« 2012年06月 | トップページ | 2011年08月 »

2012年7月31日 (火)

きょうの祇園祭(疫神社夏越祭)

Cimk4658b_tn  朝から青空が広がる。昨日までのぼんやりした晴れとは違って空がホントに青い。空気が入れ替わったようだ。入れ替わったのなら涼しい空気と入れ替わればいいのに、暑いまま。空気が澄んだ分、日差しがきつくて37.3℃まで上ル。

Cimk4640b_tn Cimk4638b_tn  一ヶ月続いた祇園祭も今日で終わり。八坂神社の境内にある疫神社前にはテントが張られて神事が...、終わっていた。着いたのが11時頃だったし。神社関係者が参拝した後、一般参拝者に混じって私も茅の輪をくぐり参拝しておきました。

Cimk4664c_tn  参拝を終えた人はてんでに茅を抜いて自作茅の輪に挑戦。境内のあちこちの日陰に陣取って無心に輪を編む。場所の争奪戦になってうかうかしていた私も突き飛ばされてあなおそろしや。自作茅の輪用にお清めを済ませた茅が用意されていてそれを使えばいいのだが、中には茅の輪の茅を抜いて編み始める人も。Cimk4666c_tn 茅の輪の茅はくぐった人の汚れを吸い取っているはずだからやめた方が...? そんなコトしなくても授与所で茅の輪を分けて頂く事ができます。そしてちまきを手に入れるラストチャンス。

2012年7月30日 (月)

きょうの夕焼け(昨日だけど...)

Cimk4601b_tn  昨日、みたらし祭の帰りに東本願寺前を通りかかったら、凄い夕焼けだった。夕方から頭上に雲がやってきて怪しい風も吹いててっきり一雨あるかと思ったのだが降らず。ほっとしていると空の色がすごいことに。橙のような紫のような、火星か?みたいな。時折雷光も見えていたから雷雲だったのだろう。デジカメの「夕焼けモード」で撮影したらもっとすごい色になった。

2012年7月29日 (日)

みたらし祭(下鴨神社)

Cimk4537b_tn  土用の丑の日から数日間行われる足つけ神事のみたらし祭。昨年・一昨年に引き続いて今年も参加。式次第は昨年一昨年と変わらない。
 36.6℃と体温より気温が高い中お出かけ。今年は日曜で最終日なのでどんだけ混んでいるかと戦々恐々で出かけたらすいていて拍子抜け。今年は橋殿が修復工事中。

Cimk4547b_tn Cimk4542b_tn  ろうそくを受け取ってスロープから池に入る。今年は半ズボンをはいてきたのでスムーズだ。しかし冷たい。脳天まで突き通るようだ。掛け流し(?)の井戸水なの外気が暑くても暖まる間がないのだろう。じゃぶじゃぶと池の中を進んで、ろうそくに点火。Cimk4554b_tn Cimk4552b_tn 急ぐと火が消える。そ~っとゆっくり慎重に歩を進めて燭台まで。
 中には途中で火が消えて何往復もしている人も。三歩進んで二歩下ル?それじゃ火が付けられないか。
Cimk4558b_tn  一旦火が消えたように見えてもじっとこらえていると火勢が盛り返す。人生辛抱が肝心。ようやく燭台にたどり着いても満席でろうそくが刺せなかったり。人事を尽くしても天命がない時もある。勝負は時の運。

Cimk4562b_tn  ろうそくを移し終えたら陸に上がって一休み。御神水授与所で神水を頂く。池に流れているのと同じ水、かな。冷たくて気持ちよい。御神水は飲み放題だし、ペットボトルを持参すれば詰めてくれる。脇で坪入りの御神水を授与しているけれど、これで充分。

Cimk4578b_tn Cimk4573b_tn Cimk4583b_tn  のどが潤って身を清めたら、奥の御手洗社にお参り。人型ならぬ足形に氏名と年齢を書いて奉納。奉納した足形が浮かぶ様は何度見ても圧巻。夢に出てきそう。Cimk4585c_tn Cimk4576c_tn 今年もちゃんとみたらし団子が供えてありました。団子の配列に注目。

スマホから投稿してみるテスト

 スマホのココログforAndroidから投稿してみます。
undefined 本文編集中に撮影した画像を貼り付けると画像が横になるのは何故かな?旅の空からのロゴを画像に入れるアプリはまだ良いのが見つからず。

〈追記〉
 画像はポップアップしない形で貼り付けられるのね。格納先はメール投稿と同じ。html化の時の扱いが例外的。φ(.. )

<追記>
 更に個人的な技術メモ。
 ココログforAndroidから投稿した画像はブログ直下のディレクトリにULされる。あまりにも体裁が悪いので、html化時にはfromAndroidというディレクトリを作成してそこに納めるようにした。RealSyncの設定、FFFTPのブックマーク、秀丸エディタのマクロに改修が必要。ファイルをULした場合どのディレクトリにうLされるのかは不明。できればココログ編集画面と同じ日付のディレクトリか、少なくともココログforAndroid専用のディレクトリにULして欲しい物。設定で変えられるのだろうか?
 

<追記>
 もっとメモ。
 ココログforAndroidから投稿した記事をPCのココログ編集画面で編集しようとすると改行が無視されるようだ。詳細は不明。ココログforAndroidはまだ使わない方がよさそう。

2012年7月28日 (土)

きょうのきょう(土曜の牛)

 更に上がって37.5℃。今季最高記録だわ。今日は一日家でエアコン三昧だったのでよくわからず。

Cimk4515b_tn  結局うなぎには手が出なかったので、ビーフストロガノフ丼で土曜の牛の日。スパーの術中に嵌ったか? 画像は万願寺唐辛子。上が焼く前、下が焼いた後。半分あたりだった。(一番下はドリンクビオの蓋)

2012年7月27日 (金)

きょうのきょう(土用の丑だったけど...)

Cimk4415b_tn  猛暑日は更に度を超して37.0℃。ついに私の平熱を越えた。露場でこの温度だから路上はもっと上がってたんだろうな。どうしてもお出かけする時間帯が一番暑い時間と重なってしまう。ふらふらになりながら今日もなんとか無事生還。

Cimk4502c_tn  うなぎは食べず。豚にしました。牛は、明日。最近うなぎ食べてないなぁ。

2012年7月26日 (木)

きょうのきょう(猛暑日復活)

Cimk3576c_tn  猛暑日寸前の日が続いていたが、36.1℃まで上がって今季4回目の猛暑日。外を歩いていていると朦朧としてくる。それでも、梅雨明け前後の刺すような痛い日差しの勢いがないのは雨が降らず空気が濁ってるから?夏至から遠ざかって太陽自体が斜陽なのか?

 画像は宵山で見かけたけろっぴ浴衣。子供用だな。大人用でも着られないけど。

2012年7月25日 (水)

きょうの紫陽花(小田原町通)

Cimk4488b_tn Cimk4489c_tn  すっかり色あせて緑に戻っている。というか、かなり剪定された模様。

2012年7月24日 (火)

きょうの祇園祭(還幸祭)

 一時はスコールのような雨が降ってどうなる事かと心配したが、御神輿が御旅所を発つ17時にはすっかり上がって薄い青空も覗き始めた。

Cimk4456b_tn Cimk4447b_tn Cimk4442b_tn  去年は17時40分頃にやってきた中御座(三若)が17時半には通過していたというアクシデント(?)もあったが、東御座(四若)は若干去年より早い18時25分頃に大政所御旅所に到着。さしあげをやって気勢を上げてお参り&休憩Cimk4482b_tn

 その後は室町通、新町通とジグザグに進むので、例年どおり岩戸山の前で待ち伏せ。再び間近にさしあげを拝見して撤収。

2012年7月23日 (月)

機種変(スマホデビュー)

 ドコモ歴18年余りにしてようやくスマホに機種変。ガラケーも手に馴染んでとても使いやすかったのだが、iアプリの規格がいつの間にか変わっていて古い機種に対応するソフトが出てこなくなったのと、GmailのWebサイトに見放されたのがだめ押しになって機種変。

Cimk4404b_tn  ガラケーでも「全部入り」と言われた機種だったので、今度も「全部入り」なるスマホ。スマホだガラケーだという前に、機種が変わったのでまだ手に馴染まない。ガラケーと違ってソフトも自分で調達して入れないといけないし。
 こうしてみるとガラケーのソフトはよく作り込まれていたなぁと。スマホは電話機と言うより超小型の「モバイルPC」なので環境はユーザが構築していく物だが、ガラケーはユーザの自由度がほとんどない「装置」なのでソフトもよほどよく練り上げておかないと使えないからなのだろう。

 ま、気長に楽しみながらやるとしますか。

2012年7月22日 (日)

焼き芋屋の予定

Cimk2441b_tn  通りかかったのはだいぶ前ですが...。

 次は11月?9月?

2012年7月21日 (土)

楓の新芽は黄色いの?

Cimk4392_stitchb_tn  秋になると紅葉を見せてくれる近所の楓。昨日通りすがりに見てみると所々黄色い。黄色いというか数本の枝がグラデーションになってる。こういうデザインの花火があったような?

Cimk4389c_tn Cimk4388c_tn  なんじゃらほいと近づいてみると黄色い部分は葉が小さくて萎縮した感じ。萎縮してるんじゃなくて成長するにつれてピンと葉を広げつつ色も濃くなるということなのかな?

2012年7月20日 (金)

市バスに乗ってネ(こうえいこうつう100周年)

 近頃市内を走っているバス。

Cimk3143b_tn Cimk2957b_tn Cimk2956b_tn  広告をラッピングしたバスや京の七夕とかで星を纏ったバスが走る中、萌え系(?)も。市バスに車掌さんはいませんが、女性の運転手さんはいます。で、うめづ、てだれ?

2012年7月19日 (木)

きょうの祇園祭(宵山の屋台でした)

 熱帯夜だったけど猛暑日一歩手前で踏みとどまり。連日出歩き疲れたので今日は安息日。
 きょうじゃなくて宵山で見かけたもの。

Cimk3649c_tn Cimk3841c_tn  「くじびき」の景品にくまモン。お祭りに来たモン、てか?
 同じ九州からは焼き鳥というか串焼き。二○加煎餅は置いてないようだが?博多の代名詞なのか?

Cimk3681b_tn Cimk3774c_tn  FSPACE関係者の店かと思ったがそうではないらしい。
 屋台じゃないけど町会所に供えられた京野菜には鉾の名前が。

2012年7月18日 (水)

きょうの祇園祭(山鉾解体、八坂神社四条御旅所)

 今日も熱帯夜で猛暑日、ああ夏絶好調だなと。最高気温が昨日は36.4℃で今日は36.2℃。他にもっと高温な記録が出ているから目立たないがほぼ私の平熱に等しい。気象観測露場での測定値だから直射日光の当たる路上の気温はいかばかりか?

Cimk4305b_tn Cimk4304b_tn  昼頃に出かけると概ね山鉾は片づいている。月鉾は鉾を倒して真木を分解中。通りすがりの人が幣のついた榊を切り取って持ち帰る。私が通った時は既に丸裸だったがしゃぐまなんかも持ち帰るそうだ。
Cimk4371b_tn  町内から山鉾に疫神を集めて一掃するという話からすると持って帰って良い物かどうか躊躇するが? 昼過ぎには櫓も解体されて部材を倉に収納していた。夕方にはすっかりなくなって交通規制も解除されている、筈。

Cimk4352b_tn Cimk4342c_tn Cimk4336b_tn  昨日の神幸祭で素戔嗚尊ご一行がお出ましになった四条御旅所には御神輿が納められている。普段そこにあるおみやげコーナーは跡形もない。Cimk4328b_tn Cimk4326b_tn 山鉾に属さない八坂神社のちまきは祇園祭の期間中授与中。

 巡行当日長刀鉾の稚児が切った注連縄を張っていた斎竹。まだ残ってる。

2012年7月17日 (火)

きょうの祇園祭(山鉾巡行)

 朝から晴れて日差しが痛い。日和神楽の祈りは聞き届けられたようだ。暑い暑いと思っていたら、梅雨明けだそうで。ホントは一昨日明けていたんだと思う。噂通(?)山鉾巡行が京都に夏を運んできた?

Cimk4095c_tn Cimk4067c_tn  巡行の先頭を切るのは長刀鉾。そこに乗る生き稚児は神の使いなので地面に足をつけて歩いたりはしない。鉾に乗る時も強力の肩に担がれて階段を上る。そして麩屋町通に懸けられた注連縄を切って神域に進む。今年の注連縄切りは一刀両断一発で決まり。注連縄切りの動画 。(約500kB、つつくと音がします。)

Cimk4185c_tn Cimk4184b_tn Cimk4152b_tn  今年のハイライトは殿を勤める大船鉾。再来年の完全復帰を目指して今年は唐櫃で巡行に参加。神面を納めた唐櫃に続いて囃子方が日和神楽の台車を曳きながら演奏。

Cimk4178c_tn Cimk4129b_tn  出発は四条烏丸。全33基が出発し終わるまで2時間あまり。全基が出発し終わってから1時間ほどで先頭の山鉾が帰ってくる。四条通を眺めると山鉾の縦列。途中堺町通でくじ改めをするので時間が掛かる。

Cimk4218b_tn Cimk4199b_tn  例年、四条新町の角で戻り鉾を待って辻回しを見物するのだが、今年は日差しが怖くて月鉾前の喫茶店で待機。四条に面した壁が全面硝子なので1階ながら眺めがよろしい。戻ってきた山鉾が右往左往行き交うのは鉾の辻界隈ならではの眺めだ。

Cimk4253b_tn Cimk4251b_tn Cimk4232b_tn  戻ってきた山鉾は速やかに解体される。巡行中に集めてきた疫神を捨て去る。ホントは焼くか流すかするんでしょうけど、もったいないのでまた来年に取っておく。大型の鉾は明日までかけて解体するけれど、小型の山は見る見る跡形もなくなり町会所も普段の静かな姿に戻る。

Cimk4104c_tn  コーワのケロちゃんもお祭りモード。ねじりはちまきは山鉾巡行じゃなくて神幸祭かな?神幸祭は去年じっくり見物したので今年はパス。あれ、最後まで見てると日付が変わっちゃうんだよね。

2012年7月16日 (月)

きょうの祇園祭(宵山、日和神楽)

 熱帯夜で猛暑日とほぼもう夏でしょ、みたいな一日。久しぶりに濃い青空を見た気がする。行者餅を受け取りに行った帰りにちょこっとだけ山鉾町を散歩。昨日の宵々山は29万人の人出だったそうで、今日はどれだけ混むか恐ろしいので、夜は行かず。三連休と重なってしまった今年はお出かけも自嘲気味。今日の宵山は40万人だったそうだ。

○宵山
Cimk3907b_tn Cimk3905b_tn  布袋山の櫓骨組みが復元されたという。元々休み山で、毎年マンションの一角に焼け残った懸装品や布袋像が展示されていた。大船鉾が再来年巡行に復活するのに続くのかな?ちょっと期待と応援心。
Cimk3918_stitchc_tn Cimk3910b_tn Cimk3908b_tn  そのマンションの並びの空き地に復元された櫓が展示されている。昼間だったせいかバリケードで封鎖されていて近寄れず。

 

○日和神楽
Cimk4023b_tn  宵山の終わり頃に岩戸山。21時過ぎ頃から準備を始めて、山の上で演奏していた囃子方が21時半頃に山の上から下りてくる。位置について演奏を始めると先導役が群衆をかき分け、南へ。新町高辻の交差点まで来るとUターン。新町仏光寺まで上がったら、左折して西洞院通の手前で再びUターン。その後は仏光寺通を東進して烏丸通、四条通と八坂神社へまっしぐら。寄り町への配慮で寄り道したのだろうか?
 ついふらふらっと四条通までついていったら、くるわくるわ、次々日和神楽が行き交う。神楽同士がすれ違う時はお囃子が左右から。気付いただけで岩戸山以外に函谷鉾、大船鉾、菊水鉾、船鉾、南観音山、四条傘鉾、放下鉾、鶏鉾、長刀鉾、綾傘鉾。こりゃおもしろい。警官が「左側通行」だの「立ち止まるな」だの拡声器でわめく声でせっかくの演奏が濁るのが無粋だけどね。
 岩戸山が帰りに家の前を通るのでそれまでに帰宅して待ち受けたいと思うのだがあまりにも次々来るので帰るに帰れず。長刀鉾が行き、綾傘鉾が棒踊りを披露しながら帰ってきたところで帰宅。
 京都新聞によると函谷鉾、船鉾、岩戸山がうちの前を通りそうな気配だったが、結局通ったのは岩戸山だけ。他は音だけ接近遭遇してたから途中で曲がっちゃったらしい。
Cimk4049b_tn Cimk4047b_tn Cimk4043b_tn Cimk4040b_tn Cimk4036b_tn Cimk4029b_tn Cimk4027b_tn Cimk4025b_tn Cimk4038b_tn  順
 不
 同

きょうの祇園祭(宵山のお菓子)

 今年食べたお祭りのお菓子。

○行者餅(役行者山)
Cimk3883c_tn Cimk3897c_tn  普段も売っているお菓子に祇園祭の名を冠して疑似限定品にというお菓子はたくさんありそうだけど、正真正銘祇園祭限定のお菓子。要予約で宵山の7/16一日限りの販売。包み紙にも「常ハ出ませぬ毎年七月宵山ニ限る」と書いてある。受付は7/1~7/10。今年はぎりぎりに思い出して電話予約。去年はうっかり予約期間を過ぎてしまって買えなかったんだよな。
 山伏だった店主が文化三年頃京に流行った疫病を鎮める為に役行者山にお供えした餅を食べた人が疫病を逃れたと言う故事からきたお菓子だそうだ。
Cimk3968b_tn Cimk3960b_tn  販売時間は9時~15時。10時半頃に東山安井のバス停脇の「柏屋光貞」に着くと既に行列ができている。並んで待つ事30分ほどで無事ゲット。他にもおいしそうなお菓子がショウケースに並んでいたけれど、今日はとりあえずこれだけ。
Cimk3985b_tn Cimk3976b_tn  中はクレープ状の皮に包まれた味噌餡と求肥。味噌餡には山椒が効いていてぴりりとかおる。味は花びら餅のゴボウを取り去った感じか。子供向けの甘い「お菓子」ではない。軽い酸味と白みその甘みを山椒が引き締めている。もちもちした求肥が独特の食感を生み出す。

○吉兆あゆ(占出山)
Cimk3927c_tn  神功皇后が戦勝祈願の占いで魚を釣ってみたらあゆが釣れた。その魚を「鮎」とした。皇后は天皇が崩御されたので影武者よろしく男装して臨月なのにも関わらず出陣したが、戦に勝ち凱旋後無事出産した。その戦記にちなんだ山が占出山で、鮎のお菓子を販売中。ざっくりとこんな感じらしい。
Cimk3948b_tn Cimk3946b_tn  お菓子自体は普通にある若鮎。薄いどら焼きの皮で求肥を包んである。細長く成形してあって鰓もあるので鮎っぽい。中身があんこではなく求肥というのがポイントかな。甘すぎずもちもちした食感が心地よい。

○岩戸せんべい(岩戸山)
Cimk3764b_tn Cimk3758b_tn Cimk3752b_tn  これもオフィシャルお菓子。普通に卵煎餅に岩戸山の銘とロゴが焼き印してある。ロゴの方はごまが入っていて香ばしい。

Cimk3743b_tn ○手やき茅の輪せんべい(山伏山)
 去年も買った卵煎餅。おいしかったので今年も買ってしまいました。しかも二つ。素朴にボリボリ食べてます。焼き目の苦みがちょうど良いスパイス。

2012年7月15日 (日)

きょうの祇園祭(宵々山)

Cimk3821b_tn  朝から晴れたり曇ったりで気温もぐんぐん上がって34.8℃と猛暑日寸止め状態。梅雨の中休みと言うより、雲がちな夏空みたいな感じ。ホントはもうそろそろ梅雨が明けてるんじゃないの?
 

Cimk3847b_tn Cimk3812b_tn  昨日は25万人の人出だったそうだ。去年より10万人多いって。昨日は夕方には撤退したのでさほど混んではいなかったが、今日はホコテンが始まる18時を待って出かけたら、コンドル。確かに例年より何割か増してる感じ。

Cimk3809c_tn Cimk3799b_tn  山鉾は昨日までに充分見たし登ったので屋台をちょっと冷やかして終了。混む場所はなるべく避けて。それでも一方通行やら左側通行やら交通規制がうるさい。一方通行はいつもより多めに規制しているようだ。

Cimk3852c_tn  屋台こそないが人出も少な目で静かな夏祭りの風情が漂う油小路仏光寺付近。道路に床机や長椅子が設えてあってくつろげる。のだが、今年は気持ち人が多め。子供達の「…ろうそくいっちょうけんじられましょう♪」の声に癒されて帰宅。

2012年7月14日 (土)

浄妙山ちまきストラップ(元祖ちまきストラップ)

Cimk3739b_tn  こちらも例年と変化はないようだ。
 一旦ネジを外して接着剤で補強してから使いましょう。

きょうの祇園祭(鉾建て五日目、曳き初め三日目、屏風祭、宵々々山)

 概ね曇りで時折薄日が射し蒸し暑い。鉾の上に上がると吹き抜ける風が心地よい。

Cimk3778b_tn Cimk3779b_tn  最後まで残っていた山も建て始める。孟宗山は冬に病の母の為に筍を探すという故事にちなんだもので、真松は雪を被っている。今日から建て始める山は比較的小型の山が多い。

Cimk3604b_tn Cimk3601b_tn  そんな山の一つが橋弁慶山。「京の五条の橋の上♪」がテーマ。その橋は今の国道1号線の五条大橋ではなく、松原橋とも西洞院川(今は暗渠)に架かる松原通の橋とも言われる。建てたらすぐに舁き初め。蛸薬師通の烏丸通~室町通間を一往復。銅鑼に先導されて練り歩く。概ね押すだけだが、方向転換する時には皆で担ぎ上げて回す。そのたびにギャラリーから歓声が上がる。

Cimk3769c_tn Cimk3662b_tn  山鉾町の町家では屏風祭。各家ご自慢の品を通りに面した部屋に並べて窓から覗かせる。無粋な私は美術品がどうとかいうより、町家の涼しげな佇まいにあこがれたり。(^^ゞ

Cimk3634c_tn Cimk3643b_tn  山伏山では今年も茅の輪くぐり。夏越祓でも夏越祭でもなく茅の輪をくぐる。授与所のテントにはおみくじやちまきに混じって検定の受付コーナーが。山伏山検定ってなんだろう?

Cimk3648c_tn Cimk3647b_tn  ちまきにも茅の輪が付いてくる。せんべいにも茅の輪の焼き印。素朴な卵せんべい(というのかな?)だけど、おいしいよ。焼き印の焦げ目の苦みがちょうど良いスパイス。今年も買ってしまった。

Cimk3680b_tn Cimk3679b_tn Cimk3670b_tn  山鉾への一般搭乗も始まっている。搭乗って飛行機みたいだ。有料だったりちまきを買うと搭乗させてくれる山鉾が多いが放下鉾は自由に搭乗させてくれる。数少ない女人禁制の鉾でもあるのだが。
 Cimk3699b_tnCimk3688b_tnCimk3686b_tn 鉾に上がらずとも町会所の会所飾りを拝見するだけでもおねうち。鉾の上は案外狭い。ここに何十人も乗って演奏するのだから相当な熱気だろう。静止していても人の乗り降りで鉾が揺れる。曳かれている間の揺れはいかばかりか。
Cimk3683b_tn Cimk3698b_tnCimk3695b_tn  鉾には町会所から渡り廊下で乗り移る。段差のない鉾もあるがここは渡り廊下が階段になっていて文字通り登る。渡り廊下もぎしぎし揺れるのでかなり怖い。
Cimk3676b_tn Cimk3701b_tn Cimk3707b_tn  渡り廊下と鉾の間にもギャップがあってこれまた怖い。床の節穴からは鉾のはらわた。壊れた車輪の分解展示も。全部木なんだよなぁ。

Cimk3469c_tn Cimk3719b_tn Cimk3423b_tn  菊水鉾の渡り廊下は水平。岩戸山は渡り廊下ではなく階段。もっと怖い。でもこれは一般搭乗用で、囃子方は梯子で登る。もっともっと怖い。(*_*)

2012年7月13日 (金)

きょうの祇園祭(鉾建て四日目、曳き初め二日目、蟷螂山舁き初め復活)

 予報では曳き初めの時間帯だけ雨が降る事になっていたがなんとかもって曳き初め終了後に降り出した。今日も曳き初めを避けて降っているようだ。

Cimk3515b_tn  今日は新町通の山鉾が一斉に曳き初め。だがその前に蟷螂山。
 今年140年ぶりだか150年ぶりだかに舁き初めが復活する。蟷螂山は舁山なので曳き初めではなく舁き初め。舁くと言ってもホントに担ぐのではなく車輪が付いているので曳く。このために鉾建ても一日繰り上げ。
Cimk3536b_tn Cimk3535_1_ctn   蟷螂山には紅白の綱が付けられていて、蟷螂山町と隣にある寄町の古西町の人達がその綱に取り付く。一般の飛び入り参加もokだそうだ。寄町制度は秀吉が始めた制度で、従来の一町一山鉾を改めて複数の町で一つの山鉾を支えるようにした制度なのだそうだ。Cimk3529b_tn ...というような話を世話役(?)の人がマイクで解説。
 続いて、15時前に祇園太鼓に先導されて蟷螂山町と古西町の間を往復。屋根のカマキリくんも羽を広げたり閉じたりきょろきょろ首を回して嬉しそう。途中、電線を屋根方が二股棒で押し上げて通す。

Cimk3564b_tn Cimk3562b_tn  その後は新町通に移動して曳き初め。
 こちらは小学生が中心っぽい。今年も下京中学の姿はなさげ。目の前で大きな車輪がぎしぎし進む。 

Cimk3568b_tn  新町四条下ルでは大船鉾の居祭も始まっている。再来年の巡行復帰に向けて今年は142年ぶりに唐櫃で参加する。その準備で神体の神功皇后の人形に着せる衣装を新調したのを展示中。鉾本体はヨドバシカメラ一階にある京都市無形文化遺産展示室で展示中。

Cimk3579c_tn  四条通は月鉾、函谷鉾、長刀鉾が駒形提灯に飾られて授与所も全開モード。明日の宵々々山の準備万端。

2012年7月12日 (木)

菊水鉾ミニちまき(ちまきストラップ)と山伏山茅の輪ストラップ

Cimk3454b_tn  菊水鉾は「ちまきストラップ」を「ミニちまき」と改称。概ね以前と変わらない感じ。七宝玉の部分が以前は色違いで三種類あったのが今年は一種類だけだそうだ。
 山伏山の茅の輪ストラップは変化ない模様。

きょうの祇園祭(鉾建て三日目、曳き初め初日)

 昨夜から大雨。どうなることかと思ったら曳き初めが始まる頃には雨が上がり、終わって一段落した頃に再び雨。ちゃんと避けて降ったようだ。

○曳き初め
Cimk3375b_tn Cimk3347b_tn  函谷鉾は自由参加。傘不可、曳きながらの撮影不可。とりあえず今年も参加しておきました。撮影は曳き始める前に済ませましたので。鶏鉾は町内の女子大生が参加。浴衣姿の女子大生は絵になる。でも、熱心に曳いていたのは小学生の方でした。
Cimk3437b_tn Cimk3407b_tn  菊水鉾も自由参加のようで、後発な分競争率は低い。こっちの方が穴場かも。函谷鉾、鶏鉾、月鉾、菊水鉾と順番に進入してくる四条室町交差点は大混乱。

○鉾建て
Cimk3334b_tn Cimk3330b_tn Cimk3459b_tn  昨日に続いて室町通の山鉾も建て始める。船鉾の前には船板が展開されてる。縄絡みの芸の細かい縄の編み目を間近に見られるのも鉾建ての間だけ。

○駒形提灯
Cimk3447b_tn Cimk3457b_tn  曳き初めが終わった鉾は町会所前に安置されて駒形提灯で飾られる。周りに授与品の店開き。以前、月鉾の提灯が蛍光灯電球に置き換わったと話題になったが、函谷鉾は白熱電球のようだ。さすがにLED電球はまだかな?

○きょうのやど
Cimk3445b_tn Cimk3441b_tn  宵々々山~宵山が三連休と最悪の曜日配列なせいか、さすがに宿はないようで。今年も山伏山では茅の輪くぐり。

2012年7月11日 (水)

きょうの祇園祭(鉾建て二日目)

 朝には青空が広がっていたが、昼前から雲が広がり怪しいお天気。予報も昼過ぎから雨と言う事だったけど、時折ぱらつくだけでほぼ降らず。概ね無事な一日。

Cimk3201b_tn Cimk3199b_tn  昨日から建て始めた鉾は真木を刺して鉾を起こす、文字通りの「鉾立て」。月鉾は音頭取りが鉾に登って「よ~よぉ、え~んやら~やぁ~」とかけ声をかけつつ上から指揮をする。一番見ていて楽しい鉾建てだ。

Cimk3259b_tn Cimk3260b_tn Cimk3264b_tn  鶏鉾の音頭取りは鉾のすぐわきに陣取って軍配ならぬ左右の扇子で前と後ろのウインチ係に指示を出す。ウインチ係はシャカシャカと忙しい。

Cimk3315b_tn Cimk3314b_tn  主に新町通の山が今日から鉾建てに入る。予報が雨だったのでシートで簡易屋根を張ってその下でせっせと組み立てる。縄で縛っていくようすは見ているとなんか編み物でもしている感じ。

 先行して今日「立った」鉾が明日は曳き初め。函谷鉾は飛び入り歓迎で曳かせてくれるので狙い目。だけど、予報は雨なのでどうしましょ?

2012年7月10日 (火)

きょうの祇園祭(鉾建て初日、お迎え提灯、神輿洗い)

 梅雨の中休みが続いて晴れ。だんだん蒸し暑くなる感じ。

○鉾建て
Cimk2985c_tn Cimk2951b_tn  で、今日から鉾建て。初日は長刀鉾、月鉾、函谷鉾、菊水鉾、鶏鉾の四条室町周囲の五大鉾が建ち始める。建て方は鉾それぞれで、月鉾は本体の組立から真木の組み立て装着まで町会所前の道路で人力で行う。Cimk2993b_tn 函谷鉾は本体の組立は町会所前だが真木の装着はクレーンを使う(らしい)。菊水鉾は本体を別の場所で組み立ててトラックで町会所前まで運んでくるが、真木の組み立て装着は路上で人力で行う。鶏鉾も組み立てと真木の装着は町会所前で人出だ。長刀鉾も本体の組立と真木の装着は町会所前で人力だが、真木は町会所の中で着々と組み立てられているCimk2970b_tn Cimk2990b_tn
 縄絡みで組み立てられた本体は縄目が鮮やかで美しい。縣装品を懸ける前の姿の方が好きかも。使われる縄の量は半端ではない。

お迎え提灯
Cimk3059c_tn Cimk3031b_tn Cimk3027c_tn  何をお迎えするのか?神輿洗いに四条大橋まで出向くお神輿の先触れという事のようだ。といってもお神輿の搬路を越えて京都市役所まで足を延ばす。
Cimk3054b_tn Cimk3048c_tn Cimk3047c_tn  太鼓に先導されて長刀鉾の日和神楽や鷺舞い、稚児舞などが続々と続く。市役所前では踊りも披露すると言う事だ。

神輿洗い
Cimk3078b_tn Cimk3073b_tn  お迎え提灯が四条大橋を通過するのが17時頃。その後15分ほどして今度は八坂神社からお神輿に先だって大松明がやってくる。「ほいっと!ほいっと!」の掛け声に乗って四条大橋の中央までやって来た大松明は鉛直に立てられて「まわせ!まわせ!」と回転する。Cimk3093b_tn バトンのように振り回すわけではなく、元々の回転対称軸の周りに回すだけなのでぱっと見には気付かないかも。お清めの意味があるようで「道清めの儀」だそうだ。回した後は再び八坂神社に帰っていく。松明から落ちた炭はまだ熾っていてバスが通ると火花のようにぱっと咲く。
Cimk3112c_tn Cimk3097b_tn  大松明が帰った後、20時頃になって大松明に先導されたお神輿がやって来る。素戔嗚尊が乗る中御座だ。こちらも「ほいっと!ほいっと!」の掛け声。橋の中程でさしまわしをして気勢を上げる。
Cimk3119_2_tn Cimk3119_1_tn Cimk3102b_tn  一通り暴れた(?)後はお神輿を橋上に安置して、神職が祝詞をあげる。今朝鴨川から汲み上げてお祓いを受けた「神用水」を榊で降りかけてお清め。
Cimk3124b_tn  お清めが終わると神職は下ルが、この神用水を浴びると縁起がいいそうで、残った神用水を輿丁に向かって降りかける。ギャラリーもこぞって浴びようとする。かくいう私も何度も浴びました。
 お清めの終わったお神輿は八坂神社へ帰投。今夜以降は舞殿に安置され、15日の夜に神霊が乗り込まれるそうだ。

2012年7月 9日 (月)

LED電球は熱に弱い?(メモ)

Cimk2935b_tn  トイレに入ろうとしたら突然消灯。スイッチがドアの取っ手と反対側の奥まったところにあってon/offが間に合わなかったりするので常時点灯して約6ヶ月余り。ついに寿命かと取り外してみたら、側面が触れないくらい熱い。

Cimk2936b_tn  外したまましばらく放置してから取り付けると点灯するようになる。その後も点けっぱなしだとしばらくして勝手に消えている。スイッチを操作して消灯してしばらくするとスイッチオンで点灯するようになる。勝手に消えた場合は時間が経っても自動的に点いたりはしない。よって蛍のように振動したりはしない。ちょっと残念。

Cimk2938b_tn  勝手に消えるのは熱のせいか?点灯時間はほぼ5千時間くらいだろうか。筺には寿命4万時間と書いてあるからまだ1/8しか使ってないのだが。安いとこんなもんなん?
  「断熱材施工器具」や「ランプと反射板の隙間が狭い器具」はダメというのは火災を恐れているのではなく、熱に弱いからなのかな?

 サーマルダウンってCPUみたいだな。あ、どっちも半導体か。(そういうもん?)

<追記> 2012.07.10
 検索してみると、↓なんて情報が出てくる。

  • LED電球は熱に弱い。
  • LEDそのものより制御回路が先に壊れる。
  • 連続点灯には向かない。
  • 消費電力は蛍光灯電球とそれほど(白熱電球との違いほどには)変わらない。
  • 低温ほどLED電球は明るい。
  • 高い(国産の?)LED電球なら熱耐性は高い(?)。

Cimk2942c_tn  点灯時間が長ければ長いほど消費電力の差が出るのに、連続点灯時間が長いとダメというのは残念杉。
 箱をよく見ると、表に「使用環境により寿命が異なります」とは書いてある。ふたを開けて内側のべろをめくると「ランプ周囲温度が40℃を超える場所では使用しないでください。 (推奨使用周囲温度は5℃~40℃です。)」Cimk2941c_tnというちっこい字の説明書きが現れる。
 まぁ、製品としては間違いはないんだろう。期待が大きすぎたのね。とりあえずトイレの電燈は蛍光灯電球に戻して立ち上がりの暗さを補うために常時点灯ということで、以前に逆戻りして解決。

<参考>
LED電球は熱に弱いんだって!
実は、LED照明は熱に弱いのです。
損か得か!? LED電球
LED蛍光灯の欠点は熱に弱く、長時間連続点灯にも弱い!
LED蛍光灯が低消費電なんて大嘘。
LED電球への無知無理解を糾す

きょうの祇園祭(山鉾建てイブ)

 朝から晴れて暑くなる。といっても猛暑日には届かない梅雨の中休み。

Cimk2921b_tn Cimk2925b_tn Cimk2928b_tn  昼間の町会所には目立った動きはないが、さりげなく飾りが整えられていたり、2日行われたくじ取り式のくじが張り出されていたり。

F1063078b_tn  四条通のアーケードには山鉾の名を書いたぼんぼりが下ル。いよいよ明日は山鉾建てが始まり、お迎え提灯、神輿洗いと山鉾町は急激に活気づく。明日から17日の巡行、その翌日にかけての山鉾解体まで一気に駆け抜ける感じ。今日のような晴れが続くと良いんですけど。

2012年7月 8日 (日)

きょうの開店(フルーツパーク天使突抜一丁目)

Cimk2488b_tn Cimk2487b_tn  天使突抜通こと、東中筋通に先日できていたコインパーキング。

 看板を見て、果樹園でもできたのかっ?と辺りを見回したけれど、違うようだ。なしてフルーツ?

2012年7月 7日 (土)

祇園祭in京都駅ビル

Cimk2721b_tn Cimk2718b_tn Cimk2715c_tn  京都駅ビルのいつものコーナーでは写真展を開催中。
 写真パネルで山鉾を紹介している。ミニチュアの山鉾が山鉾町に並ぶ。

Cimk2709b_tn Cimk2716c_tn  来週の土曜には祇園囃子の演奏会があるらしい。どの山鉾の囃子方が来るんだろう? 平日じゃないのが残念。

 改札の上空には山鉾名の提灯。

2012年7月 6日 (金)

きょうの祇園祭(四条通、錦市場、寺町通)

 見かけたのは昨日ですけど。

Cimk2891b_tn Cimk2887c_tn Cimk2751c_tn  こちらのアーケード飾りも祇園祭モードに突入。

 
 

Cimk2764c_tn Cimk2764b_tn  四条通のアーケードに下ル蛍光灯電球、普段のクリスタルな覆いが外されている。ここにはいずれ山鉾の名が書かれたぼんぼりが下ル、筈。

2012年7月 5日 (木)

きょうの祇園祭(長刀鉾稚児舞披露)

Cimk2776c_tnc Cimk2813b_tn  唯一、生稚児が乗る長刀鉾。そのお稚児さんは巡行中鉾の上で舞を舞う。太平の舞。ぎしぎし揺れる鉾の上で不安定な事この上ない。そのリハーサル、なのか町会所の二階で吉符入りのあと稚児と禿二人で外に向けて舞う。稚児舞動画(約30MB)。

Cimk2774b_tn  吉符入りは15時から、15分ほどで神事が終わり稚児が二階の大きく開いた窓に現れる。ギャラリーは15時前から集まり始め舞が始まる事には歩道からはみ出す。報道陣の脚立に巨大なカメラが放列を成す。

Cimk2866b_tn  何年か前は稚児が神事の10分ほど前に四条通を西から強力の肩に担がれて現れたのだが、今年はもっとずっと早くに町会所に入ってしまったようだ。稚児は神の使いなので地面に直に足を降ろしてはいけないそうだ。それでも帰りは毎年普通に自分の足で歩いていて車に乗って行ったから、神事が終わると普通の人間に戻るのかなCimk2883b_tn
 今年の帰りは車ではなく徒歩。町会所を出て四条通を西へ進み烏丸通の交差点を南に渡る。そこから東進して四条富小路の福寿園まで稚児行列。傘を懸け巨大な団扇で扇ぐ。

2012年7月 4日 (水)

京の駅ミスト(頭上注意)

 打ち水の空気版、ドライミストが京都では流行っているようだ。以前は京都市役所に設置されていたのだが、最近は見かけなくなった。四条寺町の藤井大丸には毎年夏に現れる。今年は京都駅前のバスターミナルに出現。

Cimk2700b_tn  「京の駅ミスト」と書いて「みやこのえきみすと」と読ませる。「水道創設100周年・公営交通100周年共同記念事業」だそうで。「夏の京都のおもてなし」だとか。
 7/1~9/30の8時~18時に気温が28℃以上&湿度が低い時に稼働するそうだ。

Cimk2701b_tn  朝から晴れたり曇ったりで気温もぐんぐん上がったものの、昼過ぎには曇り、夕方には雨がぱらつくお天気で気温より湿気が辛い一日だった。そのせいかミストですーっとクールダウンとは行かず、もわっと蒸したまま効果はいまいち。梅雨が明けてからっと暑い日じゃないとダメかも。
 ミストでびしょぬれになる事はないけれど、水が滴っている箇所もあるので歩く時は頭上注意。

きょうの東本願寺(御影堂門素屋根建設中)

Cimk2677c_tn Cimk2672b_tn  久しぶりに東本願寺の前を通ってびっくり。というか、近づいてびっくり。京都タワーより高くクレーンがそびえている(ように見える。)御影堂門の素屋根の部材をつり上げているようだ。

Cimk2690b_tn  素屋根は壁面ができて屋根の傾斜に取りかかっている、ところかな? 素屋根に覆い尽くされたら今度姿を現すのは3年後。

2012年7月 3日 (火)

きょうの開店(広島鉄板叶夢)

Cimk2467b_tn  あの奥村歯科の隣、先日閉店した喫茶店の後釜。開店したのは先週らしい。

 お好み焼きより、広島焼きが好き。広島焼きより焼きそばの方が好きだけど。たこ焼きよりは明石焼きの方がいいな。

Cimk2464b_tn Cimk2463b_tn  で、お好み焼きにごはんと味噌汁、というのが理解不能。ホットサンドかピザにごはんと味噌汁みたいな感じ?

2012年7月 2日 (月)

きょうのきょう(計画停電するの?)

Cimk2656c_tn  節電より発電!

2012年7月 1日 (日)

きょうの閏秒(キャプチャー失敗)

Jst_clock_20701c  /(-_-;)\

きょうの祇園祭(長刀鉾町お千度だったけど)

Cimk2472c_tn  いよいよ今日から祇園祭。だんだんと祭の雰囲気が醸し出されてくる、のだがまだまだ目に見える変化は少ない。初日の今日は各山鉾町で順次吉符入り。長刀鉾からはお稚児さんが八坂神社にご挨拶に。行った、筈。
 私は行ってません。(^^ゞ

 朝からザーザーと激しい雨。長い中休みになった一週間を取り戻そうとでも言うのか本降りと土砂降りを行ったり来たり。降り籠められるというのがまさにぴったりな感じCimk2575c_tn Cimk2572b_tn

 画像は昨日の四条富小路にある福寿園。ここに縁のお子さんが長刀鉾の稚児を務めるそうで。神の使い、だから店構えも。

Avastは7.0.1451に不具合があると思われ(メモ)

 avast! Free Antivirusのバージョンが7.0.1451に上がった途端に不具合発生。

 WindowsXP Pro SP3上のFirefoxで新しいウインドウを開こうとするとセーフゾーンブラウザ(?)が立ち上がる。いちいちセーフゾーンブラウザをキャンセルしないとFirefoxのウインドウが開けない。

 Avastの画面を見ると、再起動しろと言うので再起動すると次のような状態に。

  1. PC1
    • 再起動の途中で自動的に再起動する。結果再起動の無限ループに陥る。Windowsをセーフモードで立ち上げると正常に起動される。
    • AvastをアンインストールするとWindowsを正常に通常起動できる。
  2. PC2
    • 起動は正常に行われるが、ファイルコピーを始めると途端に重くなり、操作できなくなる。実質的なハング状態。リソース不足と言うようなメッセージが表示される事もある。
    • Avastをアンインストールする事でリソース不足は解消(たぶん)。

 最初は別のアンチウイルスソフトに、乗り換える事を考えたのだが、選定が面倒なので、旧バージョンに戻す事に。 以前DLしてあったインストーラで7.0.1407に戻すと、起動はできるし、リソース不足も今のところ発生していない。が、自動サンドボックスが起動されると勝手にOSが再起動する。

 仕方ないので↓の設定で運用中。何だか危険きわまりない。

  • v7.0.1407をインストールし、バージョンを上げない。
    プログラムの自動更新を停止。
    「設定」→「更新」→「プログラム」→「手動更新」
  • 自動サンドボックス機能をoffにする。
    「追加の保護」→「自動サンドボックス」→「設定」→「自動サンドボックスを有効にする」のチェックを外す。

 近いうちに修正パッチが出るだろうか?今のところ、不具合を公式には認めていないようなので、プログラムのバージョンが上がっても当該不具合が解消したかどうかはアナウンスがないのかも。クチコミを注視するしかない?

 アンインストールにしてもプログラムの追加と削除からではダメ。Avastのサイトのアンインストールツールを使ってもそれだけでは完全にはアンインストールされず、レジストリにゴミが残る。そのゴミのせいでAvastを再インストールしようとしても権限がないと言うエラーでインストーラが止まってしまう。仕方ないのでレジストリエディタで「AVAST」の名の付くキーを片っ端から削除。しかも管理者にすらアクセス権がないのでキー毎にアクセス権をフルコントロールにしてから、と面倒な事このうえない。

<追記> 2012/07/02
 バージョンアップを自動化していたので気付かなかったが、7.0.1451と7.0.1407の間に7.0.1426があるそうだ。7.0.1426に戻す(インストールし直す)事でも取り敢えず問題は解決するらしい。私はたまたま7.0.1407のインストーラが手元にあったのでそれを使ったのだが。
 7.0.1426に関しては...

7.0.1407からの変更点は以下の通りとなります。
- ファイルシステムシールドの速度の改善
- 自動サンドボックスの安定性の改善
- 自動サンドボックス機能の管理方法を改善
- ガジェットの改善
- Windows 8 Consumer Previewとの互換性
- Outlookプラグインの安定性の大幅な改善
- オフラインファイルとの相性問題の改善
- そのほかのセキュリティおよび安定性の改善

 Avastのサイトに↑とあるので、自動サンドボックスの自動再起動問題はこれで解決するのかも。

<追記2> 2012/07/02
 というわけで、7.0.1426にしてみた。インストール後の再起動中にPC1が一度勝手に再起動したが、その後は普通に立ち上がり無限ループに陥る事はなかった。PC2は正常に再起動している。
 設定は上記の7.0.1407の時と同じままだ。自動サンドボックスは使わないし。
 取り合えすこれで運用して様子を見ることにする。

<追記3> 2012/07/04
 7.0.1456が公開されたようです。

This release includes fixes of problems you reported to us:
* Fixed memory leak in aswMon2 driver 
* Fixed problem with random opening of the SafeZone
* Fixed SSL connection issues with SMTP 
* Fixed blocking of Internet access
* Fixed missing "Additional protection" tab 
* Fixed crashes in Outlook
* Fixed some BSODs

 能書き(↑)には不具合は解消されたようなことが書いてありますが...。インストールするか様子見中。

<追記4> 2012/07/04
 7.0.1456の日本語情報

正式版アップデート 7.0.1456 リリース
« on: Today at 05:29:22 AM »

先日リリースされた正式版7.0.1451で見つかっていた複数のバグを修正した、7.0.1456がリリースされました。

7.0.1451からの変更点は以下の通りとなります。
* aswMon2 ドライバーのメモリーリークを修正
* セーフゾーンがランダムに起動するバグを修正 
* SSLによるSMTP接続で発生する問題を修正
* インターネットへのアクセスがブロックされるバグを修正 
* 「追加の保護」タブが消滅するバグを修正
* Outlookがクラッシュするバグを修正
* ブルースクリーンが発生するバグを修正
* 起動時に画面が真っ黒のままでフリーズするバグを修正
* 64bit環境でのTDL3の検知がより正確に

尚、修正版が出たばかりでこんなことを書くのは残念なのですが、アップデートすると一部の設定が変更されてしまうケースが報告されています。
もう1度アップデートがあるかどうかは現時点では分かりませんが、アップデートする場合にはあらかじめ設定をバックアップ機能によってバックアップしておくことをお勧めします。

更新するには、タスクトレイのavastアイコンを右クリックし、更新 -> プログラム をクリックします。
あるいは、メインウィンドウからメンテナンス -> 更新 -> プログラムを更新します をクリックすることでも可能です。
プログラムの更新なので、アップデート終了後に再起動が必要になります。

通常は必要ありませんが、最新版をダウンロードしたい場合はこちらからどうぞ。
無料アンチウイルス: http://files.avast.com/iavs5x/avast_free_antivirus_setup.exe
プロアンチウイルス: http://files.avast.com/iavs5x/avast_pro_antivirus_setup.exe
インターネットセキュリティ: http://files.avast.com/iavs5x/avast_internet_security_setup.exe

英語版の原文はこちらから
Service program update 7.0.1456
http://forum.avast.com/index.php?topic=100608.0

 まだ怪しい? ネットの噂では不具合が解消して新たな不具合もなさそうな雰囲気ですが...。

« 2012年06月 | トップページ | 2012年08月 »