« 2015年04月 | トップページ | 2015年06月 »

2015年5月28日 (木)

きょうの謝罪君(夜バージョン)

きようの謝罪君(夜バージョン)
 夜は夜で京都クオリティーが光り輝きます。

きょうのきょう(朋有り遠方より来たる亦た楽しからずや)

 お仕事で上洛した友人と今年初めての納涼床。三十数年前と現在の間をタイムトラベル。

朋有り遠方より来たる亦た楽しからずや。
 納涼床の本格シーズンは梅雨が明けてからの7月8月なんだが、外で食事してほんとに快適なのは梅雨入り前のこの時期かと。 風がでてきたので遅い時間には長袖でも涼しいくらいでした。

Picasaメール投稿機能終了?

 旅の空からipへの投稿メールがエラーで返ってくる。先々週まではちゃんとメールで投稿できていたのに。

Picasaメール投稿機能終了?
 と、思って調べてみると、メール投稿機能が廃止されてしまったようだ。明確なアナウンスは無いようだが、設定画面から投稿アドレスの指定項目が消え、ヘルプページも無くなっている。
 突然サービス停止はGoogleのお家芸だが、アナウンス無しはひどいな。

 旅の空からiと旅の空からipの両方一度に更新できて便利だったんだが、いちいちPicasa用のアプリを使わないといけなくなって手間が増えるな。
 どんな環境からでも投稿出来るメールはオールマイティだと思うんだが、レガシー過ぎて相手にしてもらえない時代なんだろうか?

2015年5月16日 (土)

繁昌祭(繁昌神社)

 繁昌町にある繁昌神社、今は小さくて気付かず前を通り過ぎてしまいそうなこぢんまりとしたたたずまいだが、千年を越えるという歴史がある神社だ。
 二年前に七十数年ぶりに御神輿巡行が復活し、昨年巡行に先立って湯立神楽も復活した、歴史の転回点に立つお宮さんだ。(おおげさ?)

○湯立神楽
繁昌祭(繁昌神社)
 去年初めて見た湯立神楽。巫女さんが神楽を舞ったあと、竈でグラグラ煮立てた熱湯を両手に持った笹の束で辺りに撒き散らす。下手に近寄るとびしょびしょになる、いや、火傷しそうな神事。

繁昌祭(繁昌神社)
 そのまき散らし方がダイナミックと言うか何かに憑かれたように一心不乱に撒き散らす姿は鬼気迫る感じ。おとなしそうで小柄で華奢な巫女さんだけにその豹変ぶりは衝撃的ですらある。

繁昌祭(繁昌神社)
 最後に湯立に使った笹は厄除けに頂いて帰ります。

○神幸祭
繁昌祭(繁昌神社)
 弁財天の神様が町内を巡行。神幸祭だから本社から御旅所に出向く筈なのだが、敷地の都合で少し離れた斑女塚前から出発して本社にお入りになる。班女塚前が御旅所だという話もあるので、どちらかというと還行祭に近いような気もするのだが、気にしないことにしよう。

繁昌祭(繁昌神社)
 途中、何カ所かで接待を受けて休憩。神輿を担ぐと言っても車が付いているので押すだけだが「ホイット、ホイット」と掛け声を掛ける。休憩が終わると町内の発展を祈って手締め。その時の掛け声が「よーさの×××、よーさの×××、よーさの×××、よぉ」。祇園祭の神幸祭、還行祭と同じだ。共通なのかな?

繁昌の鈴
 今年も繁昌の鈴を頂きました。ありがとうございます。

2015年5月15日 (金)

路頭の儀(葵祭)

 30.5℃まで上がって真夏日あげいんな葵祭。先日の真夏日と違ってカーッと暑いのではなく蒸し蒸しする。

路頭の儀(葵祭)
 今年も用事を済ませてから15時頃に加茂街道。

路頭の儀(葵祭)
 新緑の中からしずしずと現れる行列に和むひとときやね。

2015年5月10日 (日)

狂言奉納(菅大臣天満宮春期例祭)

 菅原道真公の生家、菅大臣天満宮のお祭り二日目。

狂言奉納(菅大臣天満宮春期例祭)
 茂山社中による狂言奉納。毎年人気で開始前から満席。

狂言奉納(菅大臣天満宮春期例祭)
 古めかしい言葉で掛け合いの落語を聞いているようなもの。古い芸能の割に判りやすい。

狂言奉納(菅大臣天満宮春期例祭)
 通路ばかりの境内に出店が出て、こぢんまりとしたお祭り。派手派手しくなくのんびりしたお祭り。如何にも地元に根付いたお祭りらしい。

狂言奉納(菅大臣天満宮春期例祭)
 今日ばかりは手水舎の牛さんも正装。

狂言奉納(菅大臣天満宮春期例祭)
 狂言の後は天神知恵餅を頂いて知恵のおすそ分けに預かった(かな?)。この日しか手に入らない貴重な御守り。昨日の大護摩供養の丸太は黒こげ。

狂言奉納(菅大臣天満宮春期例祭)
 毎年この日はつらいくらいの晴れです。

2015年5月 9日 (土)

大護摩供養(菅大臣天満宮春期例祭)

 菅原道真公の生家、菅大臣天満宮のお祭り初日。

大護摩供養(菅大臣天満宮春期例祭)
 山伏が聖護院からやってきて護摩供養。

大護摩供養(菅大臣天満宮春期例祭)
 斧や刀や弓で清めた後、祈祷して点火。

大護摩供養(菅大臣天満宮春期例祭)
 護摩木を次々投入していく。

大護摩供養(菅大臣天満宮春期例祭)
 燃え盛る炎は火山の噴火のようだ。

大護摩供養(菅大臣天満宮春期例祭)
 ドローンは落ちて来なかったけれど、灰と火の粉が降ってきた。

2015年5月 5日 (火)

三室戸寺(ツツジ満開)

 ほぼ一日中快晴な夏日。ツツジを拝みに三室戸寺。

三室戸寺(ツツジ満開)
 境内の東側の斜面にびっしりとツツジが植わってる。桜と違って葉っぱがあるので全面花色とはいかないな。

三室戸寺(ツツジ満開)
 三色揃って満開。

三室戸寺(ツツジ満開)
 中にはキメラチックなのも。

三室戸寺(ツツジ満開)
 楓の緑が目に嬉しい。

三室戸寺(ツツジ満開)
 三室戸寺のもう一つの名物、アジサイはつぼみが出始めたくらい。来月ですね。

宇治川(河川改修工事中)

 三室戸寺の後は宇治川。

宇治川(河川改修工事中)
 去年の颱風だったかで水害に遭ったせいか、中州にある宇治公園一帯で改修工事中。持参した柏餅を食べたかったんだが、ベンチ難民に。

宇治川(河川改修工事中)
 川の上には抜けるような青空が広がる。

宇治川(河川改修工事中)
 鵜飼いシーズンはまだ先?鵜達はのんびり。

宇治川(河川改修工事中)
 鵜飼い船は遊覧船として運行中。

宇治川(河川改修工事中)
 平等院は待ち行列が出来ていたので軟弱にパス。(^_^;)

宇治川(河川改修工事中)
 宇治の鉄塔は宇治茶色。バスも宇治茶色でした。

宇治川(河川改修工事中)
 宇治のマンホールの蓋。

2015年5月 2日 (土)

ちまきゲット!(錦市場)

 昨日に引き続いて真夏日。今日は昨日を上回って31.4℃。真夏と違って湿度が低いので日陰に居ればまだしのぎやすい。

ちまきゲット!(錦市場)
 端午の節句にはちと早いけど、ちまきゲット!

ちまきゲット!(錦市場)
 昨日は売り切れていた錦市場のお餅屋さん。蘇民将来子孫也、は食べられないちまきと言うか茅輪なんだけどね。

ちまきゲット!(錦市場)
 昨日の一枚笹と違ってフルのちまきは四枚笹。何度見ても見事な緊縛。多分、ちまきのコストの大半は人件費と思われ。(^_^;)

2015年5月 1日 (金)

鴨川納涼床解禁(真夏日)

 30.0℃とジャスト真夏日。5月に入った途端にギリギリの最高気温を叩き出すとは何だか出来過ぎてる気もするが。

鴨川納涼床解禁(真夏日)
 5月と言う事で、納涼床始まってます。本当に真夏になると昼間は暑過ぎるので昼席があるのは5月中だけ。今年は行けるかなぁ?三条のスタバで気分だけ味わって終わりそうな伊予柑。

鴨川納涼床解禁(真夏日)
 5月と言えば、ちまき、食べる方のね。錦市場の私の定番のお餅屋さんは昼過ぎには売り切れ。また出直します。
 取り敢えず、仙太郎の一枚笹とか言うミニちまきで。

« 2015年04月 | トップページ | 2015年06月 »