« 2012年05月 | トップページ | 2011年07月 »

2012年6月30日 (土)

きょうの祇園祭(二階囃子初め)

 鳥居の建設が繰り上がっていると思ったら、会所開きも今日行われている所があるようで。

Cimk2586b_tn Cimk2583b_tn  月鉾の町会所はすっかり出来上がって準備播但線っぽい。と、四条通を西に歩いているとお囃子が聞こえてくる。新町通を上がった放下鉾だ。こちらは囃子方が集まってお囃子の練習中。休日とか夜とかにしか稽古できないから時間を惜しんで、ということか。
Cimk2581b_tn  私の今年の祇園囃子初めは放下鉾でした。放下鉾の二階囃子 (つつくと音がします。)

 京都中央信用金庫本店の壁面にも毎度の歓迎メッセージ。いよいよですなぁ。

夏越祓(八坂神社、菅大臣天満宮)

Cimk2499b_tn  今年も前半終了。というわけで、夏越祓。今年は土曜日に当たってしまい人出が多そうだけど、と逡巡したものの、例年どおり八坂神社へ。

○八坂神社
Cimk2527b_tn Cimk2511b_tn Cimk2508b_tn  予想どおり、ちょっと早めに着いたのに招待席は満席で飛び入り参加はできず。ギャラリーとして結界の外から遠望。

Cimk2532b_tn Cimk2523b_tn Cimk2517b_tn  氏子連が揃い、神職が出座し、起立低頭して祝詞(?)を唱える。次いで人型に身の災厄を移して持ち去ってもらう。人型はギャラリーにも配られるので、紙片を身に降りかけて、人型を体にすりつけてお返し。

Cimk2541b_tn  絹を裂き、人型を納めた櫃が搬出されると茅輪くぐり。今年は(も?)舞殿の前、本殿と相対する位置に茅輪が設置されている。氏子連は神職に先導されてくぐる。のだが、今年も1パスだけでどこかへ立ち去る。毎年思うのだが左右左と3周するんじゃないの?
 「厄除けちまき」と書かれた袋を下げた人がいたので、明日からの筈なのにもう授与されているのか?と授与所を見てみたがあらず。氏子だけ特別にフライング授与されるんだろうか?

○菅大臣天満宮
Cimk2624b_tn  最初は昨日並みの暑さなら我が家から至近のこちらだけお詣りしようかと思っていたのだけれど...。八坂神社に帰りに寄ってみるとこちらはひっそりとした佇まい。この静けさが好きよ。茅輪はだいぶ抜かれたようで、芯の竹が見えている。皆に愛されているのねぇ。

Cimk2627b_tn  というか、茅輪はくぐった人の半年の災厄を写し取ってくれてるんだから、茅輪の茅には大勢の人の災厄がわんさかくっついている筈。それを持って帰るなんて以ての外、なんじゃ?

みな月(+祇園の月)

Cimk2637b_tn  八坂神社からの帰りに家内安全の御守りに名物・祇園の月を購入しようと四条大和大路の福栄堂。するとここにも水無月が。一口サイズで可愛い。というわけで、はた坊のおでんのような御守り..、いや、水無月が完成。

Cimk2561b_tn  お店はすっかり様子が変わっている。見慣れた店構えを期待していたらやけにこざっぱりしたので代替わりしてしまったのかと不安になったよ。改装して今日で三日目だそうな。

2012年6月29日 (金)

きょうの祇園祭(鳥居建つ)

Cimk2482c_tn  やや空が白っぽいものの一時は快晴っぽく晴れ上がって夏の様相。中途半端な梅雨の中休みが本気で休む事を決めたような。外を歩いていると吹く風に温風が混じり日差しにあぶられて気絶しそう。油照りというのか、京都の夏ってこんなだったよなぁと思い出す、夏の予行演習。

Cimk2485c_tn Cimk2477b_tn  鉾の辻こと四条室町交差点には函谷鉾と月鉾の鳥居とぼんぼりが建ち始めた。いつもなら30日に建ててたと思うんだが、今年は30日が土曜になるから平日のきょうに繰り上げたのかな? いよいよ祇園祭開始ですなぁ、というにはちょっとだけ早い。

2012年6月28日 (木)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimk2446b_tn  先週の颱風二過以来降らず、梅雨の中休み状態。だったら夏が来たのかというとそうでもない。スカッと晴れるでもなく、カーッと暑くなるでもなく、中途半端なお天気。出歩くと汗だくになる程度には暑いし、蒸しもするのだが、部屋にいると窓から入る風は涼しげ。明日は晴れて真夏日で、月が変わると雨で真夏日だそうだ。うっとうしさもまだまだこれからCimk2448c_tnCimk2447b_tn

 梅雨後半はまだこれからというのに紫陽花はばて気味。

2012年6月27日 (水)

きょうの火事か?(三条通河原町東入)

 見かけたのは一昨日ですが。

Cimk2403b_tn Cimk2412_stitchc_tn  月鉾胴懸を見た帰りに河原町通を下がっていると消防車やら救急車が集結している。何事?(って火事に決まってる)とみると、角を曲がって三条通にもずらりと赤い車が並ぶ。はしご車にポンプ車、その他用途の判らない赤い車。さぞや大火事かと思ったが、消火活動している様子はない。ポンプ車から消防ホースが伸びているがぺしゃんこで水は通っていない。ビルからストレッチャーが運び出されてきたが無人。
Cimk2419c_tn Cimk2404b_tn  早々に鎮火したのか誤報だったのか?と、更にもう一台はしご車がやってくる。が、周りの様子を見てそのまま現場の脇を通過。何を何台集めるか指示が出るわけではなく近所からどんどこ集まってくるのか?最後にやってきたのが「災害現場指揮支援車」。真っ先に来て緊急車両の交通整理をしなくていいのか?

2012年6月26日 (火)

きょうの祇園祭(三条通、新京極、寺町京極)

 見かけたのは昨日ですけど。

Cimk2439c_tn Cimk2431c_tn Cimk2428b_tn  アーケードの飾りは既にお祭りモード。河原町商店街や四条通商店街のアーケードには飾りはなし。フライングか?

2012年6月25日 (月)

きょうの祇園祭(月鉾胴懸全4面新調完了)

 この話題から今年の祇園祭が始まるとは思わなかった。

 祇園祭が始まるまで残すところ一週間、もう今にも町会所から二階囃子が聞こえてきそうな山鉾町界隈。...というのは嘘。近所を歩く限りは祇園祭のぎの字も感じられない、けれど、今月に入って長刀鉾の稚児が決まり久世駒形稚児も決まり大船鉾の御神体衣装が新調され、着実に準備が進んでいるようだ。月鉾では鉾の胴懸が新調できたとか。21年がかりで順次4面を新調。21年とは大げさなようだが、資金的にも大変だろうし、最後の胴懸の制作には2年かかったそうだ。

Cimk2385b_tn  実際に鉾に懸かった姿を見られるのは7/10頃から始まる鉾建てが終わり宵々々山を迎える頃なのだが、一足早くホテルオークラのロビーに展示されている。報道公開だけして一般公開はしない懸装品が多い中で珍しくオープン。
 ほのくらいロビーの中で妙に馴染んで溶け込んでいる。昨日はお囃子の演奏があったのだが、Cimk2365b_tn 以降はイベントなどはなく金曜日までじっくり眺める事ができる。月鉾の法被を着た人(保存会の人?)がいるので、説明してもらう事も可能だ。
 記帳も受け付けているようだが、特に個人情報を曝す必要は感じなかったので、じっくり拝見してぱちり。

2012年6月24日 (日)

ケータイのメアド変更したのに...(メモ)

 Webサイトにメアドを登録する場合、一回こっきりで二度とメールが来ない場合は、悪用されても困るので捨てアドを登録する。普通の(?)ドメインメールならフリーの捨てアドを提供してくれるサイトがあるので、そこのお世話になる。ところがなかには、登録するメアドをケータイメールに限定しているサイトがある。その場合は捨てアドを自分で作らないといけない。
 自分のケータイのメアドをコロコロ変えても良いならどんどん変更すればいい。一度メアドを登録して目的のメールを受信したら別のメアドにする。ドコモなら1日3回まで変更できるから、月90個ほどのメアドを使える事になる、理論上は。
 でも、自分のケータイメアドは変えたくないなら、一時的に仮のメアドに変更して、目的のメールを受信したら元のメアドに戻す。これでok。メアドをA→B→Aと変更するのだ。すぐには元のメアドには戻せないと言う噂もあるが、実際にこれは実績があるので問題ない。一時的にBに変更している間にA宛てにメールが来たら?と言う懸念もあるが、メアドがBになっているのはほんの数分だから大丈夫でしょう。

Cimk2340c_tn  と言う事で、昨日メアドを一時的にA→Bと変更した。そしてWebサイトからのメールが...届かない。ケータイでメアド変更の確認画面にアクセスしても「あなたのメールアドレスはBです」と表示される。試しにPCからB宛てにメールを送るとケータイには届かず不達通知が帰ってくる。じゃ、A宛のメールは?と送ってみるとA宛のメールはケータイに届く。それでは、とケータイからメールを送ると発信元(From:)はAのままだ。要するにメアドを変更した事にはなっているが、実際には変更されてはいないということか。

 念のためにもう一度メアドをBに変更する手続きをする。と、「Bは既に使われています」とか言いそうなものだが、あっさり変更できて、確認画面でも「あなたのメールアドレスはBです」と表示される。今度こそ、と試すとやはりB宛のメールは届かず、A宛のメールは届き、ケータイ発のメールは「From:A」のまま。やはり変更したけどされてない。

 メアドBが呪われているのかと、Cに変更してみた。これも成功して、確認画面は「あなたのメールアドレスはCです」、C宛のメールは届かず、A宛のメールは届き、ケータイ発のメールは「From:A」のまま。やはり変更したけどされてない。
 メアドのせいではないようだ。

 気色悪いので、メアドをAに戻そうと手続きすると、「メアドの変更は1日3回までなのよ」と言われて戻せず。(T_T) 変更できてないのに、変更した事になっていてきっちり変更回数だけはカウントされているようだ。

 泣く泣くそのまま2~3時間放置しておいたら、C宛のメールが届くようになった。すかさずWebサイトに登録してメール受信。試してみたら、A宛のメールは届かず不達通知が返ってくる。メアドの変更が何時間か遅れていたのか。と、ケータイからメールを送ってみると「From:A」のまま。ん、もっとややこしい状況に?
 受信アドレスはCに変更できたが、発信アドレスは変更できてなくてAのまま???そんな事ができるのか。逆に悪用したくなるようなシチュエーションだ。

 更に暫らく放置しておくと、今度はケータイからのメールが「From:C」に変わった。ようやく全ての変更処理が終わったようだ。完了するまで約6時間。普段なら一瞬で変更できるのに何かあった?>ドコモ。

 そうこうしているうちに日付が変わったのでメアドをAに戻す手続きをしてみると、あっさり変更できた。今度はすぐにA宛のメールが届くし、ケータイ発のメールも「From:A」になっている。やればできるんじゃないか。
 ネット上の噂では「1日3回」の「1日」は「変更してから24時間」という情報もあったが、「0時~24時」が「1日」というカウントのようだ。

 まとめ。

○メアドを変更しても以前使っていたメアドに戻す事はできる。
 今回はA→B→C→Aと変遷した。(たぶん。Bへの変更が有効だったかどうかは未確認。)ネット上の噂では「直前のメアドには変更できる」「戻すまでに他の人が元のメアドを使わなければ戻せる」「一度使ったメアドは数ヶ月は(他の人は?)使えない」と言った説があったが、直前以外でも一度使ったメアドに戻す事は可能なようだ。
 私の為に古いメアドがリザーブされていたのかたまたま誰も再使用しなかったどうかは確認できてはいいないが、おそらく前者でしょう。

○メアドの変更手続きとメアドの変更処理は別々に行われているらしい。
 どうやら「メアド変更サーバ」(仮称)と「メアド管理サーバ」(仮称)があって、メアドの変更手続きは「メアド変更サーバ」で受け付け、処理としてはそこで閉じる。処理後、「メアド管理サーバ」にメアド変更情報を送って実際のメアドを変更する。という構成のようだ。
 今回は「メアド変更サーバ」から「メアド管理サーバ」へのメアド変更トランザクションが何らかの理由で滞留して、メアドを変更した事になってるけど変更されていないという状態が何時間も続いたっぽい。ケータイからメアド確認画面にアクセスした場合、「メアド変更サーバ」が「メアド管理サーバ」に確認することなくメアドを表示するようだ。

○宛発のメアドは別々に管理されているらしい。
 宛のメアドはsmtpサーバに登録するもので、発のメアドはメール作成の際にヘッダに書くものだから必ずしも一致しなくても良いのは普通のメーラと同じ事。これらを別々に(「メアド管理サーバ」と「smtpサーバ」で?)管理しているようだ。今回は「smtpサーバ」が先に書き変わって「メアド管理サーバ」が後から書き変わったと言う事か?逆なら判りやすいんだが?

○「1日3回」の切れ目は0時。
 変更手続きから24時間とかではないようだ。

2012年6月23日 (土)

きょうの塩(どうする?)

Cimk2335c_tn Cimk2323c_tn Cimk2005b_tn  まだ梅雨のまっただ中とは言え、汗だくになる日も多い。それを見越してか今年も塩製品が出回りだした。買っておくべき?

2012年6月22日 (金)

きょうのきょう(颱風二過)

Cimk2339b_tn Cimk2334b_tn  昨夜半から今未明にかけて颱風5号崩れが通過していったようで大雨、だったらしいが寝ていたので気付かず。昼前にはすっかり晴れてようやく颱風一過の気分。二日遅れか?

2012年6月21日 (木)

きょうのきょう(ヘム鉄)

Cimk2322b_tn  夏至だけど、どんよりしていて太陽が見えず実感無し。確かに日暮れは遅くなってきたな、とは思うが。日の出が一番早かったのは先週、日の入りが一番遅いのは来週、と言う事らしい。ま、1分程度の差ですけど。

 画像はうちに転がっていた鉄。私は乗り鉄ですが、なにか?

2012年6月20日 (水)

きょうのきょう(颱風行ったのに)

 颱風一過の青空!を期待したのだが、どんより曇って時々雨がぱらつく。一過、と言うほどには颱風は接近せず、梅雨の雨なのか颱風の雨なのか判らない雨がザーザー降っていただけだったから、一過の恩恵もないのかな?メリハリのない颱風だった。

Cimk1106b_tn  画像は先日パン屋の店頭で見かけたパン、その2.こちらはトラ、コアラ、パンダ、らしい。皆同じ味? ん~。色合い的には全部トラなんだが。思わず三匹とも整った顔立ち、と言うパンを探してしまう...。(^^ゞ

2012年6月19日 (火)

きょうのきょう(颱風それた)

 京都駅に21時、という颱風の予報はおおはずれで、南紀に方向転換。最初は加古川付近(?)に上陸する予報だったから順当に東傾していったわけだ。颱風の進路予報って大体当初の予報から一貫して同じ方向にずれていく傾向があるようだ。そのずれを見越した予報ってできないものかね。本稼働するまでに一位の座を明け渡すようなスパコンを作っているようではダメか?

Cimk1105b_tn  画像は先日パン屋の店頭で見かけたパン。パンダ、うさぎ、テントウムシ、らしいのだが、うさぎがネコにしか見えない。味よりもどの動物が好きかで選んでしまいそう。

2012年6月18日 (月)

ケータイGmail終了(私のケータイですが)

Cimk2314c_tn Cimj8167c_tn  ケータイからメールを送信する時、From:をケータイのメアドにしたくないのでGmailを使っている。...のだが、それも先日で終わってしまった。認証クッキーが使えないブラウザはサポートしないのだそうだ。5/1から使えない、と言いつつ先週まで使えていたのはオマケか?

 はて、そろそろ新機種に買い換えろと言う事のようだ。次はスマホかな?スマホにしたら好きなメーラアプリをインストールできるからGmail使わなくてもFrom:を自由にできるんだよな。Gmailも終了?

2012年6月17日 (日)

きょうのノンステップバス(こしいたい)

 撮影したのはだいぶ前ですけど。

F1004049c_tn Cimj9907b_tn  最近流行のバリアフリーで乗り口に段差のないバスが増えてきた。確かに乗る時はスムーズなのだが、床が低い分、床下機器やタイヤハウスが車内にそびえ立つようになって車内に段差が増えた。
Picu9804c_tn F1060733c_tn  おかげで車内は「危険!」マークだらけ。よじ登らないと座れない席もある。段差に注意しながらようやく座席に座ると、中には左右の足の床面の高さが違ってそのまま座ると股関節をひねって痛い座席もあったりする。新手の(?)関節技をかけられたみたいだ。

Picu0717a_tn  ノンステップと言っても路面と床面には高さに差がある。島原のバスは「ノンステップバス」とは呼ばずに「ワンステップバス」と呼んでいるくらいだ。足腰の弱ったお年寄とかにとってはそのワンステップもつらいということなのだろう。
 そして極め付きは乗降時にバスが傾く。乗降口のある車体左側を下げるように。Cimk1339c_tn 昇降口がスロープになるというのではなく、車体全体が左傾するのだ。当然座席の座面も同じ角度で左傾する。座席に座っている乗客の腰も左傾する。ところが体は胴体を鉛直に保とうと踏ん張る。と、負担が掛かるのが腰と股関節だ。(>_<)
 先日、バス停に止まっているバスを見て一瞬、脱輪したのかと思った。あんなに傾いていたとは。体に悪いはずだわ。

2012年6月16日 (土)

Windows8RPをWindowsToGoを利用してmicroSDにインストールして運用する方法(メモ)

Cimk2288b_tn  今月初めにリリースされたWindows8RPを何台かのPCにインストールしてみた。と言っても、内蔵HDDにインストールしたのはLooxUだけであとはWindowsToGoを利用して起動可能なUSB接続のHDDを作成して使っている。つないだ初回だけはPCの構成にあわせたドライバのインストールが必要だが、一つのHDDをいろんなPCにつなぎ変えてWindows8RPを使う事ができる。本当はUSB接続のHDDではなくUSBメモリを想定しているようだが、残念な事に手元にWindows8RPが入りきるような容量のUSBメモリがない。

Cimk2278c_tn  で、Class10の32GB microSDカードが手に入ったので、超小型のUSBカードリーダに入れて疑似USBメモリ化してインストールしてみた。親指爪大のリーダはコネクタにmicroSDカードを内蔵するタイプでPCに装着すると爪の切り滓ほどしかはみ出さないので刺したままモバイルしてもじゃまにならない。
Cimk2290c_tn  まぁ、Windows8RPでモバイルする必要はないし、PC固有のアプリがどこまで動くか判らない上に、休止状態がサポートされないWindowsToGoはモバイル環境ではほぼ使ってられないのだが。酔狂モデルということで。

Windows8rp_b07b_tn  WindowsToGoでのインストールはInternetWatchの記事どおりでDP版、CP版、RP版共通。USB HDDの時と全く同じでスムーズに完了する。PCに刺して起動しての環境設定もこれまたスムーズ。普通に立ち上がりメトロもデスクトップも使える。
Windows8rp_b03a_tn Windows8rp_b09a_tn  ...と思ったら、落とし穴。WindowsUpdateで更新を見つけるのに失敗する。アプリをインストールしようとするとリムーバブルメディアにはインストールできないと敵前逃亡する輩が現れる、Windows8rp_b06a_tn あげくはなんだかディスクを挿入しろと要求する奴まで登場。USB HDDにインストールした時はこんな事はなかったのに。

Windows8rp_b12_1c_tn  どうやら、敵前逃亡アプリが言っていたとおり、起動ディスクが「ハードディスクドライブ」ではなく「リムーバブル記憶域」と認識されている事が原因のようだ。
 仕方ないので、USBカードリーダのドライバをすげ替えてハードディスクと認識させてやったら、Windows8rp_b12c_tn WindowsUpdateも一癖あったアプリのインストールも無事終了。とりあえず普通にWindowsToGoなWindows8RPとして使えている。

 但し、microSDカードにインストール済みのWindowsToGoなWindows8RPのディスクドライブのドライバをすげ替えるだけでは起動時に1時間近く待っても起動しない状態に陥り、あげくファイルが壊れていると言うメッセージが表示されて起動に失敗した。
 microSDカード上にWindowsToGoなWindows8RPをインストールする時に母艦(WindowsToGoなWindows8RPをインストールする時に使うPC、たぶんWindows8系のPCになると思う)のUSBカードリーダのドライバをすげ替えてmicroSDカードを刺したUSBカードリーダをハードディスクドライブとして認識させた上でインストールすることで、きちんと起動できるWindowsToGoなWindows8RPをUSBカードリーダに刺したmicroSDカード上にインストールする事ができた。

 ややこしいけど、わかる?

 まとめておく。
 この手順で必ずしも成功するとは限らないし、最適化されているわけではないのでもっと簡便な手順があるかもしれない。特にすげ替え用のデバイスドライバは本家では公開されていないのでリスクがある事に注意。microSDカードのHDD化はEeePCあたりで普及したものだが、失敗すると(?)カードリーダが壊れるという噂もあるので真似しないように。私の備忘録として記録しておく。

○用意するもの
 母艦(Windows8系のPC)
 microSDカードを刺したUSBカードリーダ
 Windows8RPのインストールメディアないしはisoファイル。

①USBカードリーダのハードウエアIDを調べる
 母艦にターゲットのUSBカードリーダを刺し、デバイスドライバ画面で該当するディスクドライブを選択し、詳細タグを開いてハードウエアIDを調べる。何行も表示される場合は、先頭行を右クリックでコピーしておく。

②すげ替え用のドライバを作成する
 Hitachi Microdrive Filter Driverを入手する。本家もうアクセスできなくなっているらしい。こちらにアングラミラー(?)が有るようだが、一切の保証はないのでお薦めはしない。(xpfildrvr1224_320.zip)
 ファイルを解凍して「cfadisk.inf」の35行目辺りに↓の一行を追加。「USBカードリーダのハードウエアID」は①で取得したIDで置換すること。

  %Microdrive_devdesc% = cfadisk_install,USBカードリーダのハードウエアID

③USBカードリーダのドライバを②で作成したものに更新する
 ①と同じ画面で「ドライバー」タグを開き、「ドライバの更新」をクリック。
 →「コンピュータを参照してドライバーソフトウエアを検索します」
 →「コンピュータ上のデバイスドライバーの一覧から選択します」
 →「ディスク使用」
 ...と進み、②で作成した「cfadisk.inf」ファイルを指定して開く。
 ドライバのインストールが始まるので終了するまで待つ。

④WindowsToGoなWindows8RPをインストール
 通常の手順でUSBカードリーダに刺したmicroSDカード上にインストールする。
 使用するコマンドは概ね次の通り。ドライブレターやディスク番号、パーティション番号、ディレクトリ名は適宜書き換えること。InternetWatchの詳しい記事はこちら。(但しDP版の記事なので適宜RP版に読み替える事。)

C:\>diskpart
DISKPART> list disk
DISKPART> select disk 9
DISKPART> clean
DISKPART> create partition primary
DISKPART> active
DISKPART> format fs=ntfs quick
DISKPART> list partition
DISKPART> select partition 9
DISKPART> assign
DISKPART> exit
C:\>cd "c:\temp\Windows To Go"
C:\temp\Windows To Go>imagex /apply "c:\temp\Windows To Go\install.wim" 1 z:\
C:\temp\Windows To Go>bcdboot z:\windows /s z: /f all

 このとき、②で作成したすげ替え用のドライバをターゲットのmicroSDカードにコピーしておく。その他環境設定に必要なファイルもコピーしておくと良い。

⑤ターゲットマシンの環境設定
 ④で作成したUSBカードリーダ(+microSDカード)を母艦から抜き、ターゲットマシンに刺して起動する。
 ライセンスIDの入力など通常の環境設定が始まるので適宜設定していく。
 一通り設定が終わったら、③同様Cドライブのデバイスマネージャをすげ替え用のドライブに更新する。

 以上。

 参考にさせてもらったサイトはつぎのとおり。ありがとうございました。



2012年6月15日 (金)

七星株式会社

Cimk2259b_tn  岩上通高辻上ルにあった看板。

2012年6月14日 (木)

れだす(創業文化五年四月)

Cimk2264b_tn  松原猪熊岩上のお店の看板。

 最初は「札だす」と読みまつがい。西暦なら1808年4月か。二百有余年ですな。

2012年6月13日 (水)

きょうの紫陽花(小田原町通)

 梅雨の晴れ間で27.7℃まで気温が上がってむしむし。

Cimk2213c_tn Cimk2209c_tn Cimk2204c_tn  歩いていて意識が朦朧としてくる。そんな人間を後目に紫陽花は元気はつらつ真花が咲きだした。

2012年6月12日 (火)

星ポテ?

 先日、気になる冷凍食品があったので買ってきた。...のを忘れていたので、試食。

Cimk2194b_tn Cimk1347b_tn  要は星形のハッシュドポテトだ。薄い海苔塩味。チンするのかと思ったら、焼くのだそうで。オーブントースターで十分弱。同じ芋でもポテトチップなんかよりは体に良さそうな気がするのは気のせいだろうな。

2012年6月11日 (月)

WindowsXPでAFのHDDを起動ディスクとして使ってみた(メモ)

Cimk2114c_tn  ファイルサーバ兼イントラサーバにしているPCのHDDの容量に余裕がなくなってきたので換装。今は500GBの2.5"HDDを装着している。HDDは1ベイしか載せられないので次は1TBかなぁ、と寺町電気街の店で探したら「AF」の玉しかないという。AdvancedFormatというそうで、通常は512Bの物理セクタを4096Bにしてセクタ毎にある管理領域やオーバヘッドの割合を減らすのだそうだ。HDD容量の増強が追いつかなくてマージンまで吐き出すようなせこい手法か?

 WindowsViataや7では問題なく使えるがXPはAFに対応しておらず、アクセスが遅くなると言う。店の人の説明ではOS側では如何ともし難い。メーカーによってはHDD側で対応していてジャンパピンで切り替えるものやパッチを当てて(?)対応させるものがあるらしい。メーカーによってはXPの起動ディスクにできないとか?!
 4096Bのセクタに512Bのつもりで書き込むのだからきちんと対応していないと容量が1/8になるのかと思ったらそういう事ではない。XPは512Bの論理セクタを書き込もうとするが、HDD側ではちゃんとスパニングして2048Bの物理セクタをフルに使ってくれる。
 問題は、XPがHDDをフォーマットする際、パーティションの開始位置を64論理セクタ目(論理アドレスは63)にしてしまうことにある。このため、パーティションの開始位置が物理セクタの途中になる。通常、OS側からのHDDへのI/Oは4096B単位で行われる。HDD内部のRead/Writeは物理セクタ単位で行われるので双方が一致していれば効率よさそうなものだが、OSからI/O要求のある4096Bの開始位置が物理セクタとずれていると余分なRead/Writeが発生してアクセスが遅くなると言う事らしい。Vistaや7ではAFのHDDならパーティションの開始位置を物理セクタにあわせてフォーマットするのでアクセス効率は落ちない。

 要はパーティションの開始位置を物理セクタにあわせればいいので、Vistaか7でフォーマット(パーティション切り)するか、XPでフォーマットした後パーティション開始位置が物理セクタにあうようにアライメントを再設定してやればいい。一旦アライメントがあえばXPで運用していても不都合はない。
 HDDメーカ各社からアライメント設定用のツールが出ていて、日立からは「Hitachi Align Tool」というものがフリーで出ている。大元はAcronisAlignToolで各社HDD用にカスタマイズされているようだ。

 で、今回は非AFの500GB HDDをAcronisTrueImage2012Homeのディスククローニング機能でパーティションを拡張しながら複製したら、アライメントを自動的に調整してくれたようで、AlignToolでアライメント不要とのご託宣を頂いた。

 AcronisTrueImageでも2010以前のバージョンではAFに対応していないとか、クローニングできても「このコンピューターのハードウェアで動作するようにWindowsを構成できませんでした。」というエラーが出て起動できなかったとか、起動して普通に使えていてもWindowsUpdateに失敗するとか、いろんな情報があってデンジャラスだ。

 店の人の話では時々AlignToolをかけないと使っているうちにアクセス速度が遅くなるとも言っていたが、調べた限りでは最初に一度アライメント調整をしておけばその後はアライメントに関するメンテは不要なようだ。

 とりあえず、問題はうまくすり抜けたようで、ちゃんと起動できているし、アクセス速度も換装前の概ね2~3倍くらい出ている。転送速度が3Gb/sから6Gb/sに倍増したのが効いているようだ。換装後4日経つが不具合もないようだ。が、WindowsUpdateは次回まで待たないと成功するかどうか判らないね。

 参考にさせてもらったページを順不同で載せておきます。


2012年6月10日 (日)

寺町京極の阿片窟

Cimk2139b_tn Cimk2136b_tn Cimk2138b_tn  なんかこんなもんができていた。
 秋葉の三菱銀行跡地にもでっかい阿片窟があった時期があったなぁ。

2012年6月 9日 (土)

きょうの開店(花よりキヨエ)

Cimk2153c_tn  いつの間にか錦市場の中、錦小路御幸町角に開店していたドーナツ屋さん。以前は鶏肉屋さんで、冬には店先で鶏鍋を食べる事ができた。料理屋というのではなく、市場の通路に床机を並べてあってそこで頂く。寒い冬の日には体が温たまった。会社自体は存続しているようだが、どうしちゃったんでしょ?

2012年6月 8日 (金)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimk2125b_tn Cimk2122b_tn  近畿地方が本日梅雨入り。朝から蒸してはいたが降り出す前に梅雨入り宣言を出すもんだからややびっくり気味。昼過ぎになってようやく降り出し、予報官も一安心した事だろう。
 梅雨が明ける頃には近所に山鉾が建っているんだろうなCimk2127b_tn

 紫陽花はようやくやってきた雨の季節に嬉しそう。

2012年6月 7日 (木)

そうだ水無月だった。

Cimk2030b_tn Cimk2029b_tn  先日郵便局に寄ったら暑中見舞いはがきを売っていた。そういやもう6月なんだねぇ。(いまさら?) フォルムカードと違ってこっちは地方版はないらしい。

2012年6月 6日 (水)

金星日面通過

Cimk2065b_tn  ピンポイント天気予報では15時まで曇、それ以降晴れという無意味なお天気。金環日蝕の時と同様てるてるぼうずさんに望みを託して前夜床に就く。と、ハレルヤ。ヽ(^o^)丿 快晴とはいかず雲が時折通るけど、金環日蝕と違って6時間半以上続く事象なら充分期待が持てる。
 てるてるぼうずさん気象予報士に二連勝Cimk2105b_tn

 金環日蝕の時はピンホール投影機だったけど、今回はピンホールを双眼鏡の片目に替えてスタンバイ。もちろん直接撮影と眼視は金環日蝕の時と同じだ。

P6061321c_tn  太陽が南に回り込んで我が家から見えるようになるのを待って観望開始。肉眼では黒い点があるような無いような。予めあると知ってなければ気のせいかと見過ごしてしまいそう。高度が高くて見上げる姿勢なのもきつい。眼鏡が歪んで乱視状態だし。向かいの会社から出てきて空を見上げる人も「見える」「見えない」と意見が分かれている。ついには「心眼だ!」と。
P6061325c_tn  金星は黒点よりはっきりくっきりしているのでショボイデジカメでも何とか写る。先月の肉眼黒点が良いリハーサルになった感じだ。
 投影は室内に陽が射し込むようになったら先月同様、投影機を窓の手すりで固定しようと思っていたのだが、夏至が近くなって手すりギリギリまでしか陽が射さない。仕方ないのでカメラも投影機も手持ち。ぶれるしだるいし。これは想定外だった。

P6061367c_tn  第3接触でブラックドロップ現象が起きる?と見てみたが判らず。これは天体現象ではなく地球の大気の揺らぎだそうで。星が瞬くみたいなもんなのか?

 我が家から太陽が見えるようになってから5時間ほど。時々雲隠れするものの概ね全行程を見る事ができたP6061369c_tn

 金環日蝕にしろ金星日面通過にしろ子供の頃予定表を見て永遠の未来のような気がしていたけれど、ついに過ぎてしまった。思えば遠くへ来たもんだ。この日を生きて迎えようとは思いもしなかったよ。(おおげさ?)

とりあえず(金星日面通過)

P6061292c_tn  こんな感じ。

2012年6月 5日 (火)

明日天気になぁれ(金星日面通過)

Cimk1543b_tn  ただひたすら祈るのみ。

2012年6月 4日 (月)

きょうの部分月蝕(ほぼ見えません)

 金環日蝕で地球に影を落とした月が半周して今度は地球の影に入る。 

Cimk2051b_tn  我が家の月の出は20:35頃。べったり曇っているようでわずかに薄い部分があったようで、10分間ほどは幽かな朧月状態に見えていた。辛うじて丸くない事は判るが、蝕のせいなのか雲のムラなのか判らず。慌ててカメラを構えたけどシミみたいにしか写ってないや。20:44頃の画像。
 京都カメラの20:40の画像には赤っぽい輝点が写っている。赤いのは高度が低いからか?部分蝕では本影部分が赤く見える事はないんだっけ?

 部分蝕が終わった頃になって雲が切れてきた。何を今更。半影蝕は続いているけれど見ても判らないよ。

2012年6月 3日 (日)

きょうの開店(マクドナルド四条烏丸店)

 開店したのは先月末らしい。

Cimk2010b_tn Cimk2008b_tn  烏丸四条上ルにある大垣書店の下。元は何だったんだろう?金融機関が入っていたような。烏丸五条、四条大宮、四条河原町と徒歩十分くらいの範囲に何軒もある。四条河原町は先日まで二軒あったし。まるでスタバみたいな勢いだ。

 そういや工事中の時にコーヒーの只券をもらったような、一度行ってみる?

2012年6月 2日 (土)

Windows8ReleasePreviewをLooxUに入れてみた(まだ途中)(メモ)

 昨日、Windows8ReleasePreviewが公開されたというので早速インストール。

Windows8rp_e00_tn  1台目はLooxUの内蔵SSDにインストールしてデュアルブート。Windows8ConsumerPreviewからアップグレードインストール。アップグレードと言いつつファイルが削除されないだけで設定もアプリも引き継がれない。半日かけて環境を再設定。DP→CPの時はアップグレードしたら英語版のままで焦ったが、今回はCPが日本語版だったので問題ない。
Windows8rp_e011_tn  2台目、3台目はWindowsToGoを利用して外付HDDからブート。こちらはOSインストールだけで環境は設定中。WindowsToGoはアップグレードインストールはできないようだ。WindowsToGoの作成方法は特にインストールされていないようだが、WindowsDeveloperPreviewの時のこちらの記事と同じ要領で可能。

 RP版はWindows7の時のRC版に相当するらしい。なんでいちいち呼び名を変えるかなぁ。これがフリーで使える最終版。使用期限は2013年1月5日まで。半年以上ある。その頃には製品版が出ると言う事か。

Windows8rp_e01_tn  まだデスクトップしかいじってないけど、総じてDP版やCP版と大きな違いはない。標準のデスクトップが2Dの金魚からチューリップになったのが目立つくらい。ちゃんとした比較はまだこれからだ。

Windows8rp_e041_tn  KBが標準で英語KBになっていたり、ソフトウエアKBが極小でとても使い物にならないのは相変わらず。WindowsToGoで起動したデスクトップ機がディスプレイドライバがインストールエラーを起こすのが治ったかどうかはまだ未確認。Google日本語入力を入れたらぶっ壊れたのは?あとなんだっけな。

2012年6月 1日 (金)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimk1984c_tn  真夏日にはならなかったものの28.2℃まで上がって暑かった。これまでと違って暑いだけじゃなくて蒸す。来週には梅雨入りするという話もあるようで、準備が着々と進んでいるのだろう。今日から鴨川の納涼床も本床開きで、昼間の営業から夜の営業にモード変更。それにあわせて(?)私も半袖に衣替え。

Cimk1985c_tn Cimk1981b_tn  先日、頭を垂れていた紫陽花が天を睨む。どうした事かとよく見ると紐で支えてもらっていた。ちゃんとお手入れされているのね。色づきも進んで一輪一輪色が微妙に異なる。と思ったら、一輪の中にもツートンが。

« 2012年05月 | トップページ | 2012年07月 »