« 2010年08月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

貴船神社

Cimh8923b_tna  昨日行った貴船の川床の帰りに寄った神社。そもそも貴船が貴船神社の門前町ということなのだろう。貴船の街は貴船川に添って細長く伸びている。一番下流側に貴船神社本宮があって、上流に向かって結社、奥宮がある。...と言うことを知ったのは、結社のそばの案内を見て。以前にも来たことがあるのに知らなかった。

○結社(ゆいやしろ)
Cimh8866b_tna  貴船の川床から上を見上げると土手の上に祠が見える。ひっきりなしに人が訪れている。気になって帰りに覗いてみると、「結社」だそうで。御祭神は磐長姫命(いわながひめのみこと)。由緒書きに曰く...

神武天皇(初代の天皇)の曽祖父にあたられる瓊々杵命(ににぎのみこと)が、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を娶らんとする時、父の大山衹命(おおやまつみのみこと)が姉の磐長姫命も共におすすめしたが、瓊々杵命は木花咲耶姫命だけを望まれたため、磐長姫命は大いに恥じ、「吾ここに留まりて人々に良縁を授けよう」といわれ、御鎮座したと伝えられています。

Cimh8879b_tna Cimh8873b_tna  妹を嫁に出すのに姉も一緒に、というあたりは理解に苦しむところ。ま、お姉さんはオマケにならず、縁結びの神様になったようで。平安時代には和泉式部もお詣りしたそうで歌碑も建てられている。
 社の奥には神木が何本か立っていて一番でかいのは桂の木。太い幹の周りに何本も枝というか細い幹が密生している。太い幹を守る防壁のようでもあり、近寄りがたい。すーっと伸びる杉の神木とは違った威圧感。上に向けて広がって龍のようで縁起がいいらしい。

○奥宮
 結社の更に上流に奥宮があるらしい。丑の刻詣りは奥宮になる。元々は奥宮の場所にあった貴船神社だが、時代が下って本宮の位置に移ったらしい。案内板によると結社から道が延びているということなのだが見あたらず。一旦府道に出ないといけないのかもしれない。

本宮
Cimh8907b_tna Cimh8924b_tna  結社から貴船口に向かって下る途中に本宮がある。下ってくると裏口(?)に出るので、有名な赤い灯籠が建ち並ぶ階段とは逆になる。
 水の神様を祀っていて、平安より以前に淀川、鴨川、賀茂川、貴船川を遡ってやって来て創建されたとか。 Cimh8909b_tna Cimh8915b_tna Cimh8904b_tna 水の神様だけあって、雨乞いも晴乞い(?)も聞いてくださる。境内には御神水が湧いていて汲んで帰ることも出来る。水は無料(志)だけど、持ち帰り用の容器が300円で販売されていたのは親切、なのだろうか。
 本宮にも桂の木。よほど桂がお気に入りなようだ。

○上賀茂神社
Cimh8911b_tna  本殿の柱の裾や賽銭箱にはフタバアオイの紋が付けられている。どこかで見たぞ。と思い当たるのは上賀茂神社と下鴨神社。由緒書きを良く読むと、平安末期に上賀茂神社の摂社になったそうだ。明治になって独立したとも。神様の世界にも統廃合があるのだろうか。

○絵馬発祥の地
Cimh8918c_tna Cimh8916b_tna  ...でもあるらしい。3D絵馬ではないのだろうが、馬の像が。元々は絵ではない馬を納めるのが始まり。旱天(ひでり)には黒馬、霖雨(ながあめ)には白馬か赤馬、を献げて祈祷するのがならわしだったそうだ。それに因んだ二頭の馬の絵馬があるようだが、掛かっていたのは和泉式部(?)の絵馬だけ。

2010年9月29日 (水)

貴船の川床

 鴨川の納涼床は果たしたので、もう一つの床、貴船の川床へお出かけ。納涼なのだが、季節も気候も既に秋。陽射しを浴びて歩いているとTシャツでも汗ばむとはいえ、朝夕は肌寒く避暑はほぼ必要ない。納涼が必要な時期は暑すぎで遠出する気も起きず今頃になった。9月末で終わるというのでギリギリ滑り込み。

Cimh8848b_tna  叡山電鉄は途中から登山鉄道の様相を呈する。貴船口駅から迎えの車に乗って着いたの入り口は貴船川の土手の上にある。そこから階段を降りて川の上を塞ぐように設けられた人工地盤の床に上ル。歩き回るとギシギシ音がして揺れるのは納涼床と同じ。違うのは水面の近さ。川面の数十センチ上に床があり、その下を滔々と水が流れる。Cimh8845b_tna 床のすぐ脇に小さな滝というか段差があってゴーゴー音を立てている。大声で叫ばないと話が聞こえない。なかなかすざまじい環境。うるさいだけじゃなく音と一緒に冷気が流れ込んでくる。音と一緒ということはないな、川の流れが山から冷気を運んでくるのだろう。
Cimh8823b_tna  柱にぶら下がっている寒暖計を見ると13.5℃。気象台の気温が25℃くらいだったので10℃以上気温が低かったことになる。下界との温度差だけでなく、川端と土手の上でも明らかに温度が違う。今日の気候では涼しいを通り越して肌寒いくらいだが、猛暑の時期なら天国だっただろう。気持ちで涼しくなる納涼床、ホントに涼しい川床、か。

Cimh8859b_tna Cimh8858b_tna  明日で終わりとあって川床は縮小運用されていて、撤収作業が並行して行われている。屋根に支柱はなく棟木を両岸からワイヤで釣り、そこにやはり両岸から竹竿を渡して垂木にして、よしずを乗せてある。
Cimh8927b_tna Cimh8887b_tna Cimh8861b_tna  床は川底に短い柱を立ててあり、その上に金属棒を取り付けて梁にする。更にその上に板を渡して床の完成。と言うことのようだ。川底に立てられた支柱も取り除くのかどうかは不明。納涼床のように支柱の土台だけは残されるのかも。

きょうもハナミズキ(白も赤い)

Cimh8793b_tna  出がけに、ビルの反対側にある白い花のハナミズキを見上げる...。
 と、こちらも赤い実がなってる。花の色には関係無いのかぁ。
Cimh8796c_tna 
 赤い花のハナミズキと違って白い花のハナミズキは葉が青々しているのが不思議。というか、こっちが普通?

2010年9月28日 (火)

きょうのハナミズキ(実が赤いのは?)

Cimh8781b_tna  托鉢僧が行き過ぎるのを眺めていたら、ハナミズキに実がなっているのに気が付いた。ちっこい実がくっつきあってる。花が赤いから実も赤いのだろうか。白い花が咲くハナミズキは遠くて確認できず。
Cimh8782c_tna  
 夏の頃から葉っぱが茶色くなっていたのはそのまま。増えもせず減りもせず。もう一本のハナミズキは青々しているので原因が謎のまま。

2010年9月27日 (月)

なにわの閉店(というか諸行無常)

 はやぶさへの往復に見かけた閉店・休業。

Cimh8617b_tna Cimh8616b_tna  元々ご無沙汰な街なので個々のお店には感慨は殆ど何もない。お店1軒1軒の変遷より、街自体の変遷に戸惑い。阪急梅田駅から阪神梅田駅へ向かう阪急百貨店前の通路は狭いまま。昔の高~いドームみたいな天井は見る影もない。 Cimh8646b_tna Cimh8645b_tnaJR大阪駅から地下鉄梅田駅の改札前を経て阪急梅田駅へ至る地下街は塞がってる。三十年近いブランクを別にしてもなんだかわけわかめ状態。JR大阪駅ビルだの、北ヤードだの再開発の真っ最中なのが原因だろうか?
Cimh8668b_tna Cimh8669c_tna お店にしてもナビオ阪急の楽器づくしの店もなくなって洋服屋ばっかになっていたし。様変わりは早い、というか三十年もたてば当たり前か。開業当時は東洋一の地下街と言われた三番街の佇まいが昔とあまり変わってないのが救い。
 変わったと言いだせば四十年近く前には駅前第nビルのあたりには低層のきちゃないビルやら家やらが建て込んでいたんだよな。あの頃今みたいにデジカメでバチバチ写真を撮ることが出来ていたらねぇ。

2010年9月26日 (日)

きょうのきょう(雲も秋)

201009261450_tna  先日、真夏日やら猛暑日を数えてみたが、夏日というのもあるのを忘れていた。9/23まで連続100日夏日だったそうで、今年通算では127日。猛暑日はさすがにもうなさそうだけど、夏日はまだまだ普通にありそう。というか、今日も夏日だったし続伸確実。

Cimh8753b_tna  画像は京都カメラに写っていた雲。漸く雲も秋めいてきた。京都カメラには朝方太陽が写り込むようになった。季節の移ろいがこんな所にも。
 それと昨夜の月。双眼鏡にデジカメを押しつけて漸く写った。手持ちなのでブレとの勝負。三脚で固定して丁寧に焦点を合わせればもうちょっとはましに写るかなぁ。

電車ケーキ(不具合中)

Cimh8648b_tna Cimh8647b_tna  はやぶさのいた近鉄百貨店阿倍野店の地下にあった(と思われる)ケーキ。
 興味津々だったのだが、箱しか拝めず。商機を逃しましたな。

2010年9月25日 (土)

メイキングオブバームクーヘン

 先日のはやぶさの帰りに梅田の紀伊国屋の向かいのケーキ屋の前を通りかかると...。

Cimh8660b_tna  ショウウインドウで何やら作業をする人が。どうやらバームクーヘンを作っているらしい。巨大フランクフルトのような棒状のものにクリーム色の液体を刷毛で塗りつけている。生地を塗っては焼く、という手順の一環らしい。通りすがりにパチリと1枚。

Cimh8676b_tna Cimh8675b_tna  2時間ほどかけて用事を済ませて再び通りかかると、出来上がったようで心棒から抜き取っては切り刻んでいる。概ね作業工程は理解していたものの心棒からどうやって抜き取るのか不思議だった。心棒は持ち上げれば台から取り外せるようになっている。外す前にスライスしてから心棒から抜き取る。

Cimh8677b_tna  生地を塗った後、焼く工程もあるはずなんだが、そこは見られず。塗っては焼き、塗っては焼き、だから炉(?)はすぐそばにあるはず。バーナーとかを持ってくるのかなぁ。用事もあったし、あまりじっくり見入る環境でもなかったので確認せず。惜しいことをした?
 出来上がったバームクーヘンは綺麗に年輪が同心円状に出来ている。手で塗ったらもっとむらができそうなもの。その辺が腕なんだろうか。できたてのを一個買って帰って堪能したことは言うまでもない。

2010年9月24日 (金)

きょうのきょう(ヤガラ)

 部屋着が半袖半ズボンのままではちょっと寒い。外に出るのもTシャツでは寒いかなと思ったら歩いている間に暖かくなってきた。ひんやり心地よいくらい。

Cimh8741b_tna  出がけにばったり国勢調査の調査員と出会って調査票を受け取る。もうあと一週間か。気のせいか街を歩いていてもクリップボードを持ってきょろきょろしている人が目に付く。みんな調査員? 来月までおいておくと忘れそうなので早速記入。郵送で良いので楽になった。発送するのを忘れないようにしないとね。

Cimh8736c_tna Cimh8737b_tna 錦市場を歩いていると、松茸に出会う。スーパーで売られているのは主に中国産だけど、こちらは国産(たぶん)。キノコの値段としては1桁~2桁大きすぎ。魚屋の店先に無造作に置かれたトロ箱に中にピンク色の長いものが入っている。ちょっと微妙な形状。よく見ると目がある。クチバシのある蛇? 箱に書いてあるのが名前らしい。「ヤガラ」? 検索してみるとレアな魚で旨いらしい。
Cimh8739b_tna  デパ地下ではハトウガラシが売られている。食べたことはないけど聞いたことはある。「きごしょ」というのは方言らしい。「木胡椒」で、胡椒=唐辛子なのだそうだ。葉といいつつ実も付いている、おまけに花まで付いているのね。

阪神ふるさと名産

 阪神梅田駅の東西出口を結ぶ自由通路の壁にずらっと並ぶ壁面ショップ。

Cimh8662b_tna  壁が少し凹んでいるところに棚を設けて、全国各地の名産品というか土産物を並べて売っている。1区画ごとに1都道府県。しっかり確認したわけではないけれど、ほぼ全部あったんじゃないかな。私が子供の頃には隙間無くびっしり並んでいた。関西を離れて以来、たま~に通るとだんだん店が減って単なる壁に戻っていく店が続出しているようだ。

Cimh8663b_tna  壁面なので店の奥行きはなく店員さんは通路に立っていたり、椅子を置いて座っていたり、所在なさげ。出張帰りに買い忘れたおみやげを調達したり、空出張のアリバイに使ったり、懐かしい故郷の名品を買い求めたり、いろんなニーズがあったようで「アリバイ横町」とも呼ぶらしい。最近は通販に押されて先細りだとか。

 子供の頃はここを通ると日本全国を制覇したような気分になったのだが...。

2010年9月23日 (木)

きょうのきょう(暑さ寒さも...)

 予報より遅れること1日弱、明け方になって雨が降り雷が鳴って漸く前線が通過したらしい。気温も昼頃にちょっと停留した程度で昨夜から右肩下がり。昨日より10℃ほど下がったことになる。一応ことわざどおり。山鉾巡行の翌日からガツンと夏になり、お彼岸にころっと秋になる、今年は季節の変わり目が分かりやすいな。

Cimh8724c_tna  昼の間降ったり止んだりしていた雨も夕方になって上り、夜にはすっかり晴れ渡って煌々と月が輝く。昨日、予報にだまされて作らなかったお団子を今日になって自作。一日遅れだけど、月齢的には今日が満月なんだよな。砂糖をちょっとだけ入れて作った素のお団子。甘さ控え目。しんこに通じるものがあってこっちの方が好きだな。

キタノザウルス

Cimh8670b_tna  先日、マルビルの帰りに梅田駅に行こうとして間違えて北新地駅に向かって行ってしまった。通路のどん詰まりに、ムーミン君がいる。...と思ってよく見るとちょっと違うっぽい。「キタノザウルス」だそうで。

Cimh8674b_tna Cimh8673b_tna Cimh8672b_tna  のっぺりした顔立ちながら、ちゃんと目も鼻も口もある。穏やかな表情で見ていて癒される。米俵を背負っているのは何故でしょ。...と思って検索してみたら、作者のサイトに紹介されている。いろいろ仕込みもあるらしい。

2010年9月22日 (水)

きょうのきょう(真夏日の名月)

Cimh8696b_tna  昼から雨で涼しくなるという予報だったのだが、晴れたり曇ったりで全然降らす蒸し暑い真夏日。夏は今日で終わると言うことなのでまとめてみると、猛暑日:35日、真夏日:84日、熱帯夜:42日だった。以前数えた時より減っているのもあるけど、気にしないことにしよう。(^_^;)

Cimh8712b_tna Cimh8710c_tna  十五夜だけど、降る予報だったので団子は作らず、既製品を調達。したら、雲の切れ間から時々月が顔を出す。あいや、団子自作すれば良かった。ピントを無限遠にしてもぼけるのは何故。月が有限の距離にいるから?

 PC切替器(CPU切替器?)のUSB KBポートがお亡くなりになってしまった。一年ほど前にも一度お亡くなりになったのだが、先日いじっているうちに復活したばかり。気まぐれ。内部で断線しかかっているとかなのだろうか。分解してみたいけど、現用系の要なのでそうもいかず。とりあえずPS2 ポートのKBを使っているが、微妙にキー配置が違うのでやや混乱気味。やっぱ切替器も冗長系を用意しておかないとダメだな。

Cimh8687b_tna 郵便受けに国勢調査の説明書(?)が入っていた。昨日のことだけど。京都に越してきてから2回目の国勢調査。もう6年近く住んでいるんだな。

御堂筋線梅田駅(百葉箱)

 昨日、はやぶさの帰りに降りた大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅の風景。

Cimh8659b_tna Cimh8657b_tna Cimh8655b_tna  天井がドーム型な上にシャンデリアではないにしても蛍光灯としては豪華な照明が下がっている。元々は上り下り両方の線路があったトンネル。余りにも狭いので隣にもう一本トンネルを掘って上りと下りを別々にしたとか。駅の開業が1933年(昭和8年)だそうで、その頃のデザインなのだろうか? Cimh8654b_tnaCimh8652b_tnaその頃は未だ蛍光灯はないか?

 ホームの中程には百葉箱が。なつかし。こんな所で気象観測しているのか?

2010年9月21日 (火)

おかえり「はやぶさ」帰還カプセル特別公開(近鉄百貨店阿倍野店)

Cimh8626b_tna  はやぶさの帰還カプセルが大阪に来ているというのでお出かけ。
 大阪と言っても天王寺なので梅田とかと違ってだいぶ離れている。電車を乗り継いで1時間半ほどかけて会場のある百貨店に到着。

Cimh8621b_tna Cimh8619b_tna  整理券配布が8時からということであっと言う間に配布終了するかと思ったら、10時半頃着いて11時の整理券をゲット。「チケットお渡しカウンター」とあるので、サービスセンターみたいな所かと思ったら、ベランダにワゴンを置いてあるだけ。なんと素朴な。

Cimh8627b_tna Cimh8624b_tna  集合時間前から会場の手前に行列が出来ている。まだ早いよなと思いつつその列に並ぶ。数十人ずつ案内されて検問をくぐると、更に行列。会場前のロビーのような所でつづら折りになって、展示パネルやらDVD映像を眺めつつ牛歩で時間を潰す。
Cimh8633b_tna 十分ほどでロビーを抜けて、いよいよ会場に突入! ...したら、更に行列。体育館のような所でつづら折りになって牛歩。周りにはでっかい寄せ書きと大スクリーンに投影された画像。マイクを握った説明の人が見事に何度も同じ説明を繰り返す。曰く、「機密保持の為撮影禁止」「説明パネルはない、説明パネルがあるとパネルばかり見て展示物を見ないでしょ」「全部ホンモノで模型はない」などなど。残念乍ら会場内は撮影禁止。行列の向こうに黒幕が張られていてその陰にカプセルが隠れているらし。

Cimh8628b_tna  二十分ほどで体育館を抜けて黒幕の裏へ。漸くご対面。柵の向こう2~3m先に透明ケースに収められたカプセルが待っている。...のだが、一番手前に置いてあるのがEM。模型じゃないけど、こいつは地上試験用で宇宙には出ていない。模型じゃないけど、ホンモノじゃない。いきなりブラフかいな。
 ホンモノは「電子搭載機器」「インスツルメントモジュール」「パラシュート」。あとはパネル写真だけなのが「前面ヒートシールド」「背面ヒートシールド」「サンプルコンテナ」。
 ん~。一番肝心の部分がパネルだけとは。サンプルコンテナはサンプルの分析に使っているのだろうから不在でも仕方ないけど、ヒートシールドは見たかったなぁ。ケースと柵の間の距離が遠いのもちょっとね。細かいところが見えなかった。並べられたケースの周りを360°ぐるりと回るのだが、裏側に回った時に説明が見えないのもなんだかなぁ。
 見学時間は公称2分ということだったけど、3分くらい居たような気がする。時間的にはこんなもんか。遠目にちらっとというのは大阪万博の月の石のようでもある。(あの時はアメリカ館行かなかったけど。)スミソニアンのように月の石に触らせて、とは言わないまでももうちょっと近くで全部見たかったなぁ。無料でここまでしてもらったのだから文句言うと罰が当たりそうだな。(^^ゞ
 期待が大きかっただけに拍子抜け。いずれブームが落ち着いたらじっくり近くで見ることができるようになるかしら?

 それでも60億㎞の長旅をした実物はすばらしいですな。

Cimh8643b_tna Cimh8639b_tna  会場の外では関連グッズを販売中。帽子には惹かれるものがあったけど...。記念メダル+刻印機といういにしえの観光地の黄金コンビが出現したのにはびっくり。昔の刻印機は指でダイヤルを回しながら自力でガツンガツン刻印したものだが、Cimh8642b_tnaイマドキのは刻印すべき文字列をKBから打ち込むと、一気にガツガツと自動で打刻する。進化しているようで。スペース学習帳も、昔からあったような。表紙がシャトルだし、関係あるのか?

大阪マルビル

Cimh8667b_tna  大阪のマルビルは丸いです。
 最上部にあった廻る電光掲示板は何年か前に運用を終了した筈。

2010年9月20日 (月)

きょうの北海道とヨドバシ

 行ったのは一昨日ですけど。

Cimh8573b_tna Cimh8575b_tna  京都駅ビルというか伊勢丹では北海道展を開催中。今回は三方六が来ていたのでゲット。ショコラとか言う色物も来ているんだが、プレーンがいい。メープルなんて新製品もあるようで興味津々なんだがこちらは上洛していないのが残念。

Cimh8586_stitchc_tna Cimh8581_stitchc_tna  近鉄百貨店の跡地の開発は外装がほぼ完成しているっぽい。ちょっと見ない間に急ピッチで作ったようだ。ヨドバシカメラがこの秋に開店するというふれこみなので、もうそろそろかと。ここが開店すればビックカメラよりはちょっとだけ近くなる。京都電気街がますます寂れそうで哀しいけど。外装デザインが梅田や秋葉と同じなのは節約?アイデンティティ?

2010年9月19日 (日)

東本願寺(蓮ちゃん)

 昨日の東本願寺。

Cimh8608b_tna Cimh8593_stitch2b_tna  黄葉はまだまだだけれど、ギンナンが丸々たわわに実っている。焼くと旨いが、落ちてくると臭うんだよな。匂うじゃなくて臭う。固い路面で踏んづけるとズルッと滑ってこけそうになる。後方散乱光は青くて前方散乱光は白色ってこと?

Cimh8590b_tna Cimh8591b_tna Cimh8605b_tna  総合案内所は何だか綺麗になっている。以前一旦閉鎖されていてもう再開した頃かと思ったら再び閉鎖されている。
 蓮ちゃんって昔からいたっけ?

2010年9月18日 (土)

きょうのタワー(押してもダメなら引いてみな)

Cimh8577b_tna Cimh8571b_tna  久しぶりに京都駅の方に出かけてみると、やけに人出が多い。秋の行楽シーズン、というか土曜なんだな、三連休だし。

 空の雲も秋っぽい感じ。
Cimh8578b_tna Cimh8576b_tna  古典の日ってホームページがあって説明も載ってるのだが、何故11/1なのかは判然とせず。源氏物語千年だから11/1だって。1000だから10/00=9/30とかならまだ説得力があるんだが。(ない?) ずっっこけ語呂合わせでも展望の日の方が笑えて素直かも。
 押すのか引くのかはっきりしないドアは千年一日。

2010年9月17日 (金)

きょうのきょう(秋晴れて真夏日)

 漸く涼しくなったので散髪。今回は三ヶ月もった。前回の理髪師が思い切りよく刈ってくれたおかげだ。今回も「短く」と言ったら、「6mmでいいか?」と定量的に切り返された。あれこれやりとりし、実際に刈ってみてokをだす。「今度からは裾3mm、頭頂部15mm、前髪を更に刈ると言ってくれれば同じ髪型になりますから」って。パートごとに寸法を指定するのか。パラメトリックデザインだな。
 スポーツ刈りより丸刈りに近い髪型、と認識していたんだが、丸刈りだと全体に6mmとか3mmにするという。まだまだ先があるようだ。というか、寸法で言われるとよく分かるもんだ。更に短いと2mmや1mmなんてのもあるとか。そういや、高校の頃に野球部の連中が「5厘刈り」だぁ、とか言っていたのはホントに地肌が見えて短かったなぁ。

Cimh8565c_tna  画像は昨日届いたジャガイモの箱。「どらごんふらい」って何?と思ったらトンボの事らしい。確かにトンボが描いてある。で、なしてトンボ?と思ったら「どらごんふらい」と言う名前の農家集団(?)があるようだ。由来的には逆か。
 で、なんでどらごんふらいなんでしょ?

2010年9月16日 (木)

きょうのきょう(秋風初日?)

 熱帯夜から解放されたのでクーラーを止めて窓を開けて寝ているとすごい雨音。低気圧が通過していったらしい。朝起きる頃には止んでどんより曇。風が爽やかに心地よい。秋になったんだな、と今シーズン初めて感じた。それでも午後には陽射しが時々戻ってきてもわりんちょ。秋晴れになると夏に戻りそう。陽射しだけが季節から取り残されているような。暑さ寒さも彼岸までというのはそう言う意味なのかな?

Cimh8434b_tna Cimh6269b_tna  大丸京都店でやっていた北海道展で注文したじゃがいもが今日になって到着。「9月上旬頃」と書いてあったのだが。上旬なら10日まで、前半と間違っていたとしても15日までなんだが。「頃」なので誤差か?

Cimh8435b_tna  画像はこの夏の錦市場三態。
 餅屋に掲げられた書はもち。餅は餅屋、ってこのこと? 妙に落ち着く字だな。焼き海苔が巻いてあったり、しないよな。
 以前は三つ目だった鯛のあらが四つ目になってる。横で食べ歩き用になってる焼き穴子も気になる。どうやって持つんだろう?
 誰がタレントで何を撮影しているのか不明な撮影隊。時々この手の集団を見かけますな。

2010年9月15日 (水)

きょうのきょう(仏光寺の箴言)

 昼過ぎからむしむしするなと思ったら、晩になって雨。漸く秋雨の季節になったのか。

 一週間遅れで(遅れてないけど)月刊WindowsUpdate。Win2kが対象外になってからちょっと楽になったかも。月例のウイルスチェック大掃除は相変わらずまる一日がかりだけど。

Cimh8179c_tna  マシン室用の蛍光灯型電球(電球型蛍光灯?)が突然死。かれこれ5年は使っているような気がする。慌てて買い置きの蛍光灯型電球(電球型蛍光灯?)と交換。したら、やけに明るい。同じ60W型なのに。パッケージには「従来より明るくなってすぐ点く」とか書いてある。メーカーが違うので比較は出来ないけど、進化しているのだろうか? 点けてみると確かにすぐ点く。暖かいうちはどれもそう。ところが、冷え切った冬の日になると、点き始めに灯ったあとす~っと暗くなるのが問題なの。改善されているかどうかは、あとあと3ヶ月もすればわかるのか。冬はもう目前?

Cimh8557c_tna  京都のクレーム寺ことシュークリームのクリームデラクリームの親会社(?)石田老舗の工場が近隣住民から臭気の賠償を求めて訴えられた裁判で敗訴したらしい。まだ一審だから行方は不明。お菓子を焼く匂いだからとても甘い匂いらしい。普通に嗅いだら幸せな匂いなんだろう。それでも四六時中濃い匂いを嗅がされるんだと拷問に近そう。匂いも限度を超えると臭いになるか。
 西宮でも阪神電車の沿線の今津の手前にフジッコの工場があって電車で通るたびに醤油の煮詰まった匂いがしていたっけ。子供の頃の事だから、電車は季節によっては窓を開けて走っていて、モロだった。通るたびに、このあたりに住んでいる人は大変だな、と思っていたのを思い出す。
 今も昔も変わりないな。

 画像は仏光寺の高辻通に面した塀の先月と今月。格言めいたことが書いてある。分かるような分からないような、言えてるようなそうでもないような。不定期にしか通らないのでどういう周期で書き換えられているのかは不明。

2010年9月14日 (火)

きょうの閉店(四条寺町界隈)

 歩いているとまだまだ汗だくになるけれど、一頃よりはしのぎやすくなってきた。涼しい、と言うほどではなく、ましになった程度なのが残念。

Cimh8556b_tnaCimh8553c_tna 週に何度も歩いている寺町界隈、今日歩いてみたら何軒も閉店していた。閉店したのはここ数日ではなく、 閉店してから時間が経っている店も。暑くて閉店に気付く余裕がなかったのだろうか?
Cimh8555b_tnaCimh8554c_tna 
 味気ない貼り紙もあればちょっとしゃれた挨拶も。どちらも書いた店主の胸には万感の思いが詰まっているのでしょう。

2010年9月13日 (月)

きょうのきょう(雨降らず夏去らず)

Cimh8175b_tna  予報どおり熱帯夜だったけど、予報と違って雨は降らず、中途半端な暑さのまま。降らずにこっそり前線が通過したようで明日から秋だとTVの気象予報士が言っている。結局、猛暑日35日、熱帯夜44日で終わりかな?

 画像はこの夏のコンビニデザート三態。
Cimh7417b_tna Cimh8088b_tna  牛乳プリンは15周年だそうで。もっと昔からあったような気もするけど、案外新しいんだな。
 杏仁豆腐の中には何が入っているのだろう? あの白い塊がみっしり詰まっているのかな。中華料理屋で出てくるあれこれ入ったみつまめみたいなを言うんじゃないのか?

2010年9月12日 (日)

きょうのきょう(最遅猛暑日)

 熱帯夜と猛暑日が復活の25.6℃~35.6℃。猛暑日の一番遅い記録だそうで。いつまでもねちねちと、往生際の悪い夏だと言うことか。
Cimh8116b_tna  数えてみると、猛暑日が35日目で、熱帯夜が43日目(たぶん)で、真夏日は5月からあるからもう数え切れない。今夜(明日?)が熱帯夜の予報だけどそれ以降は熱帯夜も猛暑日もなさそう。また数えるのは面倒だからこれで打ち止めにしようよ。

 画像は先月見かけた自販機三態。
Cimh8109b_tnaCimh8113b_tna 災害時は商品を無料開放するらしい。いろんなタイプの自販機が出回っているようだ。電気が真っ先に復旧するという前提なのかな? どこかからオンラインで無料開放の指令が飛んでくるという自販機もあったような気がするのだが、それだと通信回線の復旧も必須。鍵を開けて中の物をぶちまけるだけでも十分な気もするな。
 旧500円硬貨が使えないのは偽硬貨対策だったっけ。新千円紙幣OKって何を今更?

2010年9月11日 (土)

きょうのきょう(太鼓判の梨)

 朝だけ秋で23.7℃~34.8℃。昨日同様猛暑日一歩手前。予報では、週明けに雨が降って涼しくなるとか、2週間は残暑が続くとか、どっちやねん?

Cimh8517b_tna  毎晩、ファイルサーバからモバイルPCにデータをミラーしている。機器の運用上pull型でミラーすることになる。昨夜はミラーの途中でファイルサーバがハング。ミラー開始前にハングしたならミラー出来ずにエラーで終わるだけだが、ミラーを開始してから途中でハングしたので、マスタ(ファイルサーバ)側にファイルがない(削除された)と判断してしまい、ローカル(モバイルPC)側のファイルをばっさり削除してしまった。orz
Cimh8524c_tna  今使っているのはBunBackupだが、DiskMirroringToolでも同じだったっけ。ファイルサーバ側からpushすればこんな事はなくなるんだけど、運用を考えるとそれにも難がある。マスタ側のファイルの削除と無応答を見分けて動作するソフトはないのかね。

 画像は太鼓判の梨。太鼓判と言えばそんな保険のCMが昔あったような。安売りの梨ばかり買ってるとちっとも甘いのに当たらないので今年の梨の集大成に買ってみたら確かに半端なく甘かった。ピンホールがあいていて小指頭大のスが入っていたのは虫食いか?

2010年9月10日 (金)

きょうのきょう(朝は秋、昼は夏)

 朝は20.9℃と涼しくなってきた。けど、快晴の強い陽射しに炙られて猛暑日一歩手前の34.3℃。朝なら風はひんやり感じられる。歩いているうちに汗だくになるのは変わらず。暑さが和らいではいるんだけど、明日(今夜?)は熱帯夜&猛暑日復活の予報も出ているし、秋はまだ先。

Cimh8533b_tna  昨日気象年鑑を買いに本屋に寄ったら、「阪急電車」なる文庫本が並んでいた。鉄系の写真集とかではなく、普通に小説。阪急電車の中でも今津線北線を舞台にしている。沿線に大学があったので学生時代によく乗っていた。当時は南北に分断されておらず、今津から宝塚まで直通だった。沿線の懐かしい風景の描写が出てくるかと思って立ち読みしてみたのだが、Cimh8534c_tna 殆ど書かれていないようなので、パス。残念。
 ありゃっ、作者は大学の後輩っぽい、学部は不明だけど。

 画像は昨日の四条通の工事現場。光ファイバだそうで。でかいな。地下にあるのは地中化してあるから。というか、地中化してないとこれが電柱の上に乗るのか?

きょうの紫陽花(小田原町通)

 もうすっかり忘れた頃の紫陽花。

Cimh8550b_tna Cimh8549b_tna  枯れて落ちちゃったのか剪定されたのか。一部を残してすっかり消え去ってしまった。また葉が出てきているようでもある。イマイチ元気がなさそうなのは晴天続きだったせい? 一昨日の雨で息を吹き返さなかった?

2010年9月 9日 (木)

きょうのきょう(重陽の節句)

 颱風一過で熱帯夜と猛暑日からは解放。22.3℃~33.0℃と真夏日は継続。吹く風が熱風ではなくひんやり感じられるのは有難い。それでも陽射しの強さは変わらず、日なたは暑い。歩き回ると汗だくになるのは相変わらず。
Cimh8541b_tna  颱風が運んできたわけではないだろうけど、四条室町の交差点では赤とんぼが飛んでいた。先日の夜は地虫の鳴き声が聞こえていたっけ。生物季節的には秋準備完了。このまま秋になだれこんでくれれば颱風も英雄なんだが、また一旦ぶり返すとか。

Cimh8545b_tna  気象年鑑2010年版を調達。毎年7月か8月に出ているのにいつも気付くのが遅くて。今年も一枚物の折り込み颱風の経路図が無くなっている。1つ1つ別々になった経路図はあるんだけど、かつてあったような全部重ねて一覧できる大判が欲しいな。ひまわりから見た皆既日蝕の画像が載ってる。

 あ、重陽の節句は上賀茂神社や車折神社で菊酒をふるまわれたそうな。結局いかずじまい。もうちょっと涼しかったらなぁ。

2010年9月 8日 (水)

きょうのきょう(颱風いった?)

 明け方から朝にかけて激しく雨が降ったようだが、私が起きた8時には小雨になってそのまま終わってしまった。風も大したことはなくホントに颱風だったの?って感じ。雨も適度なお湿り。気温も25.0℃~30.5℃と猛暑日は回避できたけど、熱帯夜真夏日は維持。まとまった雨は前回の颱風以来27日ぶりだそうで、嵐と言うより一陣の風、恵みの雨。
 北陸から上陸した颱風は記録上初めてらしい。確かに、日本海回りだと東北か北海道にまっしぐらなのが普通だろう、いきなり南下する奴は珍しい。進路図を見ると途中で失速して下に落っこちたように見える。関東で大暴れした雨も颱風の雨と言うより秋雨前線が颱風に刺激されて奮起したということらしい。涼しくなるのは週明けまでお預けだそうだ。

 今日は第二水曜日、月刊WindowsUpdate発行日の筈。サーバにしているPCにも、Microsoftから自動アップデートが来ているので間違いない、と思ったらやけにパッチが少ない。調べてみると、「第二水曜日」ではなく、「第二火曜日の翌日」なのだそうで。ややこしね。第二火曜日にリリースの準備作業をするからリリースはその翌日、とかいうのだろうか?

Cimh8330b_tna 画像は先月見かけた散髪屋の幟。発祥は何年も前だった気がするが、今になって全国で話題になっているらしい。私の行きつけの散髪屋はカットのみなので縁がないですけど。伸びてきたのでそろそろ行かなきゃ、なんだけど、前夜に念入りに頭を洗っても店に着くまでに汗だくになって頭臭そうで申し訳なくて行けない今日この頃。

2010年9月 7日 (火)

きょうのきょう(アメダスのドーピング疑惑)

 颱風接近のせいか、雲がちで猛暑日は回避。といっても34.3℃あったけど。記録上は0mmだけど、通り雨でわずかにお湿りがあったし、今度の颱風にはちょっと期待しちゃうかも。秋を運んできてくれると良いな。

Cimh8525b_tna  先日出た京田辺の9月史上全国最高気温&今年全国最高気温&史上府内最高気温に疑惑が出ているらしい。風通しの良いところで測るべき気温が、蔓草が取り憑いていて空気が隠っていたのではないかと。現場は保存されておらず、測定値を更正するようなデータも得られないので記録はそのまま残るんだろう。そもそも、イマドキの気象観測は露場の百葉箱で人が行うのではなく、機械化されているから怪しい。アメダスになってからは雲量や天気という観測項目が無くなったようで、日照時間で代用してしまっているあたりなんだかなぁ。

Cimh8527b_tna  画像は近所のスーパーの初サンマ(たぶん)と、郵便受けに入っていた年賀葉書の予約案内。
 今年は不漁でお高いそうで。去年の冷凍物がこの半値で出るのでそちらでもいいかなと。それでも季節感。刺身だけは新鮮さ命なので初物を奮発して食べておきました。
 鬼が笑いそうな年賀葉書。発売まで2ヶ月近くあるのに。ハロウイーン商品が売り出されているのにも面食らったけど、こちらも気が早い。予約なんかしなくても早々に売りきれるのはごく一部じゃなかったっけ。予約しておくと家まで届けてくれるんだっけか。街を歩いていたら郵便配達人が一軒一軒此のチラシを配っていた。分割民営化して仕事が増えましたね。バスや電車がワンマンになって運転士が忙しくなったのに似てる?

2010年9月 6日 (月)

きょうのきょう(なすがままかぼちゃがぱぱ)

Cimh8438b_tna  猛暑日は続くよ。今日で34日目、熱帯夜は連続24日らしい。颱風が来ているので今週中には一段落しそうらしいけど、そのあと秋が来るのかまた残暑が戻ってくるのか。そもそも颱風が太平洋上じゃなく日本海にはいるというあたりが夏の高気圧が元気すぎるということなんじゃ?

Cimh8431b_tna  CPU切替器をいじっていたら、KBがおかしくなった。常にAltキー押下状態と認識しているっぽい。もちろん、Altキーは押下していない。KBがおかしいと言うよりPC側で誤認識しているような感じ。以前にも何度か似たような現象が他の切替器でも起こっていた。毎回あれこれいじっているうちに復旧してしまっていたので原因不明なまま。
 今回は、PCのUSBポートにKBを直付けしても同様の誤認識。再起動しても誤認識したまま。PCからCPU切替器を外して再起動すると、直付けのKBは正しく認識する。それでもCPU切替器を接続した途端に、切替器経由のKBも直付けのKBも誤認識するようになる。伝染病か?
Cimh8432b_tna  切替器がおかしくなったら全PCをシャットダウンして切替器のACアダプタを外してリセットせよと取説にあるので、実施してみても切替器のランプが点灯したまま。電源を落としたPCが給電し続けているようだ。ケーブルを次々に外していくとUSBポートから給電されているようで、結局全部のケーブルを外す羽目に。
 ようやくリセットに成功したら、KBもl正しく認識されるようになった。と、同時に壊れていてKBを認識しなくなっていた切替器のKB用のUSBポートが復活。手間暇掛けた甲斐はあったのかも。それにしてもなんでや?
 切替器のPS2ポートにPC2KBを接続していたのを、UCBKBにコネクタ変換器を付けたものにすげ替えたのがそもそもの発端。なにがなんだかややこしくてわけわかめ?

 画像は先日の賀茂茄子。まんまるボールのよう。身がしっかりしていてうまいです。お値段はピンからキリまであるようで、実際に買ったのはもっとお手頃な奴です。

2010年9月 5日 (日)

きょうのきょう(今年の9月は最高)

Cimh8521b_tna  京都は37.7℃止まりだったけど、京田辺は39.9℃まで上がったらしい。9月の気温としては観測史上最高で、今年の国内最高でもあると。京田辺限定でも年間観測史上最高とも。最高記録にもいろんな切り口があるもんだ。
 京都だけじゃなく、全国でも今年の最高気温は9月に出たわけだ。Cimh8442c_tna残暑恐るべし。

 画像は先日近所のホテルの前に停まっていた軽トラ。要は氷屋さんなんだろうけど、「氷室」とは風雅な名前の会社だ。荒川ではなく鴨川とかだともっと雰囲気なんだがな。

2010年9月 4日 (土)

きょうのきょう(コネクタつながった)

 上がりも上がったり38.1℃。今年最高だそうで、9月になってから最高出すか。9月の観測史上最高でもあると。ちょうど起時には家から出かけるところだった。曇時々晴れの天気なのにもわっとむっとしていたっけ。蒸すと言うより暑かった。

Cimh8507b_tna  今年最強の猛暑の中、ハンダごてを調達。チャットで教わった四条大宮の100円ショップを覗くとハンダごてが単体で売られている。あるんだな、100円ショップにも、100円じゃないけど。台湾製なのはお約束か。でも、こてはあってもハンダがなかった。大きな100円ショップっていろんなものがある。昔の王様のアイデアみたいだ。
Cimh8511c_tna
 寺町の京都電気街のパーツ屋にはこて+こて置き+ハンダ+ペーストのセットなんてのが安売りされていた。安売りと言っても100円ショップの倍近い値だけど、こちらはちゃんと日本製。
 Webで検索すると電気工作用以外にステンドグラス用なんてのもある。いろんな用途があるもんだ。

Cimh8514b_tna  またもげるといけないのでコネクタを接着剤で基板に固定してからハンダ付け。10年ぶりだ。10年前もMP3プレーヤーの部品がもげたのをつけ直しただけ。その前は学生実験に遡るかも。ハンダが必要なハードはいじらないと言うのが私のポリシーだったんだが、例外2件目。

2010年9月 3日 (金)

きょうのきょう(コネクタもげた)

 山鉾巡行以来暑い日が続く。時々連続記録が途切れるが、2/3くらいは猛暑日だったんじゃないだろうか。真夏日でなかったのは二日間だけ。日に日に陽射しが部屋の奥まで射し込むようになって、秋の気配、の筈がサンルームが強化されてどんどん暑苦しくなる感じ。季節が後戻りするような。

Cimh8499b_tna  まだあと一年近くあるというのに、PCカード型の地アナチューナがご臨終。といっても、アンテナケーブルのコネクタがもげただけですけど。ハンダ付けすれば復活しそう。コネクタの部品をハンダだけで固定していたらしい。ケーブルが固いので無理な力がかかりやすい部位。ハンダだけで荷重に耐えるのは苦しかったことだろう。古いノートPCでもACアダプタのコネクタがぐらぐらしていたりするのがあるから似たような症状なのかも。乗っかってるだけの部品じゃないんだから補強しておけばいいのに。コストがそうさせないのか? はいはい、どうせ安物ですから。(^_^;)
 うちにもハンダごてとハンダがあった筈なんだが、行方不明。10年ほど前に一度使ったっきり。また買うか? 100円ショップにはないかな。3滴ほどぴぴぴっと付けるだけなんだけどな。

 臨時にUSBのワンセグチューナを付けてみた。しょぼいPCなので息も絶え絶え。というかそもそもUSB1.1しかなくてUSB2のPCカード装着から始まってひと騒動。やっぱワンセグより地アナの方が画面は綺麗だね。動きの激しい場面なんかは特に。

WindowsXPのショートカットで起動するプログラムの優先度を予め指定してしておく方法(メモ)。

 起動中のプロセスの優先度はタスクマネージャの右クリックメニューから変更できる。これを起動後にいちいちせずに済ます方法。こうやったらうまくいったと言うだけで、網羅した情報ではない。

 ショートカットのプロパティの「ショートカット」タブで「リンク先(T):」を次のように指定する。

 C:\WINDOWS\system32\cmd.exe /c start /優先度 プログラムのフルパス

  • 優先度は、「high」「low」など。(その他の指定は不明)。
  • プログラムのフルパスに特殊文字(空白も?)を含む場合は、ショートネーム(8.3形式)で指定する。
    ロングネームを引用符で囲む方法ではダメだった。
    ×:"C:\Program Files\NewSoft\Presto! PVR\HPVR.exe"
    ○:C:\PROGRA~1\NewSoft\PRESTO~1\HPVR.exe

 ショートカットをWクリックすると一瞬コマンドプロンプトウインドウが開くがすぐ閉じて目的のプログラムが立ち上がる。コマンドプロンプトウインドウが目障りなら、「ショートカット」タブの「実行時の大きさ(R):」を「最小化」にするとよい。

 参考:基本優先度を変更するLostTechnology

2010年9月 2日 (木)

円山応挙宅址(応挙地蔵尊)

Cimh5468b_tna Cimh5463b_tna  四条通を歩いていると堺町通付近の飲み屋の看板に埋もれるように石碑が建っている。円山応挙の家がこのあたりにあったらしい。他にも付近には各藩の江戸藩邸跡なんて石碑が建っていたりする。

Cimh5288b_tnaCimh5285b_tnaCimh5284b_tna 応挙は家の跡に石碑が建っているだけではなく、堺町通を上がったあたりでお地蔵さんにもなっている。こちらはビルの壁面に完全に埋め込まれている。何故に二体おられるのかは不明。
 お詣りする時は後方に注意しないと車に轢かれます。

2010年9月 1日 (水)

鴨川納涼床

Cimh8472b_tna  六回目の夏が過ぎようとしている今になっても鴨川納涼床はスタバしか行ったことがない。和食の店は去年狙ったのだが雨で店内に切替で果たせず。で、今日が雪辱戦。東山の先に入道雲がモクモク成長してはいたものの、夕立はなく今回は無事床でお食事。

Cimh8470b_tna  店の一番奥に小さな庭がある、坪庭を模しているのだろうか。普段は行き止まりであろうその脇を抜けるとに出る。畳張りだが、歩くと足元でギシギシ音がする。畳じゃなくて鶯張りか? 座っていると人が歩くたびに微妙に揺れる。鴨川納涼床とはいうものの、床が架かっているのは鴨川ではなくその脇を流れるみそそぎ川。下から見ると細い鉄骨で支えていてはかなげ。でも、上にいると普通に広いベランダ。無蓋の空間は広々と心地よい。

Cimh8489b_tna 昼間は37.3℃まで上がった猛暑日。18時で33℃近い。21時を過ぎるまで30℃以上と蒸し暑かった。河原を吹く風も生暖かい。こんな天候でも納涼なんだろうかと疑問を抱きつつ入ったのだが、吹く風はやはり生暖かいものの、ゆったり座って吹かれていると少し涼しく感じる。川風と言うこともあるのだろう。帰りに店を出た時でも、床より路上の方が蒸し暑く感じられた。

Cimh8487b_tna 店に入ったのは18時で日没前。でも、川の西岸で建物も西側にあるので、夕方になれば日陰になっている。周りはまだ明るく、景色がよく見える。食事を進めるうちに日が暮れて暗くなって周りがあまり見えなくなる。景色を眺めるなら早い時間の方が良さげ。
 暗くなるにつれて床の明かりに虫が集まってくる。蚊に刺されまくるというわけではないが、気にしだすと気になる。店の人の話では、何故か日がとっぷり暮れて遅くなると減るらしい。日によっても出たりでなかったりするとか。その意味でも早い時間の方が良いのかも。
 でも、納涼を狙うなら遅い時間の方が涼しくなるのは間違いない。涼しいと言っても30℃超だけど。どうする?

Cimh8493b_tna  帰りに店の玄関で奇妙な笹飾りを発見。京都ゑびす神社の笹飾り(初えびす飾り?)らしい。普通のえべっさんの笹飾りより派手。...というのがポイントではなく、現金がぶら下がっている。紙の小判がぶら下がっているのはよく見かけるけれど、現金は初めて見た。
 店の女将さんの説明によると、お金をぶら下げるのは客。(ご祝儀に?)Cimh8490b_tna客が笹飾りにお金をぶら下げ、店は一年間にぶら下がったお金で翌年の笹飾りを買う。笹飾りの御利益で飾っている店とお金をぶら下げた客の両方が栄える。という趣向だそうだ。
 昔の通貨の代わりに現行通貨ということではないようで。びっくりした。

« 2010年08月 | トップページ | 2010年10月 »