« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

きょうのくまモン(11月分)

 月次報告するようなモンではないけれど。今月はいっぱいいた。

○くまモントイレットペーパー
Cimm1666b_tn Cimm1651b_tn Cimm1637b_tn  以前見かけた時は外観を撮影しただけだったのだが、今回は実物が登場したので中身も。これでふくには勇気が要りますな。外皮にもいっぱいくまモン。ダブルタイプなのに、くまモンがいるのは1枚目の表側だけ。芯は真っ白で無芸。ここに「また使って欲しいモン」とか書いてあったらもうそりゃぁ。
Cimm1689b_tn Cimm1896c_tn Cimm1709b_tn Cimm1685b_tn  
 

 
 
 
 

○なずび
Cimm1905b_tn Cimm1900b_tn  体型が似てるとか色が似てるとかそういう事ではないらしい。

 
 

○くまモンの熊本とんこつラーメンだモン
Cimm1919b_tn Cimm1918b_tn Cimm1931c_tn  カップの外皮にくまモン。まだ未開封なので中の具がくまモンだったりする可能性も残されてはいます。

○くまモングッズ特設コーナー(大丸京都店)
Cimm1979b_tn Cimm1939c_tn Cimm1934c_tn  黒糖ドーナツ棒がメインのようで。ドーナツというよりサーターアンダーギーっぽいのだが、熊本なのか?シールがおまけで付いているのがなんとも。
Cimm1989b_tn Cimm1940b_tn  

 
 

○杵つき餅だもん
Cimm2063c_tn Cimm2060c_tn  熊本産の「ひよくもち」だそうで。

 
 

○ほっこり冬みかんの香り(消臭力)
Cimm2148c_tn Cimm2144b_tn Cimm2142b_tn  スプレーと据え置きタイプ。見本ボトルにもくまモン。

 
 

Cimm2154c_tn Cimm2152c_tn  

 
 

○そのほかにも...
Cimm1859c_tn Cimm1862c_tn Cimm1944b_tn Cimm2051b_tn  


  

Cimm2054b_tn Cimm2558b_tn Cimm2560b_tn Cimm2564b_tn  

 
 

Cimm2565b_tn Cimm2705c_tn

2013年11月29日 (金)

きょうの紅葉(五条通、修徳公園)

 午前中は快晴っぽかったのに洗濯を済ませてお出かけできるようになった昼過ぎには雲がちになってきた。

○五条通
Cimm2765b_tn Cimm2764b_tn  中央分離帯の街路樹が色付いている。何の樹だろう、一本の中でグラデーション。もっと日当たりの良い時に再チャレンジすべきか。

○修徳公園
Cimm2769c_tn Cimm2768b_tn Cimm2767b_tn  特異的に鮮やかな楓、先日と違って陽が当たって輝くよう。だったので、再登場。

2013年11月28日 (木)

大船鉾艫屋形(祇園祭大船鉾復興展示)

Cimm2570b_tn Cimm2569b_tn  先週、久しぶりにヨドバシカメラにある大船鉾復興展示覗いてみると、鉾の上に小さな櫓ができている。「艫屋形」というらしい。右舷の胴体にも網状の覆いができているし。艫屋形は10月に新調したとか。来年1月末には甲板中央部に更に大きな櫓ができるそうだ。
 一度見ていても油断は禁物。時々覗いてみないと刻々変わっていくようだ。各パーツの名称が不明なのが残念。

2013年11月27日 (水)

きょうの紅葉(修徳公園)

Cimm2748b_tn Cimm2755b_tn Cimm2756_stitchb_tn  修徳公園でも紅葉が。全体に色づきが悪いなと思っていたら、一本良い色をした楓が。

2013年11月26日 (火)

きょうのメリークリスマス(京都駅ビル)

Cimm2553b_tn Cimm2549b_tn Cimm2546b_tn  先日出現していた京都駅ビルのクリスマスツリー、点灯式が済んだようで土曜に立ち寄ってみるとこてこてと飾り立てられていた。ツリーだけじゃなく、駅ビル正面のモールも完成。今年のモールは地味だな。

Cimm2551b_tn  ARでツリーとコラボるのはイオンモールハナにもあったな。流行なのか?

2013年11月25日 (月)

秋期大祭(錦天満宮)

Cimm2709b_tn Cimm2707b_tn Cimm2711b_tn  新京極に用事があって立ち寄ったら、錦小路の突き当たりの錦天満宮で秋期大祭を開催中だった。あいにくの雨でテントの下での参拝。先を急いでいたのでちょっとだけ覗いて失礼しました。

2013年11月24日 (日)

きょうの紅葉(京都御苑)

 昨日散々嵐山を散策したのでぐったり。今日は一日家でゆっくり静養しようと思っていたのだが、今日も紅葉採集に出かけるというのでお供。あちこち歩き回るのはしんどいので御所。といっても御所は広いど。

Cimm2600c_tn Cimm2610b_tn Cimm2620b_tn Cimm2632b_tn Cimm2638b_tn Cimm2643c_tn Cimm2644b_tn Cimm2676c_tn Cimm2683b_tn
 御所名物の大銀杏は黄葉盛り。葉っぱの数が少ないような気がするのだが、黄金の絨毯はまだ形成されておらず、謎。いろんな樹が混植されているので赤黄緑と三色のコントラストがあちこちに。

2013年11月23日 (土)

きょうの紅葉(宝筐院、嵯峨釈迦堂、常寂光寺、嵐山、東本願寺)

 今日こそ真如堂、と思っていたのだが何故か再び嵐山地区。土日の嵐山は混むから厳禁なんだが...。

○宝筐院
 あげいん。
Cimm2383b_tn Cimm2386b_tn Cimm2393b_tn
○嵯峨釈迦堂
 ここもあげいん。だけど、一昨日よりは陽射しと青空が多めだったのでちょっと明るい。
Cimm2406b_tn Cimm2411b_tn Cimm2415b_tn Cimm2428b_tn
常寂光寺
 門をくぐる時は「紅葉見頃」「今年は当たり年」と書いてあった立て看板が出る時には「紅葉最盛期」と書き換えてあった。何度も訪れているが今回が一番凄かった。綺麗とか見応えがというより凄かった。
Cimm2447b_tn Cimm2452b_tn Cimm2457b_tn Cimm2464b_tn Cimm2470b_tn Cimm2473b_tn Cimm2484b_tn Cimm2489b_tn Cimm2500b_tn Cimm2506b_tn Cimm2511c_tn Cimm2512b_tn
○嵐山
 嵐山公園やその周辺の道端でも紅葉。嵐山本体は逆光になるので昼過ぎ以降は見栄えしません。
Cimm2517b_tn Cimm2520b_tn Cimm2542b_tn Cimm2543b_tn Cimm2540b_tn Cimm2535b_tn  渡月橋は人でいっぱい。左側通行なので、阪急側(中洲側)から京福側に渡ってこないと嵐山は遠くなります。京福嵐山駅付近はこの混みようだから休日は出かけないが吉。
Cimm2527b_tn  桂川の水面には川下りの船と手漕ぎ木ボートが浮かぶ。その中を謎の超小型船が。自然現象では無いはずなので誰かが操縦していると思うんだが、発見できず。

○東本願寺
 紅葉というか黄葉が進んでいい感じ。若干ドーピングモードで。
Cimm2574b_tn Cimm2576b_tn Cimm2583b_tn Cimm2589b_tn

2013年11月22日 (金)

電線地中化?(新町通)

Cimm2345b_tn  祇園祭の戻り鉾が通る新町通。通りを横切る電線はないが、通りの両脇には電柱がそびえて電線が走る。地中化でもするんだろうか?

2013年11月21日 (木)

きょうの紅葉(宝筐院、嵯峨釈迦堂、嵐山)

 昨日の方が天気が良かったような気もするのだが、一日遅れて紅葉採集。今年は腰の調子がなんだかだし、スタミナも切れ気味なので例年のように毎日お出かけは無理。

宝筐院
 京都の宝箱。今年も健在。入り口が右側に移ったのはいつからだっけ?
Cimm2216b_tn Cimm2238b_tn Cimm2243b_tn Cimm2250b_tn Cimm2251b_tn Cimm2273b_tn Cimm2285b_tn
嵯峨釈迦堂
 ここ数年のトレンドは寺務所前。
Cimm2299b_tn Cimm2306b_tn Cimm2307b_tn Cimm2314b_tn Cimm2321b_tn Cimm2324b_tn
○嵐山
 帰りのバスの車窓からぱちり。
Cimm2335b_tn

2013年11月20日 (水)

お手ふきのトレーサビリティ?(とか)

Cimm2127b_tn  先日入ったイートインなパン屋で出てきたお手ふき。そりゃ国産の方が安心ですけど、そんなものにまでまできちんと書くモンなんだな。
 

Cimm2131b_tn  パンを喰ったあと立ち寄ったイオンモールのサンマルクには「ベトナムコーヒー」なるものが。そんなものか全く不明なので頼んでみたら、カフェオレ。下に沈んでいるのがミルク、ではなく練乳。試しにストローを最下部まで突っ込んだ状態で吸ってみたが、粘調過ぎて上がってこなかった。

Cimm2140b_tn Cimm2139b_tn  そのイオンモールの中にある雑貨屋の前には「泡だて大会」の会場が。泡だて大会、ってなんだろう?

  

Cimm2159c_tn  この日は座布団カバーを求めてニトリ→イオンモールハナ→イズミヤとハシゴしたのだが、一番ベタにイズミヤが品揃えが多かった。で、うさぎさんのカバーに決定。

2013年11月19日 (火)

フラットブレッド?(サブウエイ)

Cimm2045b_tn  平らなパン?サンドイッチでしょ、食パンじゃダメなの?進化と言うより先祖返りのような?

2013年11月18日 (月)

きょうのメリークリスマス(イオンモールハナ、北野白梅町、大丸京都店)

 昨日今日見かけたクリスマスとか。

Cimm2137b_tn Cimm2130b_tn ○イオンモールハナ(京都五条)
 昨日立ち寄ったイオンモールにもクリスマス。羊(山羊?)さんのつぶらな瞳にKOされそうでした。

Cimm2157c_tn ○サンダース大佐(北野白梅町)
 今年から新京極のサンダース大佐がいなくなったので寂しいクリスマスになりそう。と思っていたら、ここにいた。
 今年は大丸京都店の地下に誰が出張する事になるのだろう?

Cimm2187b_tn ○逆さ吊りー?(大丸京都店)
 逆ピラミッド型のツリー。クリスマス、ということではないのかも。確かにこの方がぶら下げた短冊を読みやすい。

2013年11月17日 (日)

きょうの紅葉(松原通西端)

Cimm2129c_tn Cimm2128c_tn  イオンモールハナの脇の歩道上に落ちていた紅葉。

2013年11月16日 (土)

洗濯機更新(9年目)

Cimm2081b_tn  火曜に洗濯しようとして洗濯機を始動させたら、エラー発生。取説のエラーコード表を見ても載ってない。使い方の問題ではないようなので、修理依頼。と思ったのだが、9年前に京都に越してきた時に購入した代物で販売店の延長保証は切れている。というか、販売店そのものが撤退して連絡が取れない状態。仕方ないので取説に載っていたメーカーのサポートに電話。その電話も番号が変わっているようで転送されたあげく自動応答のメッセージに従って修理依頼を選択してようやく受付に繋がった。

Cimm2104b_tn  修理は翌日になると言う事で、水曜朝に修理会社から電話を受ける。エラーコードと状況を使えるとやんわりと引導を渡されたのでやむなく廃棄して新しい洗濯乾燥機を購入する事に。もたもたしていると洗濯物がどんどん溜まるので、若干の調査をした上で木曜の夜に新規購入。
Cimm2111b_tn  予算や設置スペースの関係で横ドラムは断念して縦型に戻る。
 乾燥性能では定評のある横ドラム型、生地の傷みが激しいと思っていた横ドラム型も改良されて傷みが少なくなったと言う事で良い事ずくめのようで残念無念。
 木曜の夜に購入したら金曜の朝には届いて設置完了。速い速い。

Cimm2116b_tn  新しく購入したのは日立のBW-D8SV。大きさは前機とあまり変わらないのだが、筺体形状が直線的になってスリムな感じだ。

 試運転した乾燥。いや換装、感想。

・運転音は別に静かではない。普通の縦型機。
・洗濯については特に問題を感じない。
・洗剤投入口が洗濯槽内にあるので、やや面倒。
・↑操作が「開扉→洗濯物投入→閉扉→スタートボタン押下→(洗剤量表示)→開扉→洗剤投入→閉扉→スタートボタン押下→洗濯開始」となり、開扉閉扉が増えた。二重扉なので余計に面倒。
・糸くずフィルタが、洗濯槽内に2箇所(洗濯時)+筺体外部(外扉と内扉の間、乾燥時)と計3箇所あって手入れが面倒。
・乾燥機用の糸くずフィルタは使用時に乾燥させておく必要があって、水洗い後干さないといけない。
・乾燥機能を使うとは皺クソになって出てくる。タオルに顕著。
・洗濯ネットに入れた物は生乾きになり、再度乾燥機にかける必要がある。
・生地に優しいのかと思ったが、案外傷む。

 2回ほど試運転した所ではこんな感じ。また書き足すかも。

2013年11月15日 (金)

TW-80TA(E25,Ed1)

 9年弱使用した東芝の衣類洗濯乾燥機(TW-80TA)でエラーが起きて廃棄する事になったのでその記録。記憶を元に書くので正確ではないかも知れない。

Cimm2073b_tn ○現象
 洗濯物を投入し、閉扉してスタート釦を押下。
 ドラムが回転を始めるやエラー「E25」を表示し停止。
 電源を断入し再度スタート釦押下により開始を試みる。
 やはり「E25」エラーで停止。
 再び電源断入。
 ドラムが回転し、開扉位置に来ようとして「ドカンドカン」と洗濯物のバランスが崩れた時に発する音がしてドアロックを解除できないまま停止。この時のエラーコードは「ED1」(表示上は「Ed1」)。
 電源の断入を繰り返すも同様。時々スムーズにドラムが回転しドアロック解除に成功するが、再度スタート釦押下すると「E24」エラーとなる。
 開扉時に中蓋(プラスチック製の分厚い部分)の中で部品が遊離して転がるような「カラン」という音がする。

○対応
 メーカー保守に連絡し、修理を依頼したが、製造後経過年数が長く修理部品が入手できずコードと現象からドラム全交換になる可能性が高い。その場合は高額(10万くらい)の費用が発生する。との事で修理は断念。

○原因(推測)
 ドラムの軸がずれて正常に回転できず、センサーも正常に検知できなくなって位置あわせエラー(E25やED1の事らしい)が検知される。

F1001057_tn  本機は横ドラム型でありながら、洗濯物の取り出し口が上部にある特異な構造をしている。おかげで、前面開扉型のドラム洗濯機に比べて運用時の必要スペースが小さくて済み、従来の縦型洗濯機をリプレースしやすい。しかし、この構造の為にドラムを切開して開閉口を設けて洗濯物の取り出し口とする必要があり、回転バランスを保つのが難しい。
 また、運転終了時にドラムの開閉部分を筺体の開口部(上部)に位置あわせして停止する必要があり、これに失敗するとドアロック解除できず洗濯物を閉じこめてしまう事になる。
 我が家では実質的にノートラブル(使用方法に起因するエラーはあったが)だったのだが、ネットで検索するとドアロック解除に失敗して隠しコマンドを使用したり、ドアを破壊して洗濯物を取り出したり、破裂(部品が欠けて飛び出してくる)等の事故も起きている。

 洗剤の投入口や糸くずフィルタが外にあったり、フィルタの掃除も簡略化されていて非常に運用が楽な機械だった。思想(設計?)は良かったのだが、実装が追いつかずトラブルを呼んでいたようだ。
 故障を機に洗濯機を買い換える事になったが、現在市販されている横ドラム型機は無難にドラムの軸側(従って筺体の横側)に洗濯物の投入口があり、設置に前面スペースを広く必要とするものばかりになっており、我が家では無理な為縦型に戻る事になってしまった。
 横ドラム型は生地の痛みが激しいが、乾燥がむらなくふんわり上がるので気に入っていたのだが、残念だ。

2013年11月14日 (木)

きょうの年の瀬?

Cimm2047b_tn Cimm2037c_tn  月初には郵便局では年賀葉書が売り出され、街角では今年の漢字の募集が始まってる。昨日のクリスマスツリーに先だって年末が迫ってきているようだ。

2013年11月13日 (水)

きょうのメリークリスマス(京都駅ビルとか)

Cimm2034b_tn Cimm2032b_tn  ハロイーンが終わればクリスマスでしょ。というわけで、京都駅ビルにはクリスマスツリーが登場。点灯式をやるはずなのだが、まだかな?ビルのハーフミラー窓ガラスに映すとツインツリー。と思ったが、全身が写るアングルが見あたらないCimm2039c_tn

 区役所のそばのビルでも紅葉が...じゃなくてクリスマス飾りの仕込み中。

きょうの紅葉(東本願寺)

Cimm2015b_tn Cimm2013c_tn  急に寒くなって秋を飛ばして冬が来たような今日この頃。紅葉も洛中に降りてきたようで、所々で色づいた枝をあちこちで見かけるようになった。例年この時期には毎日紅葉採集にでかけていたのだが、今年は腰の調子が良くないのでままならないかもCimm1601c_tnCimm1599b_tn

 上が今日の東本願寺前。下が先月末の東本願寺前。

2013年11月12日 (火)

商品券のおまけ(5%?)

Cimm2002b_tn  近所のスーパーで売り出されていた商品券。我が家のエンゲル係数のかなりの部分はこの店に落ちているので、ちょっと良いかなとおもったのだが...。
 オマケが5%って消費税分相当程度ですんごく得したと言う気分にはなれそうにない。回数券とかトラフィカ京カードだと10%おまけが付くんだが、オマケの相場ってどのくらいなの?

2013年11月11日 (月)

エレベーターの大明神(五条駅)

Cimm1994c_tn Cimm1995c_tn  京都市営地下鉄五条駅のエレベーター。

2013年11月10日 (日)

大根おろしパウチ(あるんだな)

Cimm1948b_tn Cimm1947c_tn  大根おろしをちょっとだけ欲しい時にちっこい大根を買って来てしゃりしゃり降ろすのは面倒。というか、付け合わせようの大根ってつい買い忘れる。そんなときに大根おろしを冷凍したり長期保存できると良いなと思っていたら、あった。けど、賞味期限は長くないようだ。

2013年11月 9日 (土)

レジ袋二段階有料化(ダイエー)

Cimm1860b_tn  新京極のダイエー(グルメシティ?)にもレジ袋有料化の波が到達。大5円はありがちとしても、小3円という二段階設定はトレンドなのか?

2013年11月 8日 (金)

きょうのきょう(新米登場)

Cimm1885b_tn  今週初めにゲットした米。11月になってようやく私の指定銘柄にも新米が登場。

2013年11月 7日 (木)

きょうの閉店(京都鶴屋にしき茶寮)

Cimm1868b_tn Cimm1865c_tn  錦市場にあった和菓子屋さん。店開き自体が最近のように思えるのだがもう閉じてしまった。一度屯所餅をここで食べた記憶がある。市場と言いつつイートインな店が幾つもある錦市場の中でも割と気軽に休憩を兼ねて入れる店だったんだけどね。

2013年11月 6日 (水)

きょうの開店(ダイコクドラッグ、税込み100円均一)

Cimm1879b_tn Cimm1875b_tn Cimm1874b_tn  9月に閉店した錦市場の薬局と100円ショップ。店子が入れ替わって開店してた。と思ったら、やっぱり薬局と100円ショップ。単なる改装か?と思ったら、薬局はセガミからダイコクに、100円ショップは税抜き100円ショップから税込み100円ショップにと微妙に変化。薬局も土産物屋併設になってる。前の薬局がお菓子屋併設だったので似たようなモンだが。まぁ、税込み100円というのは珍しいかも。

2013年11月 5日 (火)

きょうのきょう(灯油行商始まってます)

Cimm1858c_tn  昨日が木枯らし1号で、秋も深まってきた感じ。京都でもあちこちから紅葉が始まったという報せが流れてくる。でも、まだ色づき始めでお出かけするほどでもないようだ。

 今日は風が収まって震え上がるほどではないが、日陰はひんやり。上着をもう一段厚めのものに替えた方がいいのかも。

 先日から灯油の移動販売を見かけるようになった。「ゆ~きやこんこ、あられやこんこ♪」うちは灯油を使わないので縁がないが、あの雪だるま車を見ると冬だなぁと和む。

2013年11月 4日 (月)

きょうのきょう(絶滅器具種?)

 木枯らし1号だそうで。

Cimm1836b_tn  居間の天井灯が不調。点灯しないわけではないのだが、点灯本数を切り替える調光がうまくできなくなって不便。この天井灯はもう25年近く使っている年代物。そろそろ買い換えてもいいかも、と言う事でヨドバシ。交換用の蛍光管の買い置きが何本もあるので同じ規格の蛍光灯式の天井灯をと探したが、ない。蛍光灯はシーリングライトとかいう巨大なのが2種類。オーソドックスなつり下げタイプはスリム管とかいう細い蛍光管を使うものしかない。あとはずらりと居並ぶLED式の天井灯。シーリング式もつり下げ式もLED。LEDのぶつぶつが露出しているものも有れば、白色のプラスチック板で覆ってぶつぶつを隠しているものまで様々。ここまで時代がLED化されているとは。

 謳い文句に「○万時間交換不要」と書いてあるが、○万時間使った頃に同じ交換部品があるのだろうか?との疑問が頭をよぎる。交換部品はあっても、性能の良い新型部品が出ていて今買った天井灯には旧型部品しか取り付けられないなんて事がありそうな。蛍光管を交換するランニングコストがかからないとしても、まだお値段がこなれてないな。

 とりあえず断念して、調光の不要な倉庫部屋の天井灯と交換して当面しのぐ事に。完全に点灯しなくなるか、蛍光管の在庫が無くなるまではこのままかな。

2013年11月 3日 (日)

正倉院展2013

 正倉院展で奈良。何年ぶりだろう。

○正倉院展
Cimm1773b_tn Cimm1769b_tn Cimm1766b_tn  前日は45分待ちとか今朝のWebでは75分待ちという情報もあったのだが、現地に着いてみると5分待ちとの表示。待ち行列はなく、すいすい入れる。拍子抜け。館内は撮影禁止なので、画像はなし。
 館内も混んではいるが、入れ替わり立ち替わり前に出れば展示品を見られる程度。今回の目玉は「漆金薄絵盤」だそうで、「最前列」で見る為の待ち行列が館内にできていて、45分待ち。「2列目以降」の行列は待ち時間なし。順路の途中で流れが二つに分かれている。件の盤はフロアの島のようなガラスケースに収まっている。「最前列」の人が島を取り囲むすぐ外側に柵があってその外側で「2列目以降」の人が首を伸ばして覗き込む。
Cimm1822b_tn Cimm1793c_tn Cimm1791b_tn  ミュージアムショップの袋で大仏様が陽気に手を挙げて笑う。奈良のゆるキャラ、こっちにすればよかったのに。いろんな宝物も良かったが、奈良時代の古文書が墨跡鮮やかに残っているのが印象的だった。著名人の写経などは後生大事に管理されていたのだろうが、地方の戸籍簿やどこかの寺院(?)の調達管理簿が紙に書かれて千年以上後の時代の一般人にも読みとれるというのはすばらしい。記録密度は低いものの記録媒体としてはこれを越える媒体はまだ発明できてないのではないか?

Cimm1823c_tn ○正倉院饅頭
 やっぱりありますね。
 他の土産を買い込んだ後だったので買わず。

○奈良といえば鹿
Cimm1752b_tn Cimm1750c_tn  これも定番。雨模様だったせいか殆ど鹿はおらず。鹿せんべいが150円だった。私の記憶では100円だったのにいつの間にか値上がりした?

○奈良のマンホールとか
Cimm1764b_tn Cimm1759b_tn Cimm1748c_tn  マンホールでも鹿は定番。消火栓が古めかしい。巨大なマンホールはメッシュ。中を覗いてみるべきだったか。

○近鉄
Cimm1829c_tn Cimm1743b_tn Cimm1736b_tn  京都・奈良間は直行するならJRの方が便利。近鉄だと直通列車は1時間に1本しか走っていない。有料特急なら30分に1本。大和西大寺で乗り換えればもっと本数が有るんでしょうけど。
 奈良で三宮行きを見かける時代が来ようとは。

2013年11月 2日 (土)

プリントサーバよりACアダプタの方が短命?

Cimm1611c_tn Cimm1616b_tn  牛久時代から十数年来使っているプリントサーバがダウン。印刷できなくなった。調べてみるとサーバ自体は生きていてACアダプタが壊れている。もう一台ある同機種でも同様にACアダプタが本体より先に逝ってしまった。いろんな機械を使って来たけれど、こういうパターンは初めて(2回目だけど)。そもそもACアダプタが壊れたのはこの機種くらいなものだ。

Cimm1617c_tn  この際プリントサーバを買い換えようかとも思ったのだが、ACアダプタを交換して済むなら安上がりだと気付いて方針転換。だが、ACアダプタは電圧容量極性が適合してもコネクタ形状が合わなくて使えないパターンが多いので面倒だ。実際、電気的に適合するACアダプタが家に何個かあったのだがいずれもコネクタが刺さらず敗退。

Cimm1621c_tn  検索してコネクタが交換可能で極性も変更できるACアダプタを発見。こういうものもあるんだな。と言う事で購入して無事再稼働。コネクタが円形(円筒形)の場合は外径と内径の組み合わせで規定できる。それでも無数の組み合わせがある。円形以外のコネクタもあるからこうなるともう無理。これなんとかシンプルにできないのかね。

2013年11月 1日 (金)

きょうのきょう(こしいたい)

Cimm1627b_tn  今日から11月。I師範からは書のカレンダーが届き、年賀はがきの販売も始まって年末感がひたひたと忍び寄ってくる。朝から晴れて暖かめ。お出かけ日和だったんだが...。

 先日来の胃の痛みが治まったと思ったら、今度が腰が痛い。腰や背中は何ヶ月かおきに痛くなって2~3日で治まるというのがパターン。一番多いのがぎっくり背中で上半身が固まる。背中や腰の筋肉が軽く捻挫しているらしい。
 今回は常に痛いというわけではなく、一つの姿勢を続けていると痛くはない。そこから姿勢を変えると途端に痛みが走る。概ね腰を曲げた姿勢が楽なようだ。一旦動き出すと可動範囲が広がって結構普通に動ける。動き回ったあと、用事が終わって座ったり横になると固まってしまって起きあがるのはおろか寝返りすらままならない。
 なんかいつもと違うので整形外科へGo。ひとしきり足の動きを確認したあとレントゲン撮影。イマドキのレントゲンは現像などせず、撮影後すぐにPCで閲覧可能だ。画像を見ると下に行くほど分厚くなるはずの椎間板が下に行くほど薄くなっている。水分が抜けて薄くなってるという。

 治療は牽引と低周波、リハリビと呼ぶらしい。いずれも対症療法で根治はしない。牽引で脊椎骨の感覚は広がるが、すぐに椎間板が成長するというものではないそうだ。

 リハリビコーナーでまずは牽引。脇を固定して腰に巻いたベルトで引っ張る。常に引っ張り続けるのではなく、数秒おきに引っ張ったり緩めたりの10分間。ぶら下がり健康法のようだ。首の牽引は気持ちいいと聞いていたが、腰は大した効果は感じられずに終了。
 低周波は何かと思ったら、電気あんまだった。腰とお尻に電極を貼り付けて電気を流す。カラーボックスくらいの大きな装置だったが、私が持っている肩こり用に松下から出ている釦電池で動く手のひら大のあんま機と同じ刺激。これは効く。牽引の時には横になっている10分間の間に腰が固まってベッドから降りるのにも激痛が走って難儀したのに、電気あんまいや、低周波の10分が終わるとすくっと立ち上がれるようになっていたという奇跡。お尻に電極を貼られるのがやや恥ずかしい。

Cimm1634b_tn  処方された薬は全部飲み薬。湿布薬があるかと思ったのだが、皆無。この辺も今までの腰痛と違う所だ。鎮痛剤と筋弛緩剤(?)に胃薬。薬で胃が荒れるから胃薬を出すというのは如何にも西洋医学だな。調剤薬局では「ジェネリックを希望するか?」と尋ねられ、迷いながらも「希望する」を選択。「ジェネリックでも良いか?」ではなく、積極的にジェネリックを希望するか否か訊かれるというのは意外だった。薬剤師が佳きに計らうのではなく、患者が自らの意志で選択する時代なのだな。

 整形外科では「領収書は出さなくても良いですか?」と誘導。出したくない事情でもあるのだろうか?「確定申告に必要だったりするよね」と確認すると「あとでまとめて出す事もできますから」とあくまでも誘導。逆らうのもナンなので従ったのだが、診療明細が無いのはやや寂しい。リハリビだけの時は明細はなくても良いが、医師の診察を受けた時は何かエビデンスが欲しいよなぁ。これも時代の流れなのだろうか?

 リハリビなんて生まれて初めてだったが、リハリビコーナーのベテラン看護士(看護婦?)の的確な作業と指導は心強かった。ベテラン万歳。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »