2006年6月13日 (火)

4150km

4150km 今回の九州放浪の移動距離を算出してみました。

 総移動距離:4150km
 うち鉄道  :3810km
 うちバス  : 240km
 うち航路  :100km

 鉄道以外は概算です。観光に市内を乗り回した電車やバスもおおよそ。(白地図は株式会社地理情報開発のWebから頂きました。)

F1003463a 前回が30泊31日で7100km、今回は21泊22日で4150km。今回の方が一カ所の滞在が長かったのと、寝台車のような長距離移動がなかった分距離が少ないです。結局、武雄温泉3泊、島原3泊、熊本6泊、鹿児島5泊、佐多岬1泊、宮崎2泊、大分1泊。前回は一カ所2~3泊だったので、今回の方がゆっくりできた所が多い、筈だけどどうかな。

 今回の旅では全県宿泊達成もしたけど、今までとあわせて福岡県以外の九州各県の鉄道は殆ど全部乗ったことになる。福岡県以外の残りは、大分県の日田彦山線の一部、二駅。宮崎県の宮崎空港線の一駅。長崎県の長崎本線の浦上−喜々津間が二重になっているところの旧線部分。福岡県は私鉄JR供に入り乱れているので難しそう。それでもJRは結構乗っている筈なんだが。
 あとは、JRと鉄道の最西端を制覇、本土最南端も制覇。鉄道は東西南北端制覇だな。本土も東南北端は制覇したけど、西端は忘れてた。バスとかで行けるんだろうか? 日本の東西南北端は難しそう。北方領土や沖の鳥島(だっけ?)と民間人はおいそれと行けないし、西端はすごいところなんでしょ?

 装備も前回より進化したので、この調子で行けばほぼ無制限に旅を続けられそう。問題点もいくつか明らかになったので改善しておかなきゃ。鞄もだいぶ小さくなった、モバイルライブカメラは難しいけど。毎日か一日おきに洗濯する必要があるのが難点。これでも乾燥の問題はかなり解消されてます。前回は4日置きでも何とかなったんだけど、今回の装備では寝台車に2日続けて乗ったりするとつらいです。最悪、洗わずに同じ服を着続けるという手もあるけど、山の中ならともかく町中ではねぇ。(^_^;)

F1003464aF1003466a 一カ所に長居するとそれなりに愛着も生まれてくる。武雄温泉と島原、佐多岬以外はいずれも2回目以上なんだけど、結構新鮮だった。記憶が薄れているだけなのかな。今回一番印象的だったのは鹿児島かなぁ。暑い日もあったけど案外からりとしていて過ごしやすかった。海の水も綺麗だったし。何十年ぶりかの噴火にも立ち会えたし。
 さて、旅の間に撮り溜めた画像を整理してここに書き込んでいこうかなっと。ぼちぼちやっていきます。整理し終わった頃にはまた旅に出たくなりそう...。f^_^;

2006年6月12日 (月)

帰途

帰途

熊本からちょっと回り道して博多へ。もう一泊しようかどうか迷ったんだけど、素直に帰ることに。いつまでも私が居ると九州に雨が降らないからなぁ。水飢饉回避の為一旦帰還。(^-^;
という訳でのぞみ50号車中から。

2006年6月11日 (日)

おてもやん

熊本

 雨の予報だったのに、晴れたり曇ったり。どうせ予報は直前に出し直したんでしょうけど。あちかったけど、今までになく蒸した感じ。それでも風が吹くと涼しく感じたのでそれほどでもなかったのかな?

 降り込められるかと思って、予備日&休息日に指定していたので暇勝ち。ちょろっとお散歩した後はお休みしてました。

 辛島町を歩きながら天文館通を探したり、やや混乱気味。熊本駅と宮崎駅がだぶって頭に浮かんでくるし。そろそろ記憶のキャパ越えてきたかな?

2006年6月10日 (土)

三角線

三角線

 熊本と三角港を結ぶ三角線。「さんかくせん」ではなく、「みすみせん」。駅名は三角で港は付かないですけど。
 昔は三角港と三角西港が県随一の貿易港だったそうですけど、いまがひっそりとしています。三角港のフェリーターミナルが巻き貝型なのが駄洒落っぽくて素敵な町です。天草への玄関でもあるようですが、天草は車がないと回れないのでパスだな。

 これで過去の乗車とあわせて熊本県内の鉄道は完乗。鹿児島もそうだな〜。
 大分、宮崎、長崎も完乗、かと思ったらちょろっとずつ残ってる。やや残念。
 大分は日田彦山線の一部、二駅。宮崎は宮崎空港線の一駅。長崎は長崎本線の浦上−喜々津間が二重になっているところの旧線部分。日田彦山線は福岡県に抜ける路線なので致し方ないけど、他は頑張れば乗れていた区間なんだよな〜。最初は完乗を意識していなかったので気付かなかった。宮崎空港線は前回の出張の時に乗ったと思っていたんだけど、出張は開業前でした。f^_^;
 ま、頑張らない、がモットーなのでいいんだけど。完乗、を意識しすぎるとこの先何年も放浪し続けないといけなくなりそうだし。(^_^;)

2006年6月 9日 (金)

南阿蘇鉄道

南阿蘇鉄道

 大分から熊本へ移動。
 これで九州を「6」の字に回ったことになる。前回の放浪とあわせれば「8」の字かな。

 その間、立野で途中下車して南阿蘇鉄道も一往復。
 予報通り、午後から晴れて暑い日射しが降り注ぎました。でも高原を吹く風はひんやりと乾いていて爽やか。カルデラ内の棚田は田植えが終わった直後らしく、山や青空や雲を映す鏡のような水面に稲の若葉が天に向けて伸びてる。日本の原点、かなっと。

 梅雨だというのにこの3週間近くのうち雨に降られたのは2日半あるかないか。九州は空梅雨ですか? 大丈夫かなぁ。晴れてくれるのはとってもありがたいですけどね。

2006年6月 8日 (木)

日豊本線

日豊本線

 今日は大分へ移動。
 ちょっと離れていて特急で3時間。案外大分って九州の上の方にあるんだな。ずっと海のそばを走るのかと思ったら、やはり大半が山の中。陸地って海に聳える山なんだものなぁ、と改めて思った次第。山の緑もきれい。一面の緑に覆われた山を見ると嬉しくなる。けど、川や海が見えるとホッとするのは何故だろう。太古の記憶なのか?
 大分は特に見るものはないし、天気も天気なので安息日。といっても昼過ぎまでは移動で潰れちゃいましたけど。この一週間、朝早かった日があったのでやや寝不足気味。

 宮崎で昼前から降り出した雨は大分に着くまで強く降ったり小降りになったりしていたけど、結局大分の夜も雨。九州北部も梅雨入りしたそうだし、いよいよ雨の季節かな。...と思ったら明日は午後から晴れるらしい。あらよっと。

 これで日豊本線は全線乗車。引き込み線は除いて。大分から北は前回の放浪でも乗ったのでね。

2006年6月 7日 (水)

鬼の洗濯板

鬼の洗濯板

 一日空いちゃったので、電車で隣の駅の宮崎神宮へ。
 ローカルな名前になっちゃってるけど、神武天皇を奉っているそうな。駅前に建つ金属製の鳥居に導かれて東参道から境内へ。境内では鶏が時を告げてる。ん〜? 「これ以上動物を持ち込むな」という趣旨の立て札も立ってる。みんな放鳥していくのね。鳥の声を除けばとても閑かな境内でした。厳かというべきなのか?

 更に時間があったので、電車で半時間ほどの青島へ。
 ここは10年ほど前出張で宮崎に来た時に寄ったところ。鬼の洗濯板健在。あたりまえか。潮の加減も良く、いい塩梅に露出してました。島の砂が貝殻でできているのも変わらず。おまけに、駅の木製ベンチもその頃のまま、のような気がする...。十年一日。
 前回寄った(と思う)サボテン公園は閉園中だって。諸行無常。

 高千穂は高千穂鉄道が運行休止しているので断念。観光バスも土日しか動いてないし。ここは車必須かなぁ。

 晩は、居酒屋で無理言って地鶏のもも焼きと冷や汁で晩飯。これで宮崎に来て三杯目だわ、冷や汁。猫舌の友よね。

2006年6月 6日 (火)

志布志

志布志

 鹿児島を後にして宮崎へ。

 鹿児島には一週間いたことになる。予定より長居をしちゃった。街中は結構居心地良かった、かも。これだけいてると愛着が湧いてきちゃう。

 鹿児島と宮崎は特急で2時間ほど。近い。ゆっくり宿をC/Oしても昼過ぎには宮崎に着いちゃった。ふと見ると志布志まで往復しても夜には戻ってこられる時間。なので、行ってきました。片道2時間半〜3時間。途中25分の信号待ちとか、わけわかめなイベントがあったりしてややムダ。日南線と言う割に海岸線を走るのはごく一部。殆どが山間部や山奥を走ってました。今は終着の無人駅になっている志布志ですが以前は乗換駅だったんですねぇ。昔はもっと便利だったんだろうなぁ。予想に反してスーパーや駅前食堂なんかがあって、そこそこ町です。閑散としていることはしていますがね。キャッチコピーが「海のゲートウエイ」だそうで、ドメスティックだからFWはなしかな?陸から行くより海からのアプローチの方がウエルカムなのかも〜。

 宮崎は2度目なんだけど、前回は仕事で行きも帰りも飛行機という殺伐としていて旅としては殆ど無意味だったんだよな。今回ようやくリベンジを果たしたぞっと。明日は一日空いちゃったけど、名所は駅から遠いので無理せず名物の焼き鳥でも喰おうかなっと。

2006年6月 5日 (月)

仙厳園

仙厳園

 予定のない一日。ホントは今日桜島に行くはずだったんだけど、昨日行っちゃったので暇。ほぼ快晴であちかった。わりとからっとしてたのが救い。

 港に水族館があったのを思い出してベイエリアへ。水族館では「イルカショー」ではなく「いるかの時間」なるアトラクション。芸をさせるというスタンスではなく、イルカに対する理解を深めるという方針とか。後半は古典的な芸だったんだけど、前半ではハンディカメラを持ちだして、イルカの口の中や顔のアップ、局所を見せて雌雄の区別など見せていました。意外だったのはイルカの「声」。アシスタントのジェスチャーに合わせて「声」を上げるイルカ3匹。まるで合唱。いや、録音しておけば良かった。惜しいことをした。

 日蝕観測の下調べに十島村役場を訪ねると、『「十島村友好島民」募集のお知らせ』なんてパンフが置いてありました。「フェリーとしま」の運行ダイヤなんてのももらってきたけど、変わっちゃうよねぇ。役場自体は入ってすぐが住民課ってなってて雑然としたオフィス。とても観光の雑談をする雰囲気では無かったです。(^_^;)

 ドルフィンポートで桜島を見ながら昼飯を喰った後、鹿児島シティービューなる巡回バスで市内を2周。2系統あるのでね。

 今日も桜島は噴煙を上げていました。市街地にも降ったそうだけど、気付かなかった。

 画像は仙厳園の孟宗竹。
 日本の孟宗竹は島津氏がここに植えた二本の竹が発祥だそうです。

2006年6月 4日 (日)

桜島

桜島

 昼前に佐多岬から鹿児島に帰着。まだ半日あるので、桜島一周の観光バスの午後便に乗ることにしました。

 桜島は2度目だけど、前回は船で渡った後、一番下の展望所まで歩いたところで力尽きたのよね、船津君。今回はリベンジでバスの力を借りることにしました。ぐるりんと回りながら、ここは×××年前の溶岩、ここは××年前、と言われるんだけど、至る所溶岩だらけだからよくわからん。(^_^;) 確かに植物に覆われる程度が古い物ほど激しいようですが…。
 間近に見る山は圧倒的。草木に覆われている所もあるけれど山頂付近になると岩が剥き出し。島の至る所に待避壕があるのはさすが。火口に近い地区では一家に一個待避壕がありましたわ。

 最初はガイドさんも、「今日は噴煙上げていませんねぇ」と言っていたんだけど、バスを所々で止めて解説していたガイドさんが「お、今噴き出しましたね」って。丁度目の前で噴煙を上げだしたのでした。最近は噴煙活動が低調なんだけど、山体自体は(年に?)10cmふくれあがっていて、なんかやばそうと学者連が心配している、とか。でも、そこに住んでいる人たちは平静。噴煙が上がろうと気にしてないそうで。根底には不安もそればっかり考えてるわけには行かないですね。
 バスが噴煙の風下に回っていくとなにやら遠景が霞んでる。火山灰って降ってくるとこう見えるのかというのも経験できました。

Picu1653bPicu1654b<追記>
 この噴煙、15:21に撮った右の二枚の画像には写ってます。その前から水蒸気とも雲ともつかないものが立ち昇ってはいました。噴煙を見たガイドさんが「いつもと 違う火口から噴煙が上がってますねぇ。変ですねぇ。」と言っていたのですが...。どうやらホントに変だったみたいです。
 「桜島・昭和火口付近から噴煙、60年ぶりに確認」というニュースが流れています。(argoさん情報ありがとうございます。)

2006年6月 3日 (土)

佐多岬

佐多岬

 急遽訪れた佐多岬。いいお天気でした。今回の旅の中でも一番晴れたんじゃないかな。大正解。

 鹿児島から船で大隅半島まで渡ってから、岬の手前にある宿までバスで2時間かけて一旦移動した後、岬行きのバスに乗り換えて約20分。ようやく岬に...着かない。そこから更に有料のトンネルと遊歩道を通って歩くこと約15分。アップダウンはある、尾根道を縦走すると結構な運動が必要です。
 へとへとになりながら着いた岬は絶景。海が青いというかエメラルドグリーンだったりする。本土の南端制覇。(^^)v
 途中のレストハウスや岬の高台に建つ展望台は廃墟になっていて立ち入り禁止。唯一レストハウスのトイレだけが使えました。うち捨てられた感じがなんともシュール。せめてベンチでもあればゆっくりできるんですけど。DoCoMoの覆域マップでは岬一帯は通信不能の筈だったんだけど、圏外だったりバリ3だったり安定しないけどたまに通信可能。小一時間かかってGPS測位して画像を送っておきました。

 最初は夕方着いて翌日岬に行くつもりだったんだけど、よくよく見直すと日曜ダイヤでは岬に行けないことが判明して更に急遽変更。土曜の朝一で移動して岬を見てから宿に入り、翌日も朝一で鹿児島に戻ることに。そのうえ、朝一のバスだと、乗換なしで宿と港を往復できる。田舎のダイヤって概ね不便なんだけど、一便だけ連絡が良かったり直通だったりすることが多い。まるで、この時間に行動しろと言われてるみたい。ほっといて、と思うけど従わないと面倒なので逆らえないのよね。

2006年6月 2日 (金)

肥薩線・吉都線・日豊本線

肥薩線・吉都線・日豊本線

 今日はえびの高原をドライブ、電車で。
 鹿児島中央から、隼人、吉松、都城経由で鹿児島中央まで一周。ん〜、結構フツーに高原の風景でした。(^_^;)

 午前中は雨が激しく降っていたのでどうなることかと思いましたが、列車に揺られているうちに雨が上がり雲が切れて陽が差してきました。梅雨の戻りは半日だけね。結構順調ぢゃん。
 明日も晴れたり曇ったりと降らないらしいので、佐多岬に行ってきます。天気良くて元気あったら行こうと狙っていたんだけど、天気予報がはっきりしないので躊躇してたの。ようやく晴れの予報が出たので急遽予定を変更。バスだと行くだけで一日がかり、と思っていたんですが、よくよく調べてみると頑張れば日帰りも可能。でも、頑張らない、をモットーにしているのでゆっくり泊まってきます。PHSは無論、ケータイも通じないみたいなので、通信レスな二日間になりそうです。

2006年6月 1日 (木)

天文館

天文館

 鹿児島でフリーな一日。いや、ずっとフリーですけど、私は。(^_^;)

 とりあえず市電を完乗。こちらも熊本同様2系統しかなくて簡単。ただ、線路のトポロジーは「R」のように一端が閉じてる。とはいえ閉じている部分では乗り入れているわけではないので心配はご無用。

 その後はちょっと放浪用品の買い足しをして、鹿児島の銀座天文館界隈をお散歩。かるかん買いましたぁ。これを買いに来た、と言っても過言ではないくらい楽しみにしてたの。外郎の白とならんで、かるかんは私の好きなお菓子。あんこなんか入れちゃダメですよ。あの雪のような白いふわふわにほんのり甘〜い味わいがいいの。混ぜ物も不可。

 昼には黒豚わっせぇか丼、夜は鰻釜飯にきびなご刺身。鹿児島が鰻の特産地だとは知りませんでした。鰻と来れば鰻パイの浜松か柳川なんですが。きびなごはきらきら光ってお美しい。あのちょっと喉に引っかかる感じの味と食感がたまりませんわ。 

 今日は曇り。やや蒸しっと感が高くなったな、と思ったら夜になって降り出してきました。明日の午後には止む予報ですがどうなることやら。

 画像は天文館通の天文館跡の石碑。島津藩で独自に暦を編纂していたそうで。その編纂所が明時館、別名天文館だそうです。

2006年5月31日 (水)

鹿児島

鹿児島

 鹿児島に到着。九州縦断終了。

 鹿児島へは、九州新幹線と引き替えに人身御供に出された肥薩オレンジ鉄道で南下。全線通して乗っても3時間あまり、海あり山ありで眺めのいい路線。休日には「観光列車」を走らせているらしい。でも、観光客っぽい人をあわせても数人しか乗ってないんじゃ先行き危ないですねぇ。トンネルばっかで窓がないに等しい新幹線よりはよほど乗ってて楽しいんだけどな。ま、新幹線の方が早いし楽ですけど。

 今日もいいお天気。もやっているのか日差しが柔らかい。空気もさらっと乾いて爽やか。...って昨日とおんなじ。(^_^;)

 宿は海を挟んで桜島の真ん前。展望風呂の湯に浸かっていると、錦江湾が湯船になったみたいで桜島と一緒に風呂に入っている気分。

2006年5月30日 (火)

肥薩線

肥薩線

 今日もいいお天気。もやっているのか日差しが柔らかい。空気もさらっと乾いて爽やか。

 かつては鹿児島本線だったという豊肥線の旅。艦砲射撃を避ける為もあって海岸を避けて内陸に直線的に敷設したのだとか。
 球磨川に沿って山を登りその先で峠を越える。特急くまがわ、観光列車いさぶろう、特急はやとの風を乗り継いで途中から日豊本線に入って鹿児島中央に至ります。更に途中、くまがわ鉄道にも寄り道。昨日までの歩きまくり、ではなく乗りまくりの一日でした。

 観光列車ってなんじゃい、と思ったら、景色のいいところでは駅でなくても停まり、見どころのある駅では何分か停まって見学する。車掌さんが車内販売も名所の説明もするし、見学中は撮影係まで担当してました。まるっきり観光バスの列車版ね。バスと違ってきまったコースしか走れない列車でよくそんなもんが作れたなぁ。それだけ見どころがあるってことなんでしょうけど。JR九州の列車は結構凝ってる。今回乗った3列車とも内装は木調でやや古風。

 球磨川の清流と急流、ループにスイッチバック、日本三大車窓、SL展示館、現存最古の木造駅舎などなど、かなりマニアック。乗る人を選ぶでしょうな。私的には満足度高かったですが。

 帰りには九州新幹線に乗って、現行新幹線完乗達成。800系つばめ号の車内は700系と似てました。流用したのかな?2+2シートだったのでゆったりしてて良かったです。

 球磨川下りをしなかったのがやや残念。駅からの足があるのかないのか分からなかったのと、人数が少ないと欠航するらしいので敬遠しましたぁ。

2006年5月29日 (月)

熊本市電

熊本市電

 路面電車は熊本市電。一部専用軌条を走ってますけどね。一日乗車券を買って完乗しておきました。
 トポロジー的には「Y」字形に走っているので完乗は比較的容易。途中、お買い物したり水前寺公園と熊本城に寄ったり。わりかし便利です。大半は1両のワンマンなんですが、超低床車とかいってはやりのバリアフリーな車両も走ってます。こいつだけは2両編成で車掌さんが乗ってます。
 路線はバスに包含されているようでもあるけれど、経路が目に見える鉄道の方が初心者にとっては何十倍も安心ですな。

2006年5月28日 (日)

熊本電鉄

熊本電鉄

 島原から熊本まで船とバスで移動。ほぼ最短コースなので、実乗時間は1時間ほど。近い近い。

 宿に入るには早すぎたので、かねてから噂の熊本電鉄のあおがえるに再会しに上熊本へ。いたいた。所々改造されているけれど、昔の姿。つり革まで昔のまんま。私が就職して東京に出てきた時に通勤で使っていたのよね。思わず、がらがらの車内で意味もなく吊革につかまってしばし思い出にふけってしまった。

 熊本は路面電車の町。宿の前をがたごと音を立てながら走ってます。明日乗ってみようっと。

2006年5月27日 (土)

雲仙

雲仙

午前中に雲仙で地獄巡り。
硫黄臭と湯気がもうもうとたちこめてる。島原温泉とは全然違う。小浜、雲仙、島原は一連の温泉なのに温度が違うから泉質も違うらしい。とはお山の情報館情報。
今日も平成新山は雲の中。

2006年5月26日 (金)

島原城

島原城

雨後曇り、夜中再び雨。
島鉄のトロッコ列車で平成新山と復興の様子を見た後、島原城、武家屋敷街、鯉の泳ぐ町と歩きまくりあげいん。
災害に立ち向かう人達の姿は感動的。肥後は眼前。武家屋敷では我が家を発見。

2006年5月25日 (木)

島原温泉

島原温泉

武雄温泉から島原温泉へ移動。
途中、諫早で城跡を見てきたけど、天気良くてあちぃ。蒸さないのが救い。
島原が案外でかいのに驚き。島原鉄道がのろいのかな?噴火の跡はよくわからんかた。明日リトライだなぁ。

2006年5月24日 (水)

佐世保バーガー

佐世保バーガー

今日もいいお天気。
昨日と反対方向の佐世保経由で松浦鉄道に乗ってました。
佐世保はJRの最西端の駅、松浦鉄道のたびら平戸口は鉄道の最西端の駅だそうで。これで東西南北端の駅を制覇。最南端は下車せずだけど。

2006年5月23日 (火)

ビッキーくん

ビッキーくん

今日は晴れ。
肥前山口駅でビッキーくんに会った後、吉野ヶ里歴史公園と佐賀城跡を歩いてきました。歩きまくり。
最後は有明海と玄海灘を喰って〆。
宿では修学旅行の中学生の咆哮と地響きがしてます。

経県値更新

Keikenchi_2佐賀に宿泊したので経県値更新です。全県宿泊達成! (^^)v

2006年5月22日 (月)

武雄温泉

Takeoonsen 去年の放浪の続き、でもないけれどまた九州に来ています。

 最初は佐賀の武雄温泉。佐賀には出張で鳥栖に何度か来たし、呼子でイカも喰ったんだけど、ゆっくり観光するのは初めて。ビッキー君もいるしね。
F1003032a 来てみたら、何もなくてびっくり。静。PHSも窓際に来ても圏外すれすれ。う~む。温泉街の真ん中に竜宮城まがいの「楼門」が建っていて更にびっくり。宿の仲居さんに聞くと、武雄温泉って千三百年の伝統を誇る由緒ある温泉で、楼門はその発祥の地だとか。楼門の中には共同浴場があって、建物の設計者が東京駅を設計した人と一緒で...(以下略)。
 道後温泉本館みたいなもんかな? 宿の温泉も気持ちよかったけど、あっちも心地よさそうね。ここにいる間に行ってみようっと。

 今回の旅は易乾燥素材の衣類を集めてきたので、どこまで毎日洗濯生活が簡素化できたかの実験でもあります。ライブカメラ機材も置いてきたので中継はなし。こっちも前回以上の易搬システムを組めないかなぁ。

 この時期を逃すと、梅雨、夏休み、秋の行楽シーズンと続くので、また去年と同じ10月になっちゃう、と思って出かけてきたんだけど、今年は梅雨入りが早いみたいね。宿に着いて一休みしてるうちに降り出しました。明日は回復するらしいけど、前途多難っぽい。