« 2011年11月 | トップページ | 2012年01月 »

2011年12月31日 (土)

きょうのきょう(大晦日)

 最高気温がやっと10℃という冷たい一日。風が穏やかだったのがせめてもの救い。それでも歩き回っていたら頭が痛くなってきた。

Cimj6782b_tn Cimj6778b_tn  夕方になって、家のそばに消防車とポンプ車がやってきた。斜め向かい(と言っても数軒先)のビルにホースを引き込んでいる。炎も煙も異臭もないから小火かガセなんだろう。程なく二台連れだって帰っていった。

Cimj6646b_tn  というわけで年越しそば。
 一年間お世話になりました。来年もどうぞ細く長くおつきあいくださいまし。m(__)m

祈祷大根炊き(蛸薬師堂)

Cimj6774b_tn Cimj6750b_tn  年末のお買い物は昨日すませた。筈なのに何故か今日もお買い物に錦市場と新京極。錦市場は満員電車の車内のような混雑ぶり。だから、買い物は早めに済ませないとだめなのよね。

Cimj6757b_tn Cimj6754b_tn  新京極に出てふと気が付くと、蛸薬師では年越しそば。朝10時から大根炊きで、昼12時から年越しそば。ちょうど昼過ぎだったので、そばを頂こうと行列に並んだら、大根炊きだった。(^_^;) あっという間に品切れになるのかと思ったら、そうでもないようだ。Cimj6762b_tn Cimj6759b_tn 幸い行列は短い。寸志を収めてお椀を受け取る。大根2切れにおあげさん1枚。ぶっとい立派な大根だ。本堂を回り込むようにある奥の院(?)への通路の脇の長いすに腰掛けてゆっくり頂く。歩き疲れて冷え切った体がほっこり暖まるCimj6767b_tn Cimj6772b_tn
 本堂には大根がお供えしてある。奉納された大根を集めて大根炊きにしている、ということなんだろうか。お供え物を「仏様のお下がり」として食べちゃうのと同じ原理?

Cimj6758b_tn Cimj6769b_tn  年越しそばは奥の院(?)の中で頂く事になるようだ。大根炊きで満足してしまったのでそばはパス。そばは我が家でも用意しているし。そばは寸志じゃなくて五百円だし。(^^ゞ

2011年12月30日 (金)

俺流叩きゴボウ(2012年版試作、メモ)

 去年・一昨年の試作の改良(になってるかどうか)の記録。実際にはこの倍量で作成した。ゴボウの量で規格化して記録しておく。
 味の保証はしない。私の為の備忘録なので真似しないように。

<以下、去年の記事に加筆再録>

Cimj6708b_tn  私にとって数少ないお袋の味。特製叩きゴボウ。山椒でひりひり辛い。「ヒーヒー言わせたる」なおせち料理。レシピが遺されていないので、適当に再現。
 味の保証はしない。私の為の備忘録なので真似しないように。

【材料】
○ゴボウ
 土ゴボウ:1束(2~3本)(*1) →太い方がよい。
 「黒門市場でこの時期(年末)にしか売ってない特別なゴボウ」を使うそうだが、詳細は不明。
○酢酸(食用酢でok):少々
○醤油:100cc → 150cc → 125cc
○味醂:100cc → 150cc → 125cc
○料理酒:100cc → 150cc → 125cc
昆布だし汁100cc → 100cc (今回は水にしてしまった)
 →あわせだし汁:100cc(水100cc+あわせだし半袋(4g))
○実山椒:50g+α → 約63g(*2)+α →125g

【手順】
①ゴボウを洗い皮を剥く → 皮は剥かない。
 皮を剥い洗ったら10cm程度の長さに切っておく。
 切ったものは希酢酸水溶液に浸して晒す。
②水で煮る
 たっぷりの希酢酸水溶液でゴボウを煮る。
 沸騰してから4~5分煮続ける。
 煮終わったらゴボウを取り出して室温まで冷ます。
③叩く
 冷ましたゴボウを包丁の背かすりこぎで軽く叩く。
 皮が割れ中身がへしゃげる程度、味をしみこませやすくする。
 太いものは縦に二つに切っておく。
④漬け汁を調合
 ①~③の合間に漬け汁を調合する。
 醤油125cc、味醂125cc、酒125cc、実山椒125gを混ぜて煮る。
 煮立ったらしばらく約1時間煮続け、その後室温程度まで冷ます。
⑤漬け込む
 ④の漬け汁に①~③で調製したゴボウを漬ける。
 好みに応じて実山椒を追加する。

 数時間で味が染みてくる。冷蔵庫で1週間程度ならもつようだ。
 漬け汁の調味料の比率は0次近似のまま。摂動は加えていない。去年も造ったのだが、年に1回しか作らないのでフィードバックがかからず進化しないのが難点。

 ゴボウの量によっては漬け汁が足りなくなるので、比率はそのまま少し多めに作った方が無難。漬け汁はそのままでゴボウを足していくのもアリかも。

 (*1):ゴボウの量に比例して漬け汁を増やす。消費量的にはこの倍程度が適量かと。

<追記>2012.01.02
 この配合だと醤油の味がきつくなる。お茶漬けに合う感じ。醤油はもっと減らしても良いのかも。ただ、1日で味が染みるので促成にはよさげ。
 1時間煮る事で山椒の味がよく出るようになった。充分煮出すなら山椒も減らしても良いのかも。
 2~3日漬け込んで味が染みたら、ゴボウを取り出して次のゴボウを漬けると良い。二代目は順調に漬かっている。何代まで継代できるかは不明だが、日が経つようなら一度煮汁を煮沸した方がいいかも?

きょうの迎春準備(小晦日)

 いよいよ今年も明日まで。クリスマス寒波は去ったそうだが、0℃前後から10℃前後の間を行ったり来たりする寒い日が続く。雲の通り具合で雨とも霙とも付かないものが降ってくる。

○アーケード飾り
Cimj6718b_tn Cimj6674c_tn Cimj6632c_tn  アーケードの飾りも新年モード。
 四条通は西半分が四角く、東半分が丸い。マルイがあるから? デザインは去年と同じような気がする。Cimj6672b_tn Cimj6668b_tn 河原町通はまた別のデザイン。
 寺町通京極はまた凝ったデザインなんだが、新京極はあっさりと垂れ幕。

○錦市場
Cimj6687b_tn Cimj6657b_tn Cimj6655c_tn  言わずと知れた京の台所。普段使いのものは近所のスーパーで調達するのだが、何かあるときはちょっと張り切って錦市場。
Cimj6679b_tn Cimj6682b_tn Cimj6683b_tn  昔からのしきたりだよ、と言われても核家族(死語?)には縁遠い慣習もある。その辺は店頭で眺めているだけでもお正月気分を味わったり。手抜きだけどね。
Cimj6660b_tn Cimj6690c_tn Cimj6688b_tn  餅は餅屋で。店の奥で搗いた餅を売っているのが錦市場の餅屋。目の前で小餅を作っていたりもする。別の餅屋では店員さんがバニーちゃん。耳だけですけど。なんでやねん?と思ったら、店のキャラクターが兎なのね。月で搗きたてのお餅?月に代わって餅搗きよっ!ってか?

○餅は丸いものなのよっ!
Cimj6727b_tn  スーパーには「サトウの切り餅」ならぬ「サトウのまる餅」が売られていた。ちゃんとあるのね。やっぱお餅は丸くないとね。サトウの切り餅が出始めた頃は工場での製造過程で仕方なくあんな四角い形になってしまうのかと思ってた。まさか昔からあんな形の餅を喰っている人がいたとは。巨大な座布団のような伸し餅を見て度肝を抜かれたのは牛久のスーパーだった。関東に移住して十数年経った頃かな。よく言われる「蕎麦つゆの色」以上に衝撃的な事件だったっけ。

Cimj6651b_tn Cimj6650b_tn ○近所のスーパー
 普段使いのスーパーでも迎春準備。京都ならではの素材もあって、ちゃんと京風雑煮を作る事ができるようになってます。(あたりまえか。)身近に田畑がない身には陳列棚に季節感。
Cimj6649c_tn Cimj6652c_tn  おせち料理の単品もここまで並ぶと壮観だ。で、パサン、ってなに?...と思ったら、山羊でも軍人でもなく、京菓子らしい。→京銘菓「パサン」パサンって、知っといやすか?|京の手仕事 伊藤軒ブログ

2011年12月29日 (木)

LED電球使ってみた(メモ)

 トイレの電灯が時折瞬くようになったので試しにLED電球と交換してみた。ついでに家の中の電球型電灯と置換してお試し。
 LED電球は一昔前にLEDナツメ球が登場した頃に何種類か試して以来だ。LEDナツメ球は普通のと比べて極端に暗く実用的ではなかった。その後、LEDを3個使った強化型も登場したがパワー不足は歴然としていた。それ以来、私の頭の中では「LED電球=実用にならない」という評価が定着している。

 置換前:NECホタルック(RELUX(電球色))
      60W形(消費電力13W)
      全光束810lm
      定格寿命6000h
 置換後:OHM LED電球(電球色相当)
      30W相当(定格消費電力5.8W)
      全光束370lm
      定格寿命40000h

Cimj6695c_tn  お値段はどちらも購入当時の価格で千円弱。60W相当の810lmだとLED電球は伍千円近くする。その値段なら電球ではなく照明器具そのものが買えそう、というわけで全く食指が動かなかったのだが、LED電球は案外明るいという話も聞くので手ごろな価格のものでお試し。

Cimj6696c_tn  結論から言うと、LED電球は結構明るい。全光束が少なくても、光が前面(下方)に収束するので、収束軸上(直下)なら全光束が同じ蛍光灯電球の2倍以上の光量があるようだ。照度計を持っていないので正確ではないけれど。気温が低いときや点き初めの蛍光灯電球は薄暗いが、そんなときの蛍光灯電球(810lm)よりLED電球(370lm)の方が明るい。
 逆に、LED電球では後面には直接光が届かないので上方が暗い。電球を写した画像でも前方後方のコントラストが強い事が判る。(撮影条件をオートにしているので正確ではないけど。)

Cimj6704c_tn  電灯と言うより、電気スタンドに近い感じ。天井や壁に埋め込まれて一方向だけ照らすような使い方なら大丈夫だろう。我が家だとトイレや洗面所、玄関がそれに当たる。
 電球を裸で取り付けている所だと手元だけ明るくて部屋全体は薄暗い。この場合は、もっと全光束が多くて指向性の少ない(もっとお高い)LED電球が必要になる。我が家だと風呂場や化粧台、マシン室がそれに当たる。尤も、風呂場や化粧台は使用時間が短いので古典的なエジソン形電球で充分なわけだが。

 電球1:天井の孔に横向けに取り付けるタイプ。(孔の内側は鏡面)
 電球2:天井の孔に縦向けに取り付けるタイプ。
 電球3:裸電球を真下にぶら下げるタイプ。

 一時は電球を駆逐する勢いだった蛍光灯電球。温度依存が高いようで、冬の朝など気温が低いときなどは蛍光管が暖まるまでの間は薄暗くてストレスが溜まった。最近のお高い蛍光灯電球ならそんな事はないという話だが、寿命が永い分買い換えの機会も減るわけで旧態依然な製品を使い続ける事になる。LED電球にすれば冷え込んだ冬の朝も快適に使えそう。だが、寿命が4万時間ということは連続使用しても4年半以上保つわけだ。その間は画期的な機能性能の新製品が出てもその恩恵には与れないということになる。
 TVCMを見ていると寿命10年なんていう製品もあるようで、賃貸住宅の契約を2年毎に更新する事を考えると、部屋の設備の一部とも言える電球の寿命がそれを越えるというのも無駄な気がするがどうだ?

 ところで、ホタルックのように残光があって消灯後もほの明るいLED電球はまだですか?

2011年12月28日 (水)

きょうの迎春準備(松竹立てて角毎に…)

 照ったり曇ったり、時折何やら降ってくる。けど、降ってくるのは液体のようだ。

Cimj6618c_tn  ようやく年賀状を書き終えて投函。郵便ポストは年賀状モード。このモードは受付開始の15日からなんだろうか?13日に年賀はがきを買いに郵便局に行ったら「年賀状の受付はまだか」と訊いて受付を断られていた人がいたな。どんだけ早いねん?! 会社員時代は仕事納めの後でないと書けなかったし、新年になってから投函する事もしばしばだったから、これでも私的には画期的に早いんだが。

Cimj6628b_tn Cimj6639c_tn Cimj6637c_tn  道すがら眺めていると、門松があちこちに立っている。あちこちというか、ホテルだけのようだが。シャッターに新年の挨拶を掲げている会社は今日が仕事納めだったのだろう。早々にはがれている会社も。来年災いが来ない事を祈る。

 門松っていつたてるの?と検索してみると冠婚葬祭マナー百科なるサイトに...

門松その他の松飾りは、十二月十三日の正月事始めに行うのが古式ですが、最近は二十七、八日頃に飾るようになっています。
 門松は二十九日に立てるのを「苦立て」といってきらい、また大晦日に立てるのを「一夜飾り」といい、正月の神を迎えるのに一夜では誠意に欠ける、として昔からきらう風習があるのです。

 29日と31日がダメなら、今日の時点で門松が立っていない所は30日に立てるしかないって事か?

2011年12月27日 (火)

きょうのきょう(寒さ更新)

 -0.9℃まで下がってまた今季最低気温更新。二度目の冬日。

Cimj6577b_tn Cimj6578b_tn  昨日ほどではないけれど、雲が通ると水しぶきが降ってくるような。雪ではなく雨か?近所のスーパーでは迎春用品が次々出てくる。価格も年末モードでじり高。

Cimj6581c_tn  通り道の家の庭に咲くのはサザンカだろうか?散った跡におしべだけ残って茶筅みたいになってる。山茶花ならぬ茶筅花?

2011年12月26日 (月)

きょうの月(月齢1.6?)

 夕方、綺麗な夕焼けだなと眺める空に細い月。

Cimj6606c_tn Cimj6596c_tn Cimj6586c_tn  ビルと電線の間から垣間見える。眺めていると地球照がだんだんはっきり見えてきた。

きょうのきょう(ユキダス)

 朝から雪。それでも最低気温は0.1℃と冬日寸止め。

Cimj6562c_tn Cimj6558b_tn  数日前から京都でも雪が降ったという話は聞こえてくるが視認せず。と思ったら、今朝起きてみると吹雪いてる。実質的に初雪だな。昼前には小降りになり、時折風に吹かれて雪雲が来るとちらつき、雲が切れるとスカッと晴れる、の繰り返し。
 下京では屋根にうっすらつもったものの日の出とともに消えていった。金閣は雪景色というニュースがwebに載っていたが、こちらも昼前には消滅。

2011年12月25日 (日)

きょうのきょう(クリスマス終了)

Cimj6544c_tn Cimj6538c_tn Cimj6542c_tn  昨日は-0.2℃まで下がって今季初冬日で最低気温を更新。連日雪の予報が出てはいるけれど降らず、ホワイトクリスマスは幻。今年は土日と重なったので大してお出かけもせず地味に終了。あぁ、年賀状書かなきゃ。

2011年12月24日 (土)

エコ・ゴコロ(チン不可)

 近所のスーパーにあった総菜袋。

Cimj6530b_tn Cimj6529b_tn  以前は無色透明プラスチック製の蓋身一体型使い捨て容器(なんというのだ?)が置いてあったのだが、店によって置き換えが進んでいる様子。

Cimj6532b_tn  「袋に入れたままレンジで...」と書いてあるので最後まで読まずにチンokかと思った。つか、チンしちゃったよ。/(-_-;)\

2011年12月23日 (金)

ハードキティ

 先月、金戒光明寺門前の石材店にいたキティちゃん。

Cimj5255c_tn Cimj5254c_tn  かなりカタブツのようで。服やひげ、鼻はちゃんと着色されている。それとも、天然色の石を貼り付けてあるんだろうか?

2011年12月22日 (木)

きょうのきょう(冬至)

Cimj6527b_tn  ...ですよね。

2011年12月21日 (水)

きょうの開店(中華料理食之源)

 松原通(清水道)東大路東入にあった「中華ルドルフ」の跡に開店した中華料理屋。

Cimj6286b_tn Cimj6287b_tn  先日、今年の漢字を見に清水寺に行った時に発見。開店時期は不明。中華料理屋の後釜に中華料理屋が入るというのはどんなもんなんでしょ?入り口付近は店名が変わっただけで佇まいが以前と変わらないけど、ビル壁面の看板は撤去されたまま。

2011年12月20日 (火)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimj6523b_tn Cimj6522b_tn  完全に落花してますた。
 土は土に、灰は灰に。

2011年12月19日 (月)

空也踊躍念仏(六波羅蜜寺)

Cimj6493b_tn  念仏発祥の地だという六波羅蜜寺。都に疫病が蔓延した時、帝が醍醐天皇第二皇子の空也に対処を命じ、市中を視察した結果民衆に念仏を唱える事を広めた、のが始まりとか。
 念仏が広まったのはよいが、街中あちこちで人が集まり念仏を唱えるようになると 時の政府は政権打倒の集会ではないかと疑心暗鬼になり、弾圧するようになった。Cimj6486b_tnそれでも宗教(念仏)を捨てられない人達は聞いても念仏とは判らないように発音をもじって身振りを加えて踊りのようにカモフラージュした。念仏を唱えるのも暗くなり始めて人通りが絶えた薄暮の頃、屏風の陰で。...という話だったような。重要無形民俗文化財だそうだ。「くうやゆやくねんぶつ」と読む。
 デモを弾圧する現代の政府やら江戸時代の隠れキリシタンのようでもある。

Cimj6503c_tn  本堂に上がって待っていると16時頃に僧侶の1人が現れてマイクを使って先のような解説をしてくださる。粛然と始まるのかと思っていたので意外だった。かくれ念仏と言うとおり、本来は内陣に立てた屏風の陰で行うものだが、今の住職になってから屏風を取り払って公開されるようになったとか。念仏の最後には参拝者も念仏を唱えるということで発声練習。
Cimj6505c_tn  解説と練習の後、3人の僧侶が現れ、1人が読経を始める。最初は普通の法要のようだ。そのうち、声の調子が変わり3人が声を合わせて唱え始める。念仏に移行したのか?手に手に鉦を持ち念仏を唱えながら3人の僧侶が内陣の中をぐるぐる回る。体を上下に揺らしながら。まさに踊躍状態。
 開始されてから30分ほどで一通り念仏が終わり、「只今ご参詣の善男善女無病息災家内安全所願成就の為に」との発声に続いて「もーだーなんまいどー」と全員で7回繰り返す。「南無阿弥陀仏」を暗号化した念仏、ということのようだ。

Cimj6507b_tn  念仏が終わると普段は立ち入れない内陣に入って焼香。「一緒に念仏を唱えたお仲間ということで」特別なのだそうだ。3列に並んで1回ずつ焼香し、帰りにお守りを頂いて退出。
 僧侶が念仏を唱えるのを見るだけかと思っていたので参拝者参加型にびっくり。というか、これが本来の姿なのだろう。

Cimj6494b_tn  宝物殿の空也像。教科書にも載っている有名な像。口から「南無阿弥陀仏」にあわせて6体の小像(阿弥陀仏だそうだ)を吐き出す造形は、鎌倉時代の作にしてはデザインがぶっ飛んでいて私は好きなのだが、如何?

Cimj6509b_tn  空也自身が刻んだという本尊の十一面観世音菩薩は秘仏で12年に1度しか開帳しないとか。「でも、がっかりしないで。来年がその12年に1度にあたっているから。」だそうだ。

2011年12月18日 (日)

きょうのメリークリスマス(高島屋、四条通、新京極通、寺町通、サンタさん五態)

 今朝は0.1℃まで下がって冬日寸前、今季最低を更新。迎春準備に先行して迎クリスマス準備はたけなわ。

○高島屋
Cimj6394b_tn Cimj6392b_tn Cimj6389b_tn  クマづくしのクマスマスツリーはここ何年か見かけなくなったが、今年はクマがツリーのそばに侍る。侍るだけじゃなくて動いている。
Cimj6398b_tn Cimj6397b_tn  店外の壁面のクマはトナカイが曳くそりに乗る。サンタさん、なんだろうか?こちらもクマとトナカイが動いている。
 クマの数は減ったけど一応アップグレードされているということなのだろうか?

Cimj6388b_tn Cimj6385b_tn ○四条通
 東半分のアーケードに下ルモールも例年と同じ、かな。

  

Cimj6410c_tn Cimj6404b_tn ○新京極通
 こちらもアーケードにモールが下ル。

 
 

Cimj6408b_tn Cimj6411c_tn ○寺町通
 寺町通のモールはルミナリエ風。

 
 

Cimj6178c_tn Cimj6177c_tn ○サンタさん五態
 2Dも3Dも街中はサンタさんだらけ。
 先日はスーパーのレジのお姉さんがサンタさんだったな。 

Cimj6449c_tn Cimj6423c_tn Cimj6271b_tn  

2011年12月17日 (土)

きょうの迎春準備(スーパーの店頭)

Cimj6279b_tn  年賀状の受付が始まり、いよいよ新年の足音が聞こえてくる。今週になってようやく年賀はがきを手に入れて、デザインをこれから考えようかという身にはまだ実感はないけれど、街を歩いているとみんな着々迎春準備を進めている様子が見えてくる。

Cimj6152b_tn Cimj6054b_tn  棒鱈は京都の正月の定番らしい。調理が大変だそうで、総菜を買った事があるだけだけど。正月用ではないけれど、千枚漬けと樽出しすぐきが出回るようになると京都の冬も本番かと。

Cimj6418b_tn Cimj6416c_tn  味醂にはお屠蘇の元が添付されている。そして極めつけは鏡餅。おせち料理の予約は締め切りが近いようだ。今年のおせちはどうしようかな?

Cimj6467b_tn Cimj6469b_tn  我が家の鏡餅は超ミニタイプ。橙の代わりに干支。今年(来年?)で三代目。虎や兎と違って辰って絵になりにくいんだよな。と我に返る>年賀状のデザイン。(-_-;)

 昨日今日と市内からも雪の便りが聞こえてくる。我が家の周りでは降った様子はないけれど、風花くらいは舞っていたのかも。今年(来年?)は去年(今年?)並にドカ雪が降るのかなぁ? 去年の大晦日のドカ雪は写真取り損ねたからリベンジしたいんですけど。

2011年12月16日 (金)

きょうの紅葉(修徳公園、五条通、烏丸通)

 晴れたり曇ったり北風が冷たい。いよいよ冬本番?

○修徳公園
Cimj6443b_tn Cimj6442b_tn Cimj6438b_tn  この時期でもまだイチョウと楓が残ってる。それでもイチョウは今日の風に吹かれて散っている。絨毯を広げるほどの勢いはない。2~3年前に剪定されて寂しくなっちゃった。

Cimj6445b_tn Cimj6444b_tn ○五条通
 中央分離帯の街路樹。毎年盛大に色づいてくれるのだが、今年は気付かなかった。と思ったら、すっかり剪定されてしまっている。味気ない。

○烏丸通
Cimj6274b_tn Cimj6273b_tn  例年、緑と黄色のコントラストが綺麗な黄葉を見せてくれていたポプラ(プラタナス?)。今年は見えないと思ったら、こちらも黄葉する前に剪定されていた。剪定されているだけじゃなくて伐採までされているようで。味気ないのを通り越して殺伐。

きょうの閉店(烏丸仏光寺)

Cimj6471b_tn Cimj6448b_tn  おや、今日だ。一度も入った事ないお店だけど。

2011年12月15日 (木)

南座まねき上げ

Cimj6383b_tn Cimj6373b_tn  今更ですけど、先日前を通りかかったらまだ掛かっていました。
 前は何度も通っているけど中には入った事ないんだよな。

2011年12月14日 (水)

きょうのきょう(理科年表ゲット)

Cimj6414b_tn  ゲットしたのは昨日ですけど。これで安心して年が越せる。

2011年12月13日 (火)

今年の漢字2011

 昨日発表された今年の漢字は「絆」だそうで。私的にはあまりピンと来ませんが、まぁいいか。

Cimj6320b_tn Cimj6310b_tn Cimj6277b_tn  今年は奥の院が改修中で普段奥の院に祀られているふれ愛観音像が本堂に遷座されているので今年の漢字とのツーショット。(いみない?)

きょうの紅葉(修徳公園、清水寺)

 今年の漢字を確認するついでに紅葉採集。

Cimj6284b_tn Cimj6280b_tn ○修徳公園
 イチョウがいい具合に黄葉してきた。
 楓は、相変わらずかな。そろそろ散り始めか?

○清水寺
Cimj6358c_tn Cimj6300b_tn Cimj6324_stitchb_tn  概ね散ってしまっているが、残った楓の中には鮮やかな色合いのものもある。

  

Cimj6368b_tn Cimj6351b_tn Cimj6337b_tn  

 
 

○清水寺の工事中
Cimj6355b_tn Cimj6330b_tn Cimj6315b_tn  阿弥陀堂と奥の院は改修工事中。崖の先に空中回廊を設けて参拝客を通している。立ち入る余地のなかった錦雲渓に造っていた遊歩道が完成したようで公開しているようだけど、Cimj6333b_tn もう一箇所の入り口はロープで封鎖されていた。
 曇りがちな天候で盛大に天使の梯子が京都盆地に架かっていた。修学旅行らしいJKが「天使の梯子」か「天国への階段」かでもめていたな。
Cimj6346c_tn  いつも五条通から遠望している清水寺。逆に見るとこんな感じ。

2011年12月12日 (月)

東本願寺のお茶

Cimj4808b_tn  改修が進む東本願寺。メインは御影堂と阿弥陀堂、続いて御影堂門だが、他の建物も手が入っていく。御影堂門と阿弥陀堂門の間にある総合案内所も例外ではない。かつては一面に椅子が並び無料のお茶のサービスがあり、案内カウンターもありはしたが案内所というより休憩所の様相だった。それが案内所兼売店になってしまい、休憩スペースは隅に追いやられて無料のお茶もなくなってしまった。代わりに自販機。中にはオリジナルパッケージのペット茶。前からあったんだろうか?

 休憩所は鐘楼前の小屋に移ってしまい、ベンチと自販機が並ぶ。境内北側の参拝者接待所で座敷に座って無料のお茶を頂く事ができるのは以前のまま。

2011年12月11日 (日)

きょうの皆既月蝕(オリオンの頭上に輝く紅い月)

Cimj6258c_tn  今日というか昨日というか。本影蝕直前までべた曇りで断念しかけていたのだが、急に雲が消えて快晴状態に。
 本影の端の方を通ったのだろうか、皆既中も明暗のコントラストが綺麗だった。

2011年12月10日 (土)

200円ビッグマック(ちいさくなった?)

 創業祭でビッグマックが200円になってるというので、何年かぶりに先日購入してみた。

Cimj6172b_tn  マックは若造の頃はよく喰ったものだ。朝通勤途中店に寄って立ち喰い。朝メニューが登場してからハンバーガー系は昼にしか喰えなくなったが。一日三食マックなんてのもやったなぁ。ビッグマック+フィレオフィッシュ+ポテト+スプライト、あたりが昼定食だったか。

Cimj6176c_tn  当時は大口を開けてかぶりつくとあごが外れそうになってそれでも中身がぽろぽろこぼれ落ちた。なかなかスマートに喰えなかった。久しぶりに食べてみると軽々口に入る。一口で食べたんじゃないよ。歳をとって口の開き方が悪くなった昨今なのに。それ以上にビッグマックが小さくなったのか?200円だから小さくしてるの?

2011年12月 9日 (金)

マルチ栽培みかん(和歌山県産)

Cimj6180b_tn  今日近所のスーパーで買ってきたみかん。
 FSPACEの人が栽培したのかと思った。屋号が屋号だし。でも、県が違うし、仮名モードも違うか。(^_^;)

京都嵐山花灯路(きょうから)

 いや、行ってません。
Cimj4682c_tn  今晩17時から18日まで。今朝は4.7℃まで下がって今季最低。雪の予報も出ている冷え込み。きっととっても寒いと思います。紅葉が遅めで散り際を楽しめるという噂もあるようですが、暖かくしてお出かけください>行く人。

2011年12月 8日 (木)

きょうの紅葉(修徳公園)

 朝から冷たい雨。明日は京都府南部は雪との予報もあるけど、洛中は埒外かな?

Cimj6164b_tn Cimj6163b_tn ○修徳公園
 黄葉はまだ半ば。紅葉はピークに近い?桜はほぼ散り終わり。

2011年12月 7日 (水)

きょうのきょう(きぬかづき)

 大雪だそうで、千本釈迦堂では大根炊き。大雪だからではないそうだけど。お買い物のついでに立ち寄ろうかと思ったのだが、はっきりしない天気に誘われず直行直帰。紅葉採集で歩き回りすぎたせいか腰の調子も良くないし。Cimj6068b_tn 年々行動範囲が狭まる感じ。

 先日Iさんから頂いたカレンダーに添付されていた里芋できぬかづき(きぬかつぎ)。茹でて剥いて醤油をかけるだけで簡単。なのに旨い。小菅村でお義父様が丹精された芋、かな?Cimj6159b_tn ついにお目に掛かる事はなかったけど、今まで何度も送っていただいた野菜の中にはお義父様の野菜もあったかと。お姿を偲びながらおいしく頂きました。

2011年12月 6日 (火)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimj6081c_tn Cimj6080c_tn  花じゃなくて。花は先日の通り立ち枯れドライフラワー状態だけど、芽が出てる。出てるというか芽吹いてるっぽい。この時期に芽吹くんだっけ、紫陽花の芽って?

2011年12月 6日 (火)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimj6081c_tn Cimj6080c_tn  花じゃなくて。花は先日の通り立ち枯れドライフラワー状態だけど、芽が出てる。出てるというか芽吹いてるっぽい。この時期に芽吹くんだっけ、紫陽花の芽って?

2011年12月 5日 (月)

きょうの紅葉(修徳公園、西本願寺)

 晴れたり曇ったり、青空とどんより雲が交互に広がる。日差しがあると暖かいが、風は冷たく、歩き回っていたら風邪を拾ったようだ。

○修徳公園
Cimj6078b_tn Cimj6076b_tn Cimj6072b_tn  イチョウの黄葉がようやく進んできた。楓も鮮やかさが増したような。日が当たればもっときれいなんだろうけど。

○西本願寺
Cimj6115b_tn Cimj6097b_tn Cimj6092b_tn  境内のイチョウはどれも九分五厘ほどの色づき。ここも快晴でないのが残念無念。こちらの御遠忌は続いているようだが、一段落したのかやや閑散気味。
Cimj6133b_tn Cimj6114c_tn Cimj6145b_tn  かと思ったら、奉仕団の団結式(?)だかなんだかで団体さんがやってきて御影堂から追い出された。阿弥陀堂では帰敬式。こちらは追い出される事もなく拝見。
Cimj6117b_tn  飛雲閣は外から垣間見るだけ。

2011年12月 4日 (日)

きょうのメリークリスマス(四条通、大丸、ポルタ、松原通)

 照ったり降ったり曇ったりめまぐるしいお天気。北西の風が強くて、目の前でびっくりするくらい真っ赤に色づいていたハナミズキも枯れ木寸前。これがホントの木枯らしだな。
 この一週間もあちこちでメリークリスマス。

○四条通
Cimj6006b_tn Cimj6005c_tn  恒例のアーケードモール。3年ほど前にコンペ(?)やって以来ずっと変わってないような。北側と南側、西半分と東半分でデザインが変わっている、筈。確認したのは西半分だけ。

○大丸
Cimj6011b_tn Cimj6010b_tn  玄関ホール脇にツリーとゲート。高島屋に比べておとなしい。
 天井から下ルモール(?)は恵美須神社の人気大よせ(にんきおおよせ)に似てるような?

○ポルタ
Cimj6048b_tn  京都駅地下街の天井から下ルモール。象のような大耳のキャラクターはポルタくんらしい。いつの間にそういうキャラクターが登場していたんだろう?烏丸通下のポルタプラザに巨大なポルタくんサンタがいるらしい。今回は急いでいたので確認できず。

Cimj4951b_tn ○松原通
 レストランの窓にもスノーマン。

2011年12月 3日 (土)

五重塔修復中(東寺)

Cimj4940b_tn Cimj4939b_tn  先週の東寺五重塔。

 修理中だろうか、怖そう。創建の時はどんな足場を組んだんだろ?

2011年12月 2日 (金)

きょうの紅葉(新町通、綾西公園、東本願寺、清水寺)

 朝方雨が降ったがどんより曇ったり薄日が射したり。朝最低気温が出た後、日付が変わるまで気温が単調増加する不思議なお天気。

Cimj6018b_tn ○新町通
 マンションのエントランスに植わっていた木がグラデーション。



Cimj6021b_tn Cimj6020b_tn ○綾西公園
 ハナミズキ(たぶん)は赤くなっているが、他は色づくより枯れて行ってる感じ。
 

Cimj6044b_tn Cimj6033b_tn ○東本願寺
 境内のイチョウも綺麗に黄葉している。ほぼピークかな。青空でないのが残念。今日の境内は一転静かな雰囲気。先日は門前にびっしり並んでいた大型バスも今日は居ない。
Cimj6042b_tn Cimj6035b_tn  烏丸通のロータリーのイチョウはもう散り始めている。黄金の絨毯も密。

 
 

Cimj6059b_tn ○清水寺
 やっぱり行ってません。
 五条通の陸橋からライトアップを遠望。

2011年12月 1日 (木)

相棒パン発見!

Cimj6012c_tn  あの二人がパンになってる。

 どっちがどっちだ?と思ったら、どっちも紅茶だって。
 右京さんはもちろん紅茶だけど、神戸くんも紅茶なのか? 薫ちゃんだったらコーヒーだろうけどねぇ。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年01月 »