« 2015年08月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月27日 (日)

きょうのきょう(中秋の名月)

 中秋の名月だそうで、十五夜。月齢15.0は明日みたいだけど。

きょうのきょう(中秋の名月)
 今年は自作をやめて錦市場の畑野軒老舗の月見団子。京都の月見団子は団子の周りに雲に見立てたあんこをまとっています。

きょうのきょう(中秋の名月)
 先日買った幸福堂の月見団子は漉し餡だけじゃなく粒餡もあります。なんかアルマジロみたい。

2015年9月22日 (火)

東山夜空ライトアップ(五条新町)

 シルバーウイークの間、東山の夜空に光芒を投げかけるイベントだそうだ。昨日の晩にちょっと寄り道して見上げて見たら…。

東山夜空ライトアップ(五条新町)
 五条新町の陸橋から見ると、洛中の狭い空に数本の光芒が伸びているのが判る。いつもの清水寺以外に建仁寺、高台寺、六波羅蜜寺、東山区役所の計5カ所から照らしていると。色も5色だとか。
 清水寺の白い光芒ははっきり見えるが、後の4本は心眼を動員して辛うじて見えるかな?と言う程度。色までは判らない。
 鴨川辺りまで遠征すればもうちょっとくっきりするだろうか?

 予告のアナウンスに接した時は「光害?」と思ったのだが、街明かりの方が遥かに明るいね。

2015年9月20日 (日)

バス停の改札(四条高倉)

 京都市バスにバス停改札が登場。日本初らしい。

バス停の改札(四条高倉)
 改札と言ってもロープで区切っただけの簡単なもの。
 
バス停の改札(四条高倉)
 バスを降りた客は誘導路を通って改札機で運賃を支払う。

バス停の改札(四条高倉)
 バスに載っている運賃支払機と同じ物が置いてあるので磁気カードやICカードも利用可能。

バス停の改札(四条高倉)
 片側一車線化を進める四条通、バス停部分だけ二車線にすれば良いものを歩道を凹ますのを嫌って一車線のままにしたばっかりに、バスがバス停に停まると交通が遮断される。バスは京都市民の足なので次々やって来ては客を吐き出して行く。そのたびに渋滞が発生する。
 バスの乗り降りに時間がかかるのは運賃の支払い。京都のバスは後払いなので降りる時に手間取る。バスに乗り慣れた市民ならすいすい行くのだが、観光客が多い時期には殊の外支払いに手間取る人が多く、普段に輪をかけて渋滞する。
 支払いに時間がかかるのなら、客を降ろしてから運賃を支払わせれば良いじゃないか。と言うわけで、混雑時にバス停に可搬型の運賃支払機を持って来て臨時改札をつくろう!と言う発想らしい。

 お祭りの時など極端に混雑する時には職員がバス停に待機して現金客と一日券の客を捌いていたので、それを機械化した形。
 四条通の片側一車線化区間に四カ所あるバス停のうち改札を設けるのは二カ所だけ。土日祝祭と観光シーズン(11月下旬、3月下旬~4月上旬)の平日、14時~19時と限定的。
 改札の仕切りも可搬型のポールにロープを張った簡易型。
 バスが何台も連なってやってきたときに改札を通るのは先頭の一台だけ。
 如何にもやってみました的な対応でどの程度効果があるのか疑問だけど、観光客にとっては京都名物が一つ増えたか?

 路面「電車」といい、特別警報といい、日本初が大好きな京都らしい取り組みだ。
 でも、バスでは初めてだそうだがこの手の取り組みは京福電鉄(嵐電)嵐山駅でもやっていたような。嵐山駅は有人駅だが、改札が狭いので電車の出口付近のホームに支払機を置いて待ち構えていたかと。どっちも京都だけど。

 片側一車線化で最優先されるべきバスが経路変更させられたり、バス停に余計に職員を配置させられたり、主客転倒。いろいろ泥縄だらけの四条通だ。

2015年9月18日 (金)

きょうのきょう(来年のカレンダー揃った)

 家人のお使いで新京極。

きょうのきょう(来年のカレンダー揃った)
 何気なく百円ショップを覗いたらもう来年のカレンダーが並んでる。あれこれ見ているうちにお気に入りのが全部揃ってしまった。歴代最速かも。いつだったかは11月になって探してももう売り切れてたんだよな。

きょうのきょう(来年のカレンダー揃った)
 で、お使いの八つ橋。九州の人は「生八つ橋とはあんこが入った奴だ」と言うので、八つ橋基本四点セット。八つ橋(焼いたん)、生八つ橋(蒸したん)、あんなま(おたべ、夕子、聖と同じ、あんこを生八つ橋で包んだん)、おまん(生八つ橋の饅頭)。

きょうのきょう(来年のカレンダー揃った)
 寺町京極の眼鏡屋さんの食べる眼鏡。眼鏡堅パンだそうで、本場鯖江産。

2015年9月17日 (木)

国勢調査2015(ネット回答終了)

 昨日漸くネット回答IDが届いたので回答。

国勢調査2015(ネット回答終了)
 画面のH/C取りながらだったので30分位かかった。サクサクやれば10分かそこらで終わりそう。

国勢調査2015(ネット回答終了)
 URLが手入力なのは書類が出発点に成る以上仕方ないか。検索とかだと偽装サイトに誘導される可能性があるからな。
 ネット上で人名漢字が入力出来ないと不評な氏名入力。エラーメッセージが居丈高なのは頂け無いが、ここで入力する氏名は職業とか勤務地を入力するのに世帯の構成員を区別するためだろうからひらがなでも良いはず。個人識別ではなく、構成員の区別。「父」「母」とか、「家族A」「家族B」とかの方が当たり障りなくて良いのだろうが、それはそれで反発が起きそうだし、辛いところだな。
 一番反発を喰らいそうなのが、最後に入力する住所や電話番号。ネットを見る限り問題に成ってないようだが、入力内容の不備チェックが終わったら調査結果とは切り離して管理すると言うか、捨ててしまうと言う事が理解されていると言う事なのかな?この辺、突っ込み所だと思うのだが?

 概ね良く出来た入力画面だったのだが、画面のH/C取っていて気になったのが、画面タイトルの命名規則が統一されていない事。()が全角だったり半角だったり、特殊文字(null?)が入っていたり。やっつけ仕事っぽい慌ただしさが伝わって来る画面でした。

 再設定したパスワード、目一杯長くしたからもう二度と入力出来ないかも。(^_^;)

 国勢調査だけじゃなく、投票もこんな調子でネットで出来ると良いのにね。住基カードとカードリーダー付きのPCを組み合わせれば実現は可能なのだろうけど、セキュリティを考えるとリスクが大きいか?国勢調査は間違いが起きたところで統計にノイズが載るだけだけれど、投票は人の人生を直接左右しかねないからな。カードを持たない人の扱いも厄介そうだし。せっかく住基カードが普及し、念願のマイナンバーカードも実現するのだから活用し無い手は無いだろう。

2015年9月16日 (水)

国勢調査2015(やっとネット回答ID到着)

 今年からネット回答が導入された国勢調査、9月10日から12日の間にネット回答用のIDが配布されるという話だったのだが、一週間遅れて今日漸く配布されてきた。

国勢調査2015(やっとネット回答ID到着)
 このID、14日になっても配布されないので、国勢調査のサイトを見て「国勢調査コールセンター」に架電するも留守電で忙しいから架け直せと自動応答するのみ。ネット検索し直して京都市役所の「総合企画局情報化推進室情報統計担当」なる部署を発見して状況を説明。折り返しの電話は下京区役所からで、担当の調査員が急に行けなくなったとかで配布出来てないと。バックレたのか、調査員?!私が連絡するまで区役所でも状況を把握してなかったらしい。開いた口が塞がらないってやつだ。
 急遽代わりの調査員を割り当てるので明日か明後日には配布出来ると思う、と。
 千年の都、古都京都だけに時の流れがのんびりしているようだ。

国勢調査2015(やっとネット回答ID到着)
 区役所の言葉通り今日の晩には郵便受けにIDが入っていた。

国勢調査2015(やっとネット回答ID到着)
 手渡しが原則のようだが、我が家には一度も訪問者が無かったので、最初から決めうちで投函したのだろう。ルール違反だがネットで騒ぎになっているような「簡単に抜き取れる状態」では無かったのでよしとしよう。

 ま、IDとパスワードが盗まれても本人が回答する前に勝手に他人に回答されてしまうだけで個人情報が漏れるわけではない。統計上正しくないデータが発生することになるが、それは統計局の問題で回答者にとって害はない。一度回答すれば強制的にパスワードを変更させられるようなので、回答前の初期パスワードを他人に知られていたとしても本人が回答を終えた時点で初期パスワードは無効になり回答内容を盗み見られるおそれはない。一応、設計上の問題は無いだろう。

 むしろ懸念すべきは、ネット回答しなかった世帯に紙の調査票を配布すると言っている点で、ネット回答の有無が紙の調査票を配布する調査員に通知される事になる。ネット回答IDに紐付けされた「市区町村コード」「調査区番号」「世帯番号」と実際の世帯(家屋)との対応を調査員なり統計局が把握している事を意味する。対応表が調査員レベルに留まらず統計局にまで上がっているとしたら回答内容と実際の世帯(家屋)を対応付けることが可能になる。統計処理以上の解析も可能になるわけだ。実際にはそう言う解析はしないだろうし、対応表はおそらく調査員レベルで止まっていて実際の世帯(家屋)と回答内容は分離されているのだろう。

 紙の調査票で回答した場合、調査員が記入漏れをチェックする慣習があるから、回答内容が調査員の目に触れる事が無い分ネット回答の方が安心ではある。

 ネット回答と言いつつIDを人手で配布しているようでは片手落ち。今回は初回で試行なのだろうから仕方ないが、最終的には、住居を構えている人は住基カードかマイナンバーカードでネット回答、住所不定など住居の無い人のみ紙の調査票で回答という流れになるのだろう。

 と言うわけで、これからネット回答します。

2015年9月15日 (火)

きょうのきょう(五条河原)

 昨日に引き続いて晴れ。だけど、空一面に薄雲が広がっている。昨日より濃いめの雲なせいか何も出ず。

きょうのきょう(五条河原) 日差し振りに訪れた五条河原は柔らかな日差しが暑苦しい。ひなたぼっこにはちと早すぎたようだ。鴨川の三条大橋から下流には木陰で一休み出来るような場所が無いのが残念。

きょうのきょう(五条河原)
 木屋町松原下ルの高瀬川畔には彼岸花。お彼岸ももうすぐやねんな。

2015年9月14日 (月)

きょうのハロ(五条小田原町)


 朝から快晴の秋晴れ!かと思ったら、雲が出てきた。

きょうのハロ(五条小田原町)
 うっすらした雲には暈が。一日中出たり消えたりだったみたい。

« 2015年08月 | トップページ | 2015年10月 »