうのきょう(部分月蝕だったけど)

Cimh6143b_tna 見えませんでした。
 朝から雨が降ったり止んだり、梅雨らしい雨。夜になってもべったり白い雲。でも、雨は止まないものの21時頃には雲が切れ始めた。切れ間から月が顔を出す...かと思ったけど、見えず。雲が切れて黒く見えたのは空ではなく、やっぱり雲だったのか? 黒い雲。Cimh6144b_tna低層の雲は街灯りに照らされて白い。高層の雲はそれに比べて黒い?

 画像は「ほじそ」。何かと思ったら「穂紫蘇」ということらしい。葉っぱだけじゃないのね。実山椒と木の芽みたいなもんか?

2010年6月25日 (金)

大茅輪くぐりだったけど(北野天満宮)

Cimh6036b_tna Cimh6035b_tna  行ってません。3年前は昼過ぎ迄に2/3は失われていた大茅輪。京都新聞の記事によると朝5時半までまだ残ってはいたようだ。朝5時ってまだバスは走ってないんだけど、みんなどうやって行ったんだろう?

 社殿の前の杉は切り株の中に生えている。枯れて切られた跡に種が落ちて芽生えたのか、最後の生命力を振り絞って再生したのか?
Cimh6021b_tnaCimh6024b_tna Cimh6020b_tna  社殿の周りでは梅が実っている。この実が正月用の大福梅になる筈。いつ頃摘み取るんだろう?

2010年6月24日 (木)

大茅輪奉製(北野天満宮)

Cimh6119b_tna  茅輪くぐりは6/30。なんだが、北野天満宮では菅原道真公の誕生日に当たる御誕辰祭にあわせて6/25にも行う。その準備の大茅輪奉製と取り付けが6/24。奉製は13時から、取り付けは16時から。
 茅輪くぐりは毎年やっているが、その準備は見た事無いのでお出かけ。

Cimh6018b_tna Cimh6033b_tna Cimh6027b_tna  到着した15時前には既に茅輪の原型は製作済。社殿の回廊に長々と横たえてある。太い青竹に茅の葉を巻き付けてある。茅の葉は周山から狩り出してくるらしい。芯となる青竹は2本通してある。どう見てもこれは丸くなりそうにもない。どうするのだろう?
 社殿を見ている間に茅輪を取り付ける楼門の滑車にロープが通されている。これで茅輪を引っ張り上げるらしい。滑車って普段から付けっぱなしなのだろうか?

Cimh6053b_tna Cimh6046b_tna  16時を過ぎた頃に、神職が社殿に集まってくる。そろそろ?と見ていると、茅輪じゃなくて長~い茅の棒が肩に担がれてやって来る。12人くらいいるだろうか? まるで蛇のようだ。社殿の中庭で方向転換し、絵馬所の前でクランクに折れ、楼門をくぐってから横にする。くねくね曲がったりしないので声を掛け合って慎重に。
Cimh6064b_tna Cimh6061b_tna 楼門前では滑車から下がったロープを茅の棒にかけて引き揚げる。「せ~の」「真ん中もっと力出せ!」「俺をいくつだと思ってるんだ!」と和気藹々。真ん中を持ち上げている間に両端を折り曲げて輪っかにする。芯に通っている竹の継ぎ目でうまく折れ曲がるようになっているようだ。
Cimh6098b_tna Cimh6081b_tna  上部を楼門のフック(釘?)に針金で止め、下部に筵を巻く。同時に、木槌でゴンゴン叩いて形を整える。
 輪というから丸いのかと思ったけれど、四角い。輪と言うより門飾りっぽい。
Cimh6117b_tna Cimh6107b_tna  最後に両脇に斎竹を立てて四手(御幣?)を垂らす。これで完成型。この間一時間あまり。今日にでもくぐれるのか、と思ったら楼門の扉を閉じてしまった。
 完成後神職がギャラリーに向かって「どうぞとってください」と言うので皆Cimh6124b_tnaCimh6093b_tna「えっ?いいの?」と動揺が走る。どうやら「取って」ではなく「撮って」らしい。ギャラリーに言ったのではなく、「北野天満宮」の腕章をした公式記録員に言ったらしい。ま、ともかく有難く撮影させて頂きました。
 大茅輪を止めているのは3箇所の針金。四手(御幣?)の形が独特。中よりの2つは人型ですか?

 くぐるのは明朝から、ということだけど、明日の朝までに茅はすっかりむしり取られて丸裸になっている、という噂。誰か確かめてみませんか? 

Cimh6131b_tna Cimh6128b_tna Cimh6005b_tna  大茅輪と別に社殿には普通の(?)茅輪ができている。大茅輪用の茅の棒と同時に丸い茅輪も奉製されていて、大茅輪と並行して設営していたらしい。こちらは小ぶりなので数人もいればok。Cimh6134b_tna ちゃんと丸い。
 完成後は中門を閉じて社殿からロックアウト。こちらもくぐれるのは明日。

 取り付けだけじゃなく、奉製するところも見るべきだったか。次のチャンスはまた来年。

2010年6月23日 (水)

きょうの祇園祭(巫女さん募集中@月鉾)

Cimh5967c_tna Cimh5968b_tna  目にはさやかに見えねども、密かに祭りの準備は進行中。月鉾では巫女さんを募集中。

2010年6月22日 (火)

きょうの椿(修徳公園)

Cimh5948c_tna Cimh5946b_tna  つぼみ? 今から?

2010年6月21日 (月)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh5941c_tna  これは?

2010年6月20日 (日)

きょうのきょう(ようやくSP3)

Cimh2562b_tna  モバイル予備機のOSがXP SP2だったのをSP3に更新。他のマシンはSP3にしてあったのだが、このマシンだけはSP3をあてると起動時に再起動を繰り返すようになっていたのでSP2のままだった。次の月刊WindowsUpdateからSP2はサポート外というので今更ながら更新。
 ほぼクリーンインストールで、設定が全部消えてしまった。このPC、今では予備機だが、以前は家や職場ではもちろん、旅に出張に放浪にほぼ肌身離さず使っていた。アプリの設定だけじゃなく、その時々に使っていた通信機材や接続先のプリンタなど諸々の機器の設定も残っている。今となっては使わないので無駄だし、重くなる一因かもしれないし、SP3が当たらないのもそのせいかもしれないし、消えてすっきり、の筈なんだが、残っている設定の一つ一つに想い出が重なる。
 更新前のディスクイメージはバックアップしてあるので、いつでも戻す事は出来るけど、もう戻す事はないんだろうなぁ。

2010年6月19日 (土)

薄くなった?(信号機)

 LED化したから?
Cimh5626c_tna Cimh4967c_tna Cimh5762b_tnaCimh5686b_tna

2010年6月18日 (金)

きょうの祇園祭(フライング?)

Cimh5936b_tna Cimh5932b_tna  新京極商店街のショウウインドウもアーケード飾りも祇園祭仕様になっている。

 既に長刀鉾の稚児が決まり、久世駒形稚児が決まった。そろそろお囃子の稽古が始まり、月末には鉾町のあちこちにも祭り飾りが建つはず。着々と準備は進んでいるようで。

きょうの閉店(マクドナルド四条寺町店)

 茶色いマクドナルド。

Cimh5929c_tnaCimh5925b_tna 四条通を挟んで斜め前、みたいなところにもう一軒あるので密集しすぎなのかも。ランクわけして整理統合するんだっけ? 斜め前の店が生き残るのかどうかは未確認。

2010年6月17日 (木)

きょうのきょう(ふよう君?)

 良く晴れて33.1℃。7月下旬並みの今年最高。予報が34℃だったからちょっと外して猛暑日まで行くかと思ったけど、そこまでではなかったようだ。晴れとはいえ、薄雲が広がってたから陽射しの威力も削がれ気味だったのかも。明日からは梅雨に戻ると言うご託宣。さて如何に?

Cimh5700b_tna  牛乳月間というのがあるらしい。肉牛はそれどころじゃないようだけど、乳牛は大丈夫なの? 乳牛は北海道で宮崎には居ないのかな? 銘のある高級和牛など年に一回も食べる事はないけれど、安心安全な国産食品を作り続けられる環境は確保しておいて欲しいもの。

 食べるラー油、近所のスーパーに桃屋のが1瓶だけ置いてあったのでお試し。先日の高級和牛並みのに比べてお値段は1/3。半信半疑で食べてみた ら、こっちの方がおいしい。高級和牛並みのは海老が入っていてそこはとってもうまい。局所的においしいのだがご飯に混ぜてしまうと味がのっぺりしてしま う。それに比べて桃屋のはすんごくおいしい部分はないがご飯に混ぜてもまんべんなくおいしい感じ。どっちにしてもご飯を何杯もいけるものではない。胸焼けするし。今度は餃子につけてみようか。

 はやぶさ君の帰還騒動(?)で気付いたのだが、いつの間にか衛星やら惑星がTwitterでつぶやく時代になっている。以前からWebに運用記録が公開されてはいたが、ここまできたのか。ま、思い返せばERS-1の時には追管日誌をパソコン通信に書き込んだっけ。非公認だし、衛星ではなく追管隊員の書込だし、ホントはまずかったのかもしれないし、だいぶ趣は違うけれど、元祖と言わせて頂こうか。(^_^;)

2010年6月16日 (水)

WindowsXP ProfessionalでProgram FilesやDocuments and Settings、WINDOWSディレクトリを共有する方法(メモ)

 システムディスクを丸ごと他のPCと共有する場合、Windows2000だと問題なく全てのファイルを共有する事が出来たが、WindowsXPでは、Program FilesやDocuments and Settings、WINDOWSディレクトリ配下のファイルを共有することができない。
Winxpshare_tna  これを共有する手順。

①フォルダオプションの変更
 「コントロールパネル」の「フォルダオプション」を開き、「表示」タグの中の「簡易ファイルの共有を使用する(推奨)」のチェックを外し、「OK」する。

②共有設定
 共有したいドライブ(C:)の「プロパティ」を開き、「共有」タグで共有設定をする。
 必要なら共有するアカウントの「アクセス許可」も設定しておく。

③セキュリティ設定
 同じく「プロパティ」の「セキュリティ」タグの「詳細設定」をクリック。

④詳細設定
 「セキュリティの詳細設定」ウインドウの「アクセス許可」タグで「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、ここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する(P)」にチェックを入れる。

⑤終了
 「OK」または「適用(A)」をクリックする。
 ホントに良いの?みたいな事を聞かれてもokする。
  →(ここで処理が始まる。時間がかかるかも。
 以後、適宜「OK」をクリックしてウインドウを閉じていく。

 以上、あれこれやったものをまとめたので、必要十分ではないかも。

 操作上はこれでいいと思われるが、セキュリティの観点からはここまで共有するのは問題が多いと思われる。家庭内LAN等で安全が確保された環境でのみ設定するべきだろう。Program Files、Documents and Settings、WINDOWS各ディレクトリ配下のファイルを操作する場合は慎重に。(老婆心)

 WindowsXP Homeの場合はsafeモードで立ち上げないとこれらの操作はできないらしい。

 XP登場以来何度かやった作業なんだが、どこにも記録してなかったのでメモしておく。

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh5903b_tna Cimh5900b_tna Cimh5899b_tna  やっと梅雨入りしたと思ったら、雨は一日おき。で、今日は晴れの日。
 満開で色付きも完成かな。

Cimh5915c_tna Cimh5912c_tna Cimh5911c_tna  ホントの花も咲いている。真花と装飾花の違いはめしべの有無なんだっけ? わかる?

2010年6月15日 (火)

きょうのきょう(ラー油ご飯とマンゴーの種)

 昨日とは一転、降ったり止んだり梅雨らしいお天気。案外今年の梅雨はまじめなんだろうか?

Cimh5876b_tna  昨日散髪に出かけたSSで「食べるラー油」というのを見つけたのでお試し。何種類かあるようだが、お店一押しのはやたら高い。和牛並みの単価だ。事前調査も何もしてなかったので、言われるがままに調達。溶液の2/3くらいが具で、確かに調味料と言うより食料の感。ご飯にのせて食べても旨いというので、ラー油かけご飯。かけると言うより海苔の佃煮を混ぜ込むみたいな感じ。Cimh5889b_tnaCimh5888b_tna 全然辛くはない。口に広がるにんにくの香りが心地よい。けど、溶液自体はあんまり味がしない。具の部分は所々旨い。この味は海老だろう。これだけで何杯もご飯が進むみたいな話を聞いていたのだが、そうでもないな。Cimh5890b_tna1合飯に5/12(半分と1/3の間)くらい使ってその程度。大量にかければもっと幸せになれるのかもしれないが。
 陳列棚の隣にはこの1/3位の単価の品もあったので、そっちを1瓶かける方が良かったか? 最近の餃子はにんにく抜きで腰抜けな味にがっかりさせられる事が多いからこれで補うとちょうどよさげ。にしても、豪快にかけて使う値段じゃないなぁ。

Cimh5893b_tna  先日買って熟成させていたアップルマンゴーが熟れてきたっぽいのでデザート。宮崎産と違って輸入物はヒトケタ安い。検索すると異口同音に、三枚に下ろして切れ目を入れて烏鳶みたいに裏返せ、と書いてあるだけじゃなく動画まで載っている。適当に目星を付けて三枚に下ろす。...のだが包丁が入らない。途中で種にぶち当たったようだ。包丁で探りを入れると皮ギリギリまで種がある。話が違うじゃないか。
Cimh5897b_tna Cimh5896b_tna  何とかこそげ取って食了。味はおいしかった。残った種を見てびっくり。へらべっちゃい。包丁を入れる角度を90°間違えていたようだ。というか、種がどっち向いているか外から分かるんだろうか? 種にもじゃもじゃ毛が生えているところは桃みたい。

2010年6月14日 (月)

きょうのきょう(すっきり)

 梅雨入り三日というように(いわない?)、昼過ぎから雲が取れて晴れ間が覗く。雨の心配もなさそうなので、2ヶ月と1週間ぶりに散髪。スポーツ刈りっぽく刈り上げてすっきり。今回もやっぱり3ヶ月は保たなかった。行くたびに代替わりしていた散髪屋の隣の店は、約2ヶ月前と同じだった。もうかりまっか?
 北大路はスカッと爽やかだったのに、四条に戻ってくるとむしっとしてる。やっぱり気候が違うのだろうか?

Cimh5878b_tna  画像は北大路ビブレの従業員用ドア。通路に面した外開きなので、外に人がいるときにふいにあけると危険。なんだが、外側に書いても仕方ないような。出る時じゃなく入る時にも不用意にがばっとドアを開ける従業員がいるという事か? 当然内側にも同じ事が書いてあるんでしょうけど。
Cimh5881b_tna  地下鉄四条駅は改札を移動させて出来たスペースに店を造るらしい。改札の外側だから駅ナカじゃなくて駅ソト? 切符とか持ってないと買い物できない駅ナカの店って電車通勤してる訳じゃない者にとっては存在しないに等しいから、駅ソトは有難いかも。でも、気が利きすぎていて普段使い出来ないような店が入るんじゃないだろうなぁ。
 ついでに、四条通の地下通路にも出店をだせばいいのに。狭いけど、大阪駅の地下通路みたいに壁面店なら邪魔にならなそうだけど。そんなにニーズがないのかな。

2010年6月13日 (日)

きょうのきょう(梅雨入り)

 昼前から雨が降り出したと思ったら、間髪を入れず気象庁が梅雨入を発表している。四国中国近畿東海北陸と昨日の九州山口をあわせて日本の半分がこの二日間で一気に梅雨入り。待ちかねていたんだろうか? 在庫一掃セールみたいだな。
 しとしと本降り。鬱陶しいけど、空気がひんやりしていて昨日までの暑さを埋め合わせる感じでほっとする。カンカン照りでもしとしと雨でもお出かけの気がそがれるのは同じだけど。

Cimh5846b_tna  画像は先日のスタバ。ここは店内禁煙で、喫煙はテラス席で、ということらしい。分煙しているつもりらしいが、店に入る為には喫煙席の煙幕を突っ切るか、ホテルの中にある裏口に回るかしないといけない。これでホントに分煙になっているのだろうか? それはおいとくとしても、前を通る通行人まで煙い思いをさせられるのは、高度成長期の公害企業が工場廃液をそのまま川に垂れ流していたのに似ている。企業として責任ある態度とは言えないのでは?

2010年6月12日 (土)

きょうのきょう(走り夏?)

Cimh5854b_tna  一昨日32.5℃、昨日32.4℃。今日は32.7℃。夏の先走り。夏服を通り越してTシャツ初日。夕方になって雲が広がりようやくしのぎやすくなった。このまま天気が崩れて週明け頃には梅雨入りかな? 九州+山口が一足先に梅雨入りしている。なんで本州なのに、九州と一緒に梅雨に入っちゃうんだろう?

Cimh5859b_tna Cimh5858b_tna  選挙ポスターの掲示板が建ち始めてる。中京区が先のようで、下京区では見かけなかった。投票日が確定しないので、掲示板に載せる投票日を7/11と書くか、日付だけ空欄にするか、各地で判断が分かれているとWebニュースに載っていたけど、ここの掲示板にはそもそも投票日欄がない。無難かも。いつもそうだったっけか?

きょうの閉店(五条室町)

Cimh5864b_tna Cimh5861b_tna  久しぶりに五条通の南側を歩いていたら、ガソリンスタンドが閉店してた。ガソリンスタンドの施設老朽化って怖そうなんですけど。ガソリンはタンクから全部抜いたんだろうか?
 リニューアルして再開するようなニュアンスが読みとれる文言だけど、どうなんでしょ?

2010年6月11日 (金)

京都と四条河原町阪急の歩み

Cimh5839b_tna  四条河原町阪急の閉店が8/22に繰り上がったらしい。それで早々と閉店セールを始めてる。売り尽くしと言ったって、在庫だけじゃなくどんどん仕入れて売り出すんじゃないの? いくらお買い得だろうと、宝飾品や衣類では買いようがない。レストラン街も全品半額とかしてくれれば喜んで行くんですけど。

Cimh5838b_tna  概ね無用のセールだけど、古い写真のパネル展をやっているというのでお出かけ。四条河原町にはどうにも謎だったものがある。
 子供の頃、四条河原町交差点の真ん中に塔が建っていて、その中にお巡りさんが詰めていて交通整理をやっていた、と言う記憶がある。十年ほど前に久しぶりに四条河原町を通ったときにはそんなものなかった。何だったんだろう?
Cimh5836b_tna Cimh5835b_tna  展示されていた「開店1976(昭和51)年10月15日の朝」と題された写真を見て納得。交通整理と言うより航空管制塔みたいな物見櫓が建っている。交差点の真ん中ではなく、歩道の角っこ。ビルの前なのでちっこく見えるが、概ね3~4階分くらいの高さにあるだろうか。用途やいつからいつまであったのかは不明だけど。私の記憶違いではなかったらしい。

 で、結局何だったんだろう?

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh5851b_tna Cimh5850b_tna Cimh5848c_tna  色付きが進んでくると共に、頭が重くなって頭を垂れ始めた感じ。稲穂だけではないようで。まだ実ったわけではないけれど。

Cimh5853b_tna  頭が割れている花もあるので、いずれは内部構造を観察するのにいいかも。今日は風が強くてよく分からず。

 そういや、今日は入梅。暦の上の話ですけど。

2010年6月10日 (木)

礼!(托鉢僧)

Cimh5823c_tna  今朝も窓の外から「ほ~~~~~~」と托鉢僧の声。今日はどこの僧堂からかな?と窓から眺めていると、東から何やら一団がやって来る。白装束ではない。洛陽三十三所観音霊場巡礼団らしい。声の主は彼らではない。

Cimh5827c_tna と、西から墨染めの僧形。遠路はるばる大徳僧堂らしい。 すれ違いざま、「ほ~~~~~~」の声が止んだと思うと、笠を取り頭を下げる。深々。暫し挨拶を交わした後、直って歩み始める。と、行列の中に僧侶を発見するや、再び頭を下げる。巡礼団の僧侶も合掌して応える。
Cimh5826c_tna
 90°以上の最敬礼って、久々に見た気がする。若造の頃、営業が顧客に向かって90°の最敬礼をしているのを見て感服した憶えがあるが、この托鉢僧の敬礼はそれ以上だ。

2010年6月 9日 (水)

菅大臣天満宮(菅大臣神社?)

 ご近所の神社。私の桜と梅とミモザの定点観測地でもある。

Cimh5766b_tnaCimh5763b_tna そこが、いま人気らしい。とWebのニュースに載っている。ホンマかいな。昨日は取材陣が押し掛けていたそうだ。さっき買い物のついでに覗いてみると、いつも通り静か。普段なら人っ子一人いないか、1~2人見かける程度の参拝客が数名いた程度。Cimh5759b_tnaCimh5761b_tna参道脇の家の前に停めてあるバイクがいつもなら2~3台なのが増えていたような気もするけど、関係なさそう。

 時の総理大臣、というか政権党の政策には全く期待も賛成できないけど、これ以上日本を悪くしないようにだけはしてもらいたいもの。

2010年6月 8日 (火)

きょうの椿(修徳公園)

Cimh5756c_tna Cimh5757b_tna  実ってます。もうそんな季節。(こればっか)
 梅の実は近所のおばさん達に摘み取られてしまったけど、椿の運命や如何に?

2010年6月 7日 (月)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh5751b_tna Cimh5750c_tna Cimh5749c_tna  いよいよそれらしく色付いてきた。
 空模様はどんより曇って時々雨がぱらつく。時期的にはいつ梅雨入りしてもおかしくはないけれど。

法螺貝軍団(比叡山)

Cimh5738b_tna  昨日の昼、窓の外から法螺貝の音が聞こえてくる。托鉢僧の「ほーーーーー」ではない。久しぶりの音だ。東の方から法螺貝吹きが二人。それに続いて白い法衣(?)、更に続いて白装束の一団。雰囲気的に一般信徒のツアーっぽい。?
 引率僧の笠のマークは比叡山。平たい笠とジュンサイみたいにCimh5743b_tnaCimh5740b_tna丸まってる笠の二通りあるのは何か意味があるのだろうか?
 西に向かったっきり帰ってこなかった。西方浄土に落ち着いたのだろうか?

2010年6月 6日 (日)

神田神宮(改名、神田明神?)

Cimh5688b_tna Cimh5691b_tna 一昨日、神田神宮の前を通りかかったら、「神田明神」なる看板が新に掲げられていた。表札は従来からある「神田神宮」のままなんだが。先日来WikiPediaの項目も改称されているし、表の幟も変わっている、何かいわくがあるのかな?

 過去の変遷はこちら。 
 ・神田神宮(神田明神に改名?) 2010年4月 3日 (土)
 ・神田神宮(改祀) 2010年2月27日 (土)
 ・神田神宮(西入下ル) 2008年11月 6日 (木)

2010年6月 5日 (土)

四つ葉のタクシー発見!

 昨日、大覚寺行きのバスに乗っていると左わきをタクシーが追い抜いていく。ふと見ると丸いあんどんに四つ葉のクローバー。お、4/1400と言われる四つ葉のヤサカタクシー。(^o^)

Cimh5704c_tna  すーっと追い抜かれた上に、こちらはバスで走ったり停まったり。追いつく事もなく見送るだけ。左後方ドアにも四つ葉のクローバーが描かれていると言う事だが、右側しか見えず。信号待ちの後ろ姿を撮影するのが精一杯。

2010年6月 4日 (金)

きょうも蛍(有栖川)

Cimh5708b_tna 飛んでる光は見たけれど、光ってる本人の姿はよく見ていない。ので、北嵯峨高校前あげいん。

 有栖川の右岸は高校の通学路になっていて舗装されている。左岸は田圃のあぜ道を兼ねているようで草ぼうぼう。Cimh5714c_tna よく見ると、十数匹どころじゃない、数十匹を越える数の蛍が土手ののり面の草むらに潜んでいるっぽい。風があると飛ばないようで、飛んでいる数こそ少ないけれど。
 足元のぼうぼう草や、土手を越えて田圃の脇にも止まって光ってる。ひょっとしたら気付かずに踏んでいたり? 土手の上まで飛んできた蛍は顔の横をすーっと飛び去る。Cimh5721c_tna土手の上のぼうぼう草に止まった蛍に近づいても逃げない。懐中電灯の光を当てても逃げない。気をよくしてストロボ浴びせて撮影しても逃げない。 草を手で持ってあっち向けたりこっち向けたりしても逃げない。アホウドリか? (^_^;) これじゃ簡単に捕まってしまいそう。捕まえたりはしませんけど。Cimh5729c_tna

 というわけで、蛍の正体を撮影させていただきました。おつきあいいただいてありがとうございました>蛍さん。怖かった? m(__)m

きょうの開店(四条京町家)

Cimh5697b_tna  3月末で一旦閉店(閉館?)した四条京町家。改めて今日開店したらしい。以前と同様、無料で内部を見学できるそうな。店舗や貸しスペースも兼ねているのでイベントのある日は立入制限があるようですが。

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimh5684b_tna Cimh5683b_tna  小田原町通は南北の通り。両側に建物が聳えているので、道端の紫陽花に陽が当たるのは正午前後の短い時間に限られる。その短い陽を浴びて輝いているよう。
 近畿の梅雨入りの平年は明後日だそうだけど、今年はまだ先になりそうな勢い。待ち遠しい、のかな?

2010年6月 3日 (木)

すえません

 7月からは路上禁煙区域が増えるらしい。

Cimh4963b_tna  けど、残念乍ら我が家の周りは入っていない。路上で行き違うときに煙いだけじゃなく、道を歩きながら吸ってる煙草の煙が漂って家の中まで入ってくるんだよな。ベランダとかも含めて、密閉された個人の空間以外では吸わないという事が常識にならないものか。

2010年6月 2日 (水)

きょうの蛍(有栖川)

 そろそろ蛍の季節。私はまだ野生の蛍というものを見た事がない。友人が捕まえて虫籠に入れたのを見せてもらった事はあるだけで、野外を飛ぶ蛍というものを見た事がない。京都でも蛍を見られるらしい。うちから行くのに手頃なのは、哲学の道や下鴨神社の糺の森あたりか。哲学の道は野生だが、糺の森は養殖というか一旦捕まえたものを鑑賞用に放つイベントの時だけらしい。あれこれ検索してヒットしたブログによると、哲学の道は鯉に食べられてここ2~3年は激減傾向だとか。でも、大覚寺のそばでも見られるという。乱舞する写真も載っている。要約すると『大覚寺の横の広沢の池のすぐ近くを流れる有栖川。広沢の池の横を走ってる道路から写真も撮れる。』と言う事だ。大覚寺の横にあるのは大沢の池だ。広沢の池は大沢の池の間違いだろう。

 時間的にはちょうど良さそうだ。早速出かけてみる事に。

 市バスの大覚寺停留所から大覚寺の前を通り過ぎて川沿いに下る。途中、民家に阻まれて川が見えなくなるが、やがて橋で川を渡る。その先は川と道路が離れてしまうので、ブログに書いてあったのはこの辺りだろうと見当を付けて待機。周りは田圃で蛙の鳴き声が降ってくる。懐かしいような近頃見かけないような風景と音に囲まれて20時を過ぎる頃迄待っても蛍は現れない。今日はダメかと途方に暮れていると、川沿いの土手にも細い道があるのに気付いた。暗くてよく分からないまま恐る恐る歩いていくと、北嵯峨高校なる学校の前を経由して府道29号の橋に出る。
Cimh5640b_tna 先客が土手を指さしているので目を凝らして見ると、いるいる。蛍が2~3匹。目が慣れるに従って増えてくる。最初は草に止まってぼーっぼーっと光っているだけだったが、時間が経つと数も増え、飛び交うようになる。21時前には十数匹が飛び回る状態に。とても乱舞とはいえないけれど、取り敢えず野生の蛍だ。川縁だけでなく、土手の上の草むらや杉の木にまでとまっている。これが蛍か。でもなんだか儚げで、見たっ!という実感がないなぁCimh5651b_tna

 土手の下は暗いけど、周りに街灯や自販機があり、時々通りかかる生徒の自転車はちゃんと灯火を点けている。それらが目に入るたびに目潰し状態。デジカメのモニタも明るすぎるし。ちょっと落ち着かない。

Cimh5660b_tna デジカメで撮影も試みたけれど、お気楽デジカメではなかなか飛び交う様子は写らない。手持ちだし、シャッター速度は0.5秒が最長だし、動画の方がまだ分かりやすいかも。せめて橋のそばで飛んでくれれば欄干にカメラを乗せて写せるのに。

 このスポットを教えてくれたブログに載っている画像にはまさに乱舞する様子が写っている。今回はそこまで多くなかった。タイミングによって飛ぶ数は変わるんだろうけど、よく見ると川の幅が違うようだし、どちらかの橋の上から撮ったにしてはアングルも低い。実はもっといい場所があるのかもしれない。『大覚寺の横の大沢の池のすぐ近くを流れる有栖川。広沢の池の横を走ってる道路から写真も撮れる。』だとしたら、府道29号の橋がまさに合致するのだが。

2010年6月 1日 (火)

きょうのきょう(押しボタン付きタッチパネル端末)

Cimh5629c_tna  晴れのち夕立。帽子を忘れて昼間外を歩いていると頭が痛い。陽射しはもう夏っぽい。
 道端の植木鉢ではサボテンが萎えていた。砂漠よりカンカン照りなのか? と思ったんだが、草だから花が咲くと枯れるんだっけ?

Cimh5628b_tna  メイン口座が銀行なので、郵便貯金口座は何年も放置状態になってる。時々出し入れしないと没収されても文句言えないらしい。出し入れしなくても記帳でも良いと言われたので郵便局。郵便局のCD(ATM?)は久しぶり。画面の案内に従って操作していると、画面の周りにもボタンがある事に気付いた。メニューと妙に符合した位置にある。気まぐれに、ボタンで操作してみてもちゃんと動く。
 どっちかだけで良いような? 身障者向けとか? なんで?
 そもそもボタンでもタッチパネルでも操作できるように設計したのか? 元々はボタン専用の端末で、後からディスプレイをタッチパネル対応に改修したんだけど、せっかくなのでボタンも使えるように残してあるのか?

 ところで、「押しボタン」っていうけど「引きボタン」ってないよね。あるの?

« 2010年05月 | トップページ | 2010年07月 »